はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




白山室堂山荘(白山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山小屋好きとして、一度は泊まってみたかったのが、この白山室堂山荘です。
今回長年の夢が叶ってお邪魔することができました♪

白山室堂山荘HP

白山室堂山荘は、HPがシッカリ作られてて、特に嬉しいのは「宿泊予約状況」のページ。
毎年、なんとなく観察してたので、だいたいどの時期が混んでいて、どの時期が穴場なのか分ってきてしまってました(笑)

個人的な推測では、
・7月、8月の土曜日は絶対NG。(大混雑)
・7月下旬と8月上旬は、平日も混雑覚悟。

なのです。

かつ、白山室堂山荘では、5月1日〜10月15日と営業期間が長いのですが、春山時期の5月1日〜6月30日までは食事提供が無いため、その時期は避けたい。

という訳で、毎年7月上旬の金曜日宿泊を狙ってましたが、その時期は梅雨。
雨天延期を繰り返し、ようやくチャンスが巡ってきたという訳なのです!

その楽しみでしょうがなかった、白山室堂山荘の宿泊レポなので、今後の宿泊の参考にして頂けれたら嬉しいです♪

<白山室堂全景>
全景.JPG

白山室堂には独立した建物が数棟建っています。
・白山室堂ビジターセンター
・白山室堂山荘(3棟構成)
・白山雷鳥荘(個室施設)
・白山奥宮祈祷殿


各建物は繋がってないため、移動は基本的に登山靴ですね。

<白山室堂ビジターセンター>
白山室堂ビジターセンター前.JPG

3棟ある白山室堂山荘は本当に宿泊だけの施設で、受付や売店、食事、本棚等は、すべて「白山室堂ビジターセンター」で行います。

で、ビジターセンターというくらいなので、登山道状況、天気状況、テレビ、展示物(白山についてとか、動物についてとか)もあり、綺麗な建物きになってます。

<白山室堂ビジターセンター_メイン>
白山室堂ビジターセンター_メイン.JPG

チェックインは13時〜でした。

今回は12時くらいに白山室堂に到着してしまったので待ちぼうけ。
でも売店は空いてますし、食堂/レクチャールームが使えるので退屈ではありませんよ。

13時になったら受付開始。どの登山口から来たのか、どの登山口へ下りるのか、どの登山道かなども聞かれました。

料金は白山室堂山荘のHPにも書いてますが、
一泊二食 8,100円です。
(内訳;宿泊5,300円、夕食1,700円、朝食1,100円)

 ※領収書は宿泊料金5,300円の表示のみです。

そしてご丁寧に、宿泊スペースまでスタッフさんが案内してくれます。

たしかに宿泊棟は3棟に分かれてたり、ビジターセンターとは違う建物だったりで、分かりにくいですからねー。

<白山室堂ビジターセンター_受付>
白山室堂ビジターセンター_受付.JPG

受付のとなりに売店があります。
販売してるものは充実していて、いろいろと安心です♪

■飲み物系
生ビール:800円、缶ビール:500円、ノンアルビール:350円
チューハイ、日本酒、ワイン、梅酒、ウイスキー など アルコール充実。
コーヒ:500円、ココア:400円、レモンティー:400円
ペットボトルで、水:350円、ポカリ:400円、コーラ、トロピカーナ、お茶、アイスクリーム:250円、お湯:100円


■食べ物系
柿の種、プリッツ、ポッキー、キットカット、チップスター、板チョコ、ハイチュウ:200円
スルメ:400円
ハッピーターン(小)、チョコパイ(一個):100円
カロリーメイト:350円 ほか
カップ麺:400円(箸とお湯付き)


■雑貨系
山バッジ:500円、キーホルダー:500円程度
手ぬぐい:1000円、タオル:700円
Tシャツ:2800円程度


白山室堂山荘のHPにも書いてありますが、見落としていて、結構、お菓子持って登ってしまいましたが、ビジターセンターで調達できるなら軽くしても良かったなーと。

ちなみに売店のクローズは18時15分と少し早め
18時頃、館内アナウンスで売店営業時間終了の案内がありました。

<白山室堂ビジターセンター_売店>
白山室堂ビジターセンター_売店.JPG

そして白山室堂ビジターセンターの唯一のネックポイント!
売店で購入したものでも、空き缶等は回収してくれません。

だから缶つぶしがあって、それを入れる袋は頂けます。

北アルプスの山小屋でもこの仕組みは無かったのですけど、宿泊定員750名という巨大な白山室堂山荘では仕方ないですねー。

個人的には、ゴミの持ち帰りは全く問題ありません!協力します!

<白山室堂ビジターセンター_缶つぶし>
白山室堂ビジターセンター_缶つぶし.JPG

さて、宿泊棟です。
宿泊棟は「くろゆり荘」・「こざくら荘」・「御前荘」の3棟に分かれてます。
 ※ただ、外側で3棟とトイレに繋がっていて、雨が降っても大丈夫です。

白山室堂ビジターセンターと違って、宿泊棟は年期がある建物です。

<白山室堂山荘_宿泊棟>
白山室堂山荘_宿泊棟.JPG

で、下駄箱。
一つの宿泊棟の定員が250名くらいになるので、下駄箱の数もかなりです。

他人の登山靴と間違わないように、紙に自分の名前を書いて下駄箱スペースにぶら下げる仕組みです。

ちなみに玄関には外履用のサンダルがありません。

だから、ビジターセンターに行くには、毎回、登山靴に履き替えです。そして屋根も無いので、雨の日は食事に行くために濡れる・・・ってことですね。

<白山室堂山荘_下駄箱>
白山室堂山荘_下駄箱.JPG

廊下にはストーブが置いてありました。

7月だし、宿泊客も少ないので点けてくれないだろうなーと思ってたら、夕方から点けてくれました!
 ※5月GWの時期でも、法華院温泉山荘では点火してくれなかったので・・・・。

日中は暖かかったのですが、日が落ちると標高2500mは流石に寒かったので、ホントに助かりました。
おかげで宿泊棟の中がぬくぬくに。※しかし、消灯後は消えますヨ!

<白山室堂山荘_廊下>
白山室堂山荘_廊下.JPG

寝室は2段ベットの相部屋です。白山室堂山荘に個室はありません。

相部屋ごとの収容人数は多く、小相部屋は最大20名ほど、大相部屋は最大32名ほどになりますから、いびきが多き人が一人は混ざっているはず!耳栓は必要ですね。

宿泊人数が少ないからといって、詰め込むことは無いですが、余裕のある振り分けはしてくれません。でも、男性グループ、女性グループ、男女混合グループでの考慮はあったのかなと思う部屋割りでした。

<白山室堂山荘_寝室>
白山室堂山荘_寝室.JPG

寝具は毛布が沢山。

これだけあると、寒くても重ねれば大丈夫だなーという感じでした。
 ※今回は暑くて、使わない毛布が発生!

20時に館内アナウンスが入って、消灯時間と明日の朝食時間の案内がありました。
消灯は20:30分。

ただし、今回は消灯に気付かず爆睡眠・・・。どんだけくつろいでんねん・・・。

<白山室堂山荘_寝具>
白山室堂山荘_寝具.JPG

白山室堂山荘の玄関とは反対側に行くと、トイレと他の宿泊棟へ続く通路があります。

ここはスリッパでの移動ができます。
(トイレに行く外履スリッパで食堂に来られるとNGということで、食堂へは外履スリッパで行けないそうです)

トイレに行く途中に洗面台。歯磨きなどはココを使います。
外なので夜は寒いですよー。

<白山室堂山荘_洗面台>
白山室堂山荘_洗面台.JPG

トイレトイレは宿泊棟3棟すべてと繋がっているので、当然3棟の共通利用です。

男性の場合、大4〜5箇所(一箇所が洋式、ほかは和式)、小10箇所ほど、と比較的大きいですけど、定員750が宿泊した満館の場合は、大混雑が予想されますねー。

消灯後は宿泊棟の廊下をはじめ真っ暗になります。
宿泊棟からトイレに行く道には感知式のライトライトがありますが、当てにはせず、自身のヘッドランプを使いましょう。

そして夜はやっぱり寒いです。トイレに行くまでは外を通りますし。
夜トイレに行くときは、ダウンとネックウォーマーを着て移動してました。

ちなみに、白山室堂にはこのトイレのほかに1ヶ所トイレがあります。
が、メイン登山道に近くて利用者も多いせいか、かなり使われていて綺麗ではありません・・・。しょんぼり

トイレには蚊取り線香が焚かれてあり、虫除けと消臭の効果がありですね。

<白山室堂山荘_トイレ>
白山室堂山荘_トイレ.JPG

受付で食事代を支払うと、食券をもらえます。無くすと再発行はできませんのでと念押しされます・・・。

プラスチックでできた丈夫な食券です。

<食券>
食券.JPG

食事は、白山室堂ビジターセンターにあるレクチャールーム兼食堂で頂きます。
レクチャールームと食堂は移動可能な敷居で区切られていて、奥が食堂のようです。

入口に近いレクチャールームは談話室にもなり、食事が始まる15時までと食事後は開放されてました。

<白山室堂ビジターセンター_レクチャールーム>
白山室堂ビジターセンター_レストルーム.JPG

食事はセルフサービス方式

食券を渡して、小鉢やメインを取っていきます。
食後もセルフ、皿ごとに置き場所が分かれていますが、分りやすく書かれています。

<白山室堂ビジターセンター_食堂>
白山室堂ビジターセンター_食堂.JPG

夕食の時間は5時〜5時間30分の間に来て下さいという方式。
今回は回転もなく、食事を取ったらずーっと居ても良いようでした。

他の山小屋との違いは、メインを選べたこと。

夕食はハンバーグor魚を選ぶことができました。
ご飯も初めから、少なめ、普通、多めが準備されていて好きなのを選びます。

ちなみにご飯、味噌汁はお替り自由です♪

テーブルには、温かいお茶やふりかけ、刻みたくあん、味付け味噌が置いてあって、多いご飯も食べられます。

山小屋の食堂は狭くて、お隣さんとのスペースもあまり無いなんてこと多いですけど、今回は空いていたせいもありゆったりと食事を頂くことができました。

<白山室堂ビジターセンター_夕食>
白山室堂ビジターセンター_夕食.JPG

朝食は5時30分〜8時の間に来て下さい。というかなり融通の利く時間設定。

これはいいですね!ひらめき
時間を指定されると、ご来光を見に山頂に行く余裕が無かったり、みんなの行動が同じになっていろいろ混雑しますから。

朝食もメインが選べます。魚かウインナーかの二択でした。
夕食と同じでご飯、味噌汁はお替り自由♪

テーブルの調味料関係は夕食と変わってました。
ふりかけもゆかり(夕食)⇒鮭(朝食)へ。海苔佃煮、梅干までありました。

※ちなみに混雑時は朝食・夕食時間の流れも変わると思いますから、白山室堂のHPでご確認下さい!

<白山室堂ビジターセンター_朝食>
白山室堂ビジターセンター_朝食.JPG

ちょっと話題を変えて白山室堂山荘周辺の眺望などの情報を。

白山室堂には展望台が二ヶ所あります。
別山や弥陀ヶ原が良く見えて、いい感じな場所です。

15時過ぎたら宿泊者以外は、白山室堂に居ませんのでノンビリ景色を見られますよ。

<別山方面>
別山方面.JPG

面白かったのが、日の出前の太鼓。

毎朝、日の出の約1時間前に祈祷殿で合図の太鼓がなります。(今回は3時40分頃)
※もっと迫力の有る音かと思ったら、早朝で遠慮がちな音でした♪楽しい

これを目安に山頂へ登るとご来光が見れるという訳です。
だた、今回は山頂へ登らず、白山室堂にある展望台で日の出を見てました。

<日の出>
日の出.JPG

白山室堂山荘は、北アルプスなんかの山小屋とは少しシステムや建物の構造などが違って、新鮮な気持ちで泊まる事ができました。特にビジターセンターは綺麗だし、食事はメインが選べるしと、居心地良かったですねー。

定員が750名にもなる巨大施設ですから、やはり、1日でもずらして空いてるときに利用したいです。白山室堂山荘的にも、宿泊人数はバラけた方がいいはず。

また、山頂まで歩いて40分という立地も素晴らしく、綺麗な日の出を、それほどの苦労無く見るには絶好の場所じゃないでしょうか。

白山を日帰りで楽しむなんて勿体無さ過ぎです。
白山室堂山荘なら連泊しても十分楽しめる、ハードとソフトが備わっているので、じっくり楽しみましょうー♪


■乾燥室・更衣室
宿泊棟には、乾燥室と女子更衣室があります。
男子更衣室はありませんからトイレで着替えました。

乾燥室は着替えから落ちた水分で床が濡れていることが多々あったので歩くときは下を見ましょう!

■携帯電話(白山室堂)電話
ソフトバンク NG
ドコモ    OK ※建物の奥まった場所はNG
AU     ??

■気温温度計
12:30 気温15℃
 4:30 気温 9℃
※ただし、気温だけでなく風や日照によって体感温度は随分変わりますね。

■時間帯時計
13:00 チェックイン
15:00 食堂/レクチャールーム一旦クローズ(食事準備のため)
17:00 夕食スタート
18:15 売店クローズ
20:30 消灯

03:40 太鼓鳴る
05:30 朝食スタート
08:30 なんとなくチェックアウト(スタッフさんが宿泊棟の掃除をはじめる)


■雑記(おまけ)ショック
今回の白山室堂山荘滞在で残念だったのが、外のスペースで楽しんでいる大人数グループ(年輩多し)の存在。
初めのうちは、外のテーブルを囲んで楽しいおしゃべりに講じてました。そこまでは全然OKです。

しかし、ハーモニカを吹き出して、みんなで歌を大声で歌いだし、最後には輪になって踊りだす始末・・・。
しかも、3時間くらい延々と。

少人数でノンビリ景色を静かに楽しみたい登山者も居るだろうに、空気を読まずにお構いなし。
おしゃべりは雑音として耳が遮断しますが、楽器や音楽は雑音にならず耳に入ってくるのではっきり言って苦痛でした。

途中から、あまりにも耳障りになったので、大人数グループが陣取っていた白山室堂ビジターセンターと奥宮祈祷殿の広場を避けてました。

グループの誰一人、周りの迷惑を気にする人は居なかったのか?みんな酔っ払っていい気分になってたのかな?

山の上は誰のモノでもないので、何をするにも自由かもしれません。
が、それゆえ、皆が気持ちよく過ごせるように、自分たちの行動には気を使いたいですね。バイキンマン


スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック