はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>




荒川小屋(赤石岳・荒川岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

南アルプス南部縦走で利用した3山小屋体験記
今回は「荒川小屋」になります!家

荒川小屋は立地の関係で、千枚小屋・赤石小屋に比べて宿泊する人が少なくて穴場山小屋です♪
だから、混雑もあまりしませんし、寝るところも3人スペースを2人スペースで利用出来ました。

すれ違った登山者の方たちも、荒川小屋に泊まるという人は少なく、泊まったという方は空いてましたーという人がほとんど。楽しい

結構な人が、千枚小屋⇒赤石小屋、もしくは、千枚小屋⇒赤石岳避難小屋という、1日8時間程度歩く長時間山行を計画されるんですね。

でも、実際に歩いてみると距離以上にアップダウンがあってしんどい!

山行日程が許すのであれば、荒川小屋も利用してゆっくり南アルプス南部を堪能するのが安全で良いと思いますー。


<荒川小屋 全景>
荒川小屋 全景.JPG

荒川小屋の入り口です。建って結構経っているようですが綺麗ですね。き
ここは宿泊等ですが、すべての受付がここになります。他にも素泊まり棟というのもありますよ。

<荒川小屋 入口>
荒川小屋 入口.JPG

荒川小屋の入り口に登山目安グラフがありました。これは面白いですねー。
こういうのが他の山小屋でもあればいい目安になると思います。
赤石小屋⇒千枚小屋千枚小屋⇒赤石小屋の両方がありました。

私たちの場合は、
赤石小屋を5時30分くらいに出発、荒川小屋に13時到着なので、
中岳避難小屋で時間切れという結果に。

1日で赤石小屋⇒千枚小屋はなかなかハードな行程です・・・。冷や汗

<荒川小屋 登山目安>
荒川小屋 目安.JPG

荒川小屋についたらまず受付です。

料金システムは荒川小屋・千枚小屋と全く同じ。kyu
一泊二食(寝具付き)9,000円+トイレ利用料100円=合計9,100円を現金でお支払します。
やっぱり、前泊地と後泊地は聞かれます。

そして、宿泊スペースと夕食、朝食の時間決め
受付が早かったので、食事は一巡目、宿泊スペースも壁側になりました。手

ちなみに忘れないように、レシートに食事の時間と就寝スペースを手書きで記入してくれます。(レシートは帰りの東海フォレスト送迎バスに必要なので最終日まで保管)

<荒川小屋 受付>
荒川小屋 受付.JPG

■飲み物
南アルプス南部の山小屋は飲み物の種類が豊富です。特にアルコール類が充実してて、何銘柄から選べるねん!って感じです。
受付の前にある発泡スチロール箱に入っているので自由に選びます。

ビール600円、ロング缶800円、チューハイ500円。
銘柄:ラガー、サッポロクラシック、エビス、スーパードライ、プレミアムモルツ、一番搾り、サッポロ生、氷結、本搾り

ま、私アルコールNGなので嬉しくもなんともないんですけど・・・。悲しい

ジュース系:
ノンアルコールビール400円、ペットボトル500円(コーラ、CCレモン、お茶、ポカリ、天然水)

お湯、お茶は500ml:500円です。

■軽食・お菓子等
カップめん お湯なし300円、お湯あり500円、カロリーメイト300円、ポカリ粉末200円、ビスコ(小袋100円)、板チョコ200円等

■グッツ等
オリジナルTシャツ2000円、山バッジ500円

もう、いろいろありすぎて書ききれません!クッキーモンスター

<荒川小屋 飲み物>
荒川小屋 飲み物.JPG

荒川小屋の館内は、入って左側は就寝スペース・右側に食堂という配置。
就寝スペースは、入り口付近(写真)と受付奥にあります。通路があって、就寝スペースが少し高くなっています。赤石小屋と同じ形です。

受付奥側は、2F、3Fにも就寝スペースがあり、急な梯子を登ります。

<荒川小屋 館内>
荒川小屋 館内.JPG

寝具セットはあらかじめ置いてあります。
今回は宿泊者数がそんなに多くないのかゆったりスペースです。

枕とコールマン寝袋、毛布が2枚用意されています。

<荒川小屋 就寝スペース>
荒川小屋 就寝スペース.JPG

荒川小屋の入口を入ってすぐの右側に更衣スペースがあります。
カーテンで仕切られていますが、多くの人が通る場所にあるので、ちょっと使いづらい感じがします。

が、無いよりマシなので皆さん結構使ってました。
手作りの掲示物を裏返すと「利用中」になりますよ。裏返すのお忘れなく!バイキンマン

<荒川小屋 更衣室>
荒川小屋 更衣室.JPG

受付の手前左側が食堂ご飯になっています。

30人くらい入るといっぱいになるこじんまりとしたスペースです。
TVが置いてありますが、食事中の時に天気予報が流れます。晴れ

ここも夕食の準備が始まる16時までは自由に使えます。
セルフ(インスタント)の飲み物コーナーがあって一杯100円です。瓶の中にお金を入れます。コーヒーに紅茶、クリープ、砂糖と紙コップが置いています。

食堂なので食事メニューも掲示されていて、
カフェメニュージュースは、大判焼(あん、カスタード)300円、カルピス(温・冷)200円、おしるこ400円。ケーキセットは無さそうです・・・。

荒川カレー1000円、ラーメン1000円、そば・うどん900円、ざるそば800円、荒川丼1000円(←気になる・・・)、おでん600円。

ドリップコーヒー400円、ココア400円、ホットミルク300円、甘酒200円。

また、TJAR2012の大会報告書(今は売り切れて手に入らない)が置いてあって、DVDや本も見ている私は、熟読してしまいました♪
 ※詳しくは赤石温泉白樺荘の記事へ

これ見れただけで来た甲斐がありましたー。楽しい

<荒川小屋 食堂>
荒川小屋 食堂.JPG

荒川小屋から外に出てみます。目玉の親父

荒川小屋施設は結構大きくて、素泊まり棟、トイレ、テント場、水場がまとまって配置されていますが、お互いそれなりに距離があります。

テント場テントは結構大きく比較的整形地です。なので混雑してましたねー。
下記の写真で真ん中の大きな建物が素泊まり棟、左の小さな屋根がトイレです。

<荒川小屋 テント場>
荒川小屋 テント場.JPG

トイレは赤石小屋と数と仕組みは全く一緒ですが、手すりが付いていません・・・。
これが疲れた足には堪えますねー。冷や汗

トイレの中には虫虫や虫の死骸がたくさん。
山の中ですからね、これは仕方ありません。

トイレの中に殺虫スプレーありますが使ってはいけませんよ。危険
虫がより興奮してトイレ内を駆けずり回り、最終的には動けなくなって座っている自分の体に落ちてきます・・・。びっくり

<荒川小屋 トイレ>
荒川小屋 トイレ.JPG

水量が多く冷たくて良いのですが・・。水場、遠いです。汗

荒川小屋からトイレ、そしてテント場を越えて徒歩3分程度。外履きサンダルだと足がちょっと痛いです。

歯磨きや顔を洗ったり、髪の毛を水洗いしたりと、皆さん思い思いに活用してました!

<荒川小屋 水場>
荒川小屋 水場.JPG

受付時に頂いた食券です。

このシステムはどの山小屋でも同じですね。無くしちゃいそうで結構怖いところはあるのですが・・。食事の時間は忘れやすいのでレシートを確認しましょう。

<荒川小屋 食券>
荒川小屋 食券.JPG

夕食ご飯17時スタートです。
実際には準備が早くできたのか4時50分には、呼ばれました。
夕食は荒川名物のカレーです。

通常山小屋のカレーカレーといえば、カレー単品のみで終了(特に富士山の山小屋)!なのですが、サイドメニューもついてめちゃくちゃ美味いです。手
しかもカレーまでおかわりできます。(セルフサービスでルーもご飯もみそ汁も)

<荒川小屋 夕食>
荒川小屋 夕食.JPG

朝食ご飯4時30分。内容はシンプルな感じです。
ご飯、みそ汁はおかわり自由で、ここでも納豆が出てきました。

ちなみに荒川小屋のお弁当弁当は、味の異なる小さなおにぎり5個入り。
甘納豆のお赤飯が入っているそうですよ。

<荒川小屋 朝食>
荒川小屋 朝食.JPG


荒川小屋の真正面には富士山富士山が見えます。
昼間は見えなかったのに、朝は空気が澄んでいるのでしょうか、とっても綺麗に見えました。

やっぱり富士山は登る山では無くて、見る山ですね♪
かっこいいです。

<荒川小屋 富士山が真正面>
荒川小屋 富士山.JPG


<本棚本
荒川小屋受付の左側に本棚があります。
PEAKS(これが一番揃ってた)、ランドネ、山と渓谷、その他山雑誌、ナニワ金融道!


<消灯・点灯夜
消灯は20時です。
荒川小屋の入口は自動で電気が付きますが、館内や外は真っ暗です。
トイレに行くときにヘッドライトひらめきは必須ですね。

点灯は3時55分頃でした。
ここからはみんなガサガサし始めて寝られませんねー。


<気温の変化風
18:30 15℃
23:45 11℃ ※思ったより暖かいです。星空もまあまあ見えます。
 3:55  9℃ ※夜は24時を過ぎると気温以上にグッと冷えてきますね。
 5:00  9℃  


<携帯電話電話
荒川小屋の玄関にコンセントがあるのですが、充電で使わせてくれるのかは不明です。
ドコモ⇒OK
AU⇒天候によりOK
ソフトバンク⇒NG

<お風呂温泉
荒川小屋には、もちろんお風呂はありません。


南アルプス南部の山小屋はホントいいですね♪

料金システムや寝具セット、トイレなど、ハード面は同じ(しかも清潔!)なんですけど、ソフト面が料理ひとつとっても違います。

赤石小屋・荒川小屋・千枚小屋に宿泊したら楽しい3泊山行ができると思いますよー。ELMO


スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック