はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




オーレン小屋(北八ヶ岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

桜平登山口から、北八ヶ岳の天狗岳を目指した山行。

八ヶ岳は山小屋がとっても充実していて、一軒一軒にこだわりや趣があって選ぶのに迷ってしまいます。

今回は、
・桜平登山口からそれほど離れていない
・天狗岳へもそれなりに近い
・トイレがきれいそう
・お風呂がある
・できれば個室あり

こんな感じで、オーレン小屋に決定しました。


今回の北八ヶ岳(天狗岳)山行はこちらです。


八ヶ岳は登山口から1〜2時間程度の距離にある山小屋も多く、朝、東京を出発して、昼ごろ八ヶ岳に入山。一泊して翌日早朝から登頂を目指す山行計画を立てやすいですね。


予約は電話かメールにて。メールもその日にレスポンスがきてスムーズでした。
オーレン小屋は、個室のプラス料金が無く先着順です。しかし、宿泊の20日前に予約したのですが、個室はすでに埋まっていて大部屋の案内になるとのこと。うーん残念!

料金は、1泊2食付9,000円。
お弁当(パン2個かおむすび2個を選べます)300円の合計9,300円でした。
※お弁当は自由で、チェックイン時に聞かれました。
オーレン小屋のオフィシャルHPはコチラ


<オーレン小屋外観>
オーレン小屋 全景

オーレン小屋は桜平登山口側から、お風呂・トイレ棟、新館、旧館と3つ中で繋がっています。入り口は旧館からです。1階は暖炉や食堂、2階が宿泊部屋っていう感じです。

小屋の前には小川が流れていて飲み物を冷やすことも可能。小川にかかっている橋を渡るとテント場に行きます。

<オーレン小屋受付>
オーレン小屋 受付

受付をすると、館内と食事の時間の案内があり、なんと、部屋まで案内してくれます。親切ですね!

<お手洗い>
オーレン小屋のお手洗いは、男女別に分かれていてめちゃくちゃ綺麗きです。(というか八ヶ岳の山小屋トイレは総じて綺麗なところが多いですね!)洋式も和式もあり水洗です。

ただ、山の中にある山小屋だけに、夜などは明かりに誘われて、蛾とか虫などが大量に群がります虫。。。洗面ボウル内にいたりもします。

オーレン小屋 トイレ


<お風呂>
お風呂は20時まで入浴できますが、朝は入れません。風呂場や浴槽は大きくて5〜6人同時に入っても大丈夫ですね。シャワーの二つほどありますが、シャワーからは冷たい水しかでませんので使い道に困っちゃいます。

また、石鹸やシャンプーが使えないため、かけ湯をして入りますが、時間が経つにつれてお湯が汚くなります・・・。でも、浸かるだけで疲れは吹っ飛びますね。

なお、ホテルじゃないのでタオル等は持参が必要です。(山小屋なので当然!)

<綺麗過ぎる館内。奥が浴室、手前がお手洗い>
オーレン小屋 風呂館


<消灯>
消灯は9時でした。月
部屋内の電気はスイッチが無く消灯時間が来るとアナウンスも無く消えます。実際には9時10分でした。朝は4時50分に電気が付きました。

ちなみに、廊下やトイレの電気はずーっと付いています。自家水力発電でまかなっているみたいです。


<室内>
予約時は大部屋とのことでしたが、キャンセルがあったのか分かりませんが個室になりました!ラッキー。やっぱりに早めに予約はするもんですね。

シンプルな個室で、布団と押入れしかありません。暖房器具も備え付けの備品も何もありません。単純に他と区切られたスペースと考えましょう。濡れた物を乾かす紐はかかっていて、ハンガーは1階暖炉にあるものを部屋に持っていって使えます。

<暖炉>
オーレン 暖炉

大部屋(相部屋)の場合は、グループ毎のスペースがあらかじめ決められているようでした。

オーレン小屋は標高が約2,300m。夜は寒くなると踏んでダウンを持っていきましたが、外は寒かったですが、館内は結構暖かかったです。(結局館内でダウンを着ることはありませんでした)

<個室内>
オーレン小屋 個室

<携帯電話>
携帯電話はソフトバンクとauは繋がらず、ドコモは繋がっていました。山の中ではドコモが強いですね。コンセントは廊下にありますので充電はできそうです。

<お食事>
夕食は17時30分でした。食事の準備が出来ましたよ〜と小屋のスタッフさんが声を掛けてくれます。内容は、HPでも書いてあるように「桜鍋」です。山小屋で鍋です。最高です♪
肉盛りだくさん、野菜盛りだくさん、和菓子のデザートまであって、最後にうどんです。ごはんは炊飯ジャーがドーンと置かれて盛り放題です。男
でも、味付けが濃いと感じる人もいると思うので、お湯(こちらも準備されてます)で調節するのがいいと思います。

朝食は5時です!早っ。
ご飯が食べ放題で、大人のふりかけがあってごはんが進みます。今日の長い山行の為にお代わりしときます。

<朝食(ふりかけ付)>
オーレン小屋 朝食

ちなみに、食事中は虫(ハエ?)との「あっちいけ戦い」が若干ございます。これも山小屋ならではと楽しみましょう。

<夜食>
受付兼売店で飲み物が変えます。500mlのペットボトルは300円です。炭酸系からスポーツドリンク、お茶まで冷たい状態で購入できます。夜はのどが渇きますので、事前の準備がお奨め。

水は、小屋前の水道で飲料水を組み放題ですので、水筒や空きペットボトルがあれば便利ですね。

<門限>
門限は特になさそうです。外履きのサンダルもあるので、夜星空を見に外に出かけることもできます。今回は曇ってて夜中は雨も降った為星空は見えませんでしたが、朝の4時に外に出て朝焼け朝日を見てました。

<暖炉>
受付前(旧館1階)は暖炉になっていてまったりできます。本棚もあって山雑誌がとっても充実しています。ここで半日は過ごせそうです。また、鈴木ともこさん、鈴木みきさんが書いた色紙が飾ってありました。なんかいいですね〜。

すずともさんサイン


<その他>
小屋の前はベンチがあり、川が流れています。その為に、水が豊富でトイレも水洗、水力発電もあって、水は汲み放題と稜線にある山小屋とは比べ物にならないほど快適です。

小屋の近くにはキャンプ場があり、小屋のトイレや風呂も使えるのでとってもよい立地だと思います。今回は日曜日⇒月曜日ということもありテントは少ないですが、土曜日⇒日曜日はテント場は満員御礼だそうです。

<テント場>
オーレン小屋 テント場

今回はなんと、カモシカが近くまで登場。でかい!
夏沢鉱泉のやまねに続いてカモシカまで見ることができました。カモシカ登場時は、お客さんも小屋の人も「カモシカがいる〜」ってちょっとした騒ぎになってました。

<かもしか登場>
オーレン かもしか


オーレン小屋の泊体験記、参考になればと思います。グッド

それでは、北八ヶ岳(天狗岳)の山行記録・2日目 に 続きます。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック