はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




大台ヶ原 登山(2012年9月)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.09 大台ヶ原(日出ヶ岳)1,694.9m 晴 

 ※参考山と高原地図 51. 大台ヶ原 高見・倶留尊山 2012

タイムスケジュール:
11:10 大台ヶ原ビジターセンター
11:50 日出ヶ岳 到着 ※5分休憩
12:10 正木峠 ※5分休憩  
12:35 正木ヶ原 
13:10 大蛇堯覆世い犬磴阿蕁法‥着
13:25 大蛇堯―佝 ※ニホンジカ発見!
14:10 シオカラ谷 
14:30 大台ヶ原ビジターセンター  

※所要時間 3:20(休憩25分程度含む)
 ガイドブック標準時間 3:20


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

今回は奈良県と三重県の県境にある大台ヶ原(最高峰:日出ヶ岳)に行ってきました!
奈良県側から行ったのですが、まぁ遠いこと遠いこと。

そして、1年のうちに400日雨が降る雨といわれるほど雨の多いところらしいのですが、そう言われると、意地でも晴れ晴れの時に行きたるなるのがワタクシバイキンマン

前日まで天気予報とにらめっこ。
八ヶ岳に行く予定を急きょ変更して降水確率10%の大台ケ原へ変更ちゃいました。
(長野県⇒奈良県への大変更!)

おかげで天気予報はこの通り。
雨にも降られず、霧もなく快適登山になりました!手


<天気:大台ヶ原>
大台ケ原 天気 201209
山行記録:

国道169号線を右に曲がり、大台ヶ原ドライブウェイを走ること約45分。
大台ヶ原駐車場に到着です。

大台ヶ原ドライブウェイは林道のような細い道で始まりすれ違いとか大丈夫かな?とか不安冷や汗になりますが、途中からは2車線の整備された道路になり走りやすいです。

<大台ヶ原入口>
大台ケ原入口

いろんなブログ大台ヶ原駐車場は凄く混むと心配してたのですが、9月中旬の平日、AM11時はご覧の通り。。。ガラガラでございます。寂しいです。

どうやら混むのは10月休日の紅葉シーズン紅葉のようですね。
大台ヶ原駐車場を取り囲むように、トイレ(100円)2か所、お土産屋、ビジターセンター、宿泊施設などがあります。

山登り準備をしていると、平日1日1便のバスも11時頃に到着。7、8人程度乗ってました。
このバスは、乗車時間なんと1時間50分!辛すぎます。。。バス

<ガラガラの大台ヶ原駐車場>
駐車場はガラガラ

大台ヶ原ビジターセンターの左側に登山口(東大台コース)があります。入口にはクマ熊注意の看板が!
というわけで鈴を鳴らしながら歩くことにします。

<登山道入り口>
登山道入り口

ここらへんは登山道というよりハイキングコース。笹に囲まれた歩き易い道を30分ほど歩きます。
すると、大台ヶ原の最高峰「日出ヶ岳(ひでがたけ)」への分岐(三叉路)に到着です。

<日出ヶ岳分岐と展望テラス>
日出ヶ岳分岐

ここから日出ヶ岳への道は白い木で出来た長ーい階段でとっても綺麗山
こんな階段だと全く辛くありませんね〜。

<日出ヶ岳への階段>
日出ヶ岳への登り

急な白い階段を上り詰めると、ゆるい階段と山頂に立つ展望台が見えます。

展望台は2階建て。2階には避雷針があり、1階は避難場所兼休憩所になってて、登山者がお弁当弁当食べてました

<日出ヶ岳 山頂>
日出ヶ岳 山頂

展望台の裏に石が積まれているケルンのようなところがあって、そこに「日出ヶ岳」の標識があります。
残念ながら低い石に刻まれていて目立ちません。。。

<日出ヶ岳 山頂標識>
日出ヶ岳 標識

日出ヶ岳は奈良県と三重県の県境です。

しばし休憩してから正木ヶ原方面に向かいます。山の合間に正木峰に向かって木道が続いているのが見えます。
展望テラスのある分岐まではピストンになりますが、眺望は最高、木道も綺麗なので全然OKですね。

<日出ヶ岳から正木峰方面>
日出ヶ岳からの景色

正木峠へ向かう登山道。
枯れた木青空&白い雲白い階段。他の山では見れない大台ヶ原の一品。

ここを歩くために大台ヶ原に行く価値はありきです。

<正木峠周辺の木道>
木道

どこまでも続く木道の階段。
もちろん自然保護のための木道なんですが、ここまで行くとなんか芸術ですね。
設計した人のセンスは素晴らしい!!ホント素敵過ぎます。矢印上

<正木峠周辺の木道2>
正木峠 木道

素敵な白い木道が終わると今度は石畳の道が続きます。
こちらも平坦で歩き易く、笹に囲まれて解放感があり気持ち良いです。

途中に神武天皇の銅像が立ってるんですが、説明板もなく「なんだろう?はてな」って感じになります。ハッキリ言って、風景に溶け込めてません・・・。

<牛石ヶ原周辺>
牛石ヶ原周辺

さてさて、大台ヶ原といえば、断崖絶壁「大蛇堯覆世い犬磴阿蕁」が有名。ガイドブックには必ず掲載されてますね。

東大台メインルートから外れること300メートル(歩くと約10分ほど)で到着です。

<大蛇堯覆世い犬磴阿蕁吠岐>
大蛇ぐら入口

今から崖に向かいますよ〜と言わんばかりの道を歩いて大蛇瑤謀着。写真では分かりにくいですが、めちゃくちゃ怖いです。。。スリル満点です。。。冷や汗
歩ける石は崖に向かって斜めで丸いし、左右の落差は700メートル、滑落なんかしたら奈落の底で即死ですね。

<大蛇>
大蛇ぐら1

いや〜ホント怖い。でも景色は絶景!右の崖に2か所滝も見えました。
くさり有りますけど、足滑らせたらくさりの間を通り抜けて落ちちゃいますって・・・。

<大蛇瑤寮菽次>
だいじゃぐら2

緊張の大蛇瑤終わると、シオカラ橋まで下っていきますが、その途中でニホンジカ鹿を発見。

出没ポイントの正木ヶ原〜牛石ヶ原で見かけなかったので諦めていたんですが、こんなところにいたのね〜。探してたんだよずっとお前のことを!

ちょっと遠かったのですが、こちらの気配を感じたのか、ササを食べるのを中断して、しばらくじーっと見られました(警戒中)。で、安心したのかまたお食事。

いや〜ホント、可愛すぎでしょ感動

<ニホンジカ発見!!>
ニホンジカ 発見

ニホンジカとのアイコンタクトも終了して歩き始めますが、ここから今までの大台ヶ原と様子が違って本格的な登山道(しかも下山)が始まります。岩場も多くなって、いつものグローブ登場。しばらくしてシオカラ橋橋に到着です。

河原川にも立寄ることもでき、夏は子どもが遊んだりするらしいです。
短距離でかなり高度(300mほど)を下げたということは、これから急登が始まるということ。

<シオカラ橋>
シオカラ橋

シオカラ谷を渡ると予想通りの激しい登り道(特に直後の階段道汗)。今までのハイキング気分が吹き飛ぶ登山道です。バテバテになってる登山者・観光客続出ですね。

ちなみに「シオカラ橋〜登り登山道」の隣は西大台地区でした。
西大台地区は事前に申請していないと行くことができません。うっそうとしていて薄気味悪いです。。。

<シオカラ橋後の急登>
シオカラ谷後の急登

急登をしばらく歩くと、ゆるやかで笹に囲まれた道になり大台山の家が目の前に現れます。あとは、らくらく駐車場へ到着(休業中のお土産の横に出てきました)。東大台コース登山道の終了です。

到着したら15時30分発のバスが停車中でした。出発まであと1時間もあるのに。
大台ケ原ドライブウェイを走るので、ちょっと小ぶりのバスですね。(奈良交通なのでシカの絵も)

<大和上市駅行きの奈良バス>
奈良バス

今回も一応ピークハントしましたので、山バッジ(500円)はお土産屋さんで購入。疲れたので、外にある自動販売機で缶コーヒー(150円)も購入して、ベンチで休憩です。
ちなみに気温は20℃(15時頃)、半袖で動いていないと肌寒い感じなのと、トイレは登山道の途中にはなく大台ヶ原駐車場にしかありません。

ちなみに携帯の電波状況ですが、au△(駐車場○、登山道・山頂×)、ソフトバンク×、ドコモ?でした。
どこの山でもソフトバンクは弱いですね・・・。


大台ヶ原は、白い綺麗な木道、大蛇堯覆世い犬磴阿蕁砲侶磴靴こ魁▲縫曠鵐献との出会い、ハイキング道と登山道と、バリエーション豊富で、他の山とは違った雰囲気があって、全く飽きさせない3時間20分でした。

日本100名山に選ばれた山は外しませんね〜。困った時は100名山ですね。


アクセス:
電車+レンタカー:ニッポンレンタカー
 ・大阪難波−(近鉄大阪線)−大和八木駅 610円(片道)
 ・大和八木駅 = 国道169号 - 大台ヶ原ドライブウェイ = 大台ヶ原
  ※約1時間45分

電車+路線バス:
 ・大阪阿倍野橋−(近鉄南大阪線)−大和上市 950円(片道)
 ・臨時バス 大台ヶ原線(奈良交通)約1時間50分 2,000円(片道)
  大和上市駅[09:00] ⇒ 大台ヶ原 [10:51]
  大台ヶ原 [15:30] ⇒ 大和上市駅[17:21]

割引切符:
近畿日本鉄道:大台ヶ原 自然の森体感きっぷ
※利用期間はH25年11月25日まで それ以降は不明です。

近くの宿泊施設:
大台ヶ原付近の宿(奥吉野・十津川)

大台ヶ原付近の宿(吉野・天川・洞川)
大台ヶ原付近の宿(飛鳥・橿原・三輪)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
はじめまして、最近山登り?散策をしだしまして大台が原を散策をしようかと検索してるとblogを拝見することに成りました。今年紅葉に是非挑戦してみたいです♪
  • かつ
  • 2015/10/22 12:42 AM
かつさん
このブログ探し出して頂いてありがとうございます(笑)。紅葉は山散策の楽しみですねー。私も涸沢に一回行ってみたいと思ってます。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック