はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>




フェリーさんふらわあ(大分−神戸 航路) 乗船体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山登りのアクセスに新手法を導入いたしました!

今までは、マイカー車、電車電車、高速バスバス、飛行機飛行機しか思い浮かばなかったのですけど、マイカー以外の場合、現地でレンタカーを借りようとするといろんな欠点が目に付くわけで。

・長期間借りると高い
・乗り捨てすると更に高い
・早朝、夜間にレンタカー店開いてない ← これが大問題
・レンタカーの空きが無い(GWやお盆等繁忙期)


それを解決する一つの案。それが長距離フェリーです。

フェリー船で泊まるって、揺れるし、設備も古くて、大部屋であまり寝られない、こんなイメージだったのですが、全く違ってましたー。

ホテルのように綺麗でびっくり!

マイカーを運んでもらおうとすると値段は高くなりますけど、高速道路を運転しなくて良いし、快適だし、それに船旅自体がテンション上がります。矢印上

そんなフェリーさんふらわあ(大分−神戸航路)
せっかくなのでブログ記事として残しておくことにしました−。

フェリーさんふらわあ 公式HP



今回は、予約の関係で神戸−大分航路のフェリーさんふらわあに乗船です♪

1日1便の運転でスケジュールとしては、
 大分(西大分港)19:15発 
    ⇒ 神戸(六甲アイランド)翌朝 6:35着
になっています。

■乗船手続き(初めての場合は注意!)
マイカーを使って長距離フェリーを使うのは初めてだったので、勝手が全く分りません。(汗)

事前にインターネットで予約をしていたのですが、
まずフェリー乗り場に着いてやる事は、「乗船手続き」を乗り場窓口で済まして、乗船券を貰うこと。

出港時間より随分前から、マイカーを港に入れれますから、指令された位置に駐車。
車を止めて、自分の足で窓口に向かって手続きをしに行きます。そのまま待ってたらダメです!
※今回は出港2時間前くらいに着きましたが、すでに多くの車がいて6レーンに並ぶように誘導されました。

危険で、この乗船手続きですけど、出港1時間前を過ぎると、GWということもあり大混雑でした。行列が乗り場窓口の建物の外まで・・・。冷や汗
早めに行っててよかった。

■料金
HPから「船に泊まろうマイカープラン」を選択。これがすでに割引価格です。
スタンダードで乗用車1台+運転者1人30,200円
 ※乗用車は全長5m未満(一般車は大体5mに収まります)

<フェリーさんふらわあ 大分港>
フェリーさんふらわあ.jpg

あとは、乗船時間まで時間を潰しつつ、誘導にしたがって船内へ車を入れます。
※西大分港の横には「セブンイレブン」があったので、買出しはココでできますね!

船内駐車場は4階建て。トラックがまず広い3,4階を占拠し、乗用車は狭い2階、1階へ下らされました。

<フェリーさんふらわあ 船内駐車場>
船内駐車場.JPG

マイカーを指定の位置に駐車したら、エンジンやらを全て切ってメインの5階以上へ階段もしくはエレベータ(混雑します)で移動します。
※船が出港したら、次は入港するまでマイカーには戻ってこれません!

<フェリーさんふらわあ 船内階段>
船内階段.JPG

そしてプロムナードがある5Fまで行くと、イメージとぜんぜん違う衝撃の光景が待っていました♪

ここがフェリーの中とは思えない、ホテルのような綺麗な船内でした。き

<船内中央階段>
船内中央階段.JPG

プロムナードは開放感があって、いつも乗船客で賑わっています。
開いてるソファーを見つけるのは難しいのですが、たぶん大部屋の方が占領しちゃうんだろうなあと勝手に予想。

たしかに個室を予約してるなら、個室でくつろげますから、わざわざココを使わなくても良いですね。

<5F プロムナード>
プロムナード.JPG

船内も楽しいのですが、やっぱり船からの景色が最高ですね。
6Fと7Fの後方部分が「展望デッキ」として開放されていて、自由に出入りできます。

船のスピードはそれ程速くないのですが、夜に展望デッキに出ると風が冷たく寒いので少し厚着が必要ですね。

<18:44 大分湾の夕暮れ>
大分湾.JPG

めっちゃ煙出てるー。楽しい

そういや、フェリーってこの煙突(ファンネルと呼ばれてる)がシンボルなんですよねー。
一気に周りが暗くなってきましたよ。

<19:27 大分港出発>
夜間.JPG

ふぇりーさんふらわあの航海速度は23.2ノット。
1ノット=1.852km/hなので、時速は約40km。一般道を走る車のスピードだからノンビリですね。

でも、実際に船に乗っているとそれ以上に早く感じます。大分市街もあっという間に遠ざかっていくー。

<19:29 大分市街の夜景>
大分夜景.JPG

フェリーさんふらわあの船内には掲示物も沢山。
お気に入りは、日本地図に航路や、3大大橋の通過時間が書いてある一角。

ここなら何時間でも居れるなー。

<通過予定時間の掲示>
フェリーさんふらわあ掲示.JPG

5Fに食堂があって、夕食・朝食共にバイキングです。

今回は夕食代(1,540円)をケチってしまって食堂の利用は無し。朝食は5:30〜6:15で入港時間6:35というタイトスケジュールのため却下しました。

コンビニで弁当を買ってきて、5Fサロン(ミニスペース)においてある電子レンジを使わしてもらいました。
※電子レンジは1台しかないので常に順番待ちしてました・・・。冷や汗

<5F 食堂>
食堂.JPG

廊下も広い・・・。部屋数も物凄く多いです。

ちなみに7Fはデラックスルームというバス・トイレが付いた最上級部屋があるフロア。一般客は立ち入らないように注意書きまであります。

<6F 客室廊下>
客室廊下.JPG

スタンダードルームにはトイレはないですが洗面台があります。
テレビも設置してあり、広さも申し分ないですね。

正直、実際に寝てみると揺れではなく振動が気になります。
常に震度1−2程度の縦揺れを受けている感じですけど、気にならず寝れてしまいました。

<6F スタンダードルーム>
スタンダード.JPG

船内はショップ(売店)それから自動販売機が充実しています。
なので、お菓子類と飲み物は心配することは無いです。持ち込みも不要なくらいです。

<5F 売店>
売店.JPG

<5F 自動販売機(飲み物)>
自販機1.JPG

問題は食事ですね。
自動販売機でカップラーメン等はありますが弁当類がありません。これは持ち込むか食堂利用でしょう。

<5F 自動販売機(食べ物)>
自販機2.JPG

<5F 自動販売機(食べ物)>
自販機3.JPG


さあ、日付が変わりました。

朝の5時20分頃に明石海峡大橋を通過する場面をどうしても下から見上げたかったので、早起きすることにしました(笑)

そして、寒い寒い「展望デッキ」へ。長時間居れるように少し厚着していきます。
いやー良い天気ですね。晴れ

<5:01 早朝>
早朝.JPG

あ、朝日が昇ってきましたよ。晴れ

<5:14 朝日>
朝日.JPG

いいですねー、朝日と明石海峡大橋のコラボ♪

<5:16 朝日と明石海峡大橋>
朝日と明石海峡大橋.JPG

おおー、真下を通過。
これが見たかったんですよねー。通過しちゃうとなんてことないんですけど(笑)

<5:18 明石海峡大橋を通過>
明石海峡大橋.JPG

そして、定刻通りに「六甲アイランド」のフェリー乗り場に着岸。
その後しばらくして、駐車場を開放したのでマイカーへ移動して下さいとのアナウンスが入り移動します。

みんなが一斉に移動するので大混雑。
半日ぶりにマイカーに乗り込み誘導があるまで待機(エンジンは停止中)。

誘導がスタートしたらエンジンを掛けて車を船外へ移動。そのままフェリー乗り場を後にしました。


<その他メモ>
■トイレトイレ
トイレも各階に設置。
数もそれなりにあったので、混雑で順番待ちしている光景は見かけませんでした。

■Wi-Fi
 無料Wi-Fiが設置してあってパスワードも掲示してますが、いかんせん海上であり通信量も足らず、ほとんど使えませんでした。

■マッサージチェア
 6Fにおいてました。

■たばこ
 客室内は禁煙です。所定の場所で。

■6F大浴場
 男女別です。シャンプー、リンス、ボディーソープは備え付けあり。脱衣所にドライヤーあり。
 タオルは部屋から持って行きましょう。また、夜中(22時頃〜5時頃)は利用できません。

 洗い場は5〜6人でいっぱい。浴槽も6人程度がちょうど良い感じです。
 それほど広くないですけど、時間をずらせば結構快適に入浴することができますね。

■シャワールーム
 5F、6Fのトイレ内にシャワールームがあって、ここは24時間使えました。





そんなこんなで、楽しいフェリー旅が終わりました。ELMO

マイカーで大分〜神戸まで高速道路を走らせると約600kmで7時間程度かかる道のりを、寝て過ごしました♪


とにかくフェリーが快適で便利だということが、今更ながら分ったので、北海道の100名山を攻めるときにはフェリーを使ってマイカー登山したいと思います!(北海道トレッキングサポートBOOK (NEKO MOOK)

<参考>
日本長距離フェリー協会
にっぽん全国たのしい船旅2016-2017 (イカロス・ムック)
フェリーズ(16) 2017年 05 月号 [雑誌]: クルーズ 増刊

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック