はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




横尾山荘(蝶ヶ岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

※本HPはPC表示で最適化されています。スマホの方もPC表示でご覧ください。
--------------------------------------------------------------


今回は上高地から3時間。奥上高地「横尾山荘」にお邪魔してきました!手

横尾山荘といえば、憧れの槍ヶ岳・穂高連峰へのメイン登山道にある山小屋ですね。


個人的な意見ですが、立地としては微妙な位置・・・。たとえば、
・穂高連峰なら、横尾山荘より涸沢ヒュッテ(上高地から約6時間)
・槍ヶ岳なら、横尾山荘より槍沢ロッジ(上高地から約4.5時間)
こんな感じで選ばれにくいんじゃないかと。


今回は、槍でもなく穂高でもなく、蝶ヶ岳へ向かう途中に利用しました。
・徳沢から蝶ヶ岳へは約4時間30分
・横尾から蝶ヶ岳へは約3時間20分
蝶ヶ岳山頂にはなるべく早く到着したいので、少しでも登り時間を短くと計画し横尾山荘前泊となりました。
 ※上高地6時出発とか、根性無くてできません。。クッキーモンスター


横尾山荘のオフィシャルHPはコチラ


まだ、槍ヶ岳も穂高連峰も登ったことが無いので、今後「横尾山荘」利用するかどうかの事前調査としても重要な任務ですね♪

<横尾山荘の外観>
横尾山荘_外観
横尾山荘の前には道標がありますが、上高地まで11km、槍ヶ岳まで11kmとちょうど中間地点です。標高差が違いますから、所要時間は全然違いますけどね・・。

今回は上高地バスセンターに到着した9時30分頃に予約しました。
「相部屋ですけど大丈夫ですか?」
と言われます。(上高地という観光地なのでね)
あと、
「チェックインは14時からなのでゆっくりお越しください」とも言われました。

なるほど、北岳山荘では暴風雨だったので朝10時頃にチェックインしたのだが・・。
半山小屋って感じですね。

横尾山荘に到着すると「宿泊入口」という案内が出ていて入ると受付があります。
受付横に宿帳があるので1グループ1枚、代表者が記入し受付へ提出です。登山ルートも記入します。

宿泊料金は一泊二食で9,800円。クレジットカード不可。前払い。
北アルプスの山小屋はほとんどが9,500円なので少し高いですが、なんとハンドタオル(横尾山荘文字入り!)が付いて、お風呂温泉もあるので全然OKです。

タオルもって来なかったからお風呂入れないなぁと思っていたので嬉しいですね。
※お風呂のある山小屋、オーレン小屋赤岳天望荘白雲荘などは、タオル持参が必須です!

部屋番号とベット番号が書かれた紙と食事券をもらって、各自で部屋へ移動です。登山靴は入口においてあるビニール袋に入れる方式です。

<横尾山荘の玄関&受付>
横尾山荘_玄関

横尾山荘はとっても綺麗です。き
山小屋の古臭さが全くありません。廊下も広く左右に部屋が並んでいます。贅沢な作りですね。

消灯時間は午後9時ですが、夜中の3時頃トイレに行きましたが廊下の電気は消えることはありませんでした。
チェックアウトは翌日午前9時です。

<横尾山荘の廊下>
横尾山荘_廊下

客室内は2段ベットが左右に配置してあり、1部屋8人が定員。これが23室あるようです。ペアの場合は上下で使います。

ベットにはカーテンもありプライベート感は十分。更衣室は不要ですね♪
2段ベットの間も広いので、ザックや登山靴・ストックを床に置いても客室内の移動はスムーズです。

ベット内の頭側に小さな台があって、小物等を置けるようになっています。(部屋内での飲食は禁止なので、置くのは耳せんとかヘッドライトとか貴重品等ですね)
敷布団と掛け布団は畳まれて置いてあり、綺麗なシーツと枕カバーは別途畳まれており清潔感あります。

部屋の入口にはコンセントが2つあって、携帯電話の充電が可能。
部屋の中は電球が二つ。スイッチも部屋の入口にあります。

横尾山荘は定員制のためベットが埋まると予約を中止するようなので、1つのスペースに2人なんてことはなさそうです。その代わり当日のキャンセルは5,000円かかるので注意しましょう。目玉の親父

<横尾山荘の客室>
横尾山荘_部屋

入口入ってすぐ左側(左奥)に乾燥室もあります。
結構広いのですが、宿泊者の皆さんが利用するとあっという間にいっぱいになります。

部屋内での物干しはダメなので乾燥室を使いましょう。危険

<横尾山荘_乾燥室>
横尾山荘_乾燥室

入口入ってまっすぐのところには談話室があります。
食堂と兼用ではなくて、談話室として独立しています。

ここには自動販売機、テレビ、雑誌、パソコン、テーブルと椅子があります
スペース的にはとても狭くて、収容人数のことを考えればいつも大混雑です。

<横尾山荘_談話室>
横尾山荘_談話室

横尾山荘には、左側の宿泊棟1、2Fに男女別のトイレトイレと洗面所。
食堂や受付上の2Fに男女兼用のトイレと洗面所があります。

写真は受付上の洗面所です。

<横尾山荘_洗面所>
横尾山荘_洗面所

トイレもとっても綺麗です。き
トイレットペーパーはゴミ箱に捨てる方式。便座は暖かいです。

3箇所トイレがあるので数も十分。
朝は若干込みますが長時間待たされることは少ないと思います。

<横尾山荘_トイレ>
横尾山荘_トイレ

乾燥室の向かいには大部屋もあります。
和式でテレビも設置されています。当日飛び込みのお客様で定員を超えている場合はこちらが割り当てられるようです。

<横尾山荘の大部屋>
横尾山荘_大部屋

そしてお風呂です。
入浴時間は16時〜20時の間です。

食堂を過ぎたところにお風呂に通じる廊下があってサンダルに履き替えて別館へ向かいます。

別館に入り、サンダルを下駄箱に入れて玄関を上がった2Fにお風呂があります。
貴重品入れの小さなロッカー(100円返却あり)もあり、のれんもかかっています。

入ると、脱衣所兼洗面所があり、その奥に浴室があります。
浴室は5人入ると窮屈な広さ、洗い場は3箇所です。桶はありますが椅子はありません。(石鹸は使ってはダメです)なので、タオルでからぶきですね。

結構、混雑するので洗い場を長時間占領するととっても迷惑がかかります。
お湯は熱めでジャグジーありです。

宿泊者が少ないと落ち着けますが、今回はなんか狭いところに大人数の大人が入れ替わりで、ゆっくりできる環境には無かったかなぁと。土曜日とか混雑時はどうなっちゃうんでしょうかねぇ〜。

<横尾山荘のお風呂>
横尾山荘_お風呂

さて、山小屋のお楽しみ、食事です。ご飯
受付で宿泊内容に応じて、朝食券、夕食券が人数分配られます。日付スタンプ入り。

食堂に入るときに従業員さんに渡します。

<横尾山荘の食事券>
横尾山荘_食事券

朝食は5時30分からだったので、もう少し早く出たい我が一行はお弁当という方法も考えたのですが、しゃれているんですが「パンを中心とした弁当」

んー、お腹は満足しないだろうなぁと思って、少し遅くてもしっかりご飯を頂くことにしました。

<横尾山荘の弁当>
横尾山荘 弁当

横尾山荘の食堂は比較的大きいほうです。100人は一気に入れると思います。
夕食のスタートは17時30分、朝食のスタートは5時30分。

食事の準備ができると館内放送が流れ、食堂への先着順で座席に案内されます。

<横尾山荘の食堂>
横尾山荘_食堂

夕食は結構ボリューム満天。
ハンバーグは、燕山荘と同じチーズインハンバーグでとっても美味しかったです。

ご飯はお櫃で、味噌汁も大きな鍋で、6人で一つ使います。お代わりはもちろん自由です。醤油とドレッシングはテーブルにおいてあります。

りんごゼリーのデザートが付いてましたが、半分凍っていて美味しいです♪

<横尾山荘の夕食>
横尾山荘_夕食

夕食が美味しかったので、朝食も期待できるかと思ってましたが普通でした。。。
食堂に到着した順番で席に案内されるので、混む前に行かなきゃと思ってましたが、実際には待ち時間なし!

朝の3時くらいからヘッドライトつけて出発する登山者も結構いましたので、夕食時より人が少なかったように思います。また、槍ヶ岳等から下山して横尾山荘に泊まっている人もいて、その人はゆっくり朝食をとるんでしょうね。

結果、人がばらけたと。

朝食時には食堂の前に給水器が置かれて自由に「お茶」「お湯」を分けてもらえます。
お水は、横尾山荘の蛇口から出る水はすべて飲料水なので、洗面所の水を汲みました!

<横尾山荘の朝食>
横尾山荘_朝食

<物価情報>
横尾山荘の前にある自動販売機ですが
・ペットボトル500ml 300円
・缶ジュース350ml  250円
※売店にはパン屋お菓子も売ってますが、調査し忘れました・・・。

<携帯電話>
・HP上は圏外とのことですが、ソフトバンクは繋がることが多かったです。
・AUはNGです。
・ドコモは繋がると思われます。

<日の出・日の入>
横尾山荘は立地上、山に囲まれているため、日の出日の入は楽しめません・・・。

<その他>
・館内は禁煙です。


横尾山荘は定員制のため、予約さえ取れれば普通の山小屋と違いとっても快適な生活を送れちゃいます。
高いお金を払い、翌日の山登りの大切な休養&準備時間なので、この横尾山荘のシステムは結構いいですね。

でも、これは周りに山小屋が多いので出来ることでしょう。

槍ヶ岳や穂高連峰に少しでも近づいておきたいと思うなら、横尾山荘は目的地までは少し遠いです。
なので、下山時利用、蝶ヶ岳利用、時間に余裕の有る山行であれば、使う価値が大有りかと。


清潔さは北岳のときに利用した白根御池小屋に匹敵しますが、定員制とお風呂付ということでコチラに軍配です。

とても快適な山小屋で20時には寝てしまい翌朝4時まで、ぐっすり7時間睡眠。
ハードな蝶ヶ岳登山を難なく歩きとおせたのは横尾山荘のおかげですね〜。ELMO


※横尾山荘を利用した山行はコチラです。
2014年9月 蝶ヶ岳 登山(Vol1.奥上高地へ)
2014年9月 蝶ヶ岳 登山(Vol2.槍・穂高連峰パノラマ編)


スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
楽しく見てます。
横尾山荘ですが個人的にはハードは
いいけどソフトはいまいちな印象です。
巡り合わせが悪いのでしょうけど
スタッフの応対があまり良くない。
私語で宿泊客の悪口を言っていたり
泊めてやってる感が伝わって気分が悪かったです。
愚痴ってすいません。
楽しい登山ライフをお送り下さい。
  • でんでさん
  • 2015/04/30 5:40 PM
でんでさん

コメント&貴重な感想ありがとうございます!
ソフト面は同じ人間なので、忙しかったり間が悪かったりすることもあるかなと思ってます。

でも宿泊客の悪口はダメですねー。
それかその宿泊客がほんとに失礼な人か。。。。
  • こじか
  • 2015/05/09 1:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック