はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>




薬師岳小屋(鳳凰三山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

これまでコツコツと書いてきた山小屋宿泊体験記ですが、今回から新境地に入ります!(大げさ?)

今回宿泊した「薬師岳小屋」ではや12件目なんですが、なんと初の相部屋〜!!
今まではぜーんぶ個室♪なんて散財してたんだろうか〜。悲しい
(※昔、富士山の山小屋では相部屋で過ごしてました。)


いやいや、他人のいびきとか我慢するくらいなら、

快適さをお金で買わせて頂きます!!

ってのがポリシーだったのですが、そもそも薬師岳小屋は個室がありませぬ。


そんな初の『相部屋』山小屋宿泊体験記薬師岳小屋編。
ご参考&お楽しみくださいませ〜。

------- ここから本編 ---------

夜叉神峠から登る鳳凰三山縦走では、「南御室小屋」と「薬師岳小屋」のどちらかを選ぶことになると思います。
 ※二つの山小屋は同グループ。

今回の山行では「薬師岳小屋」を選択したのですが、理由は次の通り。
1.より稜線や山頂近くに泊まって日の出・日の入を見たかった。
2.2日目の行程をなるべく短くしたかった。
3.テント泊ではなかった。(テン場は南御室小屋のみ)


決めた理由のほとんどが1なんですが、結果、大正解でした!
ただ1日目の行程が長く、ひたすら登りの6〜7時間が唯一のデメリットですね・・・。冷や汗


薬師岳小屋のオフィシャルHPはコチラ


ゲリラ雷雨の攻撃を受けながら薬師岳小屋に到着した我が一行。
 ※詳しくは、鳳凰三山縦走(1日目:ゲリラ雷雨編)をご覧下さい。

薬師岳小屋の入口前にストック入れと、入口横に乾燥室&女子更衣室の部屋があります。

紐とハンガーがたくさんあって乾燥室という名前ですが、今回は雨も降っていたせいか、まったく乾きませんでした・・・。しかも外なので、冷たくなるし・・・。

雨を小屋内に入れないための荷物置きを思った方が正解かも。ここでは、ザックカバーや手袋、雨具を掛けて置きました。

また、乾燥室内にカーテンで仕切られたスペースがありここが女子更衣室になってます。

<乾燥室・更衣室>
乾燥室&更衣室

小屋に入ると受付があって、宿泊代金を払って(現金のみ)、利用スペースまで案内&小屋の説明・注意点を話してもらえます。料金は1泊2食付きで8,000円でした。

<注意事項>
・湿布、香水等、臭いの強いもの使用禁止
・フトンの上にザックを置かないこと
・就寝スペースでの飲食・喫煙・火の使用は禁止


入口には、朝食・夕食の時間や、日の出・日の入時間、売店メニューが分かるようになっています。

<薬師岳小屋_入口>
玄関

売店メニューです。
メニューは何かと豊富で、耳栓、ブリーズライト、携帯トイレの日用品から、飲み物(もちろんアルコール有り)、お菓子・おつまみまで。

山小屋ならではの面白い表示はカップメン。
湯あり500円、湯なし300円でした。つまりお湯が200円ってことね。

お腹すいたので「チョコチップクッキー(300円)」を購入。
食べ過ぎたら夕食が美味しくないので、余った分は明日の行動食にしておきました。

ちなみに、夕食と朝食の準備中は一旦売店は閉まってしまいます。

<薬師岳小屋_売店>
薬師岳小屋_売店
小屋の中は、売店&食堂と就寝スペースが鉄のドアで仕切られています。就寝時間までは開けっ放しです。

奥に進むと地上階、中2階、2階と面白い構造になってました。地上階はコの形。中2階、2階へは垂直の木のハシゴで登っていきます。

今日は人数も少なかったのか、地上階と中2階を少し使っただけで済んでいました。

外に出るときは山小屋ではおなじみのクロックスのような履物で、食堂や外のトイレに移動できます。

<山小屋内>
薬師岳小屋内

就寝スペースですが、今回の宿泊数は約20名といったところ(お盆&金曜日です)。布団を3枚敷けるスペースを2人で使えるという感じでゆったりでした。

カーテンで周りと区切れるようになっているところもあり、ひょっとして個室もある?なんて思ってしまいました。(ちなみにHP上に個室があるとの表示はありません)

ザック等の荷物を置くところあり、ロープもありと狭いスペースを有効活用。
外の乾燥室よりも、小屋内のロープでギアを干した方が良く乾きます・・・。

<就寝スペース>
寝室スペース

案内されて時間を見ると、午後15時頃

すでに仮眠している人や布団に入って本を読んでいる人等がいて、相部屋内では声出して話しするのも気を使うので、小屋内の入口にある食事スペース&談話スペースへ移動です。

ここは掲示物やパンフレット、寄せ書き、本棚には最新号から古い号までの山雑誌がたくさん。売店で買ったお菓子と飲み物を持ち込んでと、時間つぶしには持って来いです!(ホントは砂払岳や薬師岳に遊びに行きたいのだが・・。)

今日は雨雨も降っているせいか、太陽光が弱く小屋内は暗かったです。
夕方近くになると発電機が回り、小屋内の電気が付きます。

<食堂兼居間>
居間&食堂

壁に貼ってある寄せ書き?にはトレランの人が多い中、「鈴木みき」さんのイラストも。
センスありますね〜。

<トレラン多い>
色紙

さてさてトイレ情報ですが、小屋の外にトイレ棟があります。
男女兼用3つ(すべて洋式)と男小1つです。外に手を洗うところもあります。

トイレの使い方は、まずノックして人が入っているかを確認。トイレ内が暗いので入っているかどうか分からないんです。

紙はゴミ箱に捨てる方式で、トイレットペーパーの換えや消臭剤を置いたりと気を使ってくれてます。
でも、臭いは結構する猫ので長時間は厳しいですね。

<トイレ>
トイレ

薬師岳小屋の夕食は17時30分〜。ご飯

食事中には薬師岳小屋のオーナーさんが、山のコト、天気のコト、花のコト、いろいろお話をしてくれます。
この付近でも雷鳥が出てくることがあるとか、良く咲いている高山植物は〇〇ですとか・・・。

メニューはおでんですね。おでんと言えば丹沢・塔ノ岳の尊仏山荘(こちらは朝ごはんでしたね)
おでん数も6〜7個あり、お腹にも優しくて、温かくておいしいですね。お漬物や簡単なサラダもあり同テーブル4人で取り合います。
 ※個人的に山小屋の食事におでんは大ありだと思ってます♪

でも、ごはんが残念。とってもべちゃべちゃです。。。おかわりできますけど・・・。
食べ終わったら、日の入りを見に薬師岳へ出発ですね!

<夕食>
薬師岳小屋_夕食

で、結構な時間まで小屋の外で遊んでしまいまして・・・・。
消灯時間は20時ですが、消灯時間以降は小屋内外がホントに真っ暗になります。ホントに何も見えません。夜

ヘッドランプが無いと、歩くことすら出来ないです。トイレに行くときなど必須です。
だた、ヘッドランプをこうこうと付けると寝ている人の邪魔になるので、手で光をある程度隠してなど。。。
※マイギア BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) スポット

ふぅ。相部屋はホントにいろんなとこで気を使いますね・・・クッキーモンスター

<薬師岳小屋_外観>
薬師岳小屋夕方

薬師岳小屋の朝食は5時30分〜

薬師岳山頂で日の出朝日を見て戻ってきたら朝食スタートというタイミングでした。朝食メニューはいったてシンプル。小さな魚は美味しかったが、やっぱりご飯が・・・。

最近朝食は山小屋で食べずに自炊する人も多いと聞きますがこの内容だと分かる気もします。。。
今回でも、薬師岳小屋の外のベンチで朝食を作っている登山者がいました。正直、美味そうでした・・・。

でも、朝食も山小屋で食べたい!
ここでも山小屋のオーナーが、楽しいお話をしてくれます。

また、近くで食事している人たちとも、「どこの下山口から降りるんですか?」
などの話で盛り上がりました。この交流が山小屋泊の醍醐味ですよね〜♪

<朝食>
薬師岳小屋_朝食


<その他>
携帯電話。小屋内では繋がりません。(ソフトバンク、auは調査済み。ドコモは不明)
相部屋内にコンセントは発見できず。携帯の充電はお金を払えばやってくれるようです。

お風呂は当然ありません。
水場、テン場もありません。

朝はみなさん4時頃からゴソゴソし始めます。
4時半には、いったん日の出を見るために小屋を出て、朝食食べる人は戻ってきて、食べない人は先へ進むって感じです。

8月中旬。夜の気温は13度、朝の気温は7度で、薄着だと結構寒かったです・・・。


富士登山以来の相部屋でしたが、気を使うも薬師岳小屋の立地の良さには敵いません!
今度は、南御室小屋も泊まってみようと思います。

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック