はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




みやま山荘(丹沢山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

今夏の表銀座縦走(目標!)の予行練習としてがっつり歩きたいよね〜。
ということで、冬でも本格的な縦走が楽しめそうな丹沢山塊をチョイスです。

利用時の丹沢山縦走 山行はこちらです。

丹沢は山小屋ワールドのようですが、いろんなブログを拝見していると宿泊で利用するのは次の3小屋が多そうです。

1:尊仏山荘 (塔ノ岳山頂)
2:みやま山荘(丹沢山山頂)
3:蛭ヶ岳山荘(蛭ヶ岳山頂)


皆さんの感想は、眺望(特に夜景)で選ぶなら1と3、食事で選ぶなら2 とこんな感じですね〜。

今回は、
・丹沢山縦走のタイムスケジュール
・天気予報(夕方〜朝まで曇り)で夜景が楽しめなさそう

ということで、みやま山荘に決定です。

みやま山荘のオフィシャルHPはコチラ

みやま山荘は丹沢山山頂に建ってます。
塔ノ岳よりさらに1時間以上も歩かないといけないので、大倉登山口からは結構距離があってなかなか骨のあるコースですね。

で、いざ丹沢山山頂に着いてみると、「みやま山荘、小さっ・・・」。

<みやま山荘 建物>
みやま山荘 全景

八ヶ岳や北アルプスの山小屋に慣れちゃうとホントこじんまりです。
でも、休憩室に食事部屋、寝室にトイレ、受付とコンパクトに収まってるんですよね〜。見事です!拍手
ま、そんな前置きは終了して。
今回の山行は真冬の1月上旬。15時30分頃にみやま山荘に着いた時は−4℃風

寒い〜、早くみやま山荘に入りましょう!

<館内>
ストックを山荘玄関前にある「ストック入れ」に入れて館内に入ります。
※ストックは使ってなくて綺麗でも「ストック入れ」入れます。小屋内が傷つかないようにでしょうね。

館内に入ると右側が受付でチェックインし、宿泊者名と翌日の山行ルートを記入。

それを見て、おかみさんから「ここは危ないよ〜」とか「こっちのコースが良いかも
などなど、いろいろアドバイスをもらえます。
こんなのは宿泊者が多い八ヶ岳の山小屋ではあまり見られませんね。

受付を済ましたら、登山靴を閉まって館内に上がります。

みやま山荘は1階に受付休憩室(土間)がありここまでは登山靴かスリッパで移動。靴を脱いで、その他1Fにはトイレ、休憩室、食堂があり、寝室は2Fです。

冬のみやま山荘内はストーブが2台ほどついていて、めちゃくちゃ暖かいです♪ELMO

<みやま山荘 ストーブ>
みやま山荘 ストーブ

1Fの休憩室(板の間)は、広くないですが、テレビが1台あり自由に見れます。
本棚もありますが、ヒマラヤ関連の本ばかり。「PEAKS」とか「山と渓谷」の山雑誌などは一冊もありません。

ちょっと退屈なので、山と高原地図を見ながら他の宿泊者の人たちと山談議してました♪

山小屋泊の時は、山荘着いてから夕食までの2、3時間がとっても暇なんですよね〜。クッキーモンスター

<みやま山荘 休憩室>
みやま山荘 休憩室

<大部屋&個室>
2Fへ向かう階段を登りきると、左右にお休みどころ(大部屋)が。
右が2段ベット(B、C)のような感じで、左(A)は1段です。

<みやま山荘 2F宿泊部屋>
みやま山荘 2F宿泊部屋

奥に進むと蛇腹で仕切られた個室(A12、A34)が2部屋あります。
個室にプラス料金は無く、混んでる場合は、女性やお子様などが優先して割り当てられる感じですね。男性グループはほぼ大部屋に割り当てられそうです。

電気は廊下にあるんですが、個室の蛇腹を閉めると中まで明かりがこなくて結構暗くなります。ヘッドライトは必須ですね。

<みやま山荘 個室>
みやま山荘 個室

<お手洗い>
トイレトイレは1F休憩室の隣に洋式タイプが1つあります。(男女兼用)
紙はゴミ箱に入れる形式ですが、匂いも無く、便座も温かく(消灯時間を過ぎるとダメですが・・・)とっても綺麗きです!丹沢山塊一の綺麗さだと思います♪

たくさん泊まっても不思議と混むことは無いようですが、山荘の外にも比較綺麗なトイレ(男女別)あります。

<お食事>
さてさて18時になると夕食の時間ご飯です♪
みやま山荘は食事が美味しくて有名。夕食はなんと焼肉♪おかずにデザートまで。ご飯味とお噌汁(温かくて美味い!)はおかわり自由です。そしてお湯も提供してくれます。

<みやま山荘 夕食>
みやま山荘 夕食

朝は6時です(冬時間)。
朝食も美味しくて、炊き込みご飯、お味噌汁がおかわり自由です。縦走二日目のためにがっつり食べときます!

みやま山荘では、飲み物は売ってますが、お菓子など食べ物は売ってませんだめ

飲み物は1Fの休憩室にミニ冷蔵庫があり、ジュース関係が500円、水300円です。
ちなみに、ベットのある2Fでは飲食禁止。1階の休憩室で飲みましょう!

食べ物が売っていないので、お菓子などは持っていきましょうね。

<消灯&その他>
消灯時間は20時30分、点灯時間は5時30分です。
消灯後のみやま山荘内は真っ暗になるので、ヘッドランプが必要ですね。

携帯電話は「ドコモ」以外は、全くつながりません。。。

玄関と一体化してる休憩室(土間)では、バーナーも使えるようなので自炊の人でも安心ですね。


<景色>
ちなみに消灯時間の20時30分を過ぎても、みやま山荘の外には自由に出ることができます。

今回は曇ってて、夜景や星空は見れませんでした(残念!)が、とっても寒くて(−9℃凍って白くなった木や地面を見ることができました。

でも、凍ってますから、みやま山荘を出た瞬間にすってんころりんバイキンマンもあり得ますので要注意!

<冬の夜。みやま山荘外の樹氷>
みやま山荘 夜中

みやま山荘を出ると、そこは丹沢山山頂。
天気がいいと富士山が目の前に。冬はそれに樹氷がプラスされて、神秘的な景色に出会えます♪

<早朝の丹沢山山頂から>
みやま山荘 富士山

みやま山荘のある丹沢山山頂は木々に囲まれてて、その隙間から夜景は楽しむことは出来ますが、中途半端な面は否めませんショック

でも、綺麗な山小屋、美味い食事、親切なおかみさんや小屋番の方のおかげで、楽しい泊まって良かった〜思えた山小屋ですね。

そんなこんなで、みやま山荘(丹沢山山頂)の宿泊体験記、参考になればと思います。グッド

■それでは引き続き丹沢大縦走の山行記録・2日目を、ご覧くださいませ。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
丹沢山頂で食べる焼肉、めちゃ贅沢ですね^^♪卓上で自分で焼けるんだ〜!
みやま山荘で作ってもらえるお弁当(1000円。私が買ったときは混ぜ寿司でした)もおいしかったですよ。行動食はもちろん携行していましたが、お米を食べると心身ともにパワー回復します^^!
  • ひなの
  • 2013/02/10 8:39 AM
ひなのさん
そうなんです!自分で焼くんです。だから料理が暖かくて、食事中はストーブ消してました♪
みやま山荘のお弁当だったら美味いの保証されてますよね〜。今後挑戦してみます!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック