はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳・燧ケ岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

さてさて、今回も山小屋ではなくて前泊地紹介的な記事になってしまいますが、山登りの起点にぴったりのロッジを見つけたのでご紹介します−。m(_ _)m

この尾瀬御池ロッジにたどり着いたのは「平ヶ岳登山」のため。
日帰り最難関と言われるこの山を登るにはどうしても早朝出発&体調万全が必要で、夜中に関東を出発して寝ないで登山はやりたくなかったので登山口近くの宿を物色中に発見しました!

関東からはアクセスがとっても悪いのですが、平ヶ岳・燧ケ岳・会津駒ケ岳が近くにあるので(ちょっと離れて至仏山・越後駒ケ岳)、とっても便利に使えます。

そしてまるで下界のような快適ロッジです♪

尾瀬御池ロッジの公式HPはコチラ
※じゃらんや楽天トラベル等のサイトでは予約できません!


さてさてアクセスですが、関東からの行き方は2通りあります。車

1:関越道「小出IC」から、奥只見シルバーライン⇒樹海ライン
<特徴>
・舗装されています。(悪路はありません)
・奥只見湖に沿って細い道をくねくね進みます。夜中は通らないほうが良いです。
・奥只見シルバーラインは長いトンネル道。気温の関係でトンネル内に霧が発生するので走行注意!
・ほぼ1車線ですが、車避けスペースも結構あるので、思ったより大変じゃないです。
・コンビニは小出IC付近にしかありません。

<国道352号線 樹海ライン>
国道352樹海ライン

2:東北道「西那須野塩原IC」から、国道400⇒121⇒352
<特徴>
・舗装されています。(悪路はありません)
・ほぼ2車線の大きな国道をひた走ります。スピード出しすぎに注意!
・西那須野塩原ICからの距離は長いです。
・コンビニは西那須野塩原IC付近にしかありません。

<国道352号線 沼田街道>
国道352桧枝岐村通り

今回、行きは小出ICから、帰りは西那須野塩原ICを使いました。
次行くときは、明るい時間なら小出IC、暗い時間なら西那須野塩原ICを使うかなと思います。

尾瀬御池ロッジは道の駅が併設されています。
道の駅の奥に2時間まで無料の駐車場がありますが、宿泊者は尾瀬御池ロッジの前に車を駐車できますよ。

今回は20時30分近くに到着したので付近は真っ暗でした・・・。

<尾瀬御池ロッジ外観>
尾瀬御池ロッジ外観

駐車場から尾瀬御池ロッジの入口に入り(ここが1F)、階段を上がってフロント(2F)でチェックインです。

2Fへあがると、まずは靴を下駄箱に入れます。
フロントで、料金を前払いし、明日の予定を聞かれるのでお伝えし、館内説明と鍵を受け取ります。

この尾瀬御池ロッジはチェックインは21時までとHPに記載があります。
(21時過ぎてもフロントの電気はついてましたが。。。)

翌朝は4時30分にロッジ出発のため、鍵はフロントに置いておくように言われました。ともに食事提供の時間に尾瀬御池ロッジに居ないため今回は素泊まり(6,500円)とさせてもらいました。

フロントの前には綺麗なラウンジが。山雑誌や新聞が置いてあります。自動販売機もあって、缶コーヒー150円、ペットボトル500mlが200円、缶ビール350mlが350円、500mlが500円と良心価格です。アイスも売ってました。

<尾瀬御池ロッジ 2Fラウンジ>
尾瀬御池ロッジラウンジ.JPG

他2Fには食堂とお風呂がありますが、宿泊室が3Fなので階段で上がります。
館内はめちゃくちゃ綺麗です。

<尾瀬御池ロッジ 3Fへあがる階段>
尾瀬御池ロッジ階段.JPG

客室廊下も綺麗です。
部屋も301室〜321室(304は無し)と19の部屋があります。山小屋ではないので、大部屋は無く定員があるため予約は早めにしておいたほうがよいですね。

<尾瀬御池ロッジ 3F客室廊下>
尾瀬御池ロッジ客室廊下.JPG

客室内です。

入ってすぐに洗面台と電気ポット。クローゼットと押入れがあり、その奥に部屋があります。

和室の部屋にはBSしか映らないテレビと扇風機(空調設備は無かった)が設置。コンセントもあるため携帯充電も可能です。嬉しかったのが旅館みたいにお茶菓子があったこと♪美味しかったですー。

部屋の中は結構暑かったので外の窓を開けたら涼しくなりました。
危険ちゃんと網戸をしておかないと虫が大量に入ってきますので注意!

<尾瀬御池ロッジ 客室内>
尾瀬御池ロッジ 客室内.JPG

山小屋ではないので最低限の備品(バスタオルとフェイスタオル、歯ブラシ)があるため、気軽にお風呂に行けますね!

<尾瀬御池ロッジ 客室備品>
尾瀬御池ロッジ_付属品.JPG

トイレは共用です(客室にトイレはありません)。3F廊下にあります。
数もそれなりにあるため混雑はしないと思います。そして全部水洗で、暖房便座・ウォシュレットと完璧です。和式もあります。

夜中トイレに行くこともあると思いますが、廊下の電気は一日中ついているので、山小屋のようにヘッドライトを携帯してというのは必要ありません。

<尾瀬御池ロッジ 共用トイレ>
尾瀬御池ロッジトイレ.JPG

3F廊下にはラックが設置してあり、山の本等が数冊置いてあります。時間つぶしにいいですね。

<尾瀬御池ロッジ 3F本棚>
尾瀬御池ロッジ本棚.JPG

お風呂は2Fです。
入浴時間は21時までなので、ぎりぎりチェックインの場合は厳しいかもしれません。
ちなみに日帰り入浴も可能(12:00〜17:00)です。一人様500円、宿泊者300円。

<尾瀬御池ロッジ 2Fお風呂入口>
尾瀬御池ロッジ お風呂.JPG

ボディーソープ、リンスインシャンプーちゃんと使えますよ。
ドライヤーももちろん完備です。

<尾瀬御池ロッジ 浴室内>
尾瀬御池ロッジ浴室内.JPG


今回はただ寝るだけの前泊地として使いましたが、綺麗で設備もしっかりしている尾瀬御池ロッジは快適に宿泊できますので、

1日目:燧ケ岳 ⇒ 宿泊:尾瀬御池ロッジ ⇒ 2日目:会津駒ケ岳

こんな山行計画が立てられそうです。万全な体調で山登りしたいときは有効に利用したいですねー。


他の細かい情報は公式HPなどを山行にしてください!




スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック