はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2012年9月 北横岳(北八ヶ岳) 登山 山行記録


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.09 北横岳(北八ヶ岳)2,480m 晴 

 ※参考山と高原地図 32. 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰2012
 ※参考登る女 八ヶ岳編 [DVD]

タイムスケジュール:
08:40 北八ヶ岳ロープウェイ乗車 始発
08:55 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅 出発
09:40 北横岳ヒュッテ 到着   
10:00 北横岳山頂 到着 ※10分休憩 
10:35 七ッ池 ※北横岳ヒュッテから寄り道5分
11:15 三ッ岳 
12:20 雨池山  
12:35 縞枯山荘 到着
12:50 北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅 到着

※所要時間 3:55(休憩20分程度含む) ガイドブック標準時間 3:50


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


一週間くらい前から2日間の登山予定日は雨雨。。。
8月に中止した白馬岳リベンジ登山の予定が、またもや雨の為に再度一旦中止へ。

なんともついてない・・・と思ったところ、
直前に天気予報が変わりまして、どうやら初日は晴れる晴れらしいぞ〜♪

ということで今回は、
日帰り可能な、北八ヶ岳ロープウェイを使って「北横岳」へ行ってきました!

<天気:八ヶ岳PAにて確認>
120907北横岳天気
山行記録:

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅を出ると「坪庭」が広がっています。
坪庭探勝路内は観光客も歩けるように、歩道(でもゴツゴツ)が設けられています。
※坪庭:八ヶ岳最後の噴火で出来た溶岩台地

坪庭〜北横岳

坪庭散策路をしばらく歩いて、第1、2休憩所を過ぎると「北横岳」へと続く分岐があり、そこを曲がると北横岳登山道のスタートです。

残念ながら、ここから北横岳山頂まではずーっと樹林帯です。。。悲しい

途中、景色が開けるところがありますが、ツマラナイ登山道が約1時間続きます・・・。
(私が、単純に稜線好きなだけですが・・・)

しばらく行くと三ッ岳へ向かう分岐(T字路)に到着。

まずは北横岳山頂(左側)へ向かって、帰りに三ッ岳方面へと向かいます。
が、三ッ岳方面は道ではなく岩しか見えない・・・行けるのかしら冷や汗・・・。

<北横岳 - 坪庭 - 三ッ岳 分岐>
三ッ岳分岐

分岐を過ぎると、すぐに北横岳ヒュッテが見えてきます。
やっぱり山小屋があるとホッとしますね〜。

でも今日は宿泊予約が無いのか「臨時休業」でした。お土産も買えないなんて・・・。
※外にあるトイレは休業中でも使えます。(男女兼用。1回100円、綺麗さは普通です)

<北横岳ヒュッテ(臨時休業)>
北横岳ヒュッテ

北横岳ヒュッテから北横岳までは歩いて10分ほどの登り。
まずは南峰(2,472.5m)に到着して、さらにほぼ平らな道を5分ほど歩いて北峰に到着です。北横岳は双耳峰?。

北峰の方が2,480mと高くて蓼科山山が近くにはっきりと(蓼科山頂ヒュッテも!)見えます。でも、全体的な景色としては南峰の方がいいかなぁ。

北峰と南峰の山頂は、ほどほど広くてゆっくりと休憩できますが、北峰の方が人が少ないのでお奨めです。
北峰からは蓼科山や大岳方面へと行くこともできます。

<北横岳(北峰)から蓼科山を眺める>
北横岳から蓼科山

北横岳山頂からの展望を堪能してから下山開始です。
下山では、縞枯山や茶臼山など北八ヶ岳の緑を見ながら歩けます。でも、景色に見とれてると転びそう。。。

なんとなく大菩薩嶺で見た景色に似てるかなぁ〜。と思ってしまいました。

<北横岳から下山>
北横岳から下山

さてさて北八ヶ岳といえばガイドブックにもよく出てくる「」が有名ですね。

というわけで、北横岳ヒュッテから往復5分くらいのところにある超お手軽コース
七ッ池」へ寄り道です。
登山客もほとんどいません。みんなスルーしていきます。勿体ない!。

七ッ池は静かで綺麗な「ザ・北八ヶ岳」ってところでした。池の周りの植物に名札が付いていて、雑誌でよく見る「ハイマツ」「シラビソ」「オオシラビソ」「ダケカンバ」など勉強になりました本

そういや、トンボトンボがめちゃくちゃ飛んでました。秋ですね〜。

<七ツ池>
七ツ池

七ツ池散策を終了し、北横岳ヒュッテから分岐まで戻ってきました。
さてさて、実はここまでは初心者ルート。

ここから選んだ三ッ岳〜雨池山〜雨池峠の下山コースは、ガイドブックにもあまり載らないルートで、掲載していた雑誌には「緊張を強いられる」という表現がびっくり・・・。さてどうする?

坪庭までピストン下山 vs 緊張を強いられる道

   勝者! 緊張を強いられる道!

分岐〜三ッ岳〜雨池山までは、ゴツゴツ岩場の連続。しかも岩が半端なくデカい。岩の隙間に大きな穴が開いてる。足の置き場はどこだ?などなど楽しみながらも悪戦苦闘・・・。
目の前にある岩場が「西穂独標」のように隆起してあるところが「三ッ岳」?

えー、あんな岩場のところまでホントに登るの〜?

<三ッ岳 山頂を目指して>
三ツ岳目指して

と、思っているとあれよあれよと岩場を登らされています。
やはり西穂独標みたいでしたが、こっちの方が激しいかも・・・。中央アルプスの宝剣岳とも比較してみたいです。

<三ッ岳山頂付近>
三ツ岳付近

やっとの思いで、三ッ岳山頂に到着!
山頂もやっぱり岩場だらけ。いや〜激しかった・・・。

山頂では雨池山側から登ってきた人とお話して、これから進む雨池山ルートの情報収集。
足元さえ気を付ければ大丈夫のようで、ちょっとホッとします。(ホントか?汗

<三ッ岳 山頂>
三ツ岳

三ッ岳はちょっと標高が高いので、上から坪庭全体を見渡せます。
坪庭って高原みたいになってますが、薄黒い高原というか茶色い高原というか不思議な景色でした。

しかし何やら雨池山方面の雲行きが怪しいので、もうちょっとゆっくりしても良かったのですが、この岩場で雨はヤバいのでさくっと下山です。

<三ッ岳 山頂から見る坪庭>
三ツ岳から坪庭

さて三ッ岳からの下山です。ここからも激しい岩石帯岩でした。

足元に注意しないと岩と岩の間に落ちて大けがしそうです。また、岩と岩の隙間が大きいこと大きいこと。吸い込まれそうです。北八ヶ岳の天狗岳〜黒百合ヒュッテまでの岩場をより激しくしたイメージですね。

鎖場も二か所ほどあり、ホントに鎖を使わないと降りれない所ばかりでした。
今までは、鎖があっても使わなくてもなんとかなる所ばかりでしたが、ここはそんなに甘くはありませんでした。。

岩の方に体を向けて、鎖を持つ手と足を使ってゆっくり下りていきます。


<三ッ岳〜雨池山の鎖場>
三ツ岳付近2

アスレチックを進むように、岩を手でつかんだりして体全体で下山するので、翌日は足だけでなく全身筋肉痛になってしまいました。

そして、グローブ大活躍です♪

いやー、楽しんですけど、危険な道で緊張しながら進むのでやっぱり疲れます。
早く終わらないかな〜と思いますが、厳しい道は続きます。それにしても長い・・。
地図で見るととっても短い距離なのに標準タイムは2時間。今回の山行の半分を占めてしまう時間です。大変なルートなんですね〜。

そして、さすがマイナールート。
2時間ほど歩きましたがすれ違った登山者は3名だけでした。

ちなみに、私は登山初心者との山行ではこのコースは使わないと思います。(初心者にはお奨めしません

<三ッ岳〜雨池山の岩場下山>
三ツ岳〜雨池山

ようやく岩場が終わり、いったん下って、また登ると雨池山の山頂に到着です。普通の登山道ってなんて楽なんでしょう〜。
雨池山山頂は樹林帯の登山道の途中に突然現れます。眺望はなく気づかないと通り過ぎてしまいそうです。

<雨池山 標識(消えかかってほとんど見えませんが・・)>
雨池山

雨池山を通り過ぎるとまた下山。でも激しい岩の道ではありません。緊張もあってか、やけにホッとします。
雨池峠方面から、坪庭に向かっては、谷底に沿って緑がきれいな登山道が続いてテンションあがります矢印上

<雨池峠〜坪庭への道>
縞枯山荘への道

雨池峠から歩いてすぐ縞枯山荘に到着です。大きな三角の外観が特徴的ですね。宿泊の予約は必須。当日予約だど無理なこともあるようです。
ここはトイレ(100円)だけの利用はNGという厳しい条件。何か買わないとだめらしいです・・・。

それにしても、絵になりますね〜。

<縞枯山荘>
縞枯山荘

縞枯山荘からは平坦な道(木道)をロープウェイ山頂駅まで歩きます。フラットで今までの道が嘘のように歩きやすいです。

ほどなくして坪庭との合流地点。ここからは、観光客姿の人が沢山いらっしゃいます。そのなかに交じって下山です。登山客と観光客は半々といった感じでしょうか。そしてあっという間に北八ヶ岳ロープウェイ駅ロープウェイへ到着です。


今回はなかなかアドベンチャーな山行でした。穏やかといわれる北八ヶ岳はどこへやら。
でも、これで剱先輩に一歩でも近づけたら、言うことはありません。

あ、宝剣岳にも登りたくなってきました。これからも山行に勤しめそうです楽しい


アクセス:

 車:諏訪IC =(ビーナスライン:約50分)= 北八ヶ岳ロープウェイ

 路線バス:蓼科高原ラウンドバス(アルピコ交通)※ほぼ、土日祝日のみの運行。
 茅野駅[06:40] ⇒ 北八ヶ岳ロープウェイ[07:30]
 茅野駅[08:10] ⇒ 北八ヶ岳ロープウェイ[09:27]

高速バスを利用すると、茅野駅付近で一泊する必要がありますので、マイカーがお勧めです。

運賃・時刻表:
公式ホームページへ(北八ヶ岳ロープウェイ)
 ※公式HPには、割引券(10%)が掲載されています。

近くの宿泊施設:
蓼科山付近の宿(諏訪・霧ヶ峰)

蓼科山付近の宿(女神湖・東白樺湖)
蓼科山付近の宿(蓼科・白樺湖・車山)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
こんにちは。
私も3週間前にロープウェイを使って北横岳に行ってきましたが、そのような下山ルートがあるんですね。
かなり厳しい感じですね。
私は基礎体力がないので、もっともっと鍛えないと無理ですが、良い目標になります。

それと翌週、こちらのブログを参考に大菩薩嶺に行きました。
あいにくの雨で、ガスってたので、近々リベンジ予定です。

今後もレポ楽しみにしています。
  • hiroring
  • 2012/09/12 6:39 PM
結構、山登りに行かれてるんですね。
北八ヶ岳はごつごつ岩道が多くて、登山道を選ばないとえらい目に合います・・・。

大菩薩嶺に関わらず雨の登山は厳しいですよね。ぜひ、晴れの大菩薩嶺行ってみてください!リベンジ登山晴れたらいいですね。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック