はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




2014年10月 谷川岳 登山(往復ロープウェイ)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2014.10 谷川岳(1,977m) 晴れ晴れのち曇

 ※参考 山と高原地図 谷川岳 苗場山・武尊山 (登山地図)

コースタイム:
■1日目  
09:45 天神平  出発
10:33 熊穴沢非難小屋  通過
11:10 天狗の留まり場  通過
11:55 谷川岳肩の小屋  到着  ※小休憩15分
12:35 谷川岳(オキノ耳) 到着 ※奥の院まで散歩
13:15 谷川岳(トマノ耳) 到着 
13:30 谷川岳肩の小屋  到着
14:10 谷川岳肩の小屋  出発
15:00 熊穴沢非難小屋  通過
15:40 天神平  出発

※所要時間 天神平⇔トマノ耳 5:55(休憩60分含む)



※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

日本100名山制覇に向けて、今更ですが・・・、いつもの中央道沿線ではなく関越道沿線の山に目を向けることに。
左のメニューにも上信越カテゴリーを作りましたヨ。

で、記念すべき上信越第一号は大人気の谷川岳を選択!
圏央道開通の効果もあって、海老名IC6時30分出発でも9時には谷川岳ロープウェイに着いてしまいました。

こんなに近かったんですね〜。これから上信越の山行が増えそうです♪

<8:40 谷川岳に怪しい雲>
水上温泉郷

台風一過で良い天気を期待したのですが、なかなかの中途半端な感じです。
山テン予報では、午後から天気が崩れる&気温がグッと下がる。これが今回のポイント。

細かく温度調整できるように、ファイントラックL3〜L5を総動員です。
ファイントラックのアウターは、軽いので持ち運びにストレスなし。高かったけど買ってよかった〜。

<谷川岳天気>
谷川岳 天気
谷川岳ロープウェイを降りるとそこが天神平
冬はスキー場のため開放感があっていい感じです。

ベンチもあるので、旅レコをセットしたりアウターを脱いだりと出発準備を整えます。

ロープウェイ山頂駅にはトイレトイレもあります。

<9:48 天神平を出発♪>
天神平駅

さらにリフトを使って稜線まで出ることができるのですが、さすがに今回は歩きます。
ゲレンデを横切り登山道に侵入。ELMO

半樹林帯って感じで、展望も見えつつ歩いていきます。
途中には、これから目指す谷川岳の双耳峰がはっきりと見えました。

朝方見えてた山頂付近の雲はすっかり取れて、カッコいい山容を見せてくれました。

もう満足です(早い?)♪

<10:00 谷川岳の双耳峰が!>
谷川岳見えた!

しばらく歩くと、熊穴沢非難小屋に到着。
ちょっとしたスペースもあるのでここで小休憩です。非難小屋の中も綺麗で、椅子もあって休憩が可能ですね。

谷川岳は気象が厳しいため標高1,500m付近が森林限界なんだそうです。

遭難者も相当多く、非難小屋はなくてはならないんでしょうね。谷川岳周辺にはたくさんの非難小屋があります。

<10:36 熊穴沢非難小屋に到着>
熊穴沢非難小屋道標

熊穴沢非難小屋を抜けると稜線へ。
山頂までの道がはっきりと見えます。が、まだまだ距離があります・・・。

この秋の少し寂しい感じは結構好きですね〜。

<10:56 谷川岳山頂方面>
谷川岳への登山道

岩場も数箇所あります。
鎖もついていますが、使わなくても登れる岩場なのでレベルとしては低いですね。

ま、石鎚山の強烈な鎖場を経験してしまえば、ほとんどの岩場は難無くこなせちゃいます。

<10:58 岩場も多い谷川岳>
岩場も多い

しばらく進むと、山と高原地図にも載っているポイント、天狗の留まり場に到着です。

大きな岩場があり、絶景ポイントです。

<11:10 天狗の留まり場>
天狗の留まり場

谷川岳を登っていると左側にカッコいい山がチラチラ見えます。
谷川岳から続いている万太郎山〜千ノ倉山〜平標山です。総じて谷川連峰ですね。

残念ながら次回行く苗場山は雲に隠れて見えませんでした。クッキーモンスター

<11:21 平標山方面>
平標山方面

またまた岩場ポイント。天神ザンゲ岩です。
一枚岩でコチラも展望良好です♪

<11:41 天神ザンゲ岩>
天神ザンゲ岩

稜線を歩き続けると、小ぶりな谷川岳肩の小屋に到着です。

谷川岳肩の小屋は平日にも関わらずオープン(とっても入りにくい・・・)。
中では飲み物や食べ物、山バッジ、バンダナ等などいろいろ購入できます。

山バッジはロープウェイ乗り場に売っていない形だったので買っといて良かった〜。楽しい

トイレトイレは小屋の外に仮設形式が2台。協力金100円で男女兼用です。
仮設形式なので、ボットンで綺麗ではありませんが酷すぎることもありません。

<11:54 谷川岳肩の小屋>
谷川岳肩の小屋

谷川岳肩の小屋に到着して、なんか落ち着いてしまいましたが、山頂はまだ先でした!!
午後から天気も崩れる予報なので、先にピークを踏んで肩の小屋でお昼とします!

<12:15 谷川岳山頂>
谷川岳山頂

先に手前のピーク・トマノ耳(1,963m)へ行くと、安心しちゃうので先に奥のピーク最高峰オキノ耳(1,977m)へ向かいます!

で、オキノ耳に到着♪クラッカー

<12:33 オキノ耳>
オキノ耳

なにやらオキノ耳の先に奥の院があるとのことで行って見ることに。
白い鳥居には「富士浅間神社 奥の院」と書かれてました。

<12:41 奥の院へ散歩>
谷川岳奥の院

オキノ耳とトマノ耳間は片道10分ですが、双耳峰でアップダウンがありまあまあしんどいです・・。

<13:13 トマノ耳>
トマノ耳

ピークを踏んで谷川岳肩の小屋に戻ってきたのでランチタイム。
小屋前と小屋横にベンチが数個あるのでゆっくり出来ますが、休日はすぐに埋まってしまうんでしょうね〜。

午後から天気予報どおり曇ってきて、温度計は5℃

風も出てきて、手がかじかんできました。もう冬ですね。
ユニクロのウルトラライトダウン、ファイントラックのレイヤー3で耐えしのぎます。

<14:33 下山はガスってきました>
下山時は曇り

下山はピストンなので登ってきた道をひたすら逆戻り。
急な岩場もあったので慎重に下っていきます。

朝は見えていた谷川岳も下山時には雲が広がっていて全く見えなくなっていました。
いいんです。下山時は曇ろうが雨降ろうが、山頂でいい景色にであればね♪

<15:38 天神平へ無事下山>
ゲレンデに到着

谷川岳は往復ロープウェイを使うと、岩場は多少ありますが往復約5時間程度の楽チン山行です。
次登る時は西黒尾根を歩いてみたいと思います。

<トイレ>
・谷川岳ロープウェイ山麓駅&山頂駅
・谷川岳肩の小屋


谷川岳周辺の山小屋:
谷川岳肩の小屋


アクセス:
<関東方面から>
 ・車 関越道 水上ICから約30分。※途中コンビニあります。

近くの宿泊施設:
谷川岳付近の宿(渋川・伊香保)

谷川岳付近の宿(前橋)
谷川岳付近の宿(水上・月夜野・猿ヶ京)
谷川岳付近の宿(沼田・老神)

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック