はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




2016年8月 北アルプス中央部大縦走(1日目.折立〜太郎平)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 北アルプス中央部縦走 晴れ:
晴れ⇒曇り曇り
 ※参考山と高原地図 剱・立山 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
08:42 電鉄富山駅 出発 ※特急利用(運賃:1,020円+特急:100円)
09:18 有峰口駅  到着 ※乗合タクシー利用(3,100円/人:4人乗りの場合)
10:25 折立登山口 到着

10:45 折 立    出発
12:02 1870m地点  通過
13:42 五光岩ベンチ 通過
14:30 太郎平小屋  到着

※所要時間 折立→太郎平 3:45(休憩20分含む)

<折立⇒太郎平小屋 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※すみません。初日のデータが取れていませんm(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
160812_fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。



<はじめに>

毎年恒例!2016年のアルプス大縦走の時間がやってまいりました(笑)クラッカー

山登り5年になるのに、登山者の憧れ「槍ヶ岳」「穂高連峰」「剱岳」「雲ノ平」に足が向かない状況でしたが、これではいかん!びっくりと、今年はルートを工夫です。

去年は3泊4日。やはりグレードアップしなければと今年は4泊5日を予定。

当初計画は、
 折立 ⇒ 雲ノ平 ⇒ 三俣蓮華岳 ⇒ 双六岳 ⇒ 槍ヶ岳 ⇒ 新穂高温泉

という、5年間のうっぷんを晴らすルートでしたが、雲ノ平山荘が満館でルート変更を依頼されてしまい・・・。

実行計画
 折立 ⇒ 黒部五郎岳 ⇒ 三俣蓮華岳 ⇒ 双六岳 ⇒ 槍ヶ岳 ⇒ 新穂高温泉

と、雲ノ平が消え、、、

実際山行は、
 折立 ⇒ 黒部五郎岳 ⇒ 三俣蓮華岳 ⇒ 双六岳 ⇒ 新穂高温泉

と、雨の為に最終日の槍ヶ岳を泣く泣くスルーし、「雲ノ平」も「槍ヶ岳」も結局行けない山行になりました(涙)

でも、そこは北アルプス中央部
そんな、変更ばかりの山行でも素晴らしい景色と素晴らしい体験が待っているのでしたー。感動
<山行記録 1日目>

今回、山行の始まりは富山県にある「折立」

関東から折立のある富山まではかなりの距離でマイカー利用が難しく、かつ、縦走で新穂高温泉へ下りてくる予定だったので、今回は公共交通機関電車での移動にしました。

行き:新幹線はくたか   東京 ⇒ 富山
帰り:特急スーパーあずさ 松本 ⇒ 新宿
※ともに混雑期で指定席券が取れず、出発40分前に並び自由席を確保!

問題は、公共交通機関で行くと、登山口に都合よく行けないこと。
折立も公共交通機関ではしんどいアクセスです。しょんぼり

富山地鉄の夏山バスで、良い時間帯は夏季2本しかありません。
 富山駅前 5:30 ⇒ 折立 7:30 〜8月15日頃まで
 富山駅前 6:30 ⇒ 折立 8:30

 富山駅前 8:53 ⇒ 有峯口10:00 ⇒ 折立10:55 ※遅い!
 富山駅前11:25 ⇒ 有峯口12:30 ⇒ 折立13:25 ※使えない!

しかも今回は予約を忘れていたことを富山に着いてから思いだし、急いで富山地鉄乗車券センターへ訪問。
5:30と6:30分は満席でバスが取れず、折立10:55着のバスになってしまいました。。。クッキーモンスター

朝5時30分か6時30分の夏山バスに乗るために、富山に前乗りしたのに。。。
ちなみに、夏山バスの有峰線は予約は前日までで、料金は当日バスの中での支払です。

富山地方鉄道(HP:鉄道)
富山地方鉄道(HP:夏山バス、富山−有峰線等)

夏山バスのチラシでは、電鉄富山発8:53分の普通電車の時間が記載されているのですが、その前8:42分に特急電車(+100円、トイレなし)があります。
有峰口には9時18分着と10時00分出発のバスまで結構待つのですが、これが正解でした!

<9:42 有峰口駅>
有峰口駅

有峰口駅で、夏山バスを待っていると、タクシーの運ちゃんに声をかけられます。。。

嬉しい「タクシーどう?」
男「いやー、タクシーは高そうだから、バスでいいです」
嬉しい「4人で割ったらそんなに変わらないよ。林道料金は払ってもらうけど、4人だと3100円。」
男「?!。バスは2450円。+650円で少しでも早く着くならありかもね」
嬉しい「今からすぐ出るから早く到着するよ」


そして、賛同してくれる登山者を4人集めて、タクシーに急きょ変更。
バス会社にはドタキャンの連絡(ほんとにごめんなさい)ごめんなさいをして、タクシーにて折立まで向かいました。

ちなみに有峰口はとてもぼろい無人駅。でも、駅の裏側に綺麗なトイレトイレはありますよ。

折立までの有峰林道は整備された道で、山登りに詳しくない運転手さんと楽しい話をしながら45分。バスよりタクシーは楽ちんです♪

タクシーの中では「夏山バスの時間があまり登山者向けでは無いよね」みたいな話をしていたら、太郎平小屋の朝食後、下山してきた人を折立から有峰口へ運ぶ「折立8時40分発⇒有峰口9:30分着」があって、バス1台でピストン輸送してるから、どうしても「有峰口10:00発」になるんだよね。と言ってました!

バス会社も効率よく稼がないといけないから仕方ないですね〜。
その点、人数が揃って料金を割れれば、タクシーは結構使えるのかもしれません。

<10:27 折立>
折立周辺

さて、休前日等の折立は駐車場がすぐ満杯になることで有名。
山の日前後も大混雑で、折立登山口からかなり下の方で駐車させられてました。

タクシーの運ちゃん曰く「折立登山口まで3kmくらいあるねぇ」と。山登りまでに、ロードを3km程歩くるという大変なことになっていました。

マイカー車の場合は早めの駐車場の確保が大切ですね。

<10:27 折立キャンプ場>
折立キャンプ場

折立にはキャンプ場とトイレトイレが2か所(綺麗です)。そして、休憩所のような建物と自動販売機が設置されています。

朝はもう少し賑やかなのでしょうが、今日はすでに登山開始時間としては遅すぎる10時30分。
閑散とした雰囲気でした。気温は19度ですが、直射日光は暑いです・・。

<10:30 折立登山口>
折立登山口

折立(標高1,350m)から、「太郎平小屋」がある今日の目的地、太郎兵衛平(標高2,300m付近)までの登山道は長くて緩いので有名です。
高尾山に登れるくらいなら大丈夫なほど初心者向きとどこかの雑誌に書いてました。

でも、距離が約8kmと長くて大変です。しかも下りがほとんどありません。パンダ
高尾山と北アルプスを一緒にしちゃあいけませんよねー。

<10:44 太郎坂(樹林帯)>
太郎坂開始

全行程のうち始めの1/3は急登の樹林帯森です。標高を500mほど登ったところで樹林帯を抜けベンチがある広場にでます。

残りの2/3程度は展望がよく整備された登山道を登っていくのですが、なにせ今日は暑かった。晴れ
途中、脱水気味になり20分くらい休まないと体調が回復しないくらいやられてしまいました。
 ※脱水問題のブログ記事「山登りでまさかの脱水」

道中は、長細い形をした有峰湖も見えて、左前には山頂が白い薬師岳が大きく見て、その裏には剱岳?も顔をのぞかせています

<12:44 整備された登山道>
整備された登山道

午前中は天気が良かったのですが、やはり午後になるとガスが優勢になってきます。
雷雨が鳴る前に早く小屋へ到着したい。。。

※雷の恐怖は数年前の鳳凰三山縦走で思い知らされています・・・。

<13:46 曇り優勢>
曇り優勢

でも、今日は基本的に天気の良い1日。積乱雲にはなりませんでした。

標高が高いところでは、もう秋バージョンのちんぐるまが咲きまくってました。
とんぼも結構飛んでましたし(もちろん虫も)、もう高山は秋ですね〜。

<14:21 ちんぐるま大群>
ちんぐるま

長ーい長ーい整備された太郎坂を登っていますが、さすがにこれだけ長いと岩で整備された道も結構厳しくなってきます。そしてついに、太郎平小屋が見えたのですが、見えてからが遠かった。

辛抱強くあるいて、初日の宿「太郎平小屋」へ到着しました。

実は前半の樹林帯、コースタイム2時間に対して、1時間という超オーバーペース。
これが体調悪化(脱水症状)の引き金を引いてしまったのかなと。

いつもスタート直後はペースが自然と上がってしまう癖があるんですが、ゆっくり登るのが最終的にはベストですね。分かってはいるんですけどー。

<14:23 太郎平小屋へ>
太郎平小屋

それにしても薬師岳が本当に大きいです。感動
太郎平小屋からは、往復で4時間程度かかるらしいので、今回の山行ではスルー。

立山からの縦走(途中にあるスゴ乗越小屋の食事ご飯がめちゃうまいらしい)のために残しておこうと思います。

明日は、黒部五郎岳まで突き進む、山行5日間の中で一番歩く1日。
山小屋でしっかり休憩しときます!!ELMO


2日目はコチラ ⇒ 2016年8月 北アルプス中央部大縦走(2日目.黒部五郎岳山頂)



<おまけ>
薬師峠キャンプ場

荷物を太郎平小屋に置いて、身軽になってから散歩に行きました。目的地は薬師峠キャンプ場

上部から眺める、色とりどりのテントはとっても綺麗です。
でも、混み過ぎ?トイレ事情が酷そうです・・・。しょんぼり

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック