はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>




2016年8月 至仏山 登山(Vol2.至仏山山頂へ)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 至仏山(2,228m) 晴れ晴れ

 ※参考山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム:
■1日目
06:30 尾瀬第1駐車場 出発
07:05 鳩待峠 到着  ※乗合バス

07:10 鳩待峠 出発
07:50 山ノ鼻 到着

↓今回はここから↓
08:15 山ノ鼻 出発
10:45 至仏山 到着
11:15 至仏山 出発
11:40 小至仏山 通過
12:15 笠ヶ岳分岐 通過
12:25 鳩待峠 到着

12:45 鳩待峠 出発  ※乗合バス
07:05 尾瀬第一駐車場 到着

※所要時間 至仏山 5:10(休憩20分含む)

<至仏山 登山ルート>
※今回は、いつもの旅レコ(GPSLOG)のデータ取得失敗!

<活動量計 Fitbitデータ>
至仏山fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


山ノ鼻界隈から、一周30分の尾瀬植物研究見本園を通り過ぎると、至仏山登山口(山ノ鼻)に到着します。

山ノ鼻から至仏山頂は「登り」専用になってます。これは植生保護と登山者安全(蛇紋岩が滑るんです)のためとのこと。つまり鳩待峠の至仏山登山口から登ってしまうと山ノ鼻へは降りられないのでピストンになってしまいます。

また、熊熊も出るらしいので熊鈴も装着して、本格的な登山開始です!

<8:34 至仏山登山口(山ノ鼻)>
至仏山山ノ鼻登山口

鳩待峠から山ノ鼻までは、下り基調な楽な木道だったので、いきなりの急登に四苦八苦です・・・。
今日は快晴なので樹林帯だとありがたいのですが、やっぱり暑い。。

途中で脱水のような感じになってしまったので、8月快晴の至仏山では水分をしっかり取りましょう。
下山まで山小屋がないので、今回は500mlのペットボトルを3本持って登りました。

<8:40 至仏山の樹林帯>
至仏山樹林帯

樹林帯の急登をグイグイ進むと、あっさりと樹林帯を抜けます。
すると、雑誌とかでよく見る燧ケ岳と尾瀬ヶ原の景色が、目の前に広がります♪

途中はベンチもあって、たくさんの人が休憩してました。

ちなみに尾瀬ヶ原の景色は中腹から見たほうが綺麗です。
山頂からだと少し遠目になって迫力に欠けてしまうんです。クッキーモンスター

<9:40 尾瀬ヶ原が一望!>
尾瀬ヶ原一望

樹林帯を抜けると、木道道と蛇紋岩を歩くのですが、蛇紋岩はホントに滑ります(汗)
今日は乾いた岩になっていたので大丈夫でしたが、雨降ったら大変なことになりそうです。。。

途中、鎖場もあったりしますよ。
なかなかの急登が延々と続くので、足がプルプルしている年配の登山者さんもいらっしゃいました。

<9:47 蛇紋岩が多いです>
蛇紋岩

山頂へと続く綺麗な木道が現れたら山頂が近いです!

<10:11 もうすぐ至仏山山頂>
山頂付近の木道

至仏山頂(標高2228m)へ到着しました〜!暑くて疲れた〜。晴れ
速さを競うわけではありませんが、コースタイム3時間のところを2時間30分で登ってきました。

今日は土曜日&至仏山は日本100名山ということもあって、山頂には多くの人がいてびっくり。
皆さん関越方面の山々を眺めつつ、昼食タイムご飯でした!

山頂からは、燧ケ岳はもちろん、平ヶ岳、会津駒ケ岳、日光白根山男体山、武尊山、巻機山等が見れます。
登ったことの有る山を見るのはやっぱりいいですねー。

<10:28 至仏山山頂>
至仏山山頂

軽く食事もとり、休憩もし、景色も堪能すること約30分。
虫も多いので・・・虫そろそろ下山しましょう!

ところが下山に結構時間が掛かってしまいました。

山ノ鼻から至仏山頂は一方通行だったのでスムーズだったのですが、小至仏山方面は岩場も多くて登りと下りがお互い道を譲り合い、なかなか前に進めませんでした・・・。

<11:06 至仏山から下山開始>
下山開始

小至仏山からは激しい岩場も無くなり、気持ちよい木道でスムーズに下山です。
途中に山に囲まれた、気持ちのよい草原みたいなところもあり、歩いていて楽しいです。

<11:43 小至仏山付近>
下山道

笠ヶ岳分岐
に到着。
ここから鳩待峠まで約70分です。

<11:53 笠ヶ岳分岐>
笠が岳分岐

さらに樹林帯をぐいぐい進んでいくと、鳩待峠側の至仏山登山口に到着です。

<12:38 至仏山登山口(鳩待峠)>
鳩待峠登山口

朝はまだ売店もオープンしてなくて寂しかった鳩待峠では、一般の方も居て、売店も開いていて賑やかになっていました。
とりあえず、喉が渇いたのでお水(少し観光地価格150円)と至仏山バッジ(500円)を購入。

乗合バスのチケット売り場もあったので購入(片道920円)。
次の乗合バスの時間もデカデカと掲示してくれているのでありがたいですねー。

<12:47 乗り合いバスチケット>
バスチケット

至仏山は、山ノ鼻から至仏山頂まで、延々と約3時間上りが続きます。(しかも結構急登だったりする)

そして標高は2228mと比較的低いので、真夏の炎天下の日は尾瀬と言えどもうだるような暑さです。
脱水にならないように、水をたっぷり持って安全登山で上りたいですね。

でも、晴れの日は眼下に広がる尾瀬ヶ原と燧ケ岳の景色は本当に素敵でした。感動
残雪期、みずばしょうの時期、紅葉の時期など、季節を変えて何回でも行きたい場所です。

次は、尾瀬の山小屋に一泊して燧ケ岳を登ってみようと思います♪ELMO

<完>
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック