はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




御在所ロープウェイ(散策:四日市)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

御在所ロープウェイは、三重県の菰野(こもの)町というところにあります。
関西方面からはバスや電車(近鉄)を使って、安価で短時間で行くことができますが、関東方面からはなんとも行きにくい場所ですね・・・。

地図:
大きな地図で見る

アクセス:
<関東方面から>
 マイカー
 最寄IC みえ川越IC(伊勢湾岸自動車道)
        ⇒ 御在所ロープウェイ駐車場(約60分)

<名古屋方面から>
 高速バス:名古屋湯の山温泉高速線(三重交通)
 往路)名鉄バスセンター[09:17] ⇒ 三交湯の山温泉[10:24]
 復路)三交湯の山温泉[14:15] ⇒ 名鉄バスセンター[15:21](片道:1,280円)

<関西方面から>
 高速バス:三重交通
 大阪駅前(東梅田駅)[9:00] ⇒ 近鉄四日市[11:28](片道:2,500円)
  ※往復:4,000円、1日6本

<四日市市街から>
 近鉄四日市 ⇒[近鉄湯の山線]⇒ 湯の山温泉(片道:370円)
 近鉄湯の山温泉駅 ⇒[三重交通]⇒ 三交湯の山温泉(片道:260円)

運賃・時刻表:
公式ホームページへ(御在所ロープウェイ)

近くの宿泊施設:
御在所岳付近の宿(四日市周辺)


<御在所ロープウェイ 湯の山温泉駅>
御在所ロープウェイ入口

紅葉シーズンは平日でも混雑してます。
近くに駐車場(800円)、売店、自動販売機(たくさん)、お手洗いがあります。

<御在所ロープウェイ 乗車中(上り)>
御在所ロープウェイ登り

御在所ロープウェイは標高400mの山麓駅と標高1,180mの山上駅と標高差もまあまあ、距離が約2kmと長くて約12分の乗っています。

白い鉄塔は高さ日本一らしく、高度感があり結構怖い冷や汗です・・。

<御在所ロープウェイ 乗車中(下り)>
御在所ロープウェイ乗車

御在所ロープウェイはゴンドラみたいです。1台につき定員10名で、時速7〜9mくらいで進んでいきます。今回は風が強くて左右に大きく揺れて怖かったです・・・。
一の谷新道の鷹見岩を進んでいる登山者を見れたり、景色は面白いですね♪

<登山者発見>
登山者発見

御在所ロープウェイの下に登山者発見。メイン登山道じゃない気がするんですけど大丈夫かなぁ。

<大黒岩>
大黒岩

御在所ロープウェイ山上駅近くで見える「大黒岩」。
ここでコーヒー飲んでる登山者を見かけることもありますよ。

ロープウェイとしては、乗って損は無い! というか是非乗ってほしい。そんなロープウェイです。
四日市 放浪記:

せっかくはるばる御在所岳まで来たのですから、周辺散策も怠りません。

ふるさと百名山本御在所
ふるさと百名山の「御在所岳」を見ながら、湯の山温泉〜四日市周辺で気になるものをチェックです。
下に映っているのはラーメン屋「なみへい」の順番待ちチケットです。


<JR四日市駅>
JR四日市駅
JR四日市駅は寂れてます・・・。駅周辺には何もありません・・・。
ちょっと離れた近鉄四日市駅には駅ビルに商店街に結構にぎわっているのにこの違いは何なんでしょう。


<近鉄湯の山線>
近鉄湯の山線
近鉄四日市〜近鉄湯の山を結ぶ3両編成の単線です。近鉄湯の山駅まで30分近くかかります。
途中の「桜駅」で学生の大群が乗って来たことが、印象に残ってます。


<博多ラーメン なみへい>
博多ラーメンなみへい
近鉄湯の山線「伊勢松本」駅から歩いて10分くらいのところにあるラーメン屋です。日曜日の昼に行きましたが、1時間10分待ちでした・・・。大体の時間を教えてくれるので、外出したり車の中で待ったり、店内で本を読んだりと行列が無く親切なシステムですね。
三重県で行列のできるラーメン屋として有名らしく、午後2時にはスープが無くなって閉店することも多いとか。食べログの評価も結構いいですね。
食べログ:なみへい


<近鉄湯の山駅>
近鉄湯の山駅
近鉄湯の山駅です。
駅の隣にバス停があって、御在所ロープウェイまではバスで10分ほど揺られます。


<キララポンポン水>
きららぽんぽん水
湯の山温泉の地サイダー「キララポンポン水」(270円)。
湯の山温泉にある旅館の売店は売れ切れ続出でしたが、近鉄湯の山駅隣の売店に売ってました。
旅館の売店は宿泊者も購入するので完売が多いらしいです。(商売的に売れ切れはどうかと・・・)

「キララポンポン水」だけに「ぽんぽん売れちゃうからね〜」だって。。。
ダ・ダジャレ。


<三交湯の山温泉駅>
三交湯の山温泉
路線バスの最終地点です。ここから歩いて10分ほどで御在所ロープウェイ乗り場に到着です。
廃業になった温泉宿も多く、草津温泉のような賑やかさはありません。

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
こじかさんの運営HPの欄からやって参りました。
私は小学生のころ、どんどん山を登っても、それほど疲れた記憶がありませんが、最近はちょっと臆する気持ちも芽生えましたので、克服の為にちょびっと走ってます。
まっすーさん。こんにちは。
最近は低山であれば、あまり疲れず登れるようになりました。マラソンならばちょっとかじってみたいですね。

冬は山登りできないからマラソンで代替もいいなぁ←独り言です。
  • こじか
  • 2012/01/22 4:54 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック