はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




王ヶ頭ホテル(美ヶ原) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

夏に美ヶ原高原へ行ったときから気になっていた、丘の上に立っている立派な

美ヶ原高原 雲上の一軒宿 王ヶ頭ホテル (長野県)

家に帰って「じゃらん」で調べてみると、なんと口コミ4.9点!(5点満点)

行きたい宿にロックオン!してましたが、問題は「美ヶ原高原」が登山者からすると遊びのような山で、二回目は無いということ。

ならば!冬に行こう!冬なら初心者コースになるはず!
ということで冬場に王ヶ頭ホテル&美ヶ原高原へ行くことにしました。

しかし問題は人気の宿。全然予約が取れない&部屋が高い悲しい!・・・。
ということで、一番安価なトイレ付で13,500円/1名の限られた空室(土曜日はほぼ満室、平日でも難しいです)と、にらめっこしながら予定を組みました。
※あとで聞くと、「王ヶ頭ホテル」は冬が混むらしいです。2,000mの高地まで送迎バスで送ってくれるので当然ですね。

王ヶ頭ホテルの公式HPはコチラ
王ヶ頭ホテル のじゃらんページはコチラ


さて、送迎バスは「松本駅」からちょっと離れたところから出発です。冬は1日2便(12時00分と15時00分)で、12時便の方が混むみたいです。
送迎バスは結構汚いのですが、雪解け道を走るので洗車してもすぐ泥だらけなのでご勘弁をとのこと。

<松本駅前の送迎バスと乗り場>
送迎バス_松本駅

王ヶ頭ホテルまで順調に行けば、乗車時間は1時間10分程度。
バス内では運転手さんの面白い話を聞きながら、一般車両は通行禁止の林道をぐんぐん上がっていきます。
【参考】松本市の標高が650m⇒美ヶ原高原の標高が2000m

途中、雪道で「はい、滑りますよ〜」とか「チェーン付けるのでお待ちください」など、アットホーム感満載です。

途中に野生のシカを見たりしながら、王ヶ頭ホテルに到着しました!

<王ヶ頭ホテル>
王ヶ頭ホテル_全景

送迎バスに乗っていた人がドッと下りるのでフロントは大賑わいです。スタッフの方が迎えてくれます。接客も感動ですね♪ここは山小屋ではなくて高級ホテルです。
順番を待って、チェックインして、イベントの雪上車を予約して、部屋まで案内してもらえます。

<王ヶ頭ホテルフロント>
王ヶ頭ホテル_ロビー

1階には自動販売機が有りますが山価格で缶ジュース等は150円、ペットボトルは200円が中心。
売店も1階にあり自由に行けますが、コンビニで売っているようなお菓子はほぼ無いです。王ヶ頭の山バッジが420円で売っています。

館内はめちゃくちゃ綺麗です。
この冬の時期は、山小屋も寒くて、テント泊なんか想像もしたくないですが、ここはホテル。暖かく安心ELMO

<王ヶ頭ホテル 廊下>
王ヶ頭ホテル館内廊下

<お部屋>
HPで見てもいろんなタイプの部屋ありますが、洗面台あり、テレビあり、暖房あり、いい部屋は風呂あり。そして広い!あ、山小屋ではなく、ホテルですのでアメニティ等もバッチリです。

お部屋だけではありません。共有スペースもとっても充実しています。
4Fにはプレイルームがあり子どもが遊べますし、窓越しに景色が見える椅子が置いてあったり、高速のSAにあるような無料のお茶が出る機械も設置されてます。

<4F プレイルーム>
王ヶ頭ホテル_プレイルーム

4Fにはスライドショーを開催する場所もあります。

使うのは夜の8時からスタートする無料イベントのスライドショー。満席で、立ち見もありました。
内容は美ヶ原高原から見れる景色や高原植物の綺麗な映像を飽きさせない話で楽しませてくれます。

見なくてもいいかな〜と思ったんですが、期待以上に面白かったです♪
また、スライドルームの奥から王ヶ頭ホテルの屋上に出ることができます。

<4F スライドルーム>
スライドルーム

<食事>
今回の食事処は2Fにあり、夕食も朝食も同じ場所、同じ席でした。
夕方は15分刻み、朝食は30分刻みで予約します。(部屋を案内してくれたときにお伝え)

<王ヶ頭ホテル 食堂>
王ヶ頭ホテル_食堂

夕食は17時30分〜コースご飯です。
お品書きがあって、食前酒〜焼物〜洋皿〜デザートなど全15品程度。量も多く、最後の方に出てくる洋皿のステーキが美味しく食べれないかも。。。
ごはんはおかわり自由(でも、お腹一杯で出来ません・・・)夕食まではお菓子厳禁ですね。

食事後、お部屋に戻ると布団が敷かれています。

朝食は7時30分〜、和食です。
パンも3種類ほどあって好きなだけ、食べれますが量が多いので食べきれるかどうか・・・。
食べきれない場合は、部屋に持ち帰れるように袋をもらえます。ちょっと嬉しいサービス♪

朝食では布団の片づけはありませんでした。

<王ヶ頭ホテルの夕食>
王ヶ頭ホテル_夕食

<お風呂>
お風呂温泉は、大浴場(1F男性、2F女性)と4Fに家族風呂が3つ。つまりは貸切風呂で内側からカギをかける方式です。
貸切風呂はタイミングですね。3つあるのでいつも入れないってことはなさそうです。

<携帯>
部屋では電波が弱く、繋がったり、繋がらなかったり。
でもロビーではしっかり繋がります。(ソフトバンクもOK手
<無料イベント等>
王ヶ頭ホテルは無料イベントが豊富で、滞在中飽きることはありませんでした。

チェックイン後
・午後2時頃から 雪上車クルージングで美しの塔へ
・午後5時頃から フロント前でシャンパンサービス(飲めない人はブドウジュース)
・午後8時頃から スライドショー
・午後9時頃から 星空観測(今回は天気が悪く中止!)
・午後10時頃から フロント前でお漬物やお茶を頂けます。
で、合間に夕食とお風呂と、寝るまで忙しすぎます・・・。

雪上車クルージングでは、昔南極で使われてたものを購入して30年も大切に使っているという雪上車に乗り込みます。
チェックインの時に予約すると集合時間を教えてくれます。定員があるのでお早めに。

<雪上車体験>
雪上車体験

雪上車の定員10名と狭いですがこれで美しの塔へ向かいます。
車内はせまく、揺れる揺れる・・・。でも、貴重な体験ですね。

美しの塔で一旦下りて、軽く散策。雪原にポツンと雪上車と自分たち。「ここは日本?」って感じです。

<美しの塔>
雪上車で美しの塔へ

王ヶ頭ホテルに来たら夜景(今回は悪天候で×)、日の出も楽しみですね♪楽しい

3月上旬で、日の出は6時10分頃
皆さん5時30分には行動開始で、ホテル前には写真を撮る人などで賑やかです。

夜中は凄い悪天候(暴風強風)だったのですが、朝には快晴にでホントついてました。

画像はホテル正面から日の出です。東側は浅間山、奥秩父、富士山と見えますね。
見たい北アルプスは西側。王ヶ頭山頂、王ヶ鼻へ向かうか、ホテルの屋上から見えます。

<美ヶ原の朝焼け>
美ヶ原の朝焼け

ホテルの屋上は4階(スライドショーの部屋)から行けます。
北アルプス側はTVアンテナで邪魔ですが、東側の日の出は高い位置から見れるのでお勧めかも。
皆さんホテル外へ出て見る人が多く、屋上は人が少ないのでゆったり見れます。でも寒い・・・。

<王ヶ頭ホテルの屋上>
屋上へも行けます

<チェックアウト後は・・・>王ヶ頭ホテルのチェックアウトは10時です。

松本駅への送迎バスは10時30分と13時30分から選べますが、13時30分の場合はチェックアウト後まだまだ時間があります。

でも大丈夫!荷物は館内に置いたまま、美ヶ原高原に遊びに行けます。スノーシューも500円でレンタルできました。
また大浴場は12時まで利用でき、更衣室になり、タオルは貸してくれます。

今回予約した送迎バスは13時30分発ですが、皆さんが揃うと13時過ぎには出発しちゃいます。だから、松本駅には予定より30分早い、14時30分頃に到着!
松本城に寄りたいお客さんが、そちらを経由するなど良いサービスですね。

観光やスノーシュー、写真など、いろんな目的で泊まりに来る人全員が楽しめるようになっている王ヶ頭ホテル。
ホント、超〜お勧めですよ♪

美ヶ原高原 雲上の一軒宿 王ヶ頭ホテル (長野県)の情報はコチラ。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
こんばんは。

過去記事ですが覗いてしまったので一言。
良いホテルですね、土産を買ってミルクを外のテラスで飲んできましたが、ブログを見ていると泊りたくなります。

それから美ヶ原も下から登れば立派な登山ですよ。
三城から茶臼山経由なら沢沿いを登って行くので気持ち良いコースです。
ただクマの生息地の中を通って行くので対策は忘れないように。
  • toto
  • 2014/08/14 12:27 AM
totoさん

コメントありがとうございます。

アルプス展望コースを歩いているときに、下から登山道が続いてるのが見えてました。三城コースだったのですね。
その当時はまだまだヒヨっ子で、楽して山頂ばかり考えてました。反省・・・。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック