はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>




2015年8月 南アルプス赤石岳・悪沢岳縦走(Vol4.最終日は大雨下山)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2015.08 南アルプス南部縦走 赤石岳(3,120m)〜悪沢岳(3,141m) 

 ※参考 山と高原地図 塩見・赤石・聖岳 2015 (登山地図 | 昭文社 マップル)

コースタイム:
2015年8月 南アルプス赤石岳・荒川岳縦走(Vol0.3泊4日総集編)
2015年8月 南アルプス赤石岳・悪沢岳縦走(Vol1.苦行の大倉尾根)
2015年8月 南アルプス赤石岳・悪沢岳縦走(Vol2.赤石岳山頂で雷鳥との出会い)
2015年8月 南アルプス赤石岳・悪沢岳縦走(Vol3.荒川三山すべて登頂)


■4日目 雨雨⇒曇り曇り
06:20 千枚小屋    出発
08:30 林道横切り   通過
10:05 千枚岳登山口  到着
10:20 椹島(さわらじま) 到着
※所要時間 千枚小屋⇒椹島(さわらじま) 4:00(休憩なし)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


3泊4日の南アルプス南部縦走もいよいよ最終日手
残るは樹林帯の下山のみー。天気のプレッシャーからも解放で気楽です♪

どんと来い!曇りやガスの悪天候!!

しかし、5時過ぎには雷鳴雷雨もあり、小屋番さんからも出発を留まるように言われる事態に・・・。
いやいや下山だから曇りでも小雨でもいいけどさ、土砂降りはさすがに引きますって・・・。

我が一行は下山なのでいいですが、千枚小屋にはこれから荒川岳へ登る登山者も多くいらしてさぞ悔しいだろうなぁと。大仏

<6:18 千枚小屋から出発前>
千枚小屋出発前

ガッスガス霧で向こうの山も何も見えませーん。
出発をちょっと遅らせるも、いっこうに止む気配がないのでレインウェアを来て下山開始しました。

嬉しい千枚小屋からは樹林帯だから、木々が雨を遮ってくれるよ
という期待を持って♪

しかしその期待は甘かったのでした・・・。

<6:18 千枚小屋から出発前>
千枚小屋出発前2

千枚小屋付近は樹林帯なのですが、言うても標高2,500m付近。
針葉樹林が多く、雨を遮ってくれるほど葉っぱ葉っぱが大きくありません・・・。

結果、ずぶ濡れです・・・。しょんぼり

そして、登山道にはどころどころに水溜まりができ、最終的には登山道が小川(泥)のような状態になってました。

足元がとても悪いので慎重に降りようと、帰りの送迎バスの時間は無視することにしました。
時間を気にすると焦ったりして危ないのでマイペースで下山。大人な対応です。グッド

でも、登山道は他の方が言っていた「上品な登山道」。
綺麗に整備されていて、赤石小屋までの荒々しい登山道とは違いますね。

<7:39 樹林帯の下山道>
樹林帯の下山道

下山道には水場川などの見どころもあるみたいですが、今回は雨で写真も撮れず&休憩でゆっくりしたいとも思わず、ひたすら椹島ロッジだけを目指して下りてました。

もったいない!

下山時の唯一のモチベーションは途中に設置している道標。
椹島ロッジまで『あと4時間。』→『あと3時間。』
と減っていくのがささやかな幸せタイム♪

でも、あれ〜?なかなか『あと2時間』が出ないな。クッキーモンスター

と思いきや、椹島ロッジまであと1時間30分
ショック「おーい、2時間ないんかい!」

こんな感じで気持ちを盛り上げておりました。


で、デジカメねた。カメラ

ワタクシが持っているのはオリンパスの防水機能があるデジカメ。OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-835 Tough ブルー

防水機能があったものの、レンズの濡れとクモりで写真が撮れませんでした。
さらに4日間で2MBの写真を800枚ほど撮ってまさかのメモリ不足に。

最終日は写真不足です・・。

<8:08 今山行初のレインウェア装着>
レインウェア装着

下山道の途中に林道を交差する箇所がありました。
年輩の登山者が登山道では無くて林道を進もうとしてたので、「違うよー」と声を掛けてあげました。

進む道が分からなくなったら、真っ先に「山と高原地図」を見る癖はつけたいですね。

<8:30 林道を横切ります>
途中の林道横切り

林道を横切ってからは緩い下山道が続きます。
このまま椹島ロッジに到着してくれないかなーと淡い期待を抱きますが、急坂とか岩場とかがまだまだワンサカ登場。ショック
椹島ロッジ〜千枚小屋間は緩やかって聞いてましたけどなかなかハードなところも多いですね。

それでもしぶとく下山していると長ーい吊橋が登場。
結構揺れますが、そのころには雨も小雨になってて、吊橋から見る景色は絶景でしたね〜。

<9:57 最後の方で吊橋が>
つり橋わたります

最後、大井川沿いの登山道を歩いていると千枚岳登山口に到着しました。
赤石岳登山口のようにすぐに椹島ロッジがあるのかと思いきや、林道を15分歩かされます。

<10:07 千枚岳登山口に到着>
千枚岳登山口

千枚岳登山口を通過したにも関わらず、滝見橋滝へ戻って写真をパシリ。(小さくて見えない・・・)

<10:10 滝見橋>
滝見橋

そしてついに椹島ロッジに到着しましたー。クラッカー

林道沿いにある椹島ロッジへのゲートをくぐって階段を下りていくと椹島ロッジの広大な敷地に到着。

お疲れ様でしたー。と、同時に水洗トイレトイレへ駆け込みます!
やっぱいいですねー、洋式と水洗トイレは♪

<10:17 椹島ロッジに到着>
椹島ロッジに到着

で、その後。

下山後の楽しみにしていたのが、椹島ロッジ内のカフェで売っている「椹島バーガー1,000円ハンバーガー」。送迎バスが来るまでゆっくり食べようっと♪

嬉しい「送迎バスの時間が10時30分。で、今が10時21分 」(゚□゚;)!

嬉しい「いいよ、次のバスにしようよ。」
冷や汗「でも、次のバス13時00と2時間30分後やで・・・」

で、泣く泣く悲しい、椹島バーガーをあきらめて送迎バスに乗り畑薙第一駐車場まで戻りました。
椹島バーガー食べたかったなぁ。。。


畑薙第一ダムへは相変わらずの悪路を1時間。ですが皆さん疲れてぐっくりお休み中。
お風呂に3日以上入っていない登山者のバス車内はご想像にお任せいたします・・・。バイキンマン


畑薙第一ダム臨時駐車場に戻ると天気は「晴れ晴れ」。でも、山の上は曇ってました。

椹島バーガを食べ損ねた我が一行は、前泊地の赤石温泉白樺荘で日帰り入浴温泉。そのまま食堂「らいちょう」で腹ごしらえ。ご飯

そして無事に都会の静岡まで2時間30分かけて戻ってまいりました〜。車


去年のお盆は悪天候の為1泊2日と満足な山行はできませんでしたが、今回は8月初旬から天気予報と睨めっこ
お盆後半には天気が崩れると予想して前半に出発。おかげさまで3日間/4日中いい天気晴れに恵まれましたー。

天気が良かったせいもあり南アルプス南部縦走は大満足♪ELMO

南好きにますます拍車がかかってしまい、来年のお盆山行は
 ・聖岳&光岳ピークハント
 ・百瞭胸海硫箸妊肇鵐ツ

に、ほぼ確定。

「北もいいけど南もいいですよー」と皆さんに言いたいです!

来年も天気予報と睨めっこするかー!パンチ


<南アルプス南部縦走山行記録 完>


前泊地:
赤石温泉白樺荘

赤石岳・荒川岳付近の山小屋:
椹島ロッジ
二軒小屋ロッジ
赤石小屋 ※宿泊体験記
荒川小屋 ※宿泊体験記
千枚小屋
赤石岳避難小屋
中岳避難小屋

近くの宿泊施設:
赤石岳・荒川岳付近の宿(大井川・寸又峡・川根)

赤石岳・荒川岳付近の宿(静岡)
赤石岳・荒川岳付近の宿(清水)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック