はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




赤岳天望荘(南八ヶ岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

※本HPはPC表示で最適化されています。スマホの方もPC表示でご覧ください。

今回の赤岳(南八ヶ岳)山行はこちらです。

今回の山行は「赤岳〜横岳〜硫黄岳」を縦走するド定番コース。さすがに一泊する必要があるので、どこの山小屋にしようかな〜と。(あ、テント泊は時期尚早なのでパスね)しょんぼり

八ヶ岳は、ホント良い山小屋が多くて迷ってしまいますが、その中でも候補で上がったのがこの3つ。
・赤岳天望荘(個室、風呂、バイキング)
・赤岳鉱泉(個室、風呂、ステーキ)
・硫黄岳山荘(個室、トイレ超きれい)

「あー迷う。でも迷ってるのも楽しい♪楽しい

どれでも良かったんですけど、山の上からの景色・夜景を見たいのと山小屋なのに食事がバイキング!?というこの山小屋に決定。

そう!赤岳天望荘です。

赤岳天望荘のオフィシャルHPはコチラ

<赤岳天望荘 建物>
赤岳天望荘 全体

そうと決まれば早速予約の電話です。予約するのは平日ですが、三連休の前の日なので大丈夫か?
むー、予約センターみたいなところに繋がりました。
※「赤岳天望荘」「ヒュッテ夏沢」「美濃戸山荘」「八ヶ岳山荘」とが同系列でまとめて予約ができちゃいます。

Q:「3連休前の平日ですけど開いてますか?混んでませんか?」
A:「大丈夫です開いてます。3連休前ですけど、平日なのでそれほど混みませんよ」


そうなのか、やはり平日パワー力はすごいな。

Q:「その日、美濃戸の駐車場は混みそうですか?」
A:「平日なので、駐車場が満車になる可能性は少ないですよ」


こんな質問すると、「それは分からないですね〜」って回答が多い中はっきり答えてくれました!高感度UPですね。

やっぱり平日の山登りは最高かも♪

<食堂から受付方向>
赤岳展望荘 食堂

赤岳天望荘に到着すると食事棟の入口で受付。まずは、記帳と宿泊代を払います(クレカ不可)。
今回も個室なので12,000円/人です。(大部屋+3000円/人UP)

それから館内の説明、食事、風呂の時間など教えてくれまして、ピンクのコップを渡され、白カップに名前を記入。
このコップが食券の代わりになり、色(ピンク・ブルー・イエロー等)によって朝・夕の食事開始時間が異なってたりと、面白い仕組みを考えはります。

ちなみに赤岳天望荘は、お湯、お茶、ホットコーヒー!が無料。配られたコップを使います。(その代わりに、お水は購入です。)

<コーヒーは飲み放題♪でも、胸やけ注意!>
赤岳展望荘 コーヒー

コーヒーは砂糖、ミルクも入れ放題。疲れた体にこれは嬉しい!!
受付してすぐ、調子に乗って甘ーいコーヒーコーヒーを2杯も飲んでしまいまして、その日胸焼けが続きました悲しい・・・。

<売店に売ってるパイの実で休憩>
赤岳展望荘 チョコパイ

コーヒーだけだと口寂しくパイの実も追加(300円)。コラコラ、夕食バイキング食べれなくなるよ。
でも、疲れた体にはやっぱりチョコだよね〜。

ではでは、落ち着いたところでお部屋に行きましょう!
<館内>

ミニ風車がいっぱい建っているのが個室棟。入口にサンダルがあるので個室棟内や個室−食事棟の行き来はサンダルです。登山靴は個室入口に閉まっておきます。

<赤岳展望荘の個室棟2F>
赤岳天望荘 個室棟

入口入るとまずは談話室。机と本棚(ランドネ有り)があります。本
談話室を超えると個室棟の廊下で、左右に個室(2人用と3人用)がずらーっと並んでます。

山小屋では到着から夕食までの時間が長くて暇なんですけど今回は違います!
食事までの2時間ほど、談話室で年輩ご夫婦と山談義で盛り上がり矢印上ましたヨ!

100名山中90座ほど制覇し、テントでの8泊9日!!の山行話聞き耳を立てるなど、いやーホント楽しかった。

ちなみにそのご夫婦のお勧め稜線は、白馬三山
お勧め山小屋は、燕山荘キレット小屋だそうで。(やっぱ燕山荘か・・・)
今年の夏、雨雨で中止した白馬岳が悔やまれます・・・。

いろんな山を見て歩いて来たご夫婦がセレクトして仰るのだから重みが違います。
ホントにいいんだろうなぁ〜。近いうちに絶対行ってやると誓ったワタクシです。

<個室内>

さて、今日の我が城。個室に到着です・・・。
荷物置きの下スペースも使って布団2枚がやっと敷ける広さ。暖房器具とか一切なく。室内灯とハンガーがあり、飲食は禁止ということでした。

雷鳥沢ヒュッテとかホテル千畳敷とかと比べたらあかん。大部屋と比べなさい。

でも、下界ではありえなさすぎる状況にニヤニヤしてしまいます。←前向き!

<まあ、個室ですけど・・・>
赤岳展望荘 個室内

さて、外から個室棟に入った場合、そこは2階なのです。奥の階段を下りると個室棟の1階で、ここも左右に個室が並んでます。

個室棟の1階からは地下トンネルで食堂棟の1階(大部屋)につながっていて、地下トンネル周辺にはお風呂とトイレが配置されてます。

むー、じつに面白い作り秘密基地みたいです。

<食堂等と個室棟をつなぐ地下トンネル>
赤岳天望荘 地下トンネル

個室棟から地下トンネル通っての大部屋をちょっくら拝見。2段ベットに無造作に置かれたザック類がたくさん・・・。やっぱり個室がいいよねクッキーモンスター

訪問した日は10月上旬で最低気温は4〜5℃で、風も強くて寒い寒い風

そんな時に地下トンネルは、外に出なくても移動できるので実はとっても便利。今回も地下トンネル何回往復したか分かりません。感謝!

<大部屋。ちょっと失礼します>
赤岳展望荘 大部屋

<お手洗い>

さてさてお手洗いです。八ヶ岳のトイレは基本綺麗で期待を裏切りません。
赤岳天望荘もノーブロブレムです。数もそこそこ「男(小2、大3)、女(5)」ですけど、集中する朝はトイレ混み4〜5人は平気で並ぶので、要注意です。

水洗ですが、ウォシュレットはありません。使った紙も流せないのでゴミ箱に入れる方式です。

<お手洗いは綺麗です>
赤岳天望荘 トイレ

<お風呂>

標高 2,722mなのに、お風呂(展望なし)もあります。
お風呂は一つ(風呂釜自体は大きくて同時に5人はOK!)なので、利用時間は男女交互。
 女性 14:00〜15:20
 男性 15:30〜16:50
 女性 18:30〜19:20
 男性 19:30〜20:20
になってます。

最後の時間帯(19:30〜20:20)に入ったので、お湯は白濁したり、油が浮いてたりしてるだろうな〜と思ったけど、ほとんど気にならなかったですね。

そして風呂内にはシャワーが一つありお湯が出ます。(オーレン小屋のシャワーは水しか出なかったので使い道に困ったのですが・・・)


でもね・・・。


とっても、お風呂ぬるかった・・。


風邪ひきそう風邪だったさ・・。


追い炊きしないのかは不明ですが、寒さに弱い人は要注意です!
早めの時間に入るか、無理せずに、「せっかくなんで」とか思わずに中止しましょう!!

<赤岳天望荘名物?五右衛門風呂>
赤岳天望荘 風呂

<お食事>

談話室でお話ししてた年輩ご夫婦のコップの色はピンクではなくブルーでして早めの食事に行ってしまわれました。

コーヒーカップの色で開始時間が分かれています。たぶん15分ごと。宿泊者が一気に食堂に行くとそりゃー混雑しますからね。開始時間をずらすのは正解です。

ちなみに遅いチェックインは、下記の通り、食事の開始時間も遅くなります。
 1時チェックイン ⇒ 夕食5:15分スタート
 3時チェックイン ⇒ 夕食5:30分スタート


さてさて、期待のバイキングですが。ここで注意!

決してホテルのバイキングを期待しては行けませんバッドあくまで山小屋です。

品数は8種類くらいで漬物など、サブ的なおかずが大半を占めます。
ちゃんと無くなったら当然に補充されて、出来たては温かく湯気、味噌汁は特に温かくて美味しかった♪

<食事はバイキング形式>
赤岳展望荘 バイキング

今日の夕食です。メインは牛丼ですね。

<夕食 おかわり自由です>
赤岳天望荘 晩食

ちなみに朝もバイキングです。ゆで卵やウインナー、海苔など。やっぱり8品目ほど。
朝食は5時15分からスタート、館内放送で案内がありました。

ワタシ達は5時30分〜。朝食も時間をずらしてます。

朝はとっても寒くて、ほとんど皆さんダウンを着ての食事でした。それと、夜8時頃には食堂棟は真っ暗。夜に売店で物が買えるのか不明です・・・。


<消灯>

消灯は午後9時です。実際に室内灯が消えたのは9時10分でした。消灯後、館内はほぼ真っ暗になりますので、星空見るために外へ出るとき(外へはいつでも出れます)、トイレに行くときには、ヘッドランプは必需品です。

朝は4時50分に点灯しました。そして、5時10分頃に朝食の案内が流れました。赤岳天望荘の朝晴れは早いです。

<携帯電話>

山では電波が届かないソフトバンクが!たまに電波が入ったり入らなかったりで△です。
auは繋がります。docomoは不明ですが、きっと大丈夫でしょう。

充電は、廊下にあるコンセントから頂戴しました。m(_ _)m

<景色>

山の稜線に立つ山小屋は、やっぱり展望が最高です。
夕方から夜にかけてガスっていたので、星空はそれほど見えませんでしたが、朝は晴れてくれました♪

10月上旬。日の出は5時50分頃。
5時30分スタートの朝食をダッシュで食べて、急いで赤岳天望荘の裏手(佐久側へ)

右側に小さく富士山も顔を出してくれて最高の景色朝日です♪
山登りの中毒性って、ワタクシの場合ここらへん(きれいな景色)にありそうです。

<朝6時30分頃の赤岳天望荘からの眺め(佐久側)>
赤岳天望荘 富士山

天気が良かった今回の赤岳展望荘宿泊。

佐久(千曲川)側には、富士山、瑞牆山、金峰山、両神山など。
諏訪(諏訪湖)側には、御嶽山、南・中央・北アルプス、蓼科山も見えます。


綺麗な日の出、朝焼けを見て、赤岳に行く準備をします。

2日目の山行山は、赤岳登頂後、いったん赤岳天望荘へ下山。
そして横岳・硫黄岳を縦走する山行なので、不要な荷物は部屋に置いておき、個室の寝具は元通りへお片付け。


目の前にそびえる赤岳
これから登りますよー。待ってろー。

<行くぜ!快晴の赤岳へ!!>
赤岳展望荘 赤岳

赤岳登頂〜南八ヶ岳の縦走レポートは、赤岳(南八ヶ岳)の山行記録・2日目 を、ご覧くださいませ。


<赤岳登頂後・・・>
赤岳から戻ってきてから、荷物をピックアップ。コップを受付に返却してチェックアウトです。
前日の午後3時〜翌日の午前8時まで約17時間もお世話になりました。

平日にも関わらず、赤岳天望荘はそれなりに混雑。(100人近くはいたよ)
赤岳まであと40分ほどと場所も良く、稜線上で展望も良く、設備もGOODで、人気が出ますわそりゃELMO


そんなこんなで、赤岳天望荘の宿泊体験記、参考になればと思います。グッド
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
赤岳へは、四年程前に県界尾根から横、硫黄、稲子湯とを行きましたが、展望荘って良いですね。美濃戸口へのコースも良いですね。



  • i.saga
  • 2013/08/01 7:01 PM
i.sagaさんコメントありがとうございます。
赤岳は登山ルートが多くていいですよね。県界尾根、稲子湯はまだ行ったことがないので、是非行ってみたいです!
明日泊まります。天気も良さそうなのでワクワクしています。
帰ってきたらコメントします。
  • MINI
  • 2017/09/28 2:38 PM
MINIさんコメントありがとうございます。
もう寒い時期だと思いますので、風邪などひかれぬよう楽しんできて下さい!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック