はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




2015年8月 南アルプス赤石岳・悪沢岳縦走(Vol1.苦行の大倉尾根)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2015.08 南アルプス南部縦走 赤石岳(3,120m)〜悪沢岳(3,141m) 

 ※参考 山と高原地図 塩見・赤石・聖岳 2015 (登山地図 | 昭文社 マップル)

コースタイム:
■1日目 晴れ晴れ/曇り曇り ※今回は1日目のお話です。

08:15 畑薙第一ダム 出発 ※東海フォレスト送迎バスバス
09:10 椹島ロッジ  到着

09:40 椹島(さわらじま) 出発
10:17 1/5標識  通過
10:58 2/5標識  通過
11:46 3/5標識  通過
12:27 4/5標識  通過
12:43 歩荷返し  通過
13:26 赤石小屋(5/5標識) 到着
※所要時間 椹島(さわらじま)⇒赤石小屋 3:46(休憩なし)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

ほとんどの山友が
お盆休みは、槍ヶ岳や奥穂やジャンダルムや雲ノ平に行って来ます!
と北アルプス地域を連呼しているのに、その仲間に入らず渋ーい南アルプス(しかも北岳とかでもなく赤石岳や悪沢岳)を計画してしまう協調性のない、私でございます。バイキンマン

3泊4日で無理をせず聖岳は次回にまわし、椹島(さわらじま)起点の周遊コースはすぐに決まったのですが、問題はどちら周り(時計まわりか反時計まわり)にするか?

ガイドブックでは圧倒的に、反時計まわり(初日に千枚小屋まで)が多く、でも、この付近の山小屋の人は時計回り(初日に赤石岳)がお勧めだと。。。

勝手に整理すると、
反時計まわり(初日は千枚小屋まで)
<特徴>
 ・初日の歩行時間が約7時間と長くなるが登りが緩やか
 ・下山時に赤石小屋⇒椹島の急登大倉尾根を降りなければならない
 ・当日畑薙第一ダムから来る場合は、千枚小屋到着が16時頃と遅くなりそう

時計まわり(初日は赤石小屋まで)
<特徴>
 ・初日の歩行時間が約5時間と短いがひらすら急登
 ・下山時は千枚小屋⇒椹島と、疲れた足に優しいゆるやかな下り道
 ・当日畑薙第一ダムから来る場合は、赤石到着が14時頃と良い感じになりそう

あとは、その方の考え方次第だと思いますが、
我々一行は、登りには比較的強いのと、初日は元気なので先に厳しい道を終わらせよう!ということで、時計回りコースを選択したのでした!


という訳で、静岡から畑薙第一ダム付近を目指すのですが、まー遠い、遠い。冷や汗

これでは登山者も少ないはずだと納得しながら、細い道路を走って行きます。途中、大きな井川ダムを見物したりと若干の寄り道をしつつ、前泊地の「赤石温泉白樺荘」に到着。

車静岡駅14時45分出発で、赤石温泉白樺荘16:45分到着でした!

<前日17:26 畑薙第一ダムへ向かう道路>
畑薙湖へ向かう道路

バス東海フォレスト送迎バスの第1便は8:00

南アルプス林道バスのように、混雑時は臨時で出発するのかどうかの情報も良くわからなかったので、少し早めに行って様子を伺うことにしてみました。

ところが、ここでアクシデント発生!パンチ
赤石温泉白樺荘7:00発予定が7:30分になってしまいました・・・。

赤石温泉白樺荘−畑薙第一ダムは車で約5分ほどの場所なので近くてよかったのですが、送迎バス出発地点にはそれなりの登山者(約20名)と、8:00前なのになんと東海フォレスト送迎バスが一台乗客中でした。

<7:52 畑薙第一ダム(東海フォレスト送迎バス出発地点)>
畑薙第一ダム

夏場は畑薙第一ダムより手前にある、巨大な夏季臨時駐車場に車を停めて、ここから東海フォレストの送迎バスにのります。この日は駐車場がほぼ満車状態で空きを探すのが大変でした。

なんだ、南アルプス南部も結構人気あるじゃないか!ELMO残念やら嬉しいやら・・・。

マイカーでは、夏季臨時駐車場を過ぎて沼平というゲートまで行くことができますが、ここでは送迎バスには乗れませんのでご注意を!

<7:52 夏季臨時駐車場>
夏季臨時駐車場

東海フォレスト送迎バスの仕組みは少しややこしいのですが、
「東海フォレスト管理の山小屋を利用(テント泊は×)した方への無料送迎」
となっていて営業路線ではありません。

行きに3,000円払いますがそれは山小屋で金券として使えます。
帰りは山小屋の領収書を出せば送迎バスに乗れるので、送迎バスの為にお金を使ってはおらず無料です。

で、畑薙第一ダム−椹島ロッジ間は、ものすごい悪路(舗装なし、凸凹、走行速度も20kmくらい)です。クッキーモンスターめちゃくちゃ揺れます。

とはいえ、送迎バスは全員座ります(店員30名ほど)ので、しっかり座っていれば問題ありません。


これは東海フォレストが無料送迎バスであるが故。
南アルプス林道バスのように営業路線にするとこんな悪路での営業は許されるワケもなく道路を舗装しないといけなくなりコストがかかり、行政が営業許可を出さない。
と、こんな理由でしょうか。ひらめき


東海フォレストでは山小屋や近隣の宿泊施設間で登山者の連絡を頻繁にやっています。(事実、山小屋では無線が飛び交っています)

無料送迎バスに乗るときも初日はどこに泊まるのかを必ず聞かれます。山小屋で受付するときも、どこから来て、明日はどこで泊まるのかを必ず聞かれます。
それを事前に山小屋に連絡して、山小屋はそれを基に人数予測をして食事や寝床の準備をしているようです。

送迎バスも同じで、周辺の宿泊施設やツアーの情報を入手して、バスを何台出すか決めているようで、南アルプス林道バスのように登山者が乗りきれないなんてことは少ないようです。
今回は情報をもとに6:30、7:45分に臨時で一台ずつ出したと運転手さんがお話されていました。


北アルプスでは、運営会社も違うし山小屋の数も多いし、絶対に出来ない事ですね。
南アルプス南部では登山者の安全を影で守ってくれている気がします。やるな東海フォレスト!手

さてさて、話を山登りに戻します。汗

畑薙第一ダムから、東海フォレスト無料送迎バスに揺られること約55分
南アルプスの登山基地椹島(さらわじま)に到着です!

<9:15 さわらじまロッジ到着>
さわらじまロッジ内

始めて椹島に来ましたけど、とっても広大で素敵なところです。き
おしゃれなショップ(Tシャツなどのお土産や食事もできます)、綺麗な水洗トイレトイレ、気持ちの良い芝生。
(水洗トイレは、男性小3、大3です。登山者も少ないので数は十分でしょう。)

椹島ロッジの宿泊施設がどんな感じか分かりませんが、時間があればゆっくりしたいと思う場所ですね。

<9:19 椹島(さわらじま)ロッジ内>
椹島(さわらじま)ロッヂ2

トイレやショップなどが集まっているところから登山口方面へ歩いていくと、大きな椹島(さわらじま)の看板が出てきます。

登山基地って書いてますけど、ホントにその通りです。

<9:39 椹島(さわらじま)ロッジ看板>
椹島(さわらじま)看板

椹島ロッジ敷地内から一旦林道に出ると近くに赤石岳登山口が現れます。
その横にはいきなり長いハシゴがそびえ立ち、その後急登汗が延々と待ち構えています。
(※千枚岳登山口は林道を15分ほど歩いたところにあります)

<9:45 赤石岳登山口>
赤石岳登山口

椹島(さわらじま)から赤石小屋までの道は「大倉尾根」という、丹沢のバカ尾根がすぐ頭に浮かんでしまう別名が付いています。

途中にでてくる○/5の標識が、心の支えになりますね。

<9:47 赤石岳登山のスタート>
赤石岳登山スタート

赤石小屋までは、楽しいところは一つもなくもくもくと登っていきます。冷や汗

基本は急登の樹林帯が続きます。たまに緩いところや広いところが出てきますが、展望は一切ありません。

辛抱強く、ゆっくりゆっくりと登って行きます。

<10:58 赤石小屋まで2/5>
赤石岳まで2/5

歩くとゴールは必ずやってくるわけで、赤石小屋まであと1/5になりました!

ちなみに、等間隔で5分割している訳ではなさそうで、0/5→1/5は約40分ですが、4/5→5/5は1時間もかかっています。でも、標識が無いよりマシです・・・

<12:27 赤石小屋まで4/5>
赤石岳まで4/5

4/5が見えるととっても嬉しくなるのですが、実は4/5→5/5が一番大変で、最後の難関「歩荷返し」という急登が現れるからです。

疲れた足にキツイキツイ。ヒーヒーいいながら30分ほど登ったところで、ようやく歩荷返しが終了。

<13:05 歩荷返し終了>
最後の難関ぼっか返し終了

あとは、赤石小屋までラストスパート。
それから数分間緩やかな登山道を歩くと、赤石小屋家が見えてきました!

コースタイムは約5時間でしたが、結果3時間45分ほどで登ることができました。

それほど速く登ったつもりはないのですが、ゆっくり着実に、長時間の休憩はせずに進んだのが良かったのかもしれません。

やはり、初日「大倉尾根」コースの登山者は少ないようで登りの方は10人程度、下って来る方が30人程度いたと思います。

北アルプスと違って、あまり登山者とすれ違わなかったので、http://tozan.yamalog.info/?eid=212空いているなと思ったのですが、結構混んでいましたー。残念

<13:26 赤石小屋へ到着>
赤石小屋へ到着

さ、初日に厳しいコースを終わらせました。楽しい
ので、残り数日間は楽しませて頂きましょう!と思ったのですが、一山が大きい南アルプスでは甘い考えでしたね〜。悲しい

2日目、3日目も結構な急登が待っているのでした!

2015年8月 南アルプス赤石岳・悪沢岳縦走(Vol2.赤石岳山頂で雷鳥との出会い)


前泊地:
赤石温泉白樺荘

赤石岳・荒川岳付近の山小屋:
椹島ロッジ
二軒小屋ロッジ
赤石小屋 ※宿泊体験記
荒川小屋 ※宿泊体験記
千枚小屋 ※宿泊体験記
赤石岳避難小屋
中岳避難小屋

近くの宿泊施設:
赤石岳・荒川岳付近の宿(大井川・寸又峡・川根)

赤石岳・荒川岳付近の宿(静岡)
赤石岳・荒川岳付近の宿(清水)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック