はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




剣山 登山(2012年11月)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.11 [日本100名山] 剣山(別名:太郎笈)1,955m 曇⇒晴曇り
 ※参考山と高原地図 54 石鎚・四国剣山 2012

タイムスケジュール:
10:40 見ノ越駅 出発  ※剣山リフト乗車
10:55 西島駅  到着
11:15 刀掛   到着  
11:40 剣山山頂 到着 
12:25 次郎笈(1,930m) 到着
13:20 剣山山頂 到着
13:50 大剣神社 到着 
14:05 西島駅  到着  ※剣山リフト乗車
14:20 見ノ越駅 到着

※所要時間 3:40(休憩20分、リフト30分程度含む)
 ガイドブック標準時間 3:30 


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


概要と天気:

今回は四国にある100名山の一つ剣山(別名:太郎笈)に行ってきました!
近畿以西では第2の高峰。徳島県の最高峰です。

天気予報では、午前中は曇って午後から晴れの予報。
山頂に正午前に登頂するようなスケジュールで歩きました。

剣山 天気予報
山行記録:

剣山へは、ちょっぴり公共交通機関だと不便ですよね。。。
というわけで、今回はレンタカー(激安ニコニコレンタカー使ってみました!)での剣山山行です。

徳島自動車道の「美馬IC」から国道438号線を走るのですが、国道のくせに道路が細い細い・・・。
すれ違いの車が来るたびにドキドキしちゃいます。冷や汗

しばらく走ると途中から「剣山ドライブウェイ」になります。
(こっちの方が、道が広いことが多く走りやすいです。)

途中に、剣山スキー場がありましたが、休業中とのことで・・・。

<10:12 剣山ドライブウェイ>
剣山ドライブウェイ

剣山リフト「見ノ越駅」周辺は、幹線道路の合流地点で、剣神社・売店・駐車場・宿泊施設などがあり、ちょっぴりにぎやかですグッド

駐車場は立体。今回は平日でガラガラだったのですが、シーズンはめちゃくちゃ混むらしいですね。
トイレは駐車場とリフト乗り場1Fと2か所あります。(決して綺麗ではない・・・)

<10:38 剣山リフト乗り場>
剣山リフト

剣山リフトはいわゆる「シングルリフト」。
スピードも遅く15分も乗ってます。体が動かせないので寒さ対策は必須ですね。風

ほどなくして、西島駅に到着です。

<11:03 西島駅付近>
西島駅スタート

西島駅からは、「刀掛」経由で剣山山頂に向かいます。標準タイムで40分。
傾斜はありますが、木で造られた階段もあり歩き易いです。

完全な樹林帯ではなくて、展望も良好です。
向こうの山や、「あれ?道路崩れてない?」なんてものも見えちゃいました。

自然の力って恐ろしいです。。。バイキンマン

<11:10 道路崩れてない?>
道路 通行止め?

剣山は2000m近くある高山。
11月に入るとかなり寒くなります。山頂近くの木の枝には霧氷雪が、気温は約0℃です。

<11:22 木の枝が凍ってます>
霧氷っていうのかな?

鳥居を過ぎると、青色の屋根が見えてきて「剣山山頂ヒュッテ建物」に到着です♪ 

入口に「お泊まりは個室 2階17室 別館11室」という看板がありました。

また、トイレは山小屋の外に。入口には、


トイレットペーパーはありません。
ハエが大量発生しているときがあります。

心の準備を!!



深呼吸してトイレに侵入。冬なのでハエはいませんでした。ホッ。(夏はヤバメ?)

<11:29 剣山山頂ヒュッテに到着>
剣山山頂ヒュッテ

剣山山頂ヒュッテと剣山本宮の間の階段を上ると、「霧ヶ峰」のような高原と木道が現れます。
これが剣山なんですよね〜。

<11:36 剣山山頂付近>
剣山山頂 付近

木道を山頂の方へ向かって歩くと、剣山山頂の標識へ到着です。
そして目の前にひときわ存在感のある山が、今日の第2目的地「次郎笈(じろうぎゅう)山」です。

次郎笈(じろうぎゅう)は関西トレッキング BESTコースガイド (MAPPLE)という本で見つけて、この眼で見たい山一覧にロックオン。

やっぱり存在感は凄かった。

<11:40 剣山山頂から次郎笈を眺める>
剣山山頂から次郎笈

剣山の山頂で戻ってしまう人がほとんどで、次郎笈(じろうぎゅう)まで行く人は、ガクンと減ってしまいました。

確かに遠そうだけど、片道約1時間。
それに、展望も良くて、笹に囲まれた延々と続く素敵な稜線を歩けるとなれば行くしかないでしょうー。矢印上

実際歩くと「大菩薩嶺」のように最高でした(大菩薩嶺を超えたかも!?)

<11:57 稜線から次郎笈>
稜線から次郎笈

次郎笈山頂近くまで行って、振り返ると今度は「剣山」がドーン。き

昼近くになって天気予報通り晴れてきましたね〜。
個人的には、「剣山」より「次郎笈」の方が好きかな〜。贅沢な選択ですけど♪

<12:10 次郎笈から剣山>
次郎笈から剣山

最後のちょっぴりキツイ登りをクリアすると、次郎笈山頂に到着です。

山頂には特になにもありませんでした。。。
風も結構強く吹いていて寒く風、休憩は先延ばしへ。

<12:25 次郎笈(じろうぎゅう)山頂 到着>
次郎笈 山頂

単純なピストンはつまらないので、ちょっぴり遠回りです。
三嶺方面へ降りて、途中のトラバース道を通って剣山山頂へ戻ります。

途中に「次郎笈水」があり、ちょろちょろと湧水が出てました。
いわゆる水場汗ってやつですね。

<12:44 トラバース道(次郎笈⇒剣山)>
トラバース道(次郎笈)

素敵な稜線を歩き、剣山山頂へ戻ってきました。天気はもう快晴です♪

稜線を囲んでいる笹原には獣道(けものみち)があり、シカが稜線を猛スピードで横切って行きました!

こんな1,900mに、野生のシカ鹿がいるんですね〜。

<13:18 剣山山頂へ帰還>
剣山山頂へ帰還

剣山山頂で一休憩して(寒い・・・)下山です。
下山も単なるピストンじゃつまらないよねということで、寄道「大剣神社」方面へ。

途中で、近ツーのツアー団体さん(約25名)と遭遇。
ガイドさんが「今はやりのパワースポットですにもうすぐ着きますよ〜」なんて言ってました。

大剣神社はパワースポットきのようですが、建物のみでひっそりしてました・・・。

<13:49 大剣神社 到着>
大剣神社

さて、剣山リフトに向かってあとひと踏ん張りです。
そんなにきつくない道を下山して、西島駅に到着。

「おつかれさま」の鳥居をくぐって、本日の登山は終了です。クラッカー
剣山リフト横にある売店らしきお店はもう閉まってました。

<14:02 剣山リフト西島駅>
西島駅 剣山リフト


「剣山〜次郎笈の稜線歩きは最高だったなぁ〜」と、リフトに乗りながら感傷に浸ってました。楽しい
関東に住んでるものとしては、なかなか行けない四国にある百名山

長野の山々が雪に閉ざされきた季節に、四国や近畿に足を延ばすのはいいですね♪
次は鳥取の大山(だいせん)なんかに挑戦したいです!力


アクセス:
レンタカー:
 ・徳島自動車道(美馬IC)− 国道438号 − 剣山ドライブウェイ− 見ノ越(登山口)
  ※約1時間30分

近くの宿泊施設:
剣山付近の宿(徳島)

剣山付近の宿(剣山・那賀)
剣山付近の宿(脇町・阿波・美馬)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック