はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
草津白根山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)
会津駒ケ岳
安達太良山
磐梯山
西吾妻山

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
白山(石川)
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




千枚小屋(悪沢岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

いよいよ南アルプス南部大縦走も最終宿泊地の「千枚小屋」まで到着しました!

この「千枚小屋」南アルプス南部縦走では反時計まわりルートで初日に持ってくる登山者も多いので、下山と登りの登山者で宿泊人数はそれなりに多いです。エリザベス

スペック的には、
標高2500m、収容人数は100人。1泊2食で9,000円です

気温は昼13時で18℃。暖かいです。

近くには素泊まりの?「百枚小屋」がありました。


千枚小屋の公式HPはコチラ

千枚岳から降りること30分。午後13時に千枚小屋に到着!
これまた、とっても綺麗な山小屋でした。

小屋の前のスペースも広いので休憩する登山者が分散して、のんびり過ごせますね。

<千枚小屋 全景>
千枚小屋 全景

小屋の前には沢山のベンチが設置されています。
天気が午後から曇ってきてしまって残念ですが、晴れたら眺望が凄いんだろうなぁ。

<千枚小屋 小屋前>
千枚小屋 小屋前

しかし、日が暮れるまえに少しだけ、千枚小屋の外にあるベンチから富士山富士山が見えました!
ほんとに目の前。これは早朝見るととっても綺麗と思われますが、今回、翌朝は雨雨でした・・・。

<千枚小屋 富士山>
千枚小屋から富士山

では、千枚小屋に入ってまずは受付です。
当日の料金を現金(クレカもちろんNG)でお釣りの無いように支払して、就寝スペースの場所を伝えれられ移動です。
千枚小屋の受付は、賑やかな売店のようです。
いろいろ売ってますがその一部をご紹介。

お湯、お茶 200円
生ビール 800円
牛乳 200円
ウイスキー 700円

パン 300円
アルフォート、チップスター、プリッツ 200円
マリー、アーモンドチョコ 300円
チョコパイ 400円

カキ氷 500円 、えだまめ 300円

山バッジ 500円
(悪沢岳)

スタンプも置いてました。その他、Tシャツ、手ぬぐいなども販売しています。

また受付付近には本棚もありまして、
本棚:PEAKS、山と渓谷、その他漫画、文庫本、パンフレット等が置いてあります。

<千枚小屋 受付>
千枚小屋 受付

さて、今回は1Fを割り当てられましたが、小屋の構造にびっくり。

千枚小屋は1〜3階建ての構造。
ハシゴが急ですし、吹き抜けですし、なかなか怖いけど、面白い構造です。あんまり見ないですね〜。

ただ、ハンガーが掛けられるように工夫がしてあります。空間を有効活用してます!

<千枚小屋 小屋内>
千枚小屋 小屋内

寝場所にはすでに布団が置いてあります。
今日はお盆の日程中だったのでほどほどに混んでましたが、1枚の布団に2人とかそんなことはありませんでした。

思い起こせば前年のお盆時期は「五竜山荘」大混雑で、夕食も5回転くらいしてましたねー。
そう考えると、南アルプスの南部は比較的静かなのかもしれません。

<千枚小屋 寝場所>
千枚小屋 寝場所

1Fの寝室スペースから食堂や受付まで靴を履かずに移動できるように「すのこ」が敷いてあります。
小屋の外に出るときや、トイレに行くときは靴や小屋のつっかけ履きます。

<千枚小屋 1F>
千枚小屋 1F

千枚小屋の受付右手に食堂があります。
結構こじんまりしたスペースなのですが、テレビもあって夕食の準備前までは自由に使えます。

千枚小屋は軽食が充実しているので、食堂でデザートを食べている登山者も多いのです。

<千枚小屋 食堂>
千枚小屋 食堂

山小屋について夕食まで結構時間があるので、3日間山を歩き通してきたご褒美として「ケーキセットコーヒー」を頂くことにしました!

ミルフィーユですが、「いやー、美味い!楽しい」なんという贅沢。しかも700円て安くないですか?

ちなみに、昼食は14時まで
・カレーライス、炭火焼き鳥丼、牛丼(いづれもみそ汁付き)1000円

喫茶は14時30分までで、
・おでん 600円
・オーガニックコーヒー 400円
・ケーキセット(ミルフィーユ+コーヒー) 700円


こんな感じになっています。

<千枚小屋 軽食>
千枚小屋 軽食

千枚小屋のトイレトイレは、小屋の外にあります。東海フォレストはすべてこの形のようですね。
小屋からはそれほど離れていないのですが、夜中に行くときはさすがに寒い風ので注意が必要です。

一番左が女性専用で、それ以外は男性も使えて、合計5つあります。
宿泊者はそれなりにいましたけど、朝食後以外は混むことはありませんでした。

<千枚小屋 トイレ>
千枚小屋 トイレ

小屋を出てから真っ直ぐ行った右側の建物がトイレです。
距離にして50mくらいといったところでしょうか。

夕方になると14℃、夜中は10℃くらいまで下がっていました。夜中のトイレは暖かい格好&ヘッドライトひらめきも。

<千枚小屋 トイレまで>
千枚小屋 トイレまで

千枚小屋を玄関の裏口から撮った写真です。
1Fの右側に水道水がありますね。蛇口は3か所です。3階へは小屋の外にある階段で行き来することができます。

さすがにトイレ行くときに、小屋内のあぶないハシゴを降りて移動すると危ないですからねー。
小さいスペースに多くの登山者を受け入れつつも、導線を確保と、考えられてます。

<千枚小屋 裏口>
千枚小屋 勝手口

千枚小屋の食券です。
受付の時にもらえるのですが、番号が書いています。食事のときは番号で呼ばれて、何回転かします。

<千枚小屋 食券>
千枚小屋 食券

夕食のスタートは17時から。

夕食はなんとチキンのトマト煮!(ずーっとハンバーグだと思ってたけど・・・。。)
南アルプス南部の山小屋はどこも食事が美味しいです。振り返ると、
 ・赤石小屋 ⇒ 生姜焼き定食
 ・荒川小屋 ⇒ カレー
 ・千枚小屋 ⇒ チキンのトマト煮
と、3日連続でも違った味だし凝ってるし、夕食がとっても楽しみな南アルプス山小屋群ですね。

<千枚小屋 夕食>
千枚小屋 夕食

朝食は朝の5時から。

朝食は、普通の体に優しい食事です。バナナが付きます。
ご飯とお味噌汁はおかわり自由。そして、温かいお茶が美味しかったりするんですけど〜。

<千枚小屋 朝食>
千枚小屋 朝食

<備考>
・ちなみにテント場は、千枚小屋から歩いて3分(280歩)ほどと案内板あり
・お風呂はもちろんありません危険

<携帯電話>
PEAKS特別編集 日本山小屋ガイドを参照していますが・・・。

・ドコモ ⇒ 繋がりそう嬉しい
・au   ⇒ なんとか繋がり
・ソフトバンク ⇒ 繋がらなさそう冷や汗


補足:
この日は、夜半過ぎから大雨雨と雷鳴雷雨が千枚小屋を襲っていました。雷鳴が鳴ったので山小屋の人が今(AM5:00)は出ないでくださいと注意喚起。

私たちはもう、樹林帯を下るだけなのでAM7時くらいまで出発を遅らせて下山を開始しました。
が、千枚小屋が初日の登山者はこれから悪沢岳にこの悪天候で登るわけで、悔しいだろうなあと。

やっぱり登山は天気が重要なファクターであることは間違いないですね。ELMO
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック