はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




木曽駒ヶ岳 登山(2012年6月)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.06 [日本100名山] 木曽駒ヶ岳 2,956m 晴れ 

 ※参考山と高原地図 40. 木曽駒・空木岳 中央アルプス 2012

タイムスケジュール:

 ※ホテル千畳敷 前泊 (チェックアウト8時30分過ぎ)

08:45 ホテル千畳敷 出発
09:00 八丁坂分岐 ※途中、軽アイゼン脱着してます 
09:50 乗越浄土 ※宝剣山荘で少し休憩
10:20 中岳 
10:45 木曽駒ヶ岳 到着
11:20 木曽駒ヶ岳 出発 ※中岳(巻き道)経由です
11:45 乗越浄土 
12:20 八丁坂分岐
12:30 ホテル千畳敷 到着

※所要時間 往復 3:45 (標準タイム 3:35)
   ⇒ 登山 3:00+休憩 0:45


※ルート情報はI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOGを使っています。
晴れ木曽駒ヶ岳 山行記録:

今回は、中央アルプスの最高峰「木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)」に登りました。
日本100名山です!(5座目です)

とはいえ、梅雨真っ最中の6月下旬。天気は大丈夫か?
そして千畳敷カールのライブカメラの映像では、カール内に結構残雪が・・・undefined

駒ヶ根市天気予報

天気は、梅雨の時期、この日しかないくらいに晴れの予報。
+風も弱い。絶好のコンディションですねピース

<ホテル千畳敷前:午前8時30分頃>
ホテル千畳敷前

今日は土曜日。駒ヶ岳ロープウェイが到着するたびに、登山者と観光客が押し寄せてきて賑やかです♪
 ・12爪アイゼン+ピッケルを持っている人
 ・軽アイゼン+ストックの人 (私はこの装備!)
 ・何も持っていない人

登山者の格好はいろいろです。


<八丁坂を登っていく登山者>
登山者の後を行く

ピッケルを持っている登山者を見ると、ストックの自分は「ホントに登れるのか?」と、ちょっぴり不安になりまして、上級者の後ろをついて行く作戦を決行!皆さんが登り始めるのを待ってからスタートしました。
それから、ストック、軽アイゼン、と同じぐらい大事な装備は「サングラス」です!お忘れなく!!

この時期のカール内の雪は汚いですね。。。2月に千畳敷カールに来たときはもっときれいな白雪でした。
ちなみに、中央アルプス観光の公式HPによると、登山当日の積雪は50cmでした。雪


<八丁坂途中の残雪>
八丁坂途中の残雪

八丁坂〜乗越浄土の途中までは6爪の軽アイゼンを装着、八丁坂のちょうど半分、斜度が急になったくらいから、残雪の右側に登山道が出てきます。ここからは、軽アイゼンを外しても大丈夫。岩場を登ります。登山道が無かったら絶対登れてません・・・。

八丁坂の上部に差し掛かると冷たい風風が吹いてます。ネックウォーマーと防寒具の登場です。
ちなみに、ここから木曽駒ヶ岳までアイゼンは不要でした。

<宝剣岳に人がいるよ>
宝剣岳に人が

八丁坂では左手に宝剣岳が見えるんですけど、先っちょに人が立ってる!いつかは登りたい宝剣岳。
さてさて、壊れかけのハシゴを通過し、八丁坂を登りきると乗越浄土に到着です。

<乗越浄土から中岳を眺めます>
乗越浄土から中岳

今日は天気も良くて、中岳・伊那前岳・宝剣岳がばっちり見えます。最高ですELMO

<宝剣山荘とその前の残雪>
宝剣山荘

乗越浄土には、宝剣山荘天狗荘があるのですが、宝剣山荘は開いてました。休憩、お土産なども買えますし、トイレ(ぼっとん)も借りれます(宿泊者以外は100円必要です)。

乗越浄土と宝剣山荘の間に残雪がありますが、斜度もなくアイゼン不要で歩けます。

宝剣山荘前で少し休憩スーパーキノコしてから、中岳を目指します。乗越浄土から急に寒くなるので、防寒をしっかりします。
中岳までは岩場を歩いていきます。この付近では木曽駒ヶ岳はまだ見えません。


<中岳山頂から木曽駒ヶ岳を眺めます>
中岳から木曽駒ヶ岳

中岳山頂はゴツゴツ岩場です。山頂に着くとやっと木曽駒ヶ岳を眺めることができます。
雑誌や本で書かれているように、木曽駒ヶ岳は丸〜くて柔らかい感じです。

<木曽駒ヶ岳山頂に到着!>
木曽駒ヶ岳山頂

中岳からはいったん下って、また登ります。距離も短いですし、山頂が目の前にあるので、疲れも感じず楽しく山登りができますね。

で、木曽駒頂上に到着。360度パノラマです。
南アルプス、富士山、八ヶ岳、北アルプス、御嶽山、空木岳 ぜーんぶ見渡せます。もう少し空気が澄んでたら、槍さまがはっきり見えたかも。

<山頂からの御嶽山>
木曽駒ヶ岳から御嶽

中央アルプスから近いせいもあって、今回のパノラマビューでは御嶽山の迫力に圧倒。なんというかデカいんですよ。一気に登りたくなってしまいました。

木曽駒ヶ岳の山頂はとっても広く、コーヒーやカップラーメンを食べてる人や、神社参り(ほどのものでもないけど)をしている人など、それぞれ楽しんでました!ゆう★


<中岳(巻き道)は近道>
中岳(巻き道)

居心地が良くて、山頂でかなりゆっくりしてしまいましたが、いよいよ下山です。ピストンは面白くないので、帰りは、中岳の巻き道を歩いてみました。「危険」って標識には書いてますけど、慎重にあるけば全く問題なしです。

それより今回の山行で一番危険びっくりだったのは、残雪下山の八丁坂です。
軽アイゼンでも、油断をすれば、結構な傾斜も手伝って、ずるずる〜と滑っていき、大きな岩にゴツんって、なってもおかしくなかったです。「岳」みたい。


そういや、アイゼン無しで登ってた人も結構いましたが、登りは何とかなっても、下山はかなりの恐怖だと思います。
6月下旬の木曽駒ヶ岳登山に、軽アイゼンは必須です! また、ストックも大助かり。いや〜装備は大事ですね。


3回目にして念願の木曽駒ヶ岳登頂でした。次回は、宝剣岳にチャレンジですね。き

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
こんにちわ、はじめてコメントします。
この時期の木曽駒ヶ岳は登ったことがありませんが
空いていそうですが、ロープウェイは混んでなかったですか?
はじめまして。コメントありがとうございます。
土曜日でしたがロープウェイは混んでませんでした。
(待ち時間も無く、ロープウェイ内もゆとりありました。)昼時の食堂もスムーズに入れます。

この時期はお勧めかもしれないですね。
  • こじか
  • 2012/06/28 9:36 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック