はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




白雲荘(乗鞍岳) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

※本HPはPC表示で最適化されています。スマホの方もPC表示でご覧ください。
--------------------------------------------------------------



乗鞍岳へは頻繁運行のシャトルバスバスが、終点の畳平(2700m)まで連れて行ってくれるので、山頂踏破も約2時間と完全に日帰りの山です。

でも今回はご来光朝日や満天の星空を堪能するためにあえて宿泊してみました。

ということでまずは乗鞍岳剣が峰に一番近い「肩の小屋」に連絡。
定員も多く平日なので予約取れるだろうと思いきや、「学校登山で貸切のため予約取れません」・・・。

次は乗鞍畳平バスターミナルの横にある「銀嶺荘
今回はソロ登山。一人の場合、部屋の料金が14,200円(一泊二食)と記載がHPにあったので、高すぎてパス。(全室個室のようです)

残るは「白雲荘」か・・・。と、実は消去法でした。スミマセンm(_ _)m

しかし、残り物には福来るってところでしょうか? 
今回の半山小屋「白雲荘」チョイス。大正解だったのでした♪

白雲荘のオフィシャルHPはコチラ
(ただし、昔の白雲荘の時の写真ばかりです)
-----<ここから本編>---------

白雲荘は乗鞍バスターミナルがある畳平(乗鞍鶴ヶ池駐車場)のちょっぴり外れにあります。
とはいえ、畳平にあるのでとっても便利です♪

最近立て替えられたのか、建物自体はものすごく綺麗です。き
昔は屋根の色が緑色(今はこげ茶色)なので情報が古いのか新しいのかは、屋根の色を見れば分かります。

<白雲荘 全景>
白雲荘外観

玄関に入ると小屋の管理人さんがお出迎えです。

登山靴は玄関でスリッパと履き替え。宿泊スペース毎の下駄箱がもらえます(宿泊者の名前が貼ってます)。いつもの山小屋のように自由に置いたり、部屋まで持っていくタイプではありません。

受付を済まし料金を支払って(前金で現金のみ)から、部屋まで案内してくれます。
今回は相部屋(ベット8スペース)ですが、一人でも料金は変わらず一泊二食で8,700円です。

<白雲荘 受付>
白雲荘 受付

それでは、お約束の白雲荘館内散策♪

白雲荘は2階建てです。1階には、受付の左側が食堂兼談話室。右側が宿泊棟で、お部屋、トイレ、洗面台、階段、ストーブ、お風呂と充実です。館内は廊下も新築のように綺麗です。

ちなみに2階はお部屋が数部屋。個室部屋かなと思います。

<白雲荘 1F廊下>
白雲荘_一階廊下

昼間は暖かくても、ここ畳平は標高2700mの高地。日が落ちるとめちゃくちゃ寒くなります。
ストーブの周りには椅子も置いてあり、夕食後は宿泊者のたまり場になります。消灯時間までついてます。

<階段横にストーブ>
白雲荘_ストーブ

ここが相部屋内、2段ベットが4つあるイメージです。
荷物を置く台もあるのでそれほど窮屈感もなく、一人専用のスペースが与えられる感じなので、大部屋の布団横並びよりよっぽと良いです。敷布団、掛け布団、毛布、枕と、夜は暖かく快適に寝られます。

また、部屋の入り口側にコンセント穴が2つありましたので、携帯電話を充電させてもらいました。
室内灯・非常灯がありますが、入り口付近にしかなく窓側のベットまでは明りが届きにくく暗いです。夜はやっぱりヘッドライトが必要です。

<白雲荘 相部屋内>
白雲荘 相部屋

<トイレ>
トイレトイレも綺麗です。男性は小2、大1、女性は3個室(予想)です。

便座は暖かくありませんが簡易水洗でにおい無し。
宿泊人数に対してちょっと少ないかなとは思いますが、近くに畳平の公衆トイレもあるので混雑時も大丈夫かな。

<白雲荘近くの公共トイレ>
畳平_公共トイレ

1Fのトイレ横には洗面所がありますが、やっぱりピカピカ。鏡もピカピカです。
ここまでくると山小屋というかホテル並みの綺麗さです。綺麗だから汚せない。いい循環なんでしょうね〜。

<白雲荘 1F洗面所>
白雲荘_洗面所

さてさて、白雲荘にはお風呂温泉があります。
これがまためちゃくちゃきれいなお風呂なんです!

16時〜入浴可能で、何時までに入らないといけないというのは無いようですが、あまり遅いとぬるくなっちゃうから早く入ってとのことでした。

でも今日のように男性の宿泊人数が少ないとずっと蓋が閉まっているわけで、20時に入っても熱いくらいでした。
ボディーソープが置いてありますが、シャンプー、リンス、タオルはありません

<白雲荘 お風呂♪>
白雲荘 お風呂

食堂には、液晶テレビがかけてあり本棚もあります。
コーヒ、紅茶、ゆず茶(250円)宿泊者以外は+100円。生ビール(700円)は、食堂で注文します。

他飲み物は、缶ビール350ml(400円)、500ml(600円)、ソフトドリンクはポカリスエット、オランジーナ、伊右衛門、マッチなど(200円)

お菓子(150〜250円)や、カップラーメン(250円)、お土産(有名な雷鳥の里も!)も販売しています。

<食堂 兼 談話室>
白雲荘 食堂

山小屋で必ずチェックするのが本棚です。
白雲荘の本棚は食堂の奥にあり、分量としては少ない方ですが山雑誌もあり満足です。

談話室で読んでも良いですし、部屋に持って行っても大丈夫です。
夜になると部屋は室内灯があっても暗いので、談話室であったかい紅茶(250円)を頼み飲みながら読んでました。本

<白雲荘 本棚>
白雲荘 本棚

<消灯後>
消灯は21時と少し遅めです。
ちょうどその頃は星空が綺麗な時間帯。消灯後も自由に白雲荘を出入りすることができます。
白雲荘は目の前に鶴ヶ池があり、少し歩けば魔王岳もありと、立地は最高です。

食事時間でもそうですが白雲荘は時間には結構アバウト。実際の消灯は22時近くでした。クッキーモンスター

<食事>
夕食は17時〜です。
が、ここでは一斉に食事という訳ではありません。17時から食事食べれますよの時間です。

実際、写真撮影しに出かけてしまっている人も多く、2時間後の19時から食事しているお客様もいらっしゃいました。
宿泊者が多くて回転しないといけない場合は無理かもしれませんが、こんな融通の利くシステムは初めてです。

夕食はすき焼き鍋にご飯、味噌汁、サラダやスイカ。
もちろんご飯、味噌汁はお変わり自由ですが、すき焼き鍋に入っている肉の量も多くて大満足です。

<夕食>
白雲荘 夕食

朝食は6時30分〜です。
ですが、朝食もこの時間から食べれますという時間です。食事は美味しいですが、結構、夕食と被ってるなぁ〜というのが感想。

チェックアウトが一応8時のようなので、あまり遅くはできませんが、早朝に日の出を撮る為に乗鞍岳・剣が峰付近まで行って7時頃に帰ってきて、そこから食事のお客様もいらっしゃいました。

そう、白雲荘に泊まるお客様はほとんどの方が写真目的なのか、立派なカメラを持った方ばかりでした。

<朝食>
白雲荘 朝食

<携帯電話>
・ドコモは大丈夫。
・AUはなんとか大丈夫。
・ソフトバンクは日中繋がりますが、夜中は繋がらなくなりました。。。
※部屋内にコンセントあり。

<日の入・日の出>
白雲荘は残念ながら周りを山に囲まれている鞍部にあるためそのままでは難しいです。
 ・日の入 ⇒ 魔王岳
 ・日の出 ⇒ 大黒岳・富士見岳

へ登ったほうが見れますね。


魔王岳で熊の監視をされていた乗鞍環境パトロールの人に「今日は泊まりですか?」と聞かれたので「白雲荘です。」って答えたら、「あー良いですね〜。お風呂最高ですよ〜。」って。
乗鞍に詳しい人からのお墨付き。これほど強力なお勧め言葉ありませんよね〜。

今回は平日ど真ん中。定員約65名に対して40名くらいのお客様が泊まっていました。
女性の団体客が多くみなさん写真を取りに来ている様子。男性客は5、6人と少なく、おかげでトイレ、お風呂も混まず快適に過ごさせて頂きました♪

乗鞍岳で宿泊施設に迷ったら、白雲荘を選んでみてください。損はしませんよ!!ELMO

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
先日7月18日に泊まってきました。
今、こちらのサイトを初めて見ましたが、まさにこのとおり素敵な宿でしたね。
小屋番さんに「旅館ですねえ」と言ったら「一応山小屋です」と。山小屋ならではの語らいの時間も楽しかったです。
  • GANSAN
  • 2015/07/21 7:41 PM
GANSANさん

乗鞍岳にある他山小屋の影に隠れてしまうんですけど白雲荘いいですよねー。また行きたくなりました♪
小屋番さん謙虚ですねー(笑)。
  • こじか
  • 2015/07/21 9:14 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック