はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2011.08 入笠山 登山


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2011.08 入笠山 1,955m 晴れ 富士見パノラマゴンドラ

 ※参考:山と高原地図 北岳・甲斐駒 2011年版

タイムスケジュール:
10:00 ゴンドラ山頂駅 出発
10:15 入笠湿原 到着(木道を歩く)
10:22 山彦荘  到着
10:36 御所平峠 到着(マナスル山荘があります)
11:10 入笠山山頂 到着(360度ビューを堪能して)11:35 下山開始
12:05 御所平峠 到着
12:40 ゴンドラ山頂駅 到着


※ルート情報はI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOGを使っています。

入笠山 登山記:

登山初心者でも楽に上れる入笠山(にゅうかさやま)に行ってきました〜。
いろんな登山ガイドブックでは入門〜初心者向けと書いていますが、どうなんでしょう??

前回は真夏の筑波山登山で地獄の暑さだったのですが、入笠山のある富士見パノラマは山麓でも標高1,000mを超えてます。筑波山の877mより高いので、やっぱり長野県は素敵です♪

<富士見パノラマリゾート 入り口>
富士見パノラマ山麓駅

富士見パノラマリゾートの入り口は巨大な駐車場が広がっています。冬はスキー場ですので満車になるのでしょうが、平日の夏はガラガラです。。。左にチケット売り場、右にお土産やさん。ピンバッジも3種類ほど売っていました。

<富士見パノラマゲレンデ>
富士見パノラマゲレンデ2

富士見パノラマリゾートの入り口を入って階段を上っていくと真夏のゲレンデが広がっててテンションUPです。パラグライダーも有名で、当日もゲレンデの上から体験パラグライダーをやっている人がいらっしゃいました。

<富士見パノラマゴンドラ乗り場>
富士見パノラマ山麓駅

ゴンドラはゲレンデの右端に隠れるようにあってちょっぴり歩きます。冬は混むのでしょうが夏はガラガラ、まったく並ばずに乗車です。ちなみに、10%割引券が、パンフレット等あちこちに転がっていますので探しましょう!


<入笠湿原>
入笠湿原

ゴンドラ山頂駅から山道を歩くこと約10分で、ガイドブック等で写真が良く使われる「入笠湿原」に到着します。そんなに広いわけではないのですが、木道で一面緑が広がっていて癒されます。左奥に見えているのが山彦荘です。山彦荘の隣には公共のトイレがあるのですが、新しくてとっても綺麗です。

それにしてもとんぼと蝶の多いこと。

<入笠湿原の手乗りトンボ>
入笠山トンボ

トンボの群れに人差し指を出すと、人懐っこいトンボはとまってくれます。しばらくトンボと一緒に登山します。可愛いですね〜♪

<御所平峠−入笠山山頂のくさり場>
入笠山くさり場

山彦荘からまた山道を歩いていくと車道が現れます。それをまっすぐ行くと御所平峠、マナスル山荘っていう屋上にミニ天文台がある建物が目印です。ここまでの道のりはアップダウンがあるものの急な登りや下りはありませんでしたが、ここから道が分かれていて、いよいよ入笠山の山頂に向かって登り始めます。

軽いくさり場もありました。(くさり場と言うのか?)

<入笠山山頂>
入笠山山頂

ゴンドラ山頂駅から歩き始めて約60分で山頂に到着しました〜♪山頂には20人くらい、絵を描いている人、弁当を食べている人、うんちくを述べている人、いろんな人がいらっしゃいました。

この入笠山は360度パノラマビューで、景色はものすごく良いです。
てか、八ヶ岳〜北・中央・南アルプス、富士山、御岳山までなんでも見えちゃいます。

今日は午後から雨という予報だったので午前中に登りましたが、八ヶ岳方面以外は雲があってちょっぴり山が顔を出す程度でしたが、堪能しました。

<登山道にあるネット>
入笠山ネット鹿よけ

入笠山の特徴は湿原やお花畑に野生の動物(特に鹿)を入れないようにネットが張ってあることです。6個所くらい通ったと思います。ポールを出し入れして中に入ったり出たりしていきます。


そんなこんなで、無事にゴンドラ駅に到着しました!
登山と言える部分は御所平峠〜入笠山山頂の約30分くらい、ほかはトレッキングですね。ガイドブックの入門〜初心者向きというのも納得です。

ゆる登山ですが景色は最高でした。いいです、入笠山。



スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
はじめまして。
「まにあ道」というサイトを運営しているまにあ道事務局と申します。
突然コメントさせていただいたのは、貴方のブログが大変興味深く
まにあ道にも是非ご掲載していただきたいと思ったためです。

まにあ道とは「趣味と遊びを極める」をコンセプトとした、マニアな知識や情報をみんなで楽しめるコミュニティサイトです。「まにあ」な人もそうでない人も、思い思いの方法で参加されています。

また、まにあ道のコンテンツの一つである「マニアーナ!チャンネル」は
東海テレビの番組「まに=DO!(マニワドゥ!)」としてテレビ番組にもなりました。

貴方のブログの内容はとても興味深く、ぜひまにあ道にも参加していただきたいと思っております。登山について書いていただいて、ご自身のブログへ誘導下さい。ライティング料等はお出しできないのですが、少なからず貴方のブログのアクセスアップに貢献できるかと思います。

まにあ道は完全に無料のコミュニティサイトですので、よろしければ
ぜひお気軽にご参加ください!よろしくお願いいたします!

まにあ道
http://www.maniado.jp/

東海テレビ まに=DO!サイト
http://tokai-tv.com/maniwado/
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック