はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




2013年10月 武奈ヶ岳 登山(Vol1:登山編)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2013.10 武奈ヶ岳 1,214m 晴 

 ※参考山と高原地図 45.比良山系 武奈ヶ岳 2013
 ※参考関西トレッキング BESTコースガイド (MAPPLE)

コースタイム:
■1日目
10:35 坊村      出発
12:15 御殿山     到着 
12:55 武奈ヶ岳    到着 ※お昼タイム
13:15 武奈ヶ岳    出発  
 ↑ Vol1.登山編はここまで ↑
13:30 コヤマノ分岐  到着 ※下山道、道迷い注意!
13:55 イブルキノコバ 到着 
14:00 八雲ヶ原    到着
14:30 北比良峠    到着 ※ダケ道で下山
15:50 イン谷口    到着

武奈ヶ岳(Vol2:下山編)はコチラ

※所要時間 坊村⇒イン谷口 5:15(休憩30分含む)


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


プロローグ:
もうすぐ雪山シーズン到来です!大好きな樹氷が見れますね♪
去年は、雪山・残雪シーズンに丹沢・雲取山・金峰山・美ヶ原等たくさんお邪魔しました。

で、気づいたことが一つ。
 雪山行く前に、夏山知ってた方が危険を回避できるかも
ってこと。

今回登った「武奈ヶ岳(ぶながたけ)」は雪山としても有名です。

そのうち冬に登ることを目論んでますがELMO、雪山シーズン以外のちゃんとした登山道を登り、地形等をなんとなくでも知っておいた方がいいかなというのもあり、日本200名山なのですが選択しました。

後はご覧の通り天気晴れが良かったので、日帰りでどこでもいいから登っておきたかったのです。
分かってくれますよね、この気持ち♪

<天気予想>
武奈ヶ岳天気1310

さて、今回は公共交通機関を使っての武奈ヶ岳登山です。
(さすがに関東からマイカーは無理っす)

関西トレッキング BESTコースガイドを参考に、坊村から比良山を越えてイン谷口を目指します。

調べた結果、坊村へ行く路線バスバスは次の2つ。
・7時台、京阪出町柳発の京都バス
・8時台、JR堅田駅発の江若バス

早く行きたいのですが、交通の便などからJR堅田駅発のバスで出発にしました。

坊村に行くバスはこの一本なので、どうしても人が集中して駅のトイレとかバスとか混みます。ちなみにタクシーだと約7000円とのこと。バスは1000円なので、4人で乗るならギリ有りかな〜。
駅周辺にはコンビニもあるのでここで水やお昼を調達しました!そのためバス待ちが遅れて座れませんでしたが…。

<8:42 JR堅田駅バス停>
堅田駅前

乗車時間は約55分。頑張ってバスに揺られてると山登りに3年目にして初のアクシデント。

なんと、大型タンクローリーが横転。道路を塞いで通行出来ません!!

で、しばらく停車。。。。

路線バスなので運転手判断で勝手に回り道などが出来ないのですが、そんなことも知らない年配男性達が「早く何とかしろ。何で迂回しないんだ。何時になったら判断するんだ。」などと騒ぎ、雰囲気最悪…。なんて自分勝手なんだろうか・・・。
運転手さんもある意味被害者なのにひたすら詫びてました。

結果、45分オーバー
2時間近くバスの中で立ってたので、ウォーミングアップになりました。(前向き!)

<10:21 坊村バス停>
坊村バス停

坊村のバス停前には公衆トイレがあり皆さんこの周辺で準備を整えて出発して行きます。
ちなみにコンビニ等はありません。

趣のある木造建物の比良山荘明王院を通過すると登山口が登場。いよいよ山登りが始まります。

<10:38 武奈ヶ岳登山口>
武奈ヶ岳登山口_坊村
山行記録:
登山道に入るといきなりの急坂が続きます。
先を見てもずーっと急坂。バイキンマンそしてずーっと樹林帯。バイキンマン

気温も高くて急坂で体温はすぐに上昇。長袖から半袖に着替え直すも、汗だく汗登山でした。

坊村の標高は290m。1時間足らずで800m地点へ。
それからは緩坂、急坂を繰り返して眺望の良い休憩ポイントへ到着。初めは御殿山かなと思いましたが違ってました…。

<11:17 御殿山コース>
御殿山コース

少し休憩してしばらく歩くと御殿山へ到着。
小さな標識もあり、何と言ってもこれから行く武奈ヶ岳が目の前にドーンと広がってます。

坊村からここまで約2時間
なんか、結構サクッと御殿山に着いちゃうような書きぶりですが、ここまで大変な道中ですよ〜。

「まだあそこまで歩くのか…」冷や汗

結構遠くに見えますが、歩くと大したことないんですよね〜。いやー、人の足って凄いです。

<12:14 御殿山山頂>
御殿山山頂

御殿山からワサビ峠まではせっかく登ってきたのに下らされます。でも、久しぶりの下りが体には嬉しいですね。

<12:22 ワサビ峠>
ワサビ峠

ワサビ峠を過ぎるとまた登って、武奈ヶ岳のクライマックス西南稜を気持ちよ〜く歩きます。

アルプスの稜線まではいかないまでも、大菩薩嶺の稜線くらいの気持ちよさはあるかも。

来た道を振り返ると、山頂に何やら建築物が。
昔スノーボードで行ったことがある琵琶湖バレイ。つまり蓬莱山ですね。

<12:42 武奈ヶ岳の西南稜>
武奈ヶ岳_西南稜

行く手にはどんどん大きくなる武奈ヶ岳山頂が。
武奈ヶ岳からは、100名山の伊吹山、御嶽山、白山が見れるらしいのですが、山頂に行かないと見え無さそう。

山々を見たいという気持ちが、今までの疲れも忘れて足を山頂に向かわせてくれます!
最後の登りを終え武奈ヶ岳山頂へ到着。クラッカー

で、武奈ヶ岳山頂は大人気。30人は居たと思います。

登山道でもたくさんの人と遭遇。「今日は登山者多いな〜」とすれ違ったおっちゃんが独り言を言いながら下山してました。

武奈ヶ岳山頂ではランチタイムご飯
今日はバーナーを使わずコンビニ弁当ですましちゃいました。
それにしてもアルプスだとバーナー使う人が大半なのに、ここでは圧倒的少数。日帰りの山だからかなぁ。

<12:56 武奈ヶ岳山頂>
武奈ヶ岳山頂

時間がお昼近くになってしまったので雲が広がってしまったので、今回は一番近い伊吹山ですらはっきり分かりませんでした。次は空気が澄む冬に挑戦ですね。パンチ

また、風が強く寒かったですし、バスの遅延で時間は押してましたので休憩もそこそこに下山開始です。


しかし、下山には様々なトラップが待ち受けているのでした!!クッキーモンスター
Vol2.下山編に続きます!


アクセス:
<坊村方面へ>
京都バス:10系統 出町柳駅前 ⇔ 朽木学校前
 出町柳駅前[07:45] ⇒ 坊村[08:41](片道:990円)
 坊村[17:21] ⇔ 出町柳駅前[18:17](片道:990円)
 ※平日は運行していません。

江若バス:堅田葛川線
 堅田駅[08:50] ⇔ 坊村[09:36](片道:1,000円)
 坊村[15:46] ⇔ 堅田駅[16:30](片道:1,000円)

<イン谷口方面へ>
江若バス:比良登山線
 比良駅[08:20、09:10] ⇔ 比良イン谷口[08:32、09:22](片道:350円)
 比良イン谷口[16:00、16:40] ⇔ 比良駅[16:10、16:50](片道:350円)
 ※春分の日〜11/30間 土休日運行

<ガリバー旅行村方面>
江若バス:高島線(コミュニティーバス)
 近江高島駅[09:04] ⇔ ガリバー旅行村[09:29](片道:220円)
 ガリバー旅行村[15:31] ⇔ 近江高島駅[15:57](片道:220円)
 ※土休日、夏休み期間運行

近くの宿泊施設:
武奈ヶ岳付近の宿(大津)
武奈ヶ岳付近の宿(雄琴・堅田)

武奈ヶ岳付近の宿(京都駅前)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック