はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




くろがね小屋(安達太良山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

やまのぼらーなら、一度は行ってみたいと思う、温泉付き山小屋の「くろがね小屋家

安達太良山は日帰りが出来てしまう山なのですが、今回、あえて山小屋泊にして一泊二日で行ってきました!
しかも、温泉があるので雪見風呂〜ということで、冬場(3月上期)利用です。


なお、公式HPには、直近3ヶ月の予約状況が掲載されているのですが、冬場の週末の方が満室率が多いんですね。
土曜日だけでなく、金曜日、日曜日も満室になったりするので、早めの予約をしちゃいましょう!

くろがね小屋全景


くろがね小屋 HP
 ⇒結構、まめに天候や気温などをUPしてくれていますよ。


さて、くろがね小屋の定員は50名です。
少ないスタッフで小屋を回しているからかもしれませんが、小屋が大きいわりには定員は少ないと思います。
なので、さっさと満室になっちゃうんでしょうね。

また夏場や秋の紅葉シーズンにでもくろがね小屋へ再訪したいと思いますが、冬季は表門が使えず裏門?から入るようになります。
子や付近の積雪は2mくらいになるようで、正面の入口は雪で半分埋まってました・・・。

くろがね小屋入口


<くろがね小屋まで家

くろがね小屋は結構大きくて、遠くの登山道からはっきりと見えます。それゆえ「小屋までもう少し!」というモチベーションになることは間違いなしです。

冬季の注意事項は、くろがね小屋付近にある雪に刺さっている「長い竹」です。
これは、長い竹付近は温泉の蒸気が出てて雪が解けてるから歩かないで(危険落ちて危ないよ)というマークです。

くろがね小屋の竹棒

近くには、ちゃんと木の枝に結んであるピンクのリボンがあるのでそれを目印に歩きましょう。
でも、蔵王山に時は、ホワイトアウトのときの目印が長い竹だったから、歩いちゃうよね。。。


<天気予報晴れ

くろがね小屋の天気予報ですが、ここは会津地方の天気を見るのが一般的だそうです。
受付に「会津地方の今日の天気予報」が書いてます。が、簡易です。。。。

そして、冬の安達太良山はいつも吹雪らしいです。(今回は高気圧に覆われる天気予報だったにも関わらず)

安達太良山のゴンドラは冬季運休なのですが、強風で頻繁に止まることから冬場止めてしまったとか。
冬季で、無風の安達太良山に当たったときはかなりラッキーです。

ここからは、くろがね小屋を堪能できるように体験情報を掲載します。
特に、山小屋とはいえ、冬は寒いですし、夜はストーブも消えますので、寒さ対策に重点をおきましょう!

<入口>

くろがね小屋の入口は、雪国特有の2重玄関です。
外玄関を入ったところにブラシがあるので、小屋に入る前に登山靴の雪を落としましょう。ここからトイレに行くことも可能です。(土足NGなので、面倒くさくても登山靴は脱がないとダメです)

そして、入口の外は大勢の人が歩くため雪が凍ってツルツルなので歩くのに注意です。
外にはベンチもあるので、アイゼン装着はココでやりましょう。

内玄関を入ると、本当のくろがね小屋内です。


<受付・売店ラーメン

北アルプスの山小屋に慣れていると、宿泊料金から仕組みから異なりますので、少し面食らいます。

まず、チェックイン等。北アルプス等の山小屋はチェックインは朝9時とかでも可能なのですが、くろがね小屋は、
チェックイン13:00から、チェックアウト8:00(冬季)、夏は7:00だそうです。

早く山小屋に到着すると、食堂で待たされます。

売店はそんなに豊富ではありません。

ビール410円
コーヒー210円
カップヌードル(しょうゆ味)310円
ペットボトル310円(三ツ矢・ペプシ、ポカリ、ウーロン茶)


お菓子系が少ないか、まったくありません。甘いものを食べたいときは持っていった方が良いでしょう。
そして午後8時まで営業です。


<宿泊料金お金

公式HPにも掲載しているのですが、
宿泊料:3,810円 ⇒ 激安
朝 食:  820円 ⇒ まあまあ
夕 食:1,540円 ⇒ まあまあ
入湯税:  150円
暖房費:  310円
すべて足しても6,630円にしかならず、北アルプスの9,500円に比べると激安です♪

ちなみに休憩料金(冬季)が210円、日帰り温泉利用は410円です。


<館内1階>
くろがね小屋の1階は、玄関と食堂(兼ラウンジ)・トイレ・風呂があります。
2階とトイレ、風呂は土足禁止になっていて、食堂や玄関へは、小屋内に沢山あるサンダルを利用します。

1階にストーブが二箇所あり暖かいです。
ストックやアイゼンなど小屋を傷つけてしまうような登山道具はラウンジの入口付近にまとめて置いときます。

くろがね小屋食堂広間


<トイレトイレ

男性トイレになりますけど、トイレは小4大2でボットン方式なのでにおいが結構します!(小屋内に匂いが侵入することはありませんでしたが・・・)
トイレの外にはアルコールスプレーが置いてます。

朝はトレイ混むかなー?と思ってましたが混みませんでした。(並ぶこともありませんでした。)
定員が50名と少ないのと、朝食も2回転で、利用者が分散したんだと思います。

ちなみに、トイレ内の電気は夜間も付いてました。
でも、部屋からトイレまでは真っ暗なので、やはりヘッデンは必須です。


<風呂温泉

くろがね小屋宿泊者のお風呂入浴は20:30まで。朝の入浴は無しです。
お風呂自体は5〜6人はいると窮屈かな。白濁していて、しっかりと温泉です!露天ではないので雪見にはなりませんでしたー。

お風呂場の脱衣所の横に洗面台が2箇所あって、水が出ていて飲むことができます。
ちなみに更衣室は無いけど、お風呂場の脱衣所が更衣室として使えるなと思います(朝も脱衣所自体は開いてます)。

温泉は、下記の通りと記載がありました。
源泉名:岳温泉元湯(酸性泉)
泉温:(源泉)56.7℃ (浴槽)42.0℃


ですが、今回はぬるかった。
皆さんぬるいと言ってました。が今日はぬるいね。とも言ってました。

くろがね小屋浴室


<食事ご飯 ※今回はくろがね小屋満室日のため食事は2回転。

くろがね小屋の夕食は、美味しいと評判の名物カレーです♪
17:30と18時台の2回転してました。そして、もちろんおかわり自由です。

くろがね小屋夕食

朝食も二回転。朝は6:00組と6:30組になります。
温泉玉子が美味ですね!

くろがね小屋朝食

もちろん自炊とかもOKなのですが、せっかく山小屋に来たんだったら山小屋飯を堪能したいですね。
下界より高くて美味しくないかもしれませんが。


<室内温度火

消灯までの時間は1階でストーブを焚いているので、極寒という訳ではありませんし、寒いとストーブ前に逃げ込むことも可能です。(ストーブは火傷するくらい熱くて天国です♪)

問題は消灯後です。布団に入っているとまだ大丈夫ですが、トイレに行くときが寒さとの勝負です。

ちなみに、早朝6:00頃の小屋内気温7.5度でした。(外は氷点下です)
感想としては、今回は、宿泊人数が多いからか、夜間はそれほど寒さは感じなかったです。

とはいえ、上は3枚、下2枚&ネックウォーマーを着用(上下共にユニクロの極暖着用です)し、トイレに行くときはダウンを更に着るという具合です。

寒さから開放され始めるのは点灯の5:30から。ストーブも点火してくれます。
厳冬期で宿泊人数が少ない場合は、かなり冷え込むことが予想されるので、かなり暖かい格好をした方がいいと思います。


<部屋・寝室寝る

くろがね小屋の2階(1部3階も)はすべてが寝室になってます。1号室〜12号室まであります。
※1号室と12号室が8名くらいの大部屋です。他は4〜5名程度の部屋です。

登山靴を格納する場所が部屋にあり、ザックを置く棚も設置されています。

ちなみにくろがね小屋では、敷物を敷けば部屋内で飲食がOKとのこと。これはありがたい!(火の利用はNGです。)食堂やラウンジのテーブルとかって他の宿泊者に占領されてることもありますからね。

寝具は敷布団に毛布2枚と枕。掛け布団という概念が無く、毛布を掛けるのみ。寒さとの勝負です。
私は、毛布2枚を掛け布団にしました。就寝は21時で、それ以降は真っ暗です。

くろがね小屋2階


<携帯電話

ソフトバンクは繋がるらしい?、ドコモは残念ながらつながりません。が、たまに受信してました。
でも、携帯電話は、基本、繋がらないと思ったほうが良いです。

充電する場所も無いので、予備バッテリーがあった方が良いかもしれません。


<暇つぶし本

くろがね小屋にはテレビがありません。wi-fiももちろん飛んでいません。
娯楽は、読書かおしゃべりかの二択。

読書(雑誌類)は、1階の受付横と、2階の1号部屋の横に本棚があります。
岳人、ピークス、ヤマケイ、漫画(お決まりの岳も!)他、結構置いてますから、時間は潰せるでしょう。


くろがね小屋階段


<スケジュール的なところまとめスーパーキノコ
チェックイン13:00〜
夕食  17:30〜
売店 〜20:00
風呂 〜20:30
就寝  21:00
点灯   5:30(冬季)
朝食   6:00〜
チェックアウト8:00(冬季)


<出発まで手
朝、お湯もいただけます(無料)。サーモスに入れておけばOKですね!
アンケート用紙も入口にあって、素晴らしいと思います!


くろがね小屋は、雰囲気があって、居心地良い山小屋です。

秋の紅葉シーズンは、平日も含めて激込み!のようなので、ゆっくり堪能したいときは平日がいいですね。
あと、売店もアルプスのようにツマミからお菓子まで何でもある訳ではないので、ある程度持参したほうがいいと思います。あと、風邪引かないように厚着できる服も用意しておきましょう!

しっかりとした準備が、山小屋を十分堪能する秘訣です。クッキーモンスター

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック