はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




冬の御在所岳 山頂ハイク(2013年1月) 


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2013.01 [日本200名山] 御在所岳【冬】 1,212m 曇/雪ゆき&強風 
 ※参考:山と高原地図 44.御在所・霊仙・伊吹2012

タイムスケジュール:
御在所ロープウェイ乗車(約12分)
11:10 御在所ロープウェイ 山上公園駅 出発
11:30 御在所岳山頂 到着
11:45 御嶽大権現  到着
12:10 御在所ロープウェイ 山上公園駅 到着
 <お昼休憩>
13:05 富士見岩 到着
13:15 御在所ロープウェイ 山上公園駅 到着

※所要時間 散策 1:10 積雪30cm(スノーシュ散策コース不可)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

来週(予定)の丹沢縦走の事前準備を兼ねた、ゆるーい雪山ハイクに行ってきました!

低体温症になったら大変ですからね。
去年、好日山荘で購入したウェアでどこまで防寒できるのか等などチェックです。

ホントはスノーシューストックをレンタル(1,000円)して散策する予定でしたが、スノーシューコースがクローズのため、アイゼン無しのゆるーい雪山ハイクに変更です。
御在所岳(山頂ハイク)記:

<天気予報>
2013 冬の御在所天気

山では、天気予報は参考程度にですね。
2年前の御在所岳登山では、予報は晴れなのに風雨にさらされるという事態冷や汗に。
今回も、御在所岳山頂では14時付近から雪ゆきが降り始め、風風もかなり強くなりました。

ロープウェイ山頂駅の乗り場を降りると風もありやっぱり寒いですねー。
ライトダウンの上にスノーボードウェアというやりすぎなくらい着こみました。おかげてホカホカ♪楽しい
※ちなみに山麓駅で気温は6℃、山頂付近で−4℃でした。

<11:17 御在所岳の氷ばく(準備中)>
御在所岳の氷ばく

ロープウェイ山上公園駅を出て、観光リフトの下をくぐりスキーハウスの方へ向かいます。
すると、目の前には大きな氷の塊が・・・。御在所岳、冬の名物「氷ばく」です。
まだ、準備中とのことですが、既に立派です♪ELMO

レストランアゼリア、ございしょ自然学校を通り過ぎて、山頂へ向かい歩き続けます。

<11:19 御在所山頂へ向かう雪道>
御在所山頂へと続き雪道

積雪は御在所ロープウェイ公式HP30cm
山頂ハイクだけならアイゼン無しでも歩けますが、6爪程度あるとちょっとした下りや階段は安心かも。
(凍ってる個所も多いです)

また、山麓から登山道を歩いてくる人は、ほとんど12爪アイゼンでした。納得です。

<11:30 冬の御在所岳山頂広場>
御在所岳山頂広場

登山道というか整備された道を歩いて、最後の長い階段を上るとそこが御在所岳頂上感動
おととしの秋に御在所岳に来た時より、景色が良かったです♪
若干曇ってますが・・・

<11:37 向こうに見える御嶽大権現へ行こう!>
遠くに御嶽大権現

とはいえ、ロープウェイ山上駅から御在所岳山頂まで、たったの20分
安全な雪道は結構楽しくて、いつもは日帰りでも3時間は歩いているので、全く満足できてませんクッキーモンスター!!

というわけで次のターゲットを物色すると、何やら怪しい建物が。
(前回来たときは、曇ってて見えなかったようです)

地図を見ると、「御嶽大権現」ということが判明、そして安全な雪道だということも分かり、レッツゴー!手

<11:41 御嶽大権現直前の参道>
御嶽大権現の参道

御在所岳山頂から歩き始めて約15分。意外に遠くに見えますが、歩くと近いですねー。

雪道ですが、整備されていてアイゼン無しでも問題なく歩けます。
そしてなぜか東南アジア圏の人が多かった。日本人より圧倒的に・・・。

<11:50 長者池へ寄り道>
長者池

帰りは長者池へ少し寄り道。小さな池がありました。
でも、見どころというほどのもんでもないか。

<12:05 今日から御在所スキー場オープン>
御在所スキー場

そういえば、今日から御在所スキー場がオープンということで少し賑わっていました。規模的にはかなり小さいスキー場ですね。

お腹もすいてきて、外も寒いのでお昼タイム!コーヒー
今回はロープウェイ山頂駅の売店でお昼を食べました。天丼850円。自販機のジュースは150円です。

食事メニューはスキー場にある(レストランアゼリア)の方が豊富です。

お昼の後は、国見岳の方へ行こうと思ったのですが、途中アイゼンが無いと厳しそうなので断念。無理はしません。

<13:00 朝陽台広場>
御在所岳の朝陽台広場

その代案として御在所岳山頂と違う方へ歩いて、富士見岩・見晴台へ向かいます。
その途中にある朝陽台広場、人がたくさんいて賑やかです。

<13:09 富士見岩からの眺望>
富士見岩からの眺望

朝陽台広場から、見晴台まで30m、富士見岩まで70mです。
ここ(富士見岩)もあっという間に着いてしまって物足りないのですが、景色は絶景(鎌ヶ岳もバッチリ)なのでお勧めです。

雪が降り始め、風もかなり強く風なってきたので、御在所ロープウェイで一気に下山しました。
御在所ロープウェイからは、雪山を登ってくる人、岩の上でコーヒー飲んでる人など、見ることができますよ。

アクセス:
<名古屋方面から>
 高速バス:名古屋湯の山温泉高速線(三重交通)
往路)名鉄バスセンター[09:17] ⇒ 三交湯の山温泉[10:24]
復路)三交湯の山温泉[14:15] ⇒ 名鉄バスセンター[15:21](片道:1,280円)


というわけで、本年一発目の山遊びでした。
今年も自己満足な山登りブログですがよろしくお願いいたします。m(_ _)m
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
御在所岳の氷ばくは見事ですね。こういうダイナミックなものを観てみたいです。
この時期の御在所は寒そうですね・・・
いかじゅうさんこんにちは。

御在所岳はいつも風が強くて楽しさ半減。のどかな日
に一度登ってみたいです。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック