はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
草津白根山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)
会津駒ケ岳
安達太良山
磐梯山
西吾妻山

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
白山(石川)
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




2013年4月 快晴の瑞牆山登山


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2013.04 瑞牆(みずがき)山 (瑞牆山荘側ピストン) 2,230m 晴

 ※参考:山と高原地図 26.金峰山・甲武信 2013
 ※参考:登る女 瑞牆山・金峰山・南尾瀬編 [DVD]

コースタイム:
■1日目(日帰り)
09:45 瑞牆山荘   出発
10:35 富士見平小屋 到着 
11:10 天鳥川出合  通過 ※大きな岩があります
13:00 瑞牆山山頂  到着 ※ランチ休憩45分
13:45 瑞牆山山頂  出発
14:50 天鳥川    通過 
15:20 富士見平小屋 到着
15:55 瑞牆山荘   到着

※所要時間 瑞牆山登山 6:10(休憩45分含む)

 ※瑞牆山荘の宿泊体験記はコチラ
 ※悪天候の金峰山(途中撤退)山行記録はコチラ


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

冬山でもなく夏山でもない4月桜
中途半端なシーズンでどの山に登るか迷っちゃいますね〜。

去年は、「伊吹山」っていう良い100名山を見つけましたが、2回は行きたくない・・・。

南の方から、丹沢山塊はそろそろヒルが出そうだし、雲取山は先月行ったし。
北の方から、北・中央・南アルプスや八ヶ岳はまだがっつり雪山雪

そんなこんなで、その狭間にある山「金峰山(きんぷさん)」と「瑞牆山(みずがきやま)」が候補に上がりまして、どうせなら一気に登ってしまおう!ということで「瑞牆山荘」を拠点とした1泊二日山行に落ち着きました。


今日は天気は良さそうですが、風風が猛烈に強い。。。
下界でこれだけ風が強いと、山頂や稜線ではどうなちゃうんだろうと心配になりましたが・・・。

いやー、山の天気は分かりませんね〜。風も止んで最高の登山日でした。

<天気予報(1日目)>
0419_瑞牆山天気予報
今回の山行はマイカー利用。
中央道「須玉IC」で下りて、瑞牆山荘まで舗装された道を約50分で到着です。

登山道までの道って、砂利道で悪路だったり、道路が狭かったりと大変なんですが、瑞牆山荘までは安心・快適・舗装道路です。
 ※南八ヶ岳登山時の「美濃戸口〜美濃戸」の最強悪路を経験してるので神経質になってます・・・。

<参考>
電車利用の場合は、JR韮崎駅から韮崎瑞牆線(バス)で1時間15分です。(2,000円/片道)
 ※山梨峡北交通株式会社:韮崎瑞牆線のHPはコチラ

さてさて、瑞牆山荘を過ぎたところに広い「無料駐車場」があります。
今回は平日(金曜日)ということもあり午前9時過ぎでもガラガラでした。

休日は早い時間に満車になり、無料駐車場への道路の両端にまで駐車するみたいですね。

<9:33 無料駐車場入口>
瑞牆山_無料駐車場

登山道入口は、無料駐車場から100メートルほど戻った瑞牆山荘の目の前にあります。

瑞牆山荘の横には、綺麗な公共トイレ(100円)があります。
また、瑞牆山荘の前には自動販売機があって、水やスポーツドリンクなどが買えます(若干高い)。
 ※ここは電気が通ってるんですね〜。確かに電線があるし。

登山道の始めは穏やかな道ですが、こういう道ほど迷いやすかったりするんですよね〜。
事実、途中は道が分かれて、「どっちに行けばいいの?」と迷った個所がありました。

<9:48 登山開始>
瑞牆山_登山道開始

途中の林道を抜けてしばらく登ると、突然、「瑞牆山」が目の前に現れます!ゴツゴツ岩山ですね〜。カッコいいです。

でも、いい眺めはココぐらい冷や汗。登山道入口から今までほとんど樹林帯で、眺望はありません。そしてこれからも・・・。

<10:17 登山道途中の瑞牆山>
登山道途中の瑞牆山

「瑞牆山」を堪能して右方向へ少し歩くと、富士見平小屋に到着です。
最近、小屋番さんが変ったようで、看板とかメニューとか新しくて今どきな感じです手。個室は無いようですが、綺麗そうなのでちょっと泊まってみたくなりました。
 ※富士見平小屋のHPも良いセンスですね。

テント場もあり、富士見平小屋の前にあるテーブルからは富士山が見えるスポットが。そして鳥が遊びに来れるように餌のあるゲージが木に作られてます。

小屋の隣にトイレもあります(100円)ボットンですが、こちらも綺麗です。

残念ことに、今日は「荷揚げのため下山しています」と、富士見小屋が閉まってました。そして下山時も、明日の金峰山登山の時も・・・。

<10:34 富士見平小屋に到着>
富士見平小屋

富士見平小屋の左へ進むと「瑞牆山」、右へ進むと「金峰山」です。
今日は左、明日は右ですね。

順調に登って行きますが、途中からどんどん下りに・・。
下るということは、再度、登るっていうこと」テンションも下がります・・・。

そして、下りきったところが天鳥川出合です。

<11:09 天鳥川出合>
天鳥川出合

天鳥川出合には、ちょっとした広いスペースになっていて休憩もできます。

進行方向には、有名な「真ん中が割れたでかい岩(桃太郎岩)」がデーンと居座ってます。その奥には綺麗な木階段が。

自然と人工が合わさった景色。結構好きかも〜。

<11:15 桃太郎岩>
もも太郎岩

桃太郎岩を過ぎると退屈な道。
山と高原地図でも「樹林帯でうす暗い」って記載があります。

しばらく樹林帯と岩場を登っていくと、こちらも有名な「大ヤスリ岩」が見えてきます。なんか多くて変な岩が多いので、御在所岳とか筑波山と同じくくりですね。

<12:22 岩登り1>
瑞牆山 岩1

ちょっと寄り道で岩に登ってみますが、デカイ、そして、大迫力バイキンマン
ここをクライミングする人もいるんでしょうね〜。

ま、自分はそこには興味が無いので先へ進みます。

<12:26 岩登り2>
瑞牆山 岩2

大ヤスリ岩を過ぎても急な岩場登りが続きますが、今度は徐々にアイスバーンが出現。
さらに登ると、瑞牆山山頂直下で「黒森コース」と合流して最後の北斜面側の登りになります。

北斜面ということもあって、山頂までほんのチョットの最後の最後に、普通でも大変な岩登りの上に全面アイスバーン危険が登場。ラスボス竜ですね。
アイゼン無いと難しく、あっても滑りましたね〜。アイゼンなしで登れても下りは危険だろうなぁ〜。

そして雪道に鉄の階段。
アイゼンと相性が悪いですが、慎重に登ればコチラは大丈夫ですね。

<12:59 山頂直下は雪道・アイスバーン>
瑞牆山 雪道

一番の危険個所を過ぎると数分で山頂へ到着!
八ヶ岳山頂でおなじみの丸い見たことある標識が〜!ELMO

山頂は大きな岩がゴツゴツしていますが結構広いです。でも岩の向こうは断崖絶壁です。。

下界で心配していた強風も、山頂ではまったくの無風。そして天気は暖かくて超快晴晴れ
午後1時くらいなのに視界は良好でした!

平日ということもあってか、すれ違った登山者は5パーティの15人くらい。
山頂も混まずにのんびりランチタイムご飯でした♪

<13:02 瑞牆山山頂へ到着!>
瑞牆山山頂に到着

眺望はこんな感じ。北西側に八ヶ岳がハッキリと見えて、赤岳中心にカッコいいですね。

<13:03 山頂から八ヶ岳方面>
八ヶ岳方面

東側には金峰山が。
金峰山は山頂付近にある「五丈石」が目立つのですぐに分かりますねー。

翌日は「金峰山」登山。待ってろよ〜パンチ。と、期待も膨らんでましたが。。。

<13:03 山頂から金峰山方面>
金峰山方面

山頂ではもっとのんびりしたかったのですが、時間も遅かった(PM2時頃)のでサクッと下山です。
6爪アイゼンを付けていれば、アイスバーンも問題なしです。

問題は、雪付きの少ない岩場の下りですね。
いつ外そうか最後まで迷いましたが・・。アイゼンで岩場を歩く練習だと思ってしばらくは付けてました。

結局、瑞牆山荘に到着したのはPM4時頃。夏の北アルプスとかだと怒られちゃいますね。もうちょっと出発時間を早くせねば・・。


瑞垣山登山は、山頂以外は眺望に乏しく稜線歩きは全く無いコース。岩場も多く小さい子供はちょっと厳しいかも。

岩場+アイゼン登山+山頂の景色で楽しめましたが、樹林帯嫌いの稜線好きの私としては、ぼちぼちの山でしたね〜。そして再訪は無しですね〜。厳しい?

<携帯電話>
ちなみに今回、山頂ではソフトバンクが一瞬繋がりました!
が、それ以外はほとんど圏外でした・・・。


関連DVD:
 登る女 瑞牆山・金峰山・南尾瀬編 [DVD]

瑞牆山の山小屋:
瑞牆山荘 ※宿泊体験記はコチラ
富士見平小屋


アクセス:
<関西方面から>
近鉄バス/山梨交通  大阪・京都−韮崎・甲府線(クリスタルライナー)
 大阪駅前[22:00] ⇒ 韮崎駅[06:10](7,500円/片道、13,300円/往復)

<韮崎駅から>
 山梨峡北交通
韮崎瑞牆線(みずがきルート)時刻表へのリンクはこちら
 ※ 韮崎駅 ⇒ みずがき山荘(1時間15分/2,000円)
  ※1日に5〜6本 4月第1土曜日から11月23日までの毎日運行

近くの宿泊施設:
 瑞牆山付近の宿(韮崎)
 瑞牆山付近の宿(甲府)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
こんにちは~!
触発されて、瑞牆山に家族登山しました。
快晴で展望も良く、良い山でした。
今後も参考にさせて頂きます(笑)
因みに山バッジは11個め。娘小4が、バッジを見せびらかして登山しています(苦笑)
  • ひろ
  • 2013/05/25 5:35 PM
瑞牆山お疲れさまでした〜。
ブログが参考になったみたいで良かったです!

では、山バッジをじゃらじゃら付けてる女の子を見かけたら、声掛けてみますね♪
岩の写真は迫力ですね。最近クライミングにも興味があるので、非常に魅力を感じます(実際に登る技術も体力もありませんが^^;)。雪がなければ子ども連れでも大丈夫かな。ひとつひとつの岩が大きそうだから、幼稚園児には難しいかな。
  • ひなの
  • 2014/01/22 5:29 PM
富士見平小屋でテント張ったクライマーの方が何人かいらっしゃいました。じゃらじゃら付けて格好良かったのですが、自分には無理です。。。

瑞牆山は岩場が多くて小さい子はちょっと難しいかなと感じます。

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック