はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




2011.08 富士山(5合目⇒本8合目)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2011.08 [日本100名山] 富士山 3,776m 曇⇒晴れ 

 ※参考山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹 2011年版
 ※参考登る女 富士山・立山編 [DVD]

タイムスケジュール:
12:10 富士スバルライン(5合目) 出発
12:40 安全指導センター(6合目) 到着
13:40 花小屋(7合目)到着
14:30 鳥居荘 到着  ※標高3,000m付近
15:20 太子館(8合目)到着
16:00 白雲荘 到着
16:30 富士山ホテル(本8合目) 到着
17:00 夕食(ハンバーグカレー)

※5合目⇒本8合目 所要時間 4:20


※ルート情報はI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOGを使っています。

富士山 登山記:

8月下旬に富士登山に行ってきましたグッド

登山口は一番人気の富士吉田口(富士スバルライン五合目)。
週末とかお盆は大混雑が予想されるので、平日2日間使って登りました!


■登山記 本編です

今回で富士登山は10回目なのですが、どの「登山口から登るか?」は一緒に上るメンバーで決めることが多いです。
 ・富士登山が初めての人がいる場合は「富士吉田口」
 ・富士登山が初めての人がいない場合は「須走口」
 ・関西から来る人がいれば「富士宮口」
こんな感じです。

「富士吉田口(富士スバルライン五合目)」は激しい混雑でできれば避けたいのですが、
 ・山小屋が多くて気分的に楽
 ・頂上でなくてもご来光が拝める
ので、妥当な選択かと・・・・。


今回は富士登山初挑戦の人がいたので、富士吉田口(富士スバルライン五合目)から山頂を目指します。まずは、登山前の難関、登山口での駐車場確保です。

これについては、富士スバルラインの駐車場問題をご覧ください。


無事駐車場も確保できたら、高度順応も兼ねて、車中でお腹を満たしゆっくり準備して出発です!(いつも1時間は過ごします)


<富士スバルライン5合目入口>
富士スバルライン5合目入口

富士スバルライン5合目はいつ来ても人がいっぱいで賑やかです。平日なんですけどツアー客らしき人も沢山います。しかし、来るたびに案内板とかが綺麗になってない?と思うのは私だけ・・・。


<富士吉田口合流地点>
吉田口合流地点

5合目と6合目の間にある合流地点。富士吉田口1合目から登る人とここで合流します。が、あまり1合目から登る人はいないので特に混むとかそういうのはありません。


<6合目⇒7合目のジグザグ登山道>
5

6合目からは富士登山で一番嫌いなジグザグ登山。1時間近く単調な登りです。景色がいいとまだいいのですが、ガスったりして景色が見えないのとテンション下がります・・・。


<山小屋のトイレ>
富士山のトイレ

山小屋のトイレはほぼ一回「200円」ですね。山頂は「300円」が多いです。昔は宿泊者は無料だったのに、最近は宿泊者でも料金を取るようになってます。しかも手動改札機付き。お金入れないとトイレすら入れません。


<山小屋銀座>
山小屋銀座

7合目「花小屋」から本8合目「トモエ館」までは山小屋銀座。10〜20分置きに山小屋が出てきて、ベンチもあるし買い物もできるので気持ち的に楽ですね。13の山小屋があって他の登山道の2〜3倍もの数です。


<綺麗な山小屋:元祖室>
綺麗な元祖室

山小屋の中でも外見がとっても綺麗だった「八合目 元祖室」(標高3,250m)です。昔の元祖室はこんなんじゃなかったのに・・・。他には「東洋館」「富士一館」が綺麗でしたね〜。今度泊まってみたいです。

ちなみにこの地点で気温11℃(午後4時)でした。


<7合目⇒8合目の登山道>
富士登山

山小屋と山小屋の間は岩場の登山道が多いですね。人が多いと渋滞します。
ここら辺まで来るともう雲の上です。
日本で2番目に高い山「北岳」の標高は3,193m。「白雲荘」より上は北岳より高い宿泊施設になります。
冷静に考えると凄い!


<今回宿泊の富士山ホテル>
富士山ホテル

今回宿泊する本八合目の富士山ホテルです。富士山の山小屋で唯一クレジットカードが使えます。本館・新館・別館と豪華そうですが、中身は山小屋です。お風呂も個室もありません(更衣室はあります)。トイレは山小屋の外にあり宿泊者も「200円」必要です。

高山病になりやすい人は、もう少し標高の低い山小屋で1泊した方がいいかもしれません。富士山ホテルは富士山の山小屋の中でも標高が高いので、寝て起きたら頭痛が(高山病)とかありえますので。


<ハンバーグカレー>
夕食ハンバーグカレー

富士山で一般的な夕食。ハンバーグカレーです。カレーは疲れていても食べやすいということで富士山の山小屋の夕食はほとんどカレーですね。
4時間近くも山登りするとお腹も減るので美味いんです。ちなみに、普通に買うと、ハンバーグカレーは1,200円です。

お腹も満たしたところで、今晩の夜景と明日のご来光のためにしばしの休息です。


つづきは、
2011.08 富士山(本8合目⇒登頂⇒下山)はこちらです。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック