はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>




2017年GW 九重山登山(1日目.長者原登山口〜法華院温泉山荘)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.05 九重山登山 曇/晴れ:
曇り晴れ
 ※参考山と高原地図 阿蘇・九重 由布岳 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
10:40 長者原登山口 出発 ※「ちょうじゃばる」って読むんです。
11:15 雨ヶ池越   通過
12:35 坊ガツル   到着
12:55 法華院温泉山荘 到着
※所要時間 長者原→法華院温泉山荘 2:15(休憩5分含む)

2017年5月 九重山 登山(Vol2.法華院温泉山荘〜牧ノ戸峠〜長者原)

■2日目
07:55 法華院温泉山荘 出発
08:25 北千里浜   通過
09:15 久住分れ   到着
09:45 久住山山頂  到着 ※寒くてあまり居れない・・・
10:25 久住分れ   到着 久住分れ避難小屋トイレアリ
11:05 扇ヶ鼻分岐  通過
11:50 沓掛山    通過
12:05 牧の戸峠   到着 ※休憩10分ほど
13:05 長者原登山口 到着
※所要時間 法華院温泉山荘→牧ノ戸→長者原 5:10(休憩15分含む)


<長者原⇒九住山⇒牧の戸峠 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※初日のデータが一部欠けております m(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
九重山1日目_fitbitデータ.JPG
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>
2017年のGWは九州まで大遠征!
車中泊やビジネスホテル泊を駆使して、関東から九州は大分までマイカー登山車してきました。

こんなにしんどい思いをするのだから、100名山をたらふく登ってくるのかと思いきや、
・祖母山は登山口までのアクセスが悪路で天気も悪く・・・
・阿蘇山は地震の関係で登れなさそうだし・・・
・韓国岳、開聞岳は同じ九州でもえらい離れてるし・・・
なーんて、ブツブツやってたら、結果、九重山のたった一座で終了しちゃいましたー悲しい

でも、九重山
こんな消化不良になってもおかしくない私たちを、圧倒的な満足感で覆ってくれるほど素晴らしかったですよ。感動


そんな、九重山登山レポの始まり・始まりー♪


<登山レポ>
九重山登山の前泊は車中泊にしようと思っていたのですが、急遽「大分キャセイホテル」で前泊することにしました!


大分キャセイホテル


ご用達の「じゃらん」を見てたら、空室が出てかつ安価だったので、すぐに予約したのでした♪

と言うわけで、初日は長者原(ちょうじゃばる)から法華院温泉山荘まで2時間程度の登山。あまり早く行き過ぎても、暇すぎて山中やら山小屋で退屈してしまうので、遅めの出発&長者原散策を計画です。

アクセスとしては、国道210号線を進み、途中から「やまなみハイウェイ」に合流し、そのまま長者原登山口までドライブ。

<やまなみハイウェイ>
やまなみハイウェイ.JPG

予定通りAM9:30に長者原登山口に到着しました。
天候は雨が降らない予報なんですがなにやら曇り曇りが優勢で・・・。

<九重山登山 初日の天気予報>
九重山天気1日目.jpg

しかし、今日は遅くなればなるほど天気が良くなる予報なので、あせらないあせらない。登山準備や長者原ビジターセンター、お土産店などを散策して、時間を潰します♪

長者原登山口は駐車場も大きくトイレも複数個所あり、自動販売機も下界価格で初心者に優しいですね。

<長者原登山口の公衆トイレ>
長者原トイレ1.JPG

<09:58 長者原登山口 駐車場>
長者原登山口駐車場.JPG

長者原登山口に広がるタデ原湿原は、歩くところが木道で整備されていて、登山客以外も気軽に散策できます。

コースが3つくらいあって、20分くらいで一周できるのでおススメですが、やっぱり木道で満足したら勿体無いですよね。その奥には、想像もつかないほど素晴らしい景色が待っているんですからね!

さて、AM10時くらいは、周りの山々が雲で隠れで残念だったのですが・・・

<09:51 タデ原湿原(曇)>
タデ原湿原_曇り.JPG

AM11時くらいになると、急に明るくなり、モーレツに暑くなってきました♪
そして、周りの山々も見えるように。やっぱり、天気は良いに限りますね。晴れ

時間もちょうど良くなってきたので、日焼け止めを顔面と首周りにたっぷり塗って、いざ、坊ガツルの法華院温泉山荘に向けて出発です。

<10:44 タデ原湿原(晴)>
タデ原湿原_晴れ.JPG

タデ原湿原を歩いていくと、すぐに木道が終わって登山道が始まります。

とはいえ、急登はほとんどありません。あっても距離が短いため、初日は楽な登山になりそうですね。

<10:48 長者原自然研究路>
長者原自然研究路.JPG

で、なんなく雨ヶ池越に到着。

窪地の湿地帯に木道が敷かれてあって、雨が降るとあたり一面に水が溜まって池になるとか。池状態になっている雨ヶ池も見て見たいですねー。

<11:15 雨ヶ池越周辺>
雨ヶ池越周辺.JPG

たまーに、岩場の登り「ザ・登山」のような箇所がありますが、長時間続くことはありませんのでご安心をー。

<11:22 九州自然歩道>
九州自然歩道.JPG

問題と言えば、昨日まで雨が降っていたのか、登山道が泥でぐちゃぐちゃです。
登山靴が泥だらけ。。。もう諦めるか・・・。しょんぼり

<12:03 ドロドロ登山道>
ドロドロ登山道.JPG

雨ヶ池越から坊ガツルまではゆるやかな下りメインの登山道が続きます。

写真に写っている小さな道標は、長者原登山口から設置してあって、道迷いすることは無いくらいあちこちにありますので安心です。

<12:18 雨ヶ池越→坊ガツル>
雨ヶ池越→坊ガツル.JPG

登山道が石畳に変わってくると坊ガツルに到着です。

視界が一気に開けて、素晴らしい景色です。周りを山々に囲まれた不思議な湿原地帯が現れます。

<12:35 坊ガツル湿原に到着>
坊ガツル湿原入口

そして湿原のはるか奥には「法華院温泉山荘」らしき建物を発見。山の中にあるとは思えない大きくて立派な建物です。

法華院温泉山荘に向かって歩いていると、なにやら山荘側から身軽な格好で歩いてくる人達がいます。半袖に短パンにサンダル・・・。

なるほど。

坊ガツルキャンプ場でテント泊の人が、法華院温泉山荘での日帰り温泉の帰りみたいですね。温泉

しかし、温泉にまだ浸かってなくて、汗冷えしている我々にとって、どんより曇っている状況は少し肌寒いです。風
歩かずに止まっていると体温が下がっていくのが分ります。厚着をしないと風邪引きそうだったので、ダウンを羽織りました。5月なんですけど気温は15℃程度。下界とは違い防寒具は必須ですね。冷や汗

<12:55 法華院温泉山荘>
法華院温泉山荘.JPG

法華院温泉山荘に着いてしばらくすると、天気が一気に回復してきました♪晴れ
そして気温も急上昇。先ほどとは一転、半袖一枚で十分過ごせるほど。

あまりにも気持ちよいし時間もたっぷり余っているので、坊ガツル湿原散策に行って来ました。

<14:44 坊ガツル湿原散策>
坊ガツル湿原.JPG

法華院温泉山荘の横にもテント場があるんですど、坊ガツルキャンプ場のほうが人気があるみたいです。

<14:50 坊ガツルキャンプ場>
坊ガツルキャンプ場

明日はいよいよ久住山山頂へ。朝日
天気は期待できそうなのでテンションがあがりますねー♪

とはいえ、夕食までまだまだ時間があるので、法華院温泉山荘を堪能するとしますか!


法華院温泉山荘 宿泊体験記
2017年5月 九重山 登山(Vol2.法華院温泉山荘〜牧ノ戸峠〜長者原)

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック