はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




2012年5月 大菩薩嶺 登山 山行記録


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2012.05 [日本100名山] 大菩薩嶺 2,057m 晴れ 

 ※参考山と高原地図 24.大菩薩嶺2012

タイムスケジュール:

 ※ロッジ長兵衛 前泊 (チェックアウト8時過ぎ)

08:20 上日川峠(ロッジ長兵衛) 出発
08:45 福ちゃん荘
08:55 富士見山荘  ※富士山が見えます♪
09:35 大菩薩峠 到着 
09:50 大菩薩峠 出発  ※通過するだけだと勿体ない!
10:20 賽の河原 
10:50 雷岩
11:00 大菩薩嶺 到着
11:05 雷岩
11:45 福ちゃん荘 到着  ※お昼を頂きました
12:15 福ちゃん荘 出発
12:25 上日川峠(ロッジ長兵衛)

※所要時間 往復 4:05 (標準タイム 3:30)
   ⇒ 登山 3:20+休憩 0:45


※ルート情報はI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOGを使っています。

晴れ大菩薩嶺 山行記録:


今回は、山梨にある人気の山「大菩薩嶺(だいぼさつれい)」に登りました。
日本100名山です!


朝6時。
外は雲ひとつない快晴でとってもいい天気。空気も澄んでいるのか第一駐車場から南アルプスがハッキリ見えます♪

でも、「ロッジ長兵衛」前は寒いです。5月なのにまだ5℃しかありません雪(冬か!)。薄着だと風邪ひいちゃいます。いやいや、標高1,600mをなめてはいけませんね・・。

<ロッジ長兵衛前の上日川峠標識>
上日川峠1600

<携帯電話 事情>
今日の天気予報は・・・。あれ、iphoneで天気予報が見れないぞ・・・。
大菩薩嶺では、ロッジ長兵衛から山頂に向かってソフトバンクはまったくと言っていいほど繋がりません。auはぎりぎり繋がっていて、docomoは不明です。

ちなみに今日の天気はずーっと晴れ晴でした。


朝7時。
「ロッジ長兵衛」の外は登山者が到着し始めて賑やかになってます。
第1、2駐車場はほぼ満車。5分くらい歩く第3駐車場も半分くらい埋まっています。やっぱり山登りは朝早いんですね。

<補足>
歩いて10分くらいのところに300台程度置ける第4駐車場もあって満車になることは無いとのことなので安心です。


ではでは、登山開始です。

<大菩薩嶺登山道入り口>
ロッジ長兵衛登山道入口

登山道入り口には「クマ出没注意熊」の標識も。大菩薩嶺はもともとクマが住んでる山。そこに登山道があるので出会って当然なんだとか。

ロッジ長兵衛の右にある登山道で福ちゃん荘へ向かいます。
なんてことはなく「福ちゃん荘」へ到着手。 

福ちゃん荘から、唐松尾根 か 大菩薩峠 へ行く道に分岐です。
今回は「大菩薩峠」経由で「大菩薩嶺」に向かいます。こちらの方が傾斜が緩いです。

<福ちゃん荘奥の唐松尾根分岐>
唐松尾根分岐点

途中、富士見山荘に到着。名前の通り、富士山富士山撮影ポイントがあります。
隣に安定感の悪いブランコも。富士山に向かってjump!なんてことはしません。
大人なので・・・エリザベス

<富士見小屋>
富士見小屋

富士見山荘から上っていくと、介山荘に到着。その脇を通って大菩薩峠に到着です。良く見る写真の場所ですね。景色も良くて、解放感も合って最高です。

急にモーニングコーヒーしたくなって、缶コーヒーを売店(介山荘)で購入。150円で空き缶は回収してくれます。いつもよりおいしく感じますが、気のせいでしょう。。。(雰囲気にだまされてます♪)

<大菩薩峠!>
大菩薩峠

大菩薩峠から、30分ほど尾根歩きが続きます。
景色も良くて、岩場もあったりで、疲れとか、しんどいとか全くないですね。

この道、ひたすら楽しいです。グッド

山と高原地図(24.大菩薩嶺)を広げて、下界は甲府市街、一番右に見える残雪があまりない山が「甲斐駒ケ岳」その左が「仙丈ケ岳」とか・・・山座同定(さんざどうてい)も楽しめます。

いつか行くぞ!南アルプス♪

<大菩薩峠⇒賽の河原⇒雷岩>
尾根歩き

途中には、標高2000mの目印も立ってました。

<標高2000mです>
標高2000m印

唐松尾根との合流地点が雷岩。
ここでは多くの人が弁当広げたり、作ったり、景色を楽しんだりしています。
雷岩から樹林の中を歩くと・・・。

ついに、大菩薩嶺に到着!

大菩薩嶺は樹林の中で、噂通りの視界ゼロ。記念撮影だけして雷岩までピストンです。

<大菩薩嶺と樹林>
大菩薩嶺
分岐はとっても沢山の人で賑わっていました。

大菩薩嶺からは、雷岩経由、唐松尾根を下っていきます。こっちは傾斜が急ですね。登りだと大変そうです。
でも下りはあっという間。分岐のあった福ちゃん荘に到着です。

福ちゃん荘で早めのお昼。
「おむすび(600円)」とか「パン(180円?)」とか「ところてん(250円)」とか、統一感無く注文です。
ちなみにほうとう(要予約)が有名だそうで、「おほうとう」って丁寧な言葉になってます。

※福ちゃん荘横の公衆トイレは少しワイルドです(x x)

<上日川峠バス停>
甲斐大和駅行きバス

福ちゃん荘からロッジ長兵衛の下りはさらに楽ちんであっという間に下山です。

午後0時。
ロッジ長兵衛前は大勢の人でにぎわっていました。この時間になると気温は20℃近く。朝と全然気温が違います。
今から登山する人も結構いらっしゃいましたし、下山してくる人も多く、13時発の甲斐大和駅のバスが4台も止まってました。

 ※栄和交通 路線バス「大菩薩上日川峠線」
 2便 13:00 上日川峠(大菩薩) ⇒ 13:45 JR甲斐大和駅 (¥1,000円/片道)

ちなみに、第一駐車場からみる南アルプスはかすんで見えました。やっぱり山登りはいろいろと午前中がお勧めなんだなと痛感した山登りでした。ELMO


山登り初心者を山登りにハマらすには最高の山かも〜。


大菩薩嶺の山小屋:
ロッジ長兵衛 ※宿泊体験記はコチラ
福ちゃん荘
富士見山荘
介山荘

アクセス:
<甲斐大和駅から>
 栄和交通:大菩薩上日川峠線 時刻表へのリンクはこちら
 ※ 甲斐大和駅 ⇒ 上日川峠(41分/1,000円)
  ※主に、土・日・祝日運行 1日 3〜5便

近くの宿泊施設:
 大菩薩嶺付近の宿(石和・勝沼・塩山)

 大菩薩嶺付近の宿(甲府)
 大菩薩嶺付近の宿(大月・都留)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック