はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




2013年6月 リベンジ霧ヶ峰 登山


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2013.06 [日本100名山] 霧ヶ峰・車山 1,925m 晴 

 ※参考山と高原地図 32.八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ケ峰 2013

コースタイム:
09:05 車山肩  出発
09:45 車山山頂 到着 ※気象レーダーあります
09:55 車山山頂 出発 
10:10 車山乗越 通過
10:30 蝶々深山 通過 
11:20 奥霧小屋 通過 ※八島湿原には行かず
11:40 沢渡   通過
12:05 車山肩  到着

※所要時間 霧ヶ峰・車山 登山 3:00(休憩 10分含む)


※ルート情報は旅レコを使っています。

6月中旬。梅雨の合間雨。山登りの為に2日間セット!

まぁ、2日間のうち晴れた日に蓼科山へ行ければいいかな〜、と思っていたら、まさかの両日晴れ
 ※まさに飛行石を持ったムスカがラピュタに向かったかのよう・・・

という訳で、
 1.蓼科山の近くで、
 2.短時間で登れる山、

を条件に、去年、残念登山になった霧ヶ峰(車山)へ向かうことになりました!


去年、霧ヶ峰に行ったのは7月中旬。もう1年経つんですね〜。
その間、いろいろな山へお邪魔してきましたがそこらへんは、
 ・登山/トレッキング記録一覧
 ・2012年 山登りベスト3!
なんかをご覧くださいませ。


<天気予報>
霧ヶ峰天気
山行記録:

去年の7月霧ヶ峰に来たときは、今にも雨が降り出しそうなガスガスの中、車山肩を目指してビーナスラインで車を走らせていました。

もちろん視界不良冷や汗

でも、今回はなんてことでしょー。

昨日登った蓼科山をはじめ、気持ちの良い高原風景が広がってるではありませんか!
気持ちのよい天気と景色の中、霧ヶ峰の山歩きを楽しめそうです♪

<8:47 ビーナスラインから蓼科山>
蓼科山が見える

去年と同じく「車山肩」に車を停めて登山開始です。
去年はガスガスで、山頂でやっと見えた気象レーダーも、今回は車山肩からはっきりと見えますね。

そして、南アルプスを見ながら歩ける嬉しさ。甲斐駒ケ岳は目立ちますね〜。

そしてそして、でかい毛虫毛虫がたくさん・・・。
去年7月の山行記録にも毛虫がたくさんいるって記録してありました。変わらない気持ち悪さ・・・

<9:08 車山肩から車山山頂へ>
車山山頂へ

そんなこんなで、気象レーダーがある車山山頂(1,925m)に到着。

昨日登った蓼科山が間近です・・・。八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプスは白馬方面まで見えてました〜。

ここまではリフトで楽々来れるので、観光客の方がたくさんいらっしゃいました!
車山肩から車山まで登っている人は4、5人くらい。ここから八島湿原までも10人ほどと静かな山登りでした。

<9:53 車山山頂の写真>
車山山頂

車山山頂から360度パノラマを堪能してから霧ヶ峰一周歩きに向かいます。
リフトを右手に、岩で出来た急な階段をドンドン下りていきます。パンチ

<10:00 車山山頂から下山開始>
下山開始

去年は大雨になりそうでこの分岐をへ。そのまま車山肩へ戻りました。
が、
今年はここの分岐を手。たおやかな蝶々深山山頂方面へ向かいます♪

<10:16 去年はここで登山口へ>
車山肩分岐

霧ヶ峰の高原風景山と木道の組み合わせはとっても綺麗ですね。
7月は木道周りの植物も緑々してきますが、6月はまだ植物も若いです。

<10:19 きれいな高原です>
木道

緩やかな登りが終わるとそこが「蝶々深山」山頂。
結構広い山頂で休憩の方もチラホラ。

視界もバッチシで、山頂からは美ヶ原蓼科山・北アルプス方面山がははっきり見えます。

一番見たい御嶽山が雲曇りに隠れてしまって残念・・・。

<10:31 蝶々深山山頂>
蝶々深山山頂

さて、蝶々深山から八島湿原へ向かいます。
おだやかな高原道を少しずつ下っていくと、途中に物見岩ポイントへ到着。

<10:48 物見岩です>
物見岩

物見岩岩を過ぎたあたりから、八島湿原の全景を見ながら歩きます。平らっ。

実は、所要時間80分ほどの八島湿原を一周したかったのですが、時間が無くて今回は断念。kyu
八島湿原の手前に沿って、車山肩まで戻ることに。臨機応変に計画変更ですね。

<10:51 八島湿原が見渡せます>
八島湿原全景

物見岩から八島湿原。実は、ぐんぐんと高度を落としていきます。
見晴らしの良い高原道から、軽い樹林帯のようなところを歩いて行くので標高が低くなってきた感じがします。

6月の霧ヶ峰はレンゲツツジ花がたくさん咲いていて、赤というか朱色に染まってて、とてもとても綺麗でしたね〜。

<11:03 レンゲツツジのシーズン>
赤い花

そういや、車山肩からはトイレトイレが一か所もありません。
霧ヶ峰を一周しようとすると、次は休業中の奥霧小屋分岐の手前にある公衆トイレ。

これが、まあまあ汚く、臭いもあって、霧ヶ峰って洗練された観光地と思ってたので、ちょっぴり残念でした。バイキンマン

<11:12 公衆トイレ>
残念公衆トイレ

実は八島湿原とは微妙に道が離れていて、湿原を右手に歩くという期待はもろくも崩れ去りました・・・。

八島湿原の手前ルートは、湿原に鹿鹿が入ってこないように柵も設置してあり、登山道というか砂利道。水たまりもあって、となりのトトロトトロに出てきそうな昔の田舎道な雰囲気です。

裸足で走り回って、虫を捕まえて・・・ノスタルジックな気持ちになっちゃいました。クッキーモンスター

<11:32 ノスタルジックな昔道>
トトロな昔道

誰ともすれ違わない寂しい砂利道を歩いていくと車道と合流。
そして、どこからともなく水があふれ、センスの良いヒュッテの看板が出て、路駐している車がある不思議な場所。

沢渡に到着です。

<11:42 沢渡>
沢渡

沢渡付近には、お年を召した方が3人ほど。登山道から外れて何かやっています。
おじいさんが持っていた大きなレジ袋の中にははちきれんばかりのぜんまいきが入ってました!

なるほど、山菜取りだ。さすが霧ヶ峰!

沢渡から車山肩へは、なかなかの登り道です。
霧ヶ峰のゆるーい登山道とぐだぐだ下山のあとに出てくる本格的な登りほど堪えるものはありません。しょんぼり

でも、右手に次回登山予定の大好きな「御嶽山」がはっきりと。御嶽山からパワーをもらって車山肩に到着です♪

<12:05 車山肩へ到着>
最後の登り

高原一周だからといってなめてましたが、
高い気温意外にあるアップダウンで汗だく状態汗になってしまいました〜。

車山肩にあるレストハウス「チャプリン」350円の牧場ソフトと冷水でクールダウン雪

でも、牧場ソフト食べてるときに「ノンアルコールビールにしたら良かったかな〜」とちょっと後悔したのでした。。。


次は、八島湿原も入れた大回りコースでゆっくりと霧ヶ峰を散策したいです。
ま、100名山バッジ集めがまだまだ終わってないので、「次はいつ来るんだ?」ってかんじですけどね〜。


霧ヶ峰の山小屋:
コロボックルヒュッテ
ヒュッテジャヴェル
クヌルプヒュッテ

・奥霧小屋(※休業中)

八島山荘
鷲ヶ峰ひゅって
奥霧ヶ峰高原荘


アクセス:

<関東方面から>
 車:中央自動車道 ※お奨め
  八王子IC =(約120分)= 諏訪IC =(ビーナスライン)= 車山肩

 高速バス:新宿−諏訪線(アルピコ交通)
 a.【始発】新宿駅西口[07:20] ⇒ 中央道茅野[10:05](片道:2,760円)
 ※中央道茅野から茅野駅まで 徒歩約20分

 b.新宿駅西口[17:40] ⇒ 茅野駅[20:43]

<関西方面から>
 高速バス:大阪−茅野線(アルピコ交通)
 a.大阪[14:40] ⇒ 茅野駅[21:22](片道:5,600円)

 高速バス:大阪−松本線(アルピコ交通)
 b-1.【夜行】大阪[22:10] ⇒ 岡谷駅[05:38](片道:5,350円)
 JR中央本線:
 b-2.岡谷駅[06:06] ⇒ 茅野駅[06:23](片道:320円、17分)

<茅野駅から>
 路線バス:茅野〜霧ヶ峰〜上諏訪線(アルピコ交通)
 茅野駅[09:35] ⇒ 車山肩[10:37]

※高速バスを利用すると、茅野駅付近で一泊する必要がありますので、マイカーがお勧めです。


近くの宿泊施設:
蓼科山付近の宿(諏訪・霧ヶ峰)

蓼科山付近の宿(女神湖・東白樺湖)
蓼科山付近の宿(蓼科・白樺湖・車山)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
晴れの天気予報に騙され、7月6日に美ヶ原、霧ヶ峰に行って来ました。
濃霧で視界ゼロ。
山頂に行くだけを目標にリュックも持たずに最短距離でのピークハントをしました。
家族的には楽々コースで良かったようですが、私は消化不良。
娘は山バッジ2個手に入れてご満悦でした。
  • ひろ
  • 2013/07/06 10:55 PM
下界と山の上だと天気が違うので騙されますよねー。
私は、山頂の天気を掲載してくれる「てんきとくらす」も参考程度に合わせて見てます。

美ヶ原は冬がとってもいいですよ。特に、王が頭ホテルは皆が満足できると思います!!

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック