はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>




2017年8月 吾妻山(天元台ロープウェイ&リフト)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.08 吾妻山 快晴:
晴れ
 ※参考 山と高原地図 磐梯・吾妻 安達太良 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
08:00 天元台ロープウェイ 乗車 
08:20 第1しからばリフト 乗車
09:05 第3つがもりリフト 下車
09:30 中大テン 通過
10:10 天狗岩  通過
10:30 西吾妻山  到着 
10:40 西吾妻小屋  到着
11:10 梵天岩  到着
11:45 人形岩  到着
12:15 第3つがもりリフト 到着
12:55 第1しからばリフト 下車
13:15 天元台ロープウェイ 乗車 
※所要時間 天元台コース 5:15(リフト等 約120分含む)

<天元台 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!

<活動量計 Fitbitデータ>
吾妻山 fitbitデータ
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>
この数日間で、福島県中央部にある「安達太良山」「磐梯山」を攻略したため、残るは「吾妻山」となりました!

これほど日本100名山が近接していて、すべて気軽に日帰りできるので、ピーク稼ぎには持って来いですね♪

「吾妻山」は山形県と福島県の県境に位置してます。
登山口がある天元台ロープウェイに行くには山形県米沢市から向かったほうが、山道も少なく30分程度で行けるので便利です。

米沢市にホテルを確保できれば良いのですが、今回は車中泊ということもあり、勝手にホームにしている「道の駅 猪苗代」から約2時間弱のドライブで現地へ向かいますー。

※西吾妻スカイバレーの山道が結構長くてしんどいんですよー。

<吾妻山 天気>
吾妻山 天気予報.jpg

今日はお天気が完璧!
天気予報「晴」&降水確率「0〜10%」です。

こんな良い天気はなかなかありませんので、暑さには要注意ですけど、行く前からテンション上がりますね!矢印上

天元台ロープウェイの始発が8時なので、準備などを考えて7時30分には到着しときたい。逆算して「道の駅 猪苗代」を午前6時前に出発です。

猪苗代から裏磐梯を抜けて吾妻山スカイバレー・白布温泉経由でロープウェイに到着です。
早朝ということもあり、道路はきわめて順調でございました♪手

吾妻山スカイバレーは山道なのですが、観光道路でもあり、いろんなところに景色を見る大きな駐車場と、白布峠には公衆トイレトイレもあります。

白布峠から山形県に入って下っていくと、山中にある白布温泉(しらぶおんせん)街があり、その少し手前をロープウェイ乗り場に向かって右に曲がります。

で、困ったことに天元台ロープウェイ山麓駅はドコモ携帯が繋がりません冷や汗(きっと他のキャリアも繋がらないかと)。白布温泉まで下りないとダメなんですねー。

<天元台ロープウェイ湯元駅>
天元台高原ロープウェイ湯元駅.JPG

今日は、8月の日曜日でお天気も完璧。晴れ
激混みかなーと思ってましたがそうでもありませんでした。

駐車場は、午前7時過ぎに着いても一番近い駐車場に空きスペースがありました(8割くらいの埋まり)。

始発(AM8時)のロープウェイも定員オーバーなし。
定員が40名なので、逆に人気ないのかなーと心配になりました。

ただ、どこかの山ツアーらしき団体(約20名)が始発に乗らなかったので助かったところもありますが・・・。

ロープウェイ・リフト共通券(往復)は、3,500円

スキー場に来たみたいな券で、腕に巻くリフト券入れホルダーなんかも売ってました。
リフト券が少しお高めだったんですけど、割引券が見つけられなかった・・・。残念・・・。しょんぼり

山バッジ(550円)も売ってます。

<7:54 始発で乗車>
始発で乗車.JPG

天元台ロープウェイロープウェイの乗車時間は5分。山麓駅は毎時00、20、40分に出発。
個人的にロープウェイはこの待ち時間が嫌なんですよね。ドンドン乗れるゴンドラがやっぱりいいなー。

山頂側に到着すると気温は22度と下界より低い。
ですけど、雲が無く直射日光が降り注ぐので、体感温度は30度くらいですー。暑いー。暑い

<補足情報>
トイレトイレ:
湯元駅:ロープウェイ社屋と駐車場に水洗トイレあり。
天元台高原駅:ロープウェイ社屋とアルブ天元台に水洗トイレあり。

水自動販売機:
ロープウェイ山頂も山麓も、飲み物は若干高いです。
※スポドリ200円、コーヒ缶150円です。

電話携帯電話:
天元台高原駅周辺は携帯が通じます。ペンション街など宿泊施設もありますからねー。
湯元駅(山麓側)は通じません。

<8:12 天元台高原に到着>
天元台高原.JPG

天元台高原に着くと、「あー、スキー場やなー」と冬イメージですが、夏場は日本100名山の吾妻山をのぼり旗で猛烈アピールしてます。夏も冬も稼がないといけないので大変ですね。

さて、ロープウェイを下りても文明の利器がまだまだ続き、3本のリフトに乗り換えです♪
リフトの形態は3本ともペアリフト。つまりクワッドリフトよりスピードは遅い。

さらに、人の乗車時にいちいちスローダウンするんですよ、ここのリフト。冷や汗
だから、動いたと思ったら減速、そして揺れる。の繰り返し。。。結果、凄い時間がかかります。

今日は天気が良すぎて直射日光をまともに受ける日だったので暑くて大変でした・・・。冷や汗

逆に、人が乗らないとまあまあ早い。kyu

登山時はロープウェイに乗った人がほぼリフトに移動したのですが、下山時は登山者もまばらになって比較的スムーズでしたよ。

<8:20 第1しらかばリフト>
第1しらかばリフト.JPG

でも、リフトから見る景色はハンパじゃなく良いです♪手
吾妻山登って気付いたのですが、登山中は北側はじめ遠くの山々が見えないんです

鳥海山、月山が見えたのですが、リフトに乗ってるときの特権です。
※下山時の午後は雲が沸いて見えなくなりました。午前中のリフトが良いですね。

<8:34 月山と鳥海山?>
月山と鳥海山?.JPG

ロープウェイ&3本のリフトを乗り継いで使った時間は、なんと1時間以上!
危険体はあまり疲れないんですが、所要時間は結構かかります。この吾妻山。

ここから、実際に自分の足を使った山登りが始まります。

<9:11 登山開始>
登山道開始.JPG

さて、この吾妻山。
リフト終点の標高が1810m。最高峰:西吾妻山の標高が2035mで、その差225m。

楽な高原歩きかなーと思っていると、まあまあな急登や岩場登りなども出てくるので、しっかりした登山格好で来るのが安心です。おじさん

<9:25 かもしか展望台>
かもしか展望台.JPG

かもしか展望台、中大テンの分岐を過ぎると、吾妻山の見どころ大凹(おおくぼ)が現れます。

広い大地に、長い木道、周りは緑の山々で囲まれる。遠くの眺望こそありませんが、歩いててとっても気持ちの良い場所ですね。

<9:36 大凹(木道)>
大凹(木道).JPG

大凹には池塘も沢山あります。
北信越や東北の山には、山頂付近に池塘がある山が沢山ありますねー。

それに大凹内はアップダウンがあまりなくて、疲れないし歩きやすいです。

<9:40 大凹(池塘)>
大凹(池塘).JPG

大凹を過ぎて天狗岩へ向かう直前は岩場の急登です。

上りきると、大きな岩の広場が出てきます。ここが天狗岩。八ヶ岳の蓼科山山頂のようなイメージですね。

奥に吾妻神社が建っていますのでお参りして、まずは西吾妻山山頂でピークを踏みましょう。

天狗岩は、梵天岩(来た道)へ向かうルート、西吾妻山へ向かうルート、西吾妻小屋へ向かうルートの3ルートがあります。

かなり分かりにくいのですが、細い茶色の道標が建っているので探しましょう。

<10:13 天狗岩>
天狗岩.JPG

天狗岩から西吾妻山山頂までは樹林帯を歩くこと約20分。

ロープウエイの始発で着たということもあり、登山者もまだまだ少なくて、3人程度の登山者しか会いませんでした。日曜日なのに寂しすぎるー。

で、西吾妻山山頂は、樹林に囲まれた展望の無い場所でした。ムンク

<10:31 西吾妻山山頂>
西吾妻山山頂.JPG

ピストンは嫌なので、西吾妻小屋家を経由して天狗岩へ戻ることにします。
西吾妻小屋に近づくと登山道が木道に変化します。

西吾妻小屋は、かなりしっかりした建物で、1Fに男女別のトイレトイレ(ボットン)がありました。
階段に登って2階もあるようで広いです。ここなら安心して泊まれそうです。

<10:38 西吾妻小屋>
西吾妻小屋.JPG

さてさて、広い天狗岩に舞い戻ってきました。
西吾妻小屋から戻ってくると、吾妻神社側寺にやってきます。

岩の広場が本当に広いです。パンフレットにも「天狗岩は大岩海です。」と書かれています。
危険ガスったら迷子になりますねー。

<10:57 広い天狗岩広場>
広い天狗岩広場.JPG

天狗岩で、グランデコ側から来たという登山者の方男と談笑して、帰路に向かいます。

※グランデコとはスキー場のこと。
グランデコから来ると「西大テン」という1981mのピークを通るのですが、ここからは磐梯山や桧原湖が見渡せるようです。西吾妻小屋から片道40分。時間に余裕があるなら行くのもいいかもです。

歩くこと15分で岩の塊「梵天岩」に到着です。
ここは展望が良くて多くの方が景色を眺めながら休憩しています。

でも基本は、湿原地帯と東吾妻の山並み(いわゆる身内の山)が見えるレベルです。
磐梯山のような360度大展望は期待できません。でも、これはこれで落ち着く景色ですねー。

<11:07 梵天岩からの景色>
梵天岩からの景色.JPG

梵天岩で少し休憩して、更に帰路へ。
行きに気に入った大凹に、また戻ってきましたー。大凹の直前に水場水もあります。

水場はなるべく行って、天然水を頂くようにしてまーす。美味いし、タダですからね。

<11:41 大凹(お花畑)>
大凹(お花畑).JPG



大凹を過ぎたら、行きには通らなかった「人形岩」コースを使って帰路に向かいます。
人形岩も天狗岩のように広い岩場です。

ここは、東吾妻山〜一切経山からの縦走コースがよく見えます。
日本100名山を登りきったら、道楽山行で歩いてみたいコースですね♪

そんなこんなで、リフト乗り場に到着しました。
ここから、また長い時間を使って駐車場(湯元駅)まで戻らないとですねー。

<12:14 第3つがもりリフト>
第3つがもりリフト.JPG

さて、のんびりリフトから景色を堪能していると、第2リフトの後半部分(左側)から、子供がわめいているような声が聞こえてきました。

何かなーと思って目をこらえていると猿がいました!
楽しい「おー、猿だー」と思っていたら、回りにワンサカ猿がいました。

家族でしょうかねー。
合計7匹ほど、雪の無いスキー場の大地でノンビリ過ごしていました。

<12:43 野生のサル>
野生のサル.JPG

個人的に気になったのが、天元台高原ペンション村

ロープウェイで登ってきたスキー場にペンション村って何よ。
と思ったのですが、少し離れたところにペンションが何軒が集まってました。営業中の上りも立ってるので夏も泊まれるようです。

天元台高原:宿泊・観光施設 HP

<12:49 天元台高原ペンション村>
天元台高原ペンション村.JPG

リフトの最終時間は16:00です。
コレに乗り遅れると大変なことになるのか、コースタイムでは歩いて下山すると1時間と書いているので、なんとかなるのか・・・。

西吾妻山自体はとっても地味な山かもしれないのですが、
天元台高原のペンションに泊まっての山行、浄土平からの火山山縦走火山など、楽しみ方が沢山ありそうな山です。


<おまけ>

天元台ロープウェイがある山形県米沢市は「上杉鷹山(うえすぎようざん)」が有名ですねー。もちろん上杉謙信も!

極貧の米沢藩を立て直した名君で、アメリカのJ・F・ケネディが最も尊敬した日本人政治家として挙げてます。





米沢経由で吾妻山に登る場合は、アフターかプレ登山でそんな米沢市を観光したいものですねー♪


<アフター>
温泉 白布森の館 利用時間:09:00-18:00(×水)、料金:395円(大人)
※ロープウェイから激近・激安ですけど、備え付けシャンプーありません。悲しい


トイレトイレ>
・標高 925m:天元台ロープウェイ 湯元駅
・標高1310m:天元台ロープウェイ 天元台高原駅
・標高1810m:第3つがもりリフト 終点
・標高1980m:西吾妻小屋

アクセス:車
■東北中央自動車道  注)平成29年度中開通予定
米沢八幡原IC ⇒ 一般道(県道2号) ⇒ 白布温泉(湯本駅) 約30分

■磐越自動車道
猪苗代IC ⇒ 一般道(裏磐梯・桧原湖) ⇒ 西吾妻スカイバレー(湯本駅) 約120分
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック