はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




2012年10月 赤岳 山行記録(2日目:南八ヶ岳縦走)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.10 [日本100名山] 赤岳(南八ヶ岳)2,899.2m 晴/曇り 

 ※参考山と高原地図 32. 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰2012
 ※参考登る女 八ヶ岳編 [DVD]

タイムスケジュール:2日目
 ※赤岳登山(1日目)はコチラ ※美濃戸〜行者小屋〜赤岳天望荘コースです。

07:00  赤岳天望荘 出発  ※赤岳天望荘の宿泊体験記
---(南八ヶ岳縦走 開始)---
07:25-07:40 赤岳山頂 到着&休憩
08:00-08:25 赤岳天望荘 ※荷物をピックアップし、チェックアウト
09:25     横岳山頂 到着
10:00     硫黄岳山荘 休憩
10:35-11:25 硫黄岳山頂 到着 ※山コーヒー飲みました

 ※赤岳登山(2日目つづき)はコチラ
12:40-13:20 赤岳鉱泉 休憩  ※ラーメン食べました
14:05     堰堤広場 通過
14:40     美濃戸(美濃戸山荘) 到着

  

※所要時間 赤岳天望荘⇒美濃戸 7:40(休憩2時間10分含む)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


いよいよ、赤岳〜横岳〜硫黄岳のド定番縦走コースの日です。
昨日の夕方から夜にかけて雲&ガス&強風undefinedで心配でしたが・・・
さすがは朝!晴天&中風くらいに♪

天気予報も早いうちは晴れ。午後の曇りの時には樹林帯に居そうなので問題なしと。

いや〜、期待が膨らみますね〜。
やっぱり山登りの楽しさは天気に大きく左右されますからね〜。

<天気予報2日目>
121006天気
山行記録:2日目 Vol.1

赤岳天望荘から赤岳山頂までは約40分。
目の前に見えるんですけど「かなりの急坂・・・冷や汗」で、下山してくる人のスピードが遅い遅い。

<6:55 赤岳天望荘の裏にある標識>
赤岳天望荘標識

急坂。でも実際に行ってみると、そうでもない。
ってのが持論でしたが、ここはやっぱり急坂でした・・・。

特に後半は、岩と鎖場のオンパレードですが、眺望もよく楽しすぎ矢印上です。

<7:06 赤岳天望荘から赤岳への急坂>
赤岳天望荘−赤岳登り

赤岳に登る途中に、ひときわ存在感があって目に入ってくるのが阿弥陀岳山
赤岳と同じような尖がった山容で、次回の目標ができてしまうのであります。

奥に見えるのは、御嶽山・中央アルプス方面ですね。

<7:16 赤岳登山途中から見る阿弥陀岳>
阿弥陀岳?

急坂を過ぎると、赤岳頂上山荘が見えてきます。
いやーホントに凄んごいところに建ってるものですね〜。

赤岳頂上山荘付近は「北峰」。
ホントの赤岳山頂はここから5分ほどで向こうに見える「南峰」。なにやら先客がいらっしゃいますね〜。

でもさすが10月上旬の平日。登山者は少ない楽しいと思います。

<7:26 赤岳山頂>
赤岳山頂へ

気持ちいい稜線を歩くと、八ヶ岳最高峰で日本100名山の赤岳山頂(2,899m)に到着!クラッカー
標識も複数あって、後ろに赤嶽神社もあって、どれをバックに写真を撮ろうか迷っちゃいます♪

<7:28 赤岳山頂標識>
赤岳山頂標識

薄い雲が広がってましたが、360度のパノラマビューは最高ですね〜。
空気が澄んでたのか、北・中央・南アルプスなど良く見えました。(あ、北アルプスは南部までですね)

でも、一番心に残ったのが「御嶽山山」です。
この山は独立峰で、山頂・山幅も広いので、存在感が有りすぎですよ。雷鳥鳥も居るみたいだし来年は絶対登ってやると、心に誓ってます。

<7:31 赤岳山頂からの展望>
赤岳から?アルプス

しばし、赤岳山頂からの景色を堪能しますが、今回はここからも本番。
硫黄岳までの南八ヶ岳縦走の始まり力です。

と、その前に。

赤岳山頂まで行ったことだし、お約束の記念の山バッジを買うために、赤岳山荘へちょっと寄り道です。

<7:40 赤岳頂上山荘 外観>
赤岳頂上山荘 外観

赤岳頂上山荘の中はとっても綺麗です。
飲み物・お土産なども売ってますが、念願の山バッジ¥600円(赤岳)がまさかの売り切れ・・・。悲しい

そりゃないよ〜。シーズンも最後だからって補充しないのか〜。

他にも何種類か山バッジ売ってましたが、なんか違うので他の山小屋で売ってることを期待して赤岳頂上山荘を後にしました。

<7:41 綺麗な赤岳頂上山荘内>
赤岳頂上山荘 小屋内

さてさて、急坂を登ったということは、急坂を下るっていうことですね〜。
滑る滑る冷や汗、危ない危ない。冷や汗

でも、眺望は絶品でございます。来て良かった〜、晴れて良かった〜。嬉しい

<7:43 赤岳から下山中に見える眺望>
赤岳天望荘〜赤岳1

急坂を下るだけではありません。
こんなヘンテコな道を歩いたりも。楽しいですね〜。

<7:49 こんな斜めな道を歩いたり>
赤岳天望荘〜赤岳2

そんなこんなで、赤岳天望荘に到着です。
赤岳天望荘についてはコチラ(赤岳天望荘の宿泊体験記)にお任せしてと。

横岳へ向かいます!

山と高原地図によると横岳付近は「ハシゴ」「クサリ」の文字がたくさん並びガイドブックでは「危険ルート」としても紹介されています。

なので、地蔵の頭から横岳方面へ向かう時に、
男よくあっち(横岳)側行くね〜、私はよー行かんわ
なんて言われながら進みました。

たしかに横岳は岩稜の多い登山道。
でも、じっくり、ゆっくり、慎重に行けば全然大丈夫。

これくらいだと、北八ヶ岳で歩いた横岳(三ツ岳)の方が危険でした。

<8:29 這松?とガケに挟まれた登山道>
赤岳展望荘〜横岳1

それでは、激しい登山道(前半)をどうぞ!

二十三夜峰?にかかるハシゴが見えてきました。
下から見るとかなり急ですね。両端にクサリもあって、ハシゴ&クサリの最強コンビ道です。

<8:38 地蔵尾根に負けず劣らずのハシゴ>
赤岳展望荘〜横岳2

それからこんなところも。クサリを頼りに、一枚岩のようなところを登らされます!
(実際はそれほど困難ではありませんヨ)

<8:50 クサリを頼りに崖を登ります>
赤岳展望荘〜横岳3

小ピークの岩山を超えたり。

<9:09 横岳山頂前後は激しい岩稜帯です>
赤岳展望荘〜横岳4

凄いところにハシゴかかってますけど、怖いよりか楽しそう♪ですね

<9:22 岩山のてっぺん付近にハシゴが・・>
赤岳展望荘〜横岳5

ハシゴ自体は普通なんですけど、すぐ横は崖で、落ちると真っ逆さま〜。
高度恐怖症の人はビジュアルにやられちゃいそうですね。

<9:22 ハシゴの横は崖です・・・>
赤岳展望荘〜横岳6

アスレチックのような道をしばらく進むと、やっぱり岩だらけの横岳山頂(2,829m)に到着です。
山頂には4〜5名ほど先客がいて、皆さんくつろいでました。岩稜帯を歩いてきたのでちょっとホッとするんですよね〜。

<9:26 横岳山頂!>
横岳

眺望も最高です。目指す硫黄岳方面もくっきり。
横岳付近からは想像もつかないほどなだらかですね。でも風が吹くと強そう・・・。

<9:29 横岳から見る硫黄岳・北八ヶ岳方面>
横岳〜硫黄岳山荘1

さてしばし休憩の後、次は最後の山頂、硫黄岳山頂を目指します!
横岳山頂を進むと、またまた、すぐに激しい岩稜帯の登山道が続きます。いつになったら終わるのやら。。。

それでは、激しい登山道(後半)をどうぞ!

人工の道が作られてます・・・。

<9:31 登山道じゃないですね・・・>
横岳〜硫黄岳山荘2

クサリを頼りに崖を下ります。

<9:34 崖とクサリ場>
横岳〜硫黄岳山荘3

いやいや激しくて楽しい道が多いですね〜。

横岳周辺の激しい岩稜帯を抜けると、あとは高原のような穏やかな登山道がずーっと続きます。
ここらへんは夏になるとコマクサが咲くそうですが、10月には影も形もありません・・・。

<9:41 穏やかな硫黄岳山頂へ向かう道>
横岳〜硫黄岳山荘4

あ、水色の屋根の硫黄岳山荘が見えてきました。

<9:48 鞍部に硫黄岳山荘が見えます>
横岳〜硫黄岳山荘5

ちょっと歩きにくい砂利道をしばらく進んで硫黄岳山荘に到着です。
入口前にはテーブルとイスがあって、自由に休憩が可能で、バーナー等も使えます。

売店には飲み物はもちろん、コーヒー、お土産、山バッジなど一通りそろいます。
山バッジは山荘オリジナル?のが多いのか、グッとくるデザインがなくてここでもパス。いつになったら赤岳山バッジが購入できるのだろうかしょんぼり・・・。

<10:00 硫黄岳山荘に到着!>
硫黄岳山荘

トイレは一回100円です。
一旦山小屋に入ってからトイレに向かいますが、そこで見たものは!

ワンダホー!

山小屋とは思えないほど綺麗きで、数も十分なお手洗いトイレがそこにありました。
綺麗だけじゃない。ウォシュレットに便座温かいって何よ。

山小屋No1トイレは「硫黄岳山荘」に更新です♪

そういや、前回の八ヶ岳登山でトイレがきれいだなと思った山小屋は「根石岳山荘」。なるほど、同グループなんですねー。

次回、南八ヶ岳に泊まりで来るときは硫黄岳山荘に宿泊してしまいそうです。ELMO

<10:03 硫黄岳山荘のトイレは百貨店並み>
硫黄岳山荘 トイレ

硫黄岳山荘ですっかり落ち着いてしまいましたが、硫黄岳山頂まで標準タイムであと20分です。
頑張っていきましょー!力

<10:17 硫黄岳山荘からは気持ちよい稜線歩き♪>
硫黄岳山荘〜硫黄岳1

硫黄岳山頂へのラストスパート。7つのケルンを通過していきます。

<10:27 硫黄岳山頂への目印ケルン>
硫黄岳山荘〜硫黄岳2

途中で後ろを振り向きますよね。
横岳から見る赤岳、硫黄岳は最高です。歩いてきた道が見えるのは感慨深いです。

今日も良く歩いたなー。kyu

<10:31 硫黄岳山頂付近から歩いてきた赤岳方面を眺める>
硫黄岳山荘〜硫黄岳3

最後のケルンを通過。山頂への標識も見えてきました。
んー、なんかだだっ広くて、賑やかな感じがしてきましたねー。

<10:37 もうすぐ硫黄岳山頂>
硫黄岳山荘〜硫黄岳4

ついに硫黄岳山頂に到着
あまりの広さに感動です。

硫黄岳山頂・・・というか、硫黄岳広場ですね。これじゃあ。楽しい

<10:40 硫黄岳山頂に到着!>
硫黄岳山頂広場


これにて、赤岳〜横岳〜硫黄岳の3つのピークを踏むことができました!!!拍手

長くなってしまったので、続きは「赤岳2日目Vol.2」にて!


<関東方面から>
 高速バス:新宿−諏訪線(ア京王バス/ルピコ交通)
 新宿駅西口[09:20] ⇒ 中央道茅野[12:05](片道:2,760円)
 ※中央道茅野から茅野駅まで 徒歩約20分

<関西方面から>
 高速バス:大阪−茅野線(阪急バス/アルピコ交通)
 a.大阪[14:40] ⇒ 茅野駅[21:22](片道:5,600円)

<茅野駅から>
 アルピコ交通(路線バス):諏訪地区
 JR茅野駅[06:40]⇒美濃戸口[7:17] 約900円(約40分)


近くの宿泊施設:
赤岳・横岳・硫黄岳付近の宿(諏訪・霧ヶ峰)

赤岳・横岳・硫黄岳付近の宿(小淵沢)
赤岳・横岳・硫黄岳付近の宿(原村・富士見)
赤岳・横岳・硫黄岳付近の宿(清里・大泉・須玉)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
すごいルートですね。恐くなります。
こんなすごいところ、いつか行けるのだろうか。
いやー、お疲れさまでした。
なおかつ、素晴らしい景色、うやらましいです。

先週、金峰山に行きましたが、ガスと小雨のような雪?で、全く何も見えなかったです。
金峰山は私レベルでは石やら岩やらで、ちょっと怖かったです。それに真冬のような寒さでした。

次回も楽しみにしています。

  • hiroring
  • 2012/11/01 8:47 AM
hiroringさん こんにちは。

天気はホントに恵まれました♪神様に感謝ですね。
最終目的地は「剱岳」のよこばい、たてばいなので、徐々にレベル上げいかなければと思ってます。

金峰山行ってみたいリストに入ってます。
石や岩が多くて、この時期寒いんですね。なるほど参考になります。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック