はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2014年9月 上高地〜蝶ヶ岳 登山(Vol1.奥上高地へ)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2014.09 蝶ヶ岳(2,677m) 晴れ晴れ

 ※参考 山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 (登山地図)

コースタイム:
■1日目  ※今回は1日目のお話です!
10:00 上高地  出発
11:05 明神館  通過
11:20 明神池  散策
12:30 徳澤園  到着  ※名物 チャーハン!
12:55 徳澤園  出発
13:45 横尾山荘 到着
※所要時間 上高地⇒横尾山荘 3:45(休憩25分含む)

■2日目  
06:30 横尾山荘   出発
07:00 槍見台    通過
07:40 なんちゃって槍見台 通過
09:00 常念山脈稜線 散策
10:15 蝶ヶ岳山荘  到着 ※ランチタイム(寒い!)
11:00 蝶ヶ岳山頂  到着
11:45 長塀山    通過
13:25 徳澤園    到着 ※名物ソフトクリーム!
14:20 明神館    通過
15:05 上高地    到着
※所要時間 横尾山荘⇒蝶ヶ岳⇒上高地 8:35(休憩45分含む)


☆総所要時間 11:35(休憩45分含む)/ 25.1km  

※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


悪天候雨が続いた2014年の8月でしたが、9月に入ったら晴天に恵まれる日も増えてきましたね〜♪


8月に五竜岳から見た「鹿島槍ヶ岳」に一目ぼれをして次のターゲットとしてロックオン。本来は、扇沢から出発⇒冷池山荘に宿泊⇒鹿島槍ヶ岳登頂(そして雷鳥とも遭遇)というあっぱれな1泊2日の山行計画でした。

そして日程が近づくにつれて天気予報とのにらめっこが始まります。
1週間前の天気予報では天気良好でしたが、前日の山テンでは2日目がまさかの下り坂へ・・・。

北アルプス北部と飛騨山脈側に行けばいくほど天気悪いという予報なので、北アルプス南部で飛騨山脈じゃない側。で導き出した答えが「蝶ヶ岳」だったのです。
(※あと雷鳥の生息地なのもポイントです♪)


山行直前の計画変更。今年はこんなん多いわ〜。。。


<蝶ヶ岳1日目天気>
初日天気_蝶ヶ岳
山行記録:
今回もマイカー登山車です。

さわんど駐車場に車を止めて(1泊2日で1,000円)「さわんど大橋」バス停から上高地へ向かいます。
平日ということもありバスは空いていて、約25分くらいで上高地に到着です。

上高地バスターミナルは観光地の匂いがプンプンして大好きです♪
ここには、お土産や上高地観光センター、公衆トイレがあります。

飲み物はの値段は下界より少し高いレベル。トイレはチップ制(100円)でなんと有人です。

<10:00 上高地河童橋>
上高地河童橋

上高地は、山登りをしていない頃に観光で来たことがあります。

そのときは「水が綺麗だね〜」と梓川ばかりに気を取られていましたが、今は、「あれが穂高連峰か〜、お、後ろに焼岳が見えるな〜」と、注目は山へ。

興味が異なると、見える物も全然違いますよね〜。
焼岳は日帰りの山なので、休みが短いときにサクっと登ろうと思います。

<10:07 焼岳方面>
焼岳方面

では、観光客の方があまり行かない河童橋の奥へと進みます。
まずは、1時間程度で到着する明神館へ。

その前に上高地ビジターセンターに寄り道。

雷鳥鳥の模型に癒され、熊出没情報熊を把握します。なんと数日前に、明神〜徳沢間で小熊の目撃情報が。熊鈴ならして行きましょう!

小梨平キャンプ場を過ぎると、ひらすら平坦な樹林帯を1時間。
1時間って3〜4kmですから結構な距離を歩くんですよね〜。結構疲れます。。。。

<11:04 明神館>
明神館

明神館はまだ観光地雰囲気ありです。
自動販売機にトイレ(利用しませんでした)、休憩できるベンチがたくさんあります。

このまま進んでしまうと、横尾山荘のチェックイン14時より相当早く着いてしまいそうなので、パワースポットの明神池に寄り道することに。ELMO

明神館から歩くこと400mで、梓川にかかってる綺麗な明神橋へ。
明神橋を渡って、梓川右岸を上高地方面へ戻ると穂高神社奥宮の鳥居が現れます。

<11:10 明神橋>
明神橋

鳥居を過ぎると、嘉門次小屋(かもんじごや)が見えてきます。

名物岩魚の塩焼き(1000円)を大プッシュ。せっかくなんで食べてもよかったんですが、徳沢園でのランチ予定に負けてしまいました。。。

さて、明神池に行くには、穂高神社奥宮に拝観料300円(大人)を払う必要があります。池を見るために300円は納得いきませんが(ケチ?)、せっかくなので。

明神池は一之池と二之池がありますが、有名なのは一之池。神秘的な池なのですが、虫が多すぎて落ち着いていられません・・・。虫

<11:19 明神池>
明神池

さて、寄り道は終了。明神から徳沢までだらだら1時間歩きます。
川沿いを歩くときもあるのですが、木々に囲まれた展望の無い道を歩く時間も多く、結構苦痛です。。。

<12:18 梓川左岸>
梓川左岸

徳沢ロッジの分岐⇒公共トイレ(無料、綺麗だが虫の死骸多いです)⇒広大な徳沢キャンプ場を過ぎると、おしゃれな建物「徳沢園」に到着です。感動

徳沢園の裏には、長塀山 経由 蝶ヶ岳方面の登山口があります。明日はここから降りてきます!

<12:31 徳沢園>
徳沢園

食堂の入口から、内装、食事メニュー板から、いちいち雰囲気あります。
これは女性喜びますよね〜。

徳沢園の食堂はその名も「みちくさ食堂」。今回はここでランチです。
有名な、高菜ピラフ、山の手作りカレーをいただきます!

ソフトクリームも有名なのですが、それは下山後のお楽しみということで。

<12:35 みちくさ食堂>
みちくさ食堂

山の手作りカレー(900円)。ご飯
ま、いたって普通のカレーですが、雰囲気と疲れた体が美味しくさせます。

<12:36 山の手作りカレー>
山の手作りカレー

お腹も満たされたので、横尾まで残り約1時間平坦な道をマタマタ歩きます。
川沿いを歩くことも多くなりますが、穂高連峰や槍ヶ岳は一切見えません。。。

屏風ノ頭という2500m級の山が邪魔をしていますね〜。

<13:27 徳沢〜横尾>
平坦な道

上高地から歩くこと約3時間。今日のお宿「横尾山荘」に到着です!クラッカー

綺麗で大きい横尾山荘に、目の前には皆さんのブログや山雑誌でよく出てくる「横尾大橋」、テント場に、公衆トイレ、冬用の非難小屋などコンパクトにかたまってますね。

山荘の前には木の長いベンチもたくさん設置してあり、大勢の人が休憩できるようになっています。
ここは、槍ヶ岳、穂高連峰、蝶ヶ岳などに向かう中継地点。週末などはたくさんの登山者で混雑するんでしょうね!

公共トイレは、匂いがすこし気になりますが、まあまあの綺麗さです。

<15:23 横尾山荘>
横尾山荘

涸沢カールや穂高連峰に向かうには横尾大橋を渡ります。
生で見るのは初めてだったので、ちょっと感動しますね〜。

横尾大橋から涸沢カールまでは約3時間。なので、午後2時以降の入山は控えるようにと掲示されています。危険
実際、午後2時以降に入山する人はいらっしゃいませんでしたね。

<6:15 横尾大橋>
横尾大橋


ほんとは、蝶ヶ岳山頂まで行きたかったのですが、平坦な道3時間が思ったより辛く、ここから3時間登る元気はありませんでした。今日はいい天気なので勿体なかったんですけど・・・。

横尾山荘でゆっくり休んで、明日頑張ります!力

<ご参考>
上高地バスセンター 缶コーヒー130円 ペットボトル160円
明神館(自販機)  缶コーヒー200円 ペットボトル250円
徳沢園(自販機)  缶コーヒー200円 ペットボトル250円
横尾山荘(自販機) 缶コーヒー250円 ペットボトル300円


横尾山荘の宿泊体験記 はコチラ
2014年9月 蝶ヶ岳 登山(Vol2.槍・穂高連峰パノラマ編)はコチラ


蝶ヶ岳周辺の山小屋:
徳沢園
徳沢ロッジ
横尾山荘
蝶ヶ岳ヒュッテ

アクセス:
<さわんど方面から>
 バスさわんど(沢渡)駐車場〜上高地シャトルバス 往復2,050円:約30分
 ※アルピコ交通

近くの宿泊施設:
蝶ヶ岳付近の宿(上高地)

蝶ヶ岳付近の宿(安曇野・穂高)
蝶ヶ岳付近の宿(大町)

蝶ヶ岳付近の宿(松本駅周辺)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック