はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>




雲取山荘(雲取山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山登り始めて1年半ほど経ちますと、日帰り山行では物足りなくなってまして。
最近は「小屋泊2日間家」というのが、標準パターンになりつつある私です。

そんな中、次なるターゲットが「雲取山&雲取山荘」というテッパンコースです。

 ※雲取山山行記録はコチラです。

鴨沢から登る雲取山は途中に
 ・七ッ石小屋
 ・奥多摩小屋
 ・雲取山避難小屋
 ・雲取山荘
がありますが、ハード面の設備や雲取山ピークハントなどを考慮すると、やはり雲取山荘になっちゃうかと。

 ※雲取山荘のオフィシャルHPはコチラ

泊まって良かった山小屋ランキング等で、北アルプスの山小屋に交じって常に上位に顔を出す雲取山荘。
実際、かなり良い山小屋でした〜。特にハード面が最高です。


<雲取山荘の建物>
雲取山荘_全景

雲取山荘の前に木のテーブルと椅子が2〜3セットあります。
テント泊の人や、山小屋泊の人が、食事を作ったり、くつろいだりしてます。

とはいえ、3月末の夕方。外は寒いです冷や汗気温0度程度)。

<雲取山荘の正面から>
雲取山荘_正面

雲取山荘に入るとすぐに玄関です。

受付があるので、まずはチェックイン&宿泊代金の支払い&部屋割りです。
1泊2食付きで7500円/人。丹沢より高くアルプスより安いです。
個室料金でのプラスはありません。
宿泊人数が多いとダメですが、平日などシーズンオフは個室希望を聞いてもらえますので、電話予約時にお伝えしておきましょう。

玄関横にはゲタ箱があり、外に出るときは登山靴じゃなくても大丈夫です。
登山靴は使いまわしの大きなビニール袋に入れて部屋に持ち込みます。アイゼンやストックも部屋まで持ち込みです。

<玄関とゲタ箱>
雲取山荘_玄関

受付の前が少し広くなっていてストーブと椅子が置いてあり、団らんスペースになってますね。
館内(廊下や室内も)は寒いので、ストーブの周りには大賑わいひらめきです。

飲み物、山バッジやTシャツなどのお土産も受付で売ってます。
コーラ400円、バッジ400円と、通常の山価格です。

しかし、20時以降にはレジを閉めてしまうのか品物を売ってくれなくなりますので、早めに買っておきましょう!

<受付の壁側>
雲取山荘_受付

雲取山荘内は、ポスターとか掲示物などが沢山貼ってあり楽しくて&親切ですね。
食事、日の出の時間から、気になる翌日の天気まで。

良く見ると、雲の上に「スコシフキゲン・・クッキーモンスター」って、微笑ましい♪

<微笑ましい案内>
雲取山荘_掲示物

雲取山荘は横にと〜っても長く、そしてめちゃくちゃ綺麗です。(平成11年10月に建て替えられたようです。)
丹沢山にあるみやま山荘が5件くらい入りそう。
廊下に本棚もたくさんあって、置いてる本は今までの山小屋の中でもかなり多い方です。

山に関係ない文庫本や、ジャンプなどの漫画雑誌、もちろん山雑誌(ただし古い!)もあります。
私は、なぜか「まんが 日本の歴史」を読んでました。。。ナンデダロウ?

<長くて綺麗な廊下>
雲取山荘_廊下

今回泊まった部屋は1階だったのですが、雲取山荘は2階建て
山荘内散歩ということで2Fへ上がってみます。まー階段が綺麗で壁には絵が飾ってあり洒落てますねー。

2階の宿泊部屋は食堂等が無い分1階よりも広いです。50m走ができそう♪楽しい

<2Fへ上がる階段>
雲取山荘_階段

個室:
さて、雲取山荘の個室と言えばコタツです。
でも、部屋に電源がなく、コタツからもコンセントが出てない。。。

なんだ、形だけかと思って足を入れると「ん?暖かいぞ・・・」。コタツの中を除いても明るくないし。頭の中が???でいっぱいでした。

が、答えは「豆炭(まめたん)」を使っているとのこと。
なんと朝まで温かさが持続するので、布団でなくてコタツに足を入れて寝ちゃいました。寝る
雲取山荘内はとっても寒いので、食事以外はずーっとコタツの中に入ってました♪布団は使わなかったなぁ〜。

結構広い個室ですが、GWは個室に8人詰め込まれるようです。8人はさすがに厳しい広さかな・・・。

雲取山荘は、8時30分に消灯。4時40分に点灯です。

<お部屋(個室)>
雲取山荘_個室

雲取山荘1Fの端から繋がってるところに感動トイレトイレあり。(宿泊者専用)
男女共同ですが、トイレはとっても綺麗です。なんと水洗、紙ゴミは別ボックスへ捨てるいつものパターン。
そしてトイレ全体と個室それぞれに暖房あり!冬の夜中でも大助かりです。

男性用の小3つ、男女兼用の洋式4つありますが、雲取山荘のキャパは大きいので朝などは一時的に混みあいますね。

<綺麗なトイレ>
雲取山荘_トイレ

食事:

夕食は18時00分
食事の準備が出来ましたよ〜と呼んでくれました。ふりかけ、うめぼしがテーブルにあり(ご飯はおかわりOK、それ以外はNG)

隣の人とかとお話して楽しい食事でした。おにぎりおかずが多くて良いのですが、メインのハンバーグは残念ながらあまり美味しくありませんでした・・・。

<夕食はハンバーグ>
雲取山荘_夕食

朝食は5時30分
朝ご飯は準備が出来ても呼んでくれませんでした。気まぐれなのか?
食事は和食でごはんおかわりOK。ふりかけがあるので沢山食べれそうです。

食事の後、水とお湯を無料でもらえます。
ペットボトルやテルモスに自由に入れることができたりとありがたいですね!拍手

<朝食は和食>
雲取山荘_朝食

雲取山荘の外にもトイレ(1回100円)あります。覗いてないのですが、他の方のレポでは綺麗だという噂です。
そばにはテント場もありました。

携帯:
ソフトバンク、auは繋がりませんでした。ドコモはOKのようです。

<テン場>
雲取山荘_テン場


雲取山荘は、個室内の豆炭こたつや個室ごとの暖房など、冬の寒い時期に暖かく過ごしてもらおうっていうハード面での気遣いが凄いところでした。

スタッフさんの対応等ソフト面がいまいちというレポもありますが、常識のない登山者(装備不足、遅すぎる到着、パーティのばらけ等)にはしっかり注意してるだけのことだと思います。
確かに、朝食を食べたあと小屋の周りを散策しようとすると、すぐ山小屋から出発してよ雰囲気はありましたが・・・。
しょんぼり

肝心の雲取山登山は、あまり天気が良くなかったのでリベンジですけど、その時も雲取山荘を使っちゃうと思います。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック