はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




2013年11月 燕岳 登山 (1日目:登山編)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2013.11 燕岳 2,763m 快晴晴れ 

 ※参考山と高原地図 37.槍ヶ岳・穂高岳 上高地 2013
 ※参考ヤマケイ アルペンガイド7 槍・穂高連峰 (ヤマケイアルペンガイド)

コースタイム:
■1日目(登り)
09:30 燕岳登山口   出発 ※中房温泉
10:07 第一ベンチ   到着 
10:31 第二ベンチ   到着 
11:02 第三ベンチ   到着 
11:45 富士見ベンチ  到着
12:13 合戦小屋    到着 ※ランチタイム
12:45 合戦小屋    出発 
13:42 燕山荘     到着

※所要時間 燕岳登山口⇒燕山荘 4:12(休憩32分含む)

 ※燕岳(おまけ:山頂散歩編)はコチラ
 ※燕山荘の宿泊体験記はコチラ
 ※燕岳(2日目:下山編)はコチラ


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

11月に入ると山選びは難航を極めます。
今回の候補は、甲武信ヶ岳、仙丈ヶ岳、乗鞍岳、焼岳、燕岳、高尾山

甲武信ヶ岳:なんかグッと来ない
仙丈ヶ岳:山頂近くの仙丈小屋が既にクローズ
乗鞍岳:山頂バスが10月で終了
焼岳:アクセスに難あり
燕岳:100名山じゃないが燕山荘は魅力的
高尾山:もっと冬でもいいでしょ

というわけでなんとか燕岳に決定。
※楽しみは燕岳より燕山荘だったりします。

懸念は時期的にアルプス大丈夫か?ということ。
この時期は、寒気が入って天気が崩れると一気に雪山雪になる可能性を秘めてますが、今回の山行も高気圧に覆われて登山日和とのこと。

最近はホントに天気に恵まれてます。
8月の鳳凰三山縦走から、3連続快晴。もう、晴れ男と名乗っちゃいます♪

では、H25ラスト北アルプス燕岳山行のスタートです。

<燕岳 天気予報>
燕岳1日目天気

今回はマイカー車登山。
長野道:安曇野ICを下りてから車を走らすこと1時間。進めば進むほど山道へ。

綺麗な紅葉紅葉に囲まれながら、途中で野生の猿猿に出会いながら、細い道を進んで行きます。
※ただ、舗装されててすれ違いスペースも適度にあって安心です。

燕山荘グループの有明荘や、合戦小屋までの荷揚用ケーブル事務所を通過すると登山口(中房温泉)まではあと少し。

<8:59 中房温泉へ向かいます>
中房温泉への道

マイカーの場合は、燕岳登山口から500m手前にある町営第1or第2駐車場に停めないといけません。
登山口手前の駐車場は中房温泉宿泊者と日帰り入浴利用者専用になってるからです。

駐車場から車道を歩いて有名な燕岳登山口に到着です。標高は1462m
いつも賑わっている登山口の写真を見ているせいか、11月平日の静かな感じ(今日は我がパーティー以外に3人)はいいですね。トイレトイレも混まないし。

登山口には普通の公共水洗トイレがあって綺麗です。登山届けもここにありますよ。

<9:22 燕山登山口>
燕岳登山口

気温は10℃。歩くとちょうどよい涼しさですね。
では、準備も整ったので3大急登の合戦尾根を登ります!
で、合戦尾根。ホンマに急登です…。
段差の大きい岩や階段がいきなり続きます。でも、整備されていて歩きやすいです。足を滑らす細かい砂利が少ないのが理由なのでしょうか。

とはいえ、急登を30分も歩き続けると、疲れるは汗かくわで参っちゃうところに第一ベンチ登場。なんてタイミングがいいんだ〜。

この合戦尾根。こんな感じで、第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチと約30〜40分間隔で登場。
このベンチ達が歩き易さのポイントにもなってますね。

<10:31 第2ベンチ>
第2ベンチ

木の階段もバッチリ整備されています。
富士見ベンチでは名前の通り富士山が見えるらしいのですが、時間も昼近くになって雲も出てきたのでこの場では見れませんでした。

<11:22 急登ですが登りやすい>
はしご

しばらく歩くと、「山登りはじめました2 いくぞ!屋久島編」で有名な「合戦小屋まであと◯分」の手作りの案内。
今回はあと10分とあと5分の2パターンを見つけました。

<12:10 合戦小屋までもう少し>
合戦小屋まで

で、スイカで有名な合戦小屋に到着。(この時期スイカは既に終了)先日降ったと思われる雪が少し残ってました。
そしてバケツに入ってた水が凍って5cmくらいの厚さに。いやー夜は寒いんでしょうね。風

11月からは週末営業とのことですが、今日は金曜日。でも営業してました。
平日でもスタッフがいると開けるそうです。

<12:13 合戦小屋に到着>
合戦小屋

合戦小屋のスタッフさんは荷揚用ケーブルを使って作業してました。
何を運んでるのかな〜とちょっと覗いてみると、キャベツ、ぶなしめじ、トイレットペーパーなどなど。夏になるとスイカもこれで運ばれるそうな。

合戦小屋の前にはテーブルがあって、ここでランチタイムご飯です。
標高はすでに2488m。止まってると寒いのでダウンを着込みます。バーナー火で温かくしたランチは最高ですね。
ここでは10人位居て、結構賑やかでした。

トイレはあまり綺麗ではありません。垂れ流しかな・・・。

<12:38 何を運んでる?>
ゴンドラ

合戦小屋を過ぎると、燕山荘まであと1時間程度。そろそろ樹林帯から抜け出そうな感じです。
そしてここからのお楽しみといえば、槍ヶ岳

あ〜早く見たい!!と思いながら歩いてると、で、でた。

<12:53 槍ヶ岳が見えた>
初槍ヶ岳

大天井岳の奥から雪をまとった槍ヶ岳を見ることができてテンションUP。
今回の山行、無駄に槍ヶ岳ばかり映ってます。。。クッキーモンスター

で、燕岳登山道もそろそろ雪が目立つようになってきました。標高は2600mを超えたでしょうか。

<13:20 雪道になってきた>
雪道へ

登れば登るほど、槍ヶ岳が大きく見えてきて、その左に穂高連峰も登場です。
槍ヶ岳って本当に尖ってます。さすが日本のマッターホルン。格好よ過ぎです。

しかし向こうは完全に雪山です。もう危険すぎて私のレベルでは行けません。
今年は槍ヶ岳に登るチャンスを失いました・・・。来年ですね!

<13:29 槍ヶ岳・穂高方面>
槍ヶ岳方面

樹林帯も抜け、槍ヶ岳・穂高連峰、大天井岳、常念岳のパノラマをチラチラ見ながらの圧巻の山登り。至福時間♪

気付くと、山の上に綺麗に映える建物が見えてきました。
今日の目的地、燕山荘です。

<13:31 燕山荘が目の前に>
燕山荘が見えた

槍ヶ岳にも引けを取らない燕山荘家の佇まい。
今回、槍ヶ岳の次に写真に映ってたのが、この燕山荘でした。クッキーモンスター

テント場を通過して燕山荘下へ。燕山荘ヘ向う階段でさえ絵になりますね〜。

<13:42 燕山荘に到着>
燕山荘へ到着

さあ!前々から泊まってみたかった燕山荘♪
小屋も堪能したいところですが、時間も早いし天気もいいので、荷物を置いて燕岳ヘ出発です!


 ※燕岳(おまけ:山頂散歩編)へ続く


燕岳の山小屋:
燕山荘 ※今回宿泊
有明荘 ※燕山荘グループ
中房温泉

アクセス:
<関東方面から>
 バス高速バス:新宿−松本線(アルピコ交通)
 新宿駅西口[06:00] ⇒ 松本BT[09:12](片道:3,400円)※他便多数

<関西方面から>
 バス高速バス:大阪−松本線(阪急バス/アルピコ交通)
 大阪梅田[08:00] ⇒ 松本BT[13:43](片道:5,700円)
 ※3便/日・夜行便あり

<松本方面から>
 車マイカー:長野自動車道(安曇野IC)下車、中房温泉まで 約1時間
 電車JR:松本駅 ⇒ 穂高駅 26分 320円
 バス路線バス:中房温泉定期バス(南安タクシー)
 穂高駅[8:00] ⇒ 中房温泉[8:55](片道:1,700円)※5便/日あり
 

近くの宿泊施設:
燕岳付近の宿(安曇野・穂高)
燕岳付近の宿(大町)

燕岳付近の宿(松本駅周辺)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック