はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
草津白根山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)
会津駒ケ岳
安達太良山
磐梯山
西吾妻山

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
白山(石川)
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




2013年2月 表丹沢縦走 (1日目:大倉〜塔ノ岳)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2013.02 塔ノ岳(三ノ塔経由)1,491m 曇り 

 ※参考山と高原地図 28.丹沢 2013

タイムスケジュール:

10:15 大倉(秦野戸川公園) 出発
12:55 三ノ塔 到着 ※避難小屋あり
13:30 烏尾山 到着
14:07 行者ヶ岳 通過
14:50 新大日茶屋 通過 
15:03 木ノ又小屋 通過
15:35 塔ノ岳(1,491m)到着
 
※所要時間 大倉⇒塔ノ岳 5:20(休憩10分含む)

 ※尊仏山荘の宿泊体験記はコチラ
 ※表丹沢縦走(2日目)はコチラ 塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


先月に引き続いて、丹沢山塊にまた戻ってきちゃいましたー。
ホントは美ヶ原の予定でしたが、長野県の天気があまりよろしく無かったので、急きょ変更。

前回の丹沢山縦走で気になっていた「塔ノ岳山頂からの夜景」に挑戦。これからも冬シーズンは丹沢山にお世話になることが多そうです♪


で、夜景を目的にするなら天気予報はと〜っても大切。
通常の天気予報でもヤマテンでも、夕方〜早朝は晴れ!
期待に胸が膨らみます。(が、山の天気は変わりやすいのです・・・)

<天気予報>
表丹沢縦走天気1日目
<登山開始!>

今回も、前回の丹沢山縦走時と同じ登山口「大倉」からスタートです。力
大倉からは、鍋割山、塔ノ岳、三ノ塔と3方面に行くことができる、使い勝手の良い登山口ですね。

今回は、三ノ塔経由で塔ノ岳を目指すので、風の吊り橋を渡ります。

<10:17 秦野戸川公園:風の吊り橋>
秦野戸川公園大橋

しばらくは舗装された道路を歩いて行くのですが、いつのまにか登山道では無い道に行ってしまいました。。。バイキンマン
「あれー?結構しっかりした道なのに山と高原地図 28.丹沢 2013に載って無いなー。」

てなわけで、携帯のGPS機能で居場所を確認。やはり登山道を通り過ぎてることが判明。
地図を過信するものよくないですね。。。

とはいえ、分岐に戻ってみるとちゃんと標識があったりしますが。。。クッキーモンスター

<10:35 三ノ塔林道入口>
三ノ塔尾根入口

さっ、気を取り直して登山道(とは言ってもまだ舗装された林道です)を進みます。
しばらくして、「林道経由」と「登山道経由」の分岐へ。せっかくなんで登山道経由へ向かいますが・・・。

しばらくして鉄塔があり、ここで道迷い発生バイキンマン!!

鉄塔の手前に印(リボン)があったので進むと荒れ道へ。
なんか変だな?と思いながらも木の枝にリボンが付いているので、合ってるよなーと思いながら進みますが、いよいよ歩けないくらいの荒れ道へ・・・。

冷静になって途中で引き返して正解。本当の登山道は鉄塔の奥にありました。
山小屋の人も、「道迷いは山麓の方で起きるんだよ。」って納得です。エリザベス

<11:04 三ノ塔(登山道経由)への途中にある鉄塔>
迷いの鉄塔

鉄塔奥にあった本当の登山道は、やっぱりちゃんとした整備された道でした。
うんうん、これが本来の道だよな」と納得して進んでいきます。

しばらくすると三ノ塔へ向かう林道が終了で、ここからいよいよ三ノ塔尾根です。
しかし、日曜日だというのに下山者がほとんどいない。人気無いコースなんですかね。。。

バカ尾根(大倉尾根)はたくさんの下山者がいたようです。

<11:36 三ノ塔林道終了。三ノ塔尾根入口>
三ノ塔林道終了

ここから約2時間の三ノ塔尾根の登りが始まります力
始めの方は、丹沢山らしい木々に囲まれた登山道が続いて楽しいです。

どんぐりハウス横の県立秦野ビジターセンターの登山案内では、
標高1,000mを超えると積雪あり。アイゼン必携。
と記載してましたが、その通り標高1,000m超えたあたりから雪道になってきました。

標高が登るにつれて、積雪が徐々に増えていく様子を写真で見てみましょう!

<11:52 三ノ塔尾根 標高約750m>
三ノ塔尾根_雪なし

<12:29 三ノ塔尾根 標高約1,050m>
三ノ塔尾根_雪はじめ

<12:53 三ノ塔尾根 標高約1,200m>
三ノ塔尾根_雪あり

アイゼンは付けた方がいいんでしょうけど、登りということもあり無くても大丈夫でした。(下りはアイゼンなしだと厳しいかも・・・)

さて、ヤビツ峠からの登山道と合流して、三ノ塔山頂(1204.8m)に到着。寒いっ!

山頂には避難小屋がありますがトイレトイレは見当たりません。
また、山頂のほとんどがヒドイぬかるみだったので、休憩せずに先に進むことにしました。

ズボンや登山靴がエライこと(泥だらけ)になってます(涙)

<12:56 三ノ塔山頂>
三ノ塔山頂

三ノ塔(1204.8m)から烏尾山(1136m)に行く途中には、急坂(下り)&ハシゴ&雪道でここはアイゼンがあった方が良いですね。

すれ違うほとんど登山者の方がアイゼンを装着してました。
今回の山行で一番のアイゼンポイント危険がココでした!

<13:16 三ノ塔〜烏尾山のはしご>
三ノ塔付近_はしご

緊張した登山道を過ぎて、念願の山小屋に到着!
お昼を食べよう!コーヒー」と思ったのですが、小屋が開いてない・・・。トイレにも鍵がかかってる。。。

丹沢の冬の山小屋はホント使えません!
山小屋には期待をせず、食料や飲み物は必ず持参した方がいいですね。(特に冬シーズン)

<13:31 烏尾山荘>
烏尾山荘

ここが今回の山行ルートで一番厳しいクサリ場でした。
山と高原地図 28.丹沢 2013でも、「危険」マークが付いているところです。

雪が無いのでアイゼンを付けて下りるのは厳しそうですね。
※写真に写ってる方は、我がパーティの方ではございません。。。m(_ _)m

<14:21 行者ヶ岳付近>
行者ヶ岳付近_くさり

新大日〜塔ノ岳の約40分間は、天国のような素敵な雪道感動が待っていました。
この雪道を歩くために厳しい5時間の登山をしてきたようなもの。景色も良くトレースも付いていて歩き易くアイゼンも不要です。

今山行のハイライトクラッカーでしたねー。

<15:09 木ノ又大日付近>
木ノ又大日付近

ちょっと曇っているのが残念ですが、視界はそんなに悪くありませんでした。
でも今回の山行は、綺麗な夜景と星空星がメイン。ヤマテンでも天気予報は「晴れ晴れ」だったのに・・・。

頑張れ天気!

<15:11 木ノ又大日付近からみた風景>
木ノ又大日付近風景

最後はちょっとした登りがあって、尊仏山荘に到着しました!

やっぱり山頂は風がキツイですね。
かなり寒くて、持ってきた「いろはすみかん」を飲もうとしたら、少し凍ってましたー。

今回の、三ノ塔経由の塔ノ岳登山
道にも迷って、雪道で、距離も長くて、かなり精神的にも体力的にも疲れた山行冷や汗になりました。

さ、日の入り(17時30分頃)と夜景と夜空の時間まで「尊仏山荘」でゆっくり休憩するとしますか!


<15:34 塔ノ岳山頂>
尊仏山荘に到着

ちなみに、丹沢山には、こんな危険な植物も生えています。
木の枝を掴もうとしたら、とげが刺さった!ってありそうなので要注意ですよ。

<おまけ>
危険なとげ


 ※尊仏山荘の宿泊体験記はコチラ
 ※表丹沢縦走(2日目)はコチラ 塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉


アクセス:
<関西方面から>
 南海バス/江ノ電バス  JR大阪−小田原線
 大阪駅前[22:30] ⇒ 小田原駅[05:40](7,600円/片道、13,680円/往復)

 近鉄バス/富士急湘南バス  大阪駅前−小田原線(金太郎号)
 大阪駅前[21:55] ⇒ 小田原駅[08:02](7,600円/片道、13,680円/往復)

<小田急 渋沢駅から>
 神奈川中央交通バス(路線バス) 平日
 小田急渋沢駅北口[09:12] ⇒ 大倉[9:27] 200円(約15分)
 ※1日に30〜33本運行。


近くの宿泊施設:
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳付近の宿(小田原)

塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳付近の宿(丹沢)
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳付近の宿(秦野)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック