はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
草津白根山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)
会津駒ケ岳
安達太良山
磐梯山
西吾妻山

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
白山(石川)
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




2012年8月 立山三山縦走 山行記録(前半)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.08 [日本100名山] 立山 3,015m 快晴 

 ※参考山と高原地図 36. 剱・立山 2012
 ※参考登る女 富士山・立山編 [DVD]

タイムスケジュール:

07:00 雷鳥沢ヒュッテ 出発
08:25 一の越山荘   
09:25 雄山山頂 到着  ※立山山頂登拝 
09:55 雄山山頂 出発   
----(立山三山縦走 前半ここまで)----  ※後半はコチラ
10:50 大汝山(立山最高峰) ※お昼休憩(25分)  
11:05 富士ノ折立
11:40 真砂岳  
12:15 別山山頂
12:25 北峰山頂  ※剱岳が目の前に広がる
13:10 別山乗越(剱御前小舎)
14:30 雷鳥沢ヒュッテ 

※所要時間 立山縦走 7:30(休憩:約1時間含む)
 標準タイム 6:25

※今回コースは、下記本でも紹介されています。
チャレンジ!ホビー あなたもこれから山ガール
山登りはじめました めざせ!富士山編



※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


立山三山縦走記(前編):晴れ

室堂滞在二日目!いよいよ立山三山縦走の日がやってまいりました。クラッカー
これ以上ないくらい良い天気でテンション上がります♪

<立山地方 天気予報>
1208 立山三山天気
とはいえ、スタートは室堂ターミナルまで50分もある「雷鳥沢ヒュッテ」。
いったん室堂ターミナル付近まで戻って、一の越山荘を目指します。
50分のタイムロスですね・・・

雷鳥荘を抜けて、みくりが池温泉とは違う方向に。
ミクリガ池とミドリガ池の間を通る道を歩いて立山室堂山荘へ向かい、ちょっぴりショートカットします。

天気の良い早朝は単なる池も絵になりますね♪
奥に見える台形の山が立山三山(富士ノ折立・大汝山・雄山)です。

<ミドリガ池 通過>
ミドリガ池?

室堂平には、歩いていると各所に登山者カウンターが設置されています。ソーラーパネルらしきものが横にあり、電源はそれで賄っているのかも。エコですね。

<登山者カウンター あちこちにあります>
立山 登山者カウンター

ショートカットして立山室堂山荘に到着。
反対側を見ると室堂ターミナルのシンボルマーク「ホテル立山」が見えますね。

<立山室堂山荘付近から室堂ターミナル方向>
立山 室堂平を後に

さてここから徐々に高度を上げていきつつ、大きな雪渓を3〜4か所ほど横切りながら歩きます。この時は午前8時(平日)でしたが、一般の登山者に交じって小学生登山の多いこと多いこと、富士山のような大渋滞を起こしています。冷や汗

石畳は2列で歩ける広さがあって、小中学生の団体さんやゆっくりな登山者さんは片側1列で歩いてくれているので、追い抜かすこともでき、イライラせずに自分のペースで歩けます。雪渓は1列しか道がないことも多く渋滞発生です。

<一の越山荘までの大渋滞>
立山 一の越まで賑わい

石畳と雪渓を交互に歩いていくと、一の越山荘(標高2705m)に到着です。山荘前には平で広いスペースがあり小中学生軍団の整列で埋め尽くされています。(小中学生の休憩ポイントのようです)

トイレの建物もあり1回100円です。
小学生たちもたくさん使ってますが、彼らは100円チップを払っているのだろうか・・・。素朴な疑問。しょんぼり

<一の越山荘前の広場>
一の越山荘前

今日は本当に天気も良くて、北アルプス南部もくっきり。
「あ、槍さまだ!朝日 手前は雲の平かな?」
こんな天気の日に歩けるのに感謝ですね。何時間でも見てられます♪

<一の越山荘から見た北アルプス南部方向>
一の越山荘 から 槍ヶ岳

さて、ここからが本当の立山登山力ですね。

一の越山荘から雄山までは、急な登りと岩場が続きます。ここは団体さんの渋滞にハマると結構時間がかかってしまうと思いますので、一の越山荘で団体さんを追い抜かすことをお勧めします。

<一の越山荘〜雄山の岩場>
一の越〜雄山の岩場

この岩場、富士山9合目くらいなイメージでしょうか?
でも富士山では見れない綺麗な室堂平が眼下に広がっていて、それを見ながら歩き続けます。ため息が出るほどの凄い景色。宿泊場所の「雷鳥沢ヒュッテ」がはるか遠く、小さく見えてます。

やっぱり山登りはいい天候を狙わないとダメですね。
雨・雲やガスの日に無理して登っても楽しさ半減です。


<岩場から室堂平>
岩場から室堂平

一の越山荘から登ること1時間(渋滞がないともう少し早く登れます)。
上の方に小屋らしきものが見えてきます。雄山神社の社務所です。見えてるのになかなか到着しないのが山登りなんですけどね・・・。

雄山へ向かう岩場

さて、雄山山頂に到着しました〜。

奥に見えているのが雄山神社(標高3003m)です。手前に授与所があります。そのあと小学生の団体も到着し大混雑しました・・・。社務所では冷たいペットボトルが売ってましたが500円。ちょっと高いです。お土産も売っています。

ここでは、山バッジ(500円)、モンベルの立山山頂限定速乾Tシャツ(3000円)を購入しました。

<雄山山頂 全体風景>
雄山山頂

鳥居をくぐると雄山神社峯本社。登拝には500円かかりますがせっかくなんで行っときます。

山頂は小さい石を積み重ねて人口的に平らなスペースにしてあって多くて20人くらいしか居れません。そのため、神主さんのお祓いを受けるのは順番待ち。神社の下にあるスペースにて次回まで一旦待たされます。

<雄山神社へ>
雄山神社

登拝するとお札(鈴付き)がもらえます。
室堂ではこの赤いお札をザックにつけた登山者を数多く見かけます。その仲間入りを果たしましたヨ!手

立山雄山は日本三霊山のひとつ(他は富士山・白山)
開山期間は通常、7月1日〜9月30日の3ヶ月間だそうです。

日本三霊山で登ってないのは白山のみ。これは行かねば〜と思った人沢山いると思います。

<お札を見せびらかす絵>
雄山 札

神社の中に神主さんが入ってお祓い。約5分くらいでしょうか。最後にはお神酒酒も振る舞われます。
「無理な体勢でしゃがんでて下山できなくなったらだめだから、ちゃんと座ってね」
「お神酒はちゃんと人数分あるから慌てなくても大丈夫ですよ〜」
って神主さんアナウンス有り。厳かな中にも笑いありの楽しい登拝でした。

<雄山山頂神社>
雄山山頂神社

立山雄山山頂で結構遊んでしまいましたが、立山三山の最高峰はここではありません!
社務所の奥に大汝山に向かう縦走路が伸びています。砂礫の多い少し歩きにくい道です。少し歩いて後ろを振り向くと、さっきお祓いを受けた雄山神社がそびえたっています。

なんか感慨深いですね〜。楽しい

<雄山を背に立山縦走開始>
立山縦走開始 雄山

次は立山の最高峰・大汝山(おおなんじやま:標高3015m)目指して、いよいよ本格的な稜線歩きの始まりです。


2012年8月 立山三山縦走 山行記録(後半) に 続きます。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック