はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2012年9月 美ヶ原(王ヶ頭) 山行記録


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.09 [日本100名山] 美ヶ原(王ヶ頭) 2,034m 晴 

 ※参考山と高原地図 32. 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰2012

タイムスケジュール:
10:15 山本小屋・ふる里館 出発
10:35 美しの塔   
11:05 王ヶ頭ホテル・山頂 到着    
11:30 王ヶ頭ホテル・山頂 出発 
12:20 塩くれ場  ※アルプス展望コース経由
12:25 美しの塔 
12:35 山本小屋・ふる里館 到着

※所要時間 山本小屋⇔王ヶ頭 2:20(休憩25分含む)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

日本100名山の美ヶ原(王ヶ頭)に行ってきました!

旅レコで記録を見ると、なんと2時間20分しか歩いていない・・・。
登山というかお手軽ハイキング。でも日本100名山。
日帰りで時間がとれないときにサクッと行けるコースですね。

今回のように「午前中のみ晴れ晴れ」みたいな予報の時には最適です!

<今日の天気>
120908美ヶ原天気
山行記録:

美ヶ原登山(ハイキング)のスタートは、山本小屋ふる里館から。
山本小屋は宿泊施設で、建物の前には大きな駐車場(無料!)とバス停(千曲バス・アルピコ交通)もあります。
※H24年度は、美ヶ原・山本小屋線は運休のようです。

平均2,000メートルの平らな高原山は、他では見れない風景。
向こうに見える山頂の王ヶ頭ホテルと沢山の電波塔がなんともいえません。

※ちょっと道を間違えて、王ヶ頭ホテル方面じゃなくて美ヶ原高原美術館へと15分ほど歩いたところで撮った写真です。。。

<美ヶ原全景>
美ヶ原全景

山本小屋から美しの塔へ歩きますが、登山道ではなくて柵で仕切られた平らなじゃり道です。
一般の車は山本小屋から入れませんが、王ヶ頭ホテルへの送迎バスはじゃり道を走ることができるようです。(送迎無いとキツイよね・・・)

美ヶ原高原は牧場で牛牛とか馬馬が結構います。
山本小屋を出発して、いきなり数十頭の牛軍団にはビビりましたが、のどかですね〜。

<美しの塔へ向かっています>
美ヶ原の牛

山本小屋から、美ヶ原高原ホテルを通過し、歩くこと20分で美しの塔に到着です。

よくガイドブックや雑誌に掲載されるので「見た事ある〜」って感じになりますね。
建てられた目的は、遭難防止のための道標および避難所のためなんだとか。

美しの塔から王ヶ頭ホテルまで歩く観光客はほぼ皆無。静かな山行が始まります。
相変わらず、柵で仕切られた平らなじゃりみち道を歩きます。

ホントに広い高原の中に、柵で仕切られた平らなじゃり道が通っている風景は素敵すぎます。

<美しの塔〜王ヶ頭ホテル>
王ヶ頭ホテルまで

歩くこと30分。最後にある多少の登りが終わると、小高い丘の王ヶ頭部分に到着です♪
王ヶ頭ホテルもはっきり見えます。綺麗で大きなホテルですね。

そして何本ものアンテナ(電波塔)。
散策してみるとテレビ信州とかNHK長野総合とか長野放送とかでした。

<王ヶ頭に到着>
美ヶ原高原

ここの王ヶ頭ホテルは、じゃらんの口コミ評価4.9付近。つまりほとんど満点評価。
一度泊まってみたい宿一覧にインプットされました。

ホテル1階には売店やトイレ、自動販売機、休憩所があります。
トイレは1回100円ですが、さすがホテル。水洗でウォシュレット付です。
ここは2,000メートルの高地だけあって、少し肌寒かったのでホットコーヒー(300円)を頂きました。

観光客の人が「トイレ使うのに100円必要なの?どこに払うの?」なんて言ってましたが、確かにトイレでお金払う習慣ってないですよね〜。

<大好評の宿、王ヶ頭ホテル>
王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの裏へ少し進むと、王ヶ頭山頂が現れます。
こちら側は、のどかな高原とは違って、崖などもある山の景色でした。

もう少し進むと(往復40分)王ヶ鼻という、眺望のいいところがあるようなのですが、時間が無かったのでここで折り返しです。

<王ヶ頭山頂>
王ヶ頭 到着

でも、同じ道をピストンするのは嫌だよね〜。クッキーモンスター
ということで、山と高原地図(八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰)を眺めていると、王ヶ頭ホテルの裏側に別ルートを発見。しかも名前が「アルプス展望コース!」。
よし、これで戻ろう。

<アルプス展望コース分岐>
アルプス展望コースへ

アルプス展望コースは、奥大日岳のようにとっても整備されて歩きやすくて、稜線のような解放感のある道。こちらを選んで正解でした。

この道には、登山の格好をした人が結構歩いていて、浮くことはありません。
逆に観光客はほとんどいませんでした。(一応、山道なので)

<アルプス展望コース>
アルプス展望コース2

残念ながら、遠くの山は雲に隠れてよく見えませんでしたが、途中に切り立った崖も数か所あり、童心に帰って遊んでみたり。

往路:のどかな牧場の道」と「復路:稜線のような道」を両方楽しめて、手軽だけと結構いいぞ「美ヶ原」手って感じです。

<烏帽子岩の次の岩>
アルプス展望コース

気持ちの良いアルプス展望コースを歩くこと50分。
塩くれ場」(塩なんてどこにもないけど・・・)というところで、観光客の多い柵で仕切られた平らな歩道に合流し、さらに少し歩いて、「美しの塔」に戻ってきました。

途中にトイレが一か所ありましたがお金は不要。
決して綺麗ではありませんが、公衆トイレとしては普通です。

美しの塔到着の頃、時間はお昼時。ベンチなどもありお弁当食べてる観光客の方が多くいらっしゃいました。
我が一行のような、サポートタイツをはいたガッツリ登山者はういちゃいますね・・・。

<美しの塔>
美しの塔

ここからは行きと同じのんびり歩道を歩き山本小屋に帰ります。

さて、一応ピークハントもしたし「王ヶ頭ピンバッジ」を買うか!
と山本小屋で物色したものの、あるのは、美ヶ原高原のバッジ。しかも標高書いてない・・・。

やられました。。。悲しい

他の人の登山ブログでは、王ヶ頭で標高が乗っているピンバッジは、王ヶ頭ホテルで売ってるみたいです。
買いそびれた〜。

というわけで、美ヶ原ピンバッジリベンジということになりそうです。
せっかくなので、王ヶ頭ホテルに泊まってきます!

 ※冬の美ヶ原山行記録はコチラです。

アクセス:

<マイカー>
 車:長野自動車道 ※お奨め
  岡谷IC =(国道20号・142号→ビーナスライン)= 美ヶ原  約45分

<松本駅から>
 路線バス:松本BT〜山本小屋(アルピコ交通)
 松本BT[08:30] ⇒ 山本小屋[10:07](かなりの期間限定です)


近くの宿泊施設:
美ヶ原付近の宿(浅間・美ヶ原)

美ヶ原付近の宿(塩尻・その他)
美ヶ原付近の宿(諏訪・霧ヶ峰)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
良いホテルを教えていただきました。

登山ルートも気持ち良さそうですね。

ぜひ、行ってみたいです。

まだまだ手軽な山登りしかできませんが、参考にさせていただきます。

  • hiroring
  • 2012/09/17 9:10 AM
王ヶ頭ホテル+美ヶ原は、万人が楽しめるプランだと思います。

もし行かれたら、ぜひぜひ感想など教えてください!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック