はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2014年7月 乗鞍岳登山(Vol1:畳平〜剣が峰)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2014.07 乗鞍岳(剣が峰) 3,026m 曇り曇り

 ※参考 山と高原地図 乗鞍高原

コースタイム:
■1日目
11:25 乗鞍畳平  出発
11:50 肩の小屋  通過
12:25 乗鞍岳山頂(剣が峰) 到着 ※ランチタイムご飯
13:45 乗鞍岳山頂(剣が峰) 出発
12:25 肩の小屋  通過
14:45 富士見岳  到着  
15:07 大黒岳   到着
15:30 乗鞍畳平  通過
15:42 魔王岳   到着
16:00 白雲荘   到着

※所要時間 乗鞍畳平⇔乗鞍岳山頂(剣が峰)他 4:35(休憩80分含む)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。
プロローグ:

残念ながら乗鞍岳は最後の選択でした。
今回はソロ山行&山小屋泊ということで、比較的簡単な山を探しておりまして・・・。

第一候補の仙丈ケ岳は、仙丈小屋が予約でいっぱい。定員50名ほどだから仕方ないですね。
第二候補の唐松岳(唐松岳頂上山荘)は、近々行きそうな気がするのでパス。

むー、どうするか?大仏
ということでやむなく、比較的簡単⇒めちゃくちゃ簡単登山で我慢しますかと乗鞍岳&白雲荘で落ち着きました。


ソロ山行だと私の場合日程は自由(フレキシブルに休めます)。
そこで、一週間前から天気予報とにらめっこ。連休明けの平日に晴れ晴れが続いたので休みをあわせていざ出陣です。

目的は、日の出、日の入、夜空、雷鳥鳥です!

<乗鞍岳 天気予報(1日目)>
乗鞍岳1日目天気

今回はマイカー登山車
前日に松本ICまで到着し、ホテルルートインコート松本インターで前泊です。

松本ICから乗鞍観光センターまで車で約75分。
今日は乗鞍岳(畳平)で一泊なのでゆっくりでもOK。朝の混雑を避けて畳平行き10時出発のシャトルバスバスに乗り込みます。
乗客は25名と、平日なのに結構人がいますねー。

<9:32 乗鞍観光センター>
乗鞍高原観光センター

途中のバス停からも何人か乗車し、位ヶ原山荘を通過し、雪渓でスキーしている人を横目に50分ほどで乗鞍畳平へ到着です。

実は去年濃霧のときに来たことがありまして、全く何も見えなかったので今回は到着し周りが見えただけで感動です。感動

<11:24 乗鞍畳平>
乗鞍畳平

前回来たときはひどかった・・・。視界10mも無かった・・・。

<前年訪問 濃霧の乗鞍畳平駐車場>
2013年乗鞍畳平


山行記録:

快晴の良い天気を期待していたのに、雲が多い天気曇りになってしまいました。
山頂からの景色は大丈夫かなと心配しながら、まずは乗鞍岳最高峰・剣が峰へ出発します。

まずは、お花畑花を横切って、舗装道に出てしばらく歩きます。

<11:36 剣が峰に向かって出発>
コロナ観測所が見える

しばらくすると舗装道から砂利道に変わって、肩の小屋が目の前に見えてきます。
ここまでは、アップダウンもそれほど無く楽な道中です。

<11:47 前には肩の小屋。左に大雪渓>
肩の小屋へ

学校登山ということで、予約できなかった肩の小屋。
近づくと、中学生がワンサカ肩の小屋から出てきて、小屋の裏の広場で集合しています。

この人数じゃ予約は無理だなと思いつつ、この団体にぶつかったらストレスの溜まる登山になりそうだと先を急ぎます。冷や汗

<11:53 今日は学校登山>
学校登山でした

肩の小屋から剣が峰まで片道50分という「ゆる登山」ですが、そこは3,000m峰。
急いで歩くと、息が苦しくなってしまうので、のんびり歩きます。樹林帯は無く、ガラ場、岩場オンリーです。

<12:19 剣が峰までもう少し>
剣が峰が見えた

剣が峰が目の前に見えたころで、頂上小屋に到着。宿泊施設が無い売店のみの営業です。
山バッジが2種類売ってたのですが、今までとは違ったデザインで、コレクションの統一感が無くなりそうだったので購入は止めにしました。

<12:23 頂上小屋です>
頂上小屋

ほどなくして山頂(剣が峰)に到着。なんか狭いです。。。パンダ
山頂には乗鞍本宮奥宮があり、宮司さんもいらっしゃいます。あとは鳥居と山頂の標識。

一番期待していたのは乗鞍岳から見た、去年登った御嶽山
晴天時は御嶽山が目と鼻の先」と山と高原地図 乗鞍高原に書いてありましたが、今日は完全に雲の中。しょんぼり

一度行った山を近くの山から見るの好きなんだけどなぁ。

<12:27 乗鞍岳剣が峰に到着>
乗鞍岳_剣が峰

山頂標識のあるところから乗鞍本宮奥宮の裏側へ移動。
眺めの良い岩場を見つけて、剣が峰へ向かって登ってくる登山者を見ながらランチタイムご飯です。

途中、肩の小屋で集合していた学校登山の生徒さんがどんどん登ってきます。
女「あーもうしんどい」
嬉しい「山頂ちゃっちい。期待はずれだー」
男「えーもう終わり」

会話聞いてるのもなかなか面白いですね〜。

<13:16 剣が峰から肩の小屋方面>
剣が峰から肩の小屋方面

さてさて、下山しましょう。
剣が峰の手前にあるのっぺりとした蚕玉岳を通過。剣が峰さよなら〜と振り向きますが、学校登山の生徒が登山道を埋め尽くしています・・・。ちなみに、蚕玉(こだま)と読みます。

蚕玉岳は広く休憩やランチしている人も多くいました。確かに剣が峰より落ち着けますね。

<13:56 蚕玉岳から剣が峰方面>
蚕玉岳から剣が峰方面

11時過ぎに畳平に付いたのに、14時には山頂を制覇して、今夜の宿「白雲荘」に行くには早いなぁと。
さすが「ゆる登山」です。まったく疲れていません・・・。

というわけで、山と高原地図 乗鞍高原に載っている、小さな峰々を登りつくそうということで、モチベーションをあげてみました。矢印上

まずは、富士見岳(2,817m)です。
富士見岳入り口から山頂まで約10分程度ですが、雷鳥大好きハイマツ帯が多く楽しい山登りです。
山頂からの眺望も乗鞍畳平の全体が良く見えてまずまず。

しかし富士山は見えませんでした。富士見岳なんで、天気の良い日は見えるんだろうなぁ。

<14:41 富士見岳方面>
富士見岳方面

富士見岳を下りて、次は向かいの大黒岳(2,772m)です。
乗鞍岳はあちこちにコマクサ花が咲いているのですが、大黒岳の周りはコマクサだらけで圧巻です。

大黒岳は乗鞍の中でも東側に位置し、山頂には大黒岳休憩所という、石で作られた簡単な建物があり、椅子とテーブルが設置され、強風も遮って寒さを凌げるためご来光を見るには絶好のポイント。

8月以降では雷鳥も良く見られる場所のようです。今回は見れませんでしたが・・・。

<15:02 コマクサ群生>
コマクサ群生

大黒岳の次は、今日の宿泊地「白雲荘」の裏にそびえる魔王岳(2,763m)
いったん畳平に戻って、魔王岳山頂へ向かいます。

<15:26 畳平そばの白雲荘>
今日の宿泊「白雲荘」

魔王岳も山頂まで約10分。魔王園地を過ぎた岩場が山頂です。
今回、白雲荘でご一緒した方が、魔王岳で雷鳥を発見!登山道近くにいたらしいです。

ちなみに昔、乗鞍畳平でクマが行楽客を襲って9人がけがをされた事故がありました。そのとき熊が現れたのがこの魔王岳。

<15:42 魔王岳山頂>
魔王岳山頂

おまけ:
今日は乗鞍畳平から500m先に熊熊が現れたようで、乗鞍環境パトロールの方が魔王岳山頂から双眼鏡で熊をずーっと見張ってました。
知らないところで観光客の安全のために頑張ってくれているんですね〜。

その熊情報は乗鞍バスターミナル内の「ツキノワグマ目撃情報」ボードに記載されてました。

<16:40 乗鞍環境パトロール>
乗鞍環境パトロール

そんな感じで、乗鞍岳初日が終了です。
剣ヶ峰だけじゃなくて、富士見岳・大黒岳・魔王岳と4つのピークを踏んだのでなんとなく満足♪
さて、白雲荘に戻って日の入、夜景撮影の準備でもしますか!

白雲荘(乗鞍岳)宿泊体験記へ
2014年7月 乗鞍岳 登山 (おまけ:畳平散歩編)


乗鞍岳の山小屋:
位ヶ原山荘
銀嶺荘
白雲荘 ※宿泊体験記はコチラ
肩の小屋

アクセス:
<関東から>
 車マイカー:長野自動車道(松本IC)下車
 国道158号線 経由 乗鞍観光センターまで 約75分

 バスアルピコ交通 乗鞍高原〜乗鞍畳平シャトルバス
 観光センター前[10:00] ⇒ 乗鞍山頂畳平[10:50] ※1日10本以上(往復:2,500円)

<関西・中部から>
 バスアルピコ交通 平湯温泉・ほおのき平駐車場〜乗鞍山頂(畳平)シャトルバス
 平湯温泉[9:40] ⇒ 乗鞍山頂畳平[10:40] ※1日10本以上(往復:2,300円)

 
近くの宿泊施設:
乗鞍岳付近の宿(松本市:上高地・乗鞍・白骨・野麦峠)

乗鞍岳付近の宿(松本駅周辺)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック