はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2013年7月 御嶽山 (1日目Vol1:黒沢口〜覚明堂)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2013.07 御嶽山(黒沢口)3,067m 晴/曇り 

 ※参考山と高原地図 39.御嶽山 小秀山・奥三界岳 2013

コースタイム:
■1日目(登り)
09:40 飯森高原駅 出発 ※御岳ロープウェイ利用
09:48 行者小屋  通過
10:40 女人堂(八合目)到着
12:18 覚明堂   到着 ※途中お昼タイム
 ↑Vol1はここまでのお話です。↑
13:18 御嶽山山頂(剣ヶ峰)到着
13:35 御嶽山山頂(剣ヶ峰)出発
14:00 二の池小屋 通過 
14:25 サイノ河原 通過 ※雷鳥の親子発見!
14:40 サイノ河原避難小屋 通過   
15:32 五の池小屋 到着
 
※所要時間 黒沢口⇒五の池小屋 5:05(休憩47分含む)

 ※御嶽山(1日目Vol2)はコチラ
 ※五の池山荘の宿泊体験記はコチラ
 ※御嶽山(2日目)はコチラ ※悪天候。


※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。


日本で14番目に高い山。
御嶽山(おんたけさん:3,067m)に行ってきましたー♪

御嶽山に憧れ始めたのは、木曽駒ヶ岳山頂から見た存在感ありまくりの御嶽山を見て以来。ときめき
それ以降どこの山からみても一目で分かるその山容。そして雷鳥も生息♪鳥 

あー、めっちゃ行きたい!!!

なんですけど、御嶽山アクセス悪すぎじゃないですか怒り

で、去年は八ヶ岳のようなアクセスの良い山ばかり通ってしまいましたが・・・、今回は気合を入れて、伊那インター近くのビジネスホテルに前乗りまでして行ってきました!

あとは気になるお天気。1日目は天気がよさそう晴れですが、2日目がどうやら下り坂。曇り
そして風が強いとのこと。天気が持つことを信じて山登り開始です!!

<天気予報(1日目)>
御嶽山
山行記録:

御岳ロープウェイの山頂駅(飯森高原駅)に降り立った我が一行。
気温は20℃です。

「御嶽山が雲の中・・・」

スカっと晴れた日ではありませんでしたが、暑くもなくて登山日和だ!と自分に言い聞かせて登山開始です。

山頂駅を左に曲がるとすぐに登山口が出てきます。

<9:42 黒沢登山口>
黒沢登山口

行場山荘までの道は登山というより平坦な道が多い散歩道。
木くずのチップが敷き詰められてとっても歩き易いです。行場山荘まではたったの10分。ここまでは気軽に来れちゃいます。

手前にある綺麗なトイレを過ぎると目の前に古い木造の味のある山小屋が登場。御嶽山の雰囲気出てますね♪
 ※行場山荘のトイレは一回100円。とっても綺麗きです。

行場山荘の名物は有名な「ちからもち」。楽しみは下山までお預けです。

<9:48 行場山荘>
行場山荘

行場山荘を通り過ぎると本格的登山の始まりです。
8合目の女人堂までは、樹林帯&急坂&1時間で結構大変ですが、道が整備されていて歩き易いです。

今日は風が強風く、空が雲で覆われたと思ったら、晴れて暑くなったりと、天気がコロコロと代わり体温調整が大変でした。。。

女人堂までは、
ファイントラック(finetrack) フラッドラッシュスキンメッシュノースリーブ
(ミズノ)ブリーズライトメッシュプリントTシャツ
を着てましたが、汗だくに。3回ぐらい汗を拭いました。

<9:50 樹林帯>
整備された道

女人堂に近づくと周りの木々が低くなって青空を見ながらの山登り♪

テンションが上がってきますが、女人堂直前に小さな虫虫のトンネルが待ってまして、テンションガタ落ち・・・。
顔に虫除けの網をかぶっている登山者を何人も見ました。確かにあった方がいいかも!

そして女人堂に到着。そして御嶽山が目の前そびえ立ってます。
ここからの景色は本当に最高でした。手

やっぱり御嶽山って横に広くて格好いい山容ですね。
何時間でも見てられます♪

<10:39 女人堂に到着>
女人堂到着

昔は女人堂から上部は女人禁制。今はもちろん大丈夫ですよ。

女人堂から少し歩くと結構な広さの雪渓が登場。
でもアイゼンなしで大丈夫でした。

雪渓を抜けてからは一段と宗教風情大仏が出てきて、手前にたくさんの石碑&奥に御嶽山。

これでもかと現れる鳥居・石造・鐘、独特な雰囲気すぎて、ホントに最高です♪
そんな信仰&霊山の雰囲気あふれる御嶽山写真を連続でどうぞ!

<10:49 御嶽山以外では見れない景色>
女人堂近くから山頂

<10:59 石碑と御嶽山>
8合目付近登山道

<11:19 石造と鐘>
8合目付近登山道2

9合目の岩室山荘に近づくと急な岩場登りになり、高度を稼いでいきます。
その岩にも宗教チックな文字が書かれていて、やっぱり好きだなぁ信仰のある山は。

ここらへんから上部を見ると、岩場の先に岩室山荘と覚明堂の小屋が見えてて、富士山の7合目〜8合目付近に似てるなーというのが感想。

富士山に雰囲気似てますが、標高が低いから登りも少ないし、トイレもきれいだし、富士登山の予行練習に良いかも!(でも、アクセスがとっても悪い。。。)

<11:51 もうすぐ岩室山荘>
8合目付近登山道3

振り返ると登ってきたのを実感できる解放感のある景色が広がってます。山
ロープウェイの山頂駅も8合目の女人堂もバッチシ見えますよ。

<11:54 下界を眺めてみます>
下界を眺める

岩場を登ると9合目「岩室山荘」に到着。ここもトイレは1回100円ですが、とっても綺麗ですき

登山道を進むには石室山荘の中を通る必要があります。
ドアを開けて「失礼しま〜す」。山荘の中をあるいて「失礼しました〜」って感じです。

岩室山荘をかわす登山道もあるみたいでしたが、気づきませんでした。。。

<12:00 岩室山荘>
石室山荘

岩室山荘に着いてホッと一息つきますが、まだ9合目。気温は御岳ロープウェイ山頂駅と同じ20℃。
山頂剣ヶ峰は、まだ随分とありそうです。

途中にはまた宗教チックな雰囲気に囲まれた覚明堂(休憩所)があり、親切なおじさんがいろいろ教えてくれて、手書きの簡易地図まで頂いちゃいました。
おじさん「ここから山頂までは40分くらい。君らのような若い者は20分で行けるよ!(イヤイヤ無理だって・・)」
おじさん「御嶽山の山頂は広くて、東京ドーム4個分?富士山の山頂の4倍くらいあるよ。(とにかく広いってこと)」
おじさん「剣ヶ峰から5の池小屋までは歩いて1時間〜1時間30分くらい」

あと40分で山頂か。天気もいいし頑張るかー。パンチ

<12:17 休憩所の覚明堂>
覚明堂下

おまけ:
御嶽山のトイレは綺麗なところが多いです。(女性も安心レベル)。
その中でもピカイチだったのが女人堂(8合目)のトイレ

一回100円ですけど、200円払っても良いと思えるほどきれいした!
これも御嶽山をリピートしたい理由の一つですね〜。

女人堂トイレ綺麗


次回の御嶽山山頂巡り編が長くなりそうなので、今回はここまで!
Vol2こうご期待。

御嶽山(1日目Vol2)はコチラ


御嶽山の山小屋:
行場山荘
女人堂
石室山荘
王滝頂上山荘
御嶽剣ヶ峰山荘
御嶽頂上山荘
二の池本館
二の池新館
五の池小屋

アクセス:
<関東方面から>
 高速バス:新宿−木曽福島線(おんたけ交通)
 a.新宿BT[08:10] ⇒ 木曽福島駅[12:25](片道:4,500円/往復:8,100円) 
  ↓
 路線バス:御岳ロープウェイ線(おんたけ交通)
 a.木曽福島駅前[13:40] ⇒ 御岳ロープウェイ[14:45](片道:1,500円) 

<関西方面から>
 高速バス:伊那−京都・大阪線(伊那バス)
 a.大阪[08:30] ⇒ 伊那市[13:45](片道:5,100円/往復:8,800円) 
  ↓
 レンタカー等:伊那市 ⇒ 木曽福島 ⇒ 御岳ロープウェイ
  距離合計 約80km、所要時間合計 90分

近くの宿泊施設:
御嶽山付近の宿(木曽・御岳)

御嶽山付近の宿(高遠・伊那・辰野)
御嶽山付近の宿(塩尻・その他)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/07/27 4:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック