はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2013年1月 冬の丹沢山縦走 (1日目:大倉〜丹沢山)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2013.01 [日本100名山] 丹沢山(蛭ヶ岳)1,673m 晴 

 ※参考山と高原地図 28.丹沢2012

タイムスケジュール:

09:45 大倉(秦野戸川公園) 出発
10:40 見晴茶屋 到着 
11:55 堀山の家 通過
12:50 花立山荘 休憩(約35分:山ランチ)
13:55 塔ノ岳(1,491m)到着 ※大展望♪
14:57 竜ヶ馬場 通過
15:20 丹沢山(1,567m)到着
 
※所要時間 大倉⇒丹沢山 5:35(休憩50分含む)

 ※みやま山荘の宿泊体験記はコチラ
 ※冬の丹沢山縦走(2日目)はコチラ 丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸〜西丹沢


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


涼しくなった1月に(いやいや寒いって…)、関東から極近の日本100名山「丹沢山」に行ってまいりました!

夏期は山ヒルみみずが出るっていうし、八ヶ岳とか北アルプスとか行きたいしね。
どうしても近場の山はシーズンオフまでお預けですが、冬の丹沢山行は最高クラッカーでございました♪

天気予報はこんな感じ。冬晴れで空気が澄んでて大パノラマが期待できそう。でも、午後からは曇り、夜景や夜空は残念な感じです。贅沢ですかね〜。

<天気予報>
1301丹沢山天気1日目

積雪雪もほとんど無いようで、所々凍っている登山道があるとのことで「軽アイゼン」は念のために準備しました。
 ※山小屋の人に言われました。
丹沢山縦走記(1日目):

小田急渋沢駅から「大倉行き(2番)」の神奈中バスバスに乗ること15分。
左手にでっかい富士山を眺めながら登山口の大倉(秦野戸川公園)に到着です。

とっても綺麗で大きな公園で売店(ドングリハウス)もあり、トイレはきれいで、秦野ビジターセンターでは登山情報を発信しています。公園の駐車場は午後6時までのようですが、大倉バス停の近くにコインパーキング車もあり、こちらは24時間OKです。

秦野戸川公園の大倉は標高たったの290m。
今日はここから標高1,567mの丹沢山まで全長7km、標高差1,277mだらだらとした長い登りが続く有名な大倉尾根(通称:バカ尾根)を登ります。


<9:29 大倉バス停付近>
大倉 秦野戸川公園

大倉からさっそく登り力が始まります。初めは車道、そして登山道に変わっていきます。
もっとジメジメした樹林帯を想像してたのですが、登山道はホントに整備されてて、木道や階段、歩きやすい尾根道、など、八ヶ岳にも引けをとりません(言い過ぎ?)

まだ、斜度はそれほどではないのですが、標高も低く、寒いのを見込んで着込んだため、暑い暑い・・・冷や汗

大倉尾根では、finetrack(ファイントラック)のドライレイヤーミズノのブレスサーモシャツの計2枚で登ってましたが、それでも汗ダク、頻繁に汗を拭きながら登ってました。(気温は8℃ほど)

<10:39 丹沢山の登山道>
丹沢1日目 尾根道

どころどころ、岩剥き出しの急な登りもあります。
延々と続く階段や緩い登りのあとに、出現されるとやっぱり堪えます汗・・・。

あと、平日は山小屋も結構閉まってますね。(冬場ということもあると思いますが)
小屋が閉まるとトイレが使えなかったり、あってもすごく汚いトイレだったり。。。結論!大倉でトイレトイレは行っておきましょう。

ちなみに、堀山の家の温度計は気温8℃。振り返れば、時々「江ノ島」が見えたりして楽しいです。

<10:48 バカ尾根の本領発揮>
丹沢1日目 荒れ道

標高が上がるにつれて、登山道にはが増えてきました。
長くて凄い立派な霜で、ついついストックで突き刺して遊んでしまいますバイキンマン

<11:18 立派な霜>
大倉尾根 立派な霜柱

霜に感動していると、バカ尾根名物「階段」リターンズ・・・。
標高をどんどん稼いでいきます。

<11:20 続く階段>
大倉尾根 続く階段

ここは尾瀬ヶ原川か?
こんか綺麗な木道がたくさんあるのも丹沢の特徴でしょうか。

休憩スペースもあり、太陽晴れも照り付けて気温以上に暖かく、冬ということさえ忘れてしまいます。

疲れてきたのか、スポーツ飲料とチョコレートが体に染み渡ります♪

<12:18 木道&休憩スペース>
丹沢1日目 木道

で、また出てくる、延々と続く階段。
大倉からここまで約3時間。ひたすら登り続けてるので、足の疲労もかなりのもんです。

大倉尾根では、ストックが重宝しますね。
ただ、初日にストック使いすぎると腕も疲れてきて、二日目がしんどいですクッキーモンスター
ペース配分が大切。私は、なんとか初日はストックを使わず頑張ってみました!

<12:41 またまた階段>
丹沢1日目 階段

山ランチは塔ノ岳山頂で食べよう。と思ったのですが、この時点で13時。
かつ、厳しい大倉尾根(バカ尾根)で、燃料も使い切り、お腹がペコペコエリザベス

塔ノ岳まであと30分ほど。もう無理〜、ここで食べちゃおうっと♪
だって、花立山荘前には、展望が良いスペースにテーブルが2つ。これは食べてくださいと言わんばかりでしょ。

<12:50 花立山荘(閉店中でした。平日だから?)>
花立山荘広場

今回の山行でのもう一つの目的。山コーヒーより一歩先へ!
ということで、山カップラーメンラーメンに挑戦です。

あわせて、好日山荘で物色したお湯を入れるだけで完成する男性大好き「カルボナーラ」もプラス♪
※写真では「ドライカレー」ですが、いろいろありまして「カルボナーラ」になりました。

さすがに止まってると寒いので、フリースを1枚着ました。
歩くってのは、ほんとに体温が上がるんですね〜。

<12:55 花立山荘前で山ランチ>
丹沢1日目 山ランチ

金冷シを通過して、塔ノ岳まであと少し。
長い階段を登って、頂上とぼろい山小屋(廃墟)らしきものが見え。ついに、ガイドブック等で有名な塔ノ岳山頂に到着手です。

気温は2℃。雪もまったく積もっていません。
もっと雪山を想像してたんですが、コンディションは最高です。

山頂広ーい。そして、展望凄ーい

<13:57 塔ノ岳山頂広場>
塔ノ岳山頂広場

花立山荘からは横浜方面の市街地(ランドマークタワーも!)は見えてて良かったんですが、塔ノ岳からは東京方面の市街地も追加され、今まで見たことのない市街地の大パノラマ感動でした。(アルプスから見える市街地は都会じゃないからね)

ここから見る夜景夜景は、かなり凄いはず。
次回は塔ノ岳山頂にある「尊仏山荘」に泊まる、丹沢山行が決定です。(ついでに鍋割山荘で鍋割うどんも♪)

尊仏山荘のトイレは、下の山小屋よりずいぶんマシです。
しかし、使った紙を持ち帰れエリザベスというのは丹沢ルールなのかしら。八ヶ岳に慣れちゃうと、ハードル上がってしまいますね。

<13:57 市街地の大パノラマ(実際はもっと凄いよ)>
塔ノ岳からの景色

もうちょっとゆっくりしたいんですが・・・。
宿泊予定の丹沢山までまだ距離があるので出発です。

塔ノ岳〜丹沢山までは、気持ちの良い尾根道、木道、そして展望も申し分なく。富士山、南アルプス、八ヶ岳を見ながら、楽しい山時間を堪能します。

<14:45 塔ノ岳〜丹沢山>
塔の岳〜丹沢山

塔ノ岳から歩くこと約1時間。丹沢山山頂クラッカーに到着。そばに今回お世話になる「みやま山荘」が建っています。
八ヶ岳の山小屋に慣れてしまっているせいか、「小さっ」っていうのが正直な感想。

でもとっても綺麗きそう。(実際入ると、やっぱりかなり綺麗。そして暖かい♪)

丹沢山山頂は結構広く休憩スペースもあるんですが、木々に囲まれていて展望は塔ノ岳よりかは劣ってしまうかもしれません。でも、木々の隙間から見える「富士山」も結構イケてますよ。

<15:18 丹沢山山頂>
みやま山荘前

明日は今日よりも長い時間歩きますので、十分休息睡眠するとしますか。。。

みやま山荘宿泊体験記はコチラです。
冬の丹沢山縦走(2日目)はコチラ 丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸〜西丹沢

アクセス:
<関西方面から>
 南海バス/江ノ電バス  JR大阪−小田原線
 大阪駅前[22:30] ⇒ 小田原駅[05:40](7,600円/片道、13,680円/往復)

 近鉄バス/富士急湘南バス  大阪駅前−小田原線(金太郎号)
 大阪駅前[21:55] ⇒ 小田原駅[08:02](7,600円/片道、13,680円/往復)

<小田急 渋沢駅から>
 神奈川中央交通バス(路線バス) 平日
 小田急渋沢駅北口[09:12] ⇒ 大倉[9:27] 200円(約15分)
 ※1日に30〜33本運行。

近くの宿泊施設:
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳付近の宿(小田原)

塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳付近の宿(丹沢)
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳付近の宿(秦野)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
1月の雪が降る前にいきましたか。後に行きましたが、先は諦めました。雪の無い尾根のいいですね。
後レポ楽しみです。
山バカ夫婦さんへ

私たちが行った二日後に積雪1m大雪でしたので、ギリギリセーフでした。
雪のない冬晴れの丹沢は最高ですね!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック