はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2013年6月 2度目の大菩薩嶺 登山


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

登山ログ:
2013.06 [日本100名山] 大菩薩嶺 2,057m 曇り 

 ※参考山と高原地図 24.大菩薩嶺 2013

コースタイム:
10:35 上日川峠(ロッジ長兵衛) 出発
11:05 福ちゃん荘 通過
12:05 雷岩    到着
12:15 大菩薩嶺  到着
12:25 雷岩    到着
13:10 大菩薩峠・介山荘 到着 ※お昼休憩 
13:55 大菩薩峠・介山荘 出発
14:25 福ちゃん荘 通過
14:50 上日川峠(ロッジ長兵衛) 到着

※所要時間 大菩薩嶺 登山 4:15(休憩 45分含む)


※ルート情報は旅レコを使っています。

またまた、3回目の大菩薩嶺にやってきました!
日本100名山では、富士山に次いで訪問回数の多い山になりました〜。
 ※富士山は10回行ってますので、しばらく記録は破られそうにありません・・・

<ご参考>
1回目:2012年5月 大菩薩嶺 登山 山行記録
2回目:2012年7月 大菩薩嶺 登山(途中撤退編)

前回は雨に降られて大菩薩峠までも行けず途中撤退。
なので今回は「リベンジ大菩薩嶺」でしたが梅雨に突入。

週間天気予報では、雨雨⇒晴れ晴⇒曇り曇りとコロコロ変わりましたが、なんとかリベンジ完了でした。

<天気予報>
1306_大菩薩嶺_天気
今回は登山口まで電車アプローチでした。

電車の場合は、JR中央本線の「甲斐大和駅」か「塩山駅」になるのですが、これはどこを登山口にするかで決まっちゃいますね。(路線バスの行き先が違うから)

「甲斐大和駅」 ⇒ ロッジ長兵衛
「塩 山 駅」 ⇒ 大菩薩峠登山口(裂石)


電車アプローチの場合は、「塩山駅」の方が特急が停まる駅なので便利なのですが登山口がねぇ・・・。


というわけで「甲斐大和駅」から路線バス「大菩薩上日川峠線」に乗り、ロッジ長兵衛まで向かいます。

出ました!ロッジ長兵衛の「買い忘れありませんか?」山バッジ売り。
大菩薩嶺だけでなく、金峰山や北岳、甲斐駒、谷川岳・・・まで。反則的ですね〜。

<10:31 ロッジ長兵衛の山バッジ売り場>
長兵衛_山バッジ

今日は土曜日ということもあって、登山者ワンサカ。
東京から近くて行きやすいのもあって、ツアーのような団体さん登山者もかなり多かったですね。

普段は平日のガラガラ登山が多いので、たまにはこんな賑やかなのもいいかなと。

<10:42 賑やか登山>
長兵衛〜福ちゃん荘

「福ちゃん荘」に到着。気温は19℃と暖かいです。
上半身はファイントラックのドライレイヤー+長袖Tシャツ
下半身はハーフパンツ+CW-X スタビライクスモデル です。

さて、いつもは「福ちゃん荘からの分岐を右(大菩薩峠経由)に行くのですが、同じ行程はあまり好きじゃないので左コース(唐松尾根経由)にしちゃいました。

唐松尾根は山頂まで一気に登る急登の道が1時間ほど続きます。

<11:25 唐松尾根の登り>
唐松尾根登り

雷岩に近づくにつれて、樹林帯からハイマツ帯に変わり、振り返ると富士山&大菩薩湖が見える。

アメとムチな尾根道ですよ〜。バイキンマン

<11:50 唐松尾根から見た富士山>
福ちゃん荘〜雷岩_富士山

休憩ポイントの「雷岩」はスルーしてまずは大菩薩嶺の山頂へ向かいます。
大菩薩嶺の山頂は、木々に囲まれ展望無し。

はい、大菩薩嶺。2回目の登頂!!クラッカー

んー、標識が去年より綺麗になってますね〜。人気のある山は整備も頻繁でいいね〜。

<12:16 大菩薩嶺山頂の標識>
大菩薩嶺標識

山頂も踏んだことですし雷岩でちょっと休憩。

ここは、富士山〜南アルプスの眺望もよくて大人気な休憩ポイント。登山者が多すぎて「近所の公園か!」と突っ込みいれたくなります。

数十人程度の団体客も多くあちこちでランチタイム。
おにぎり臭、ビール臭、ガスバーナーの音などパンダ、静かな登山が好きな人には逆タマらん状況でしょう。

<12:28 眺望の良い雷岩>
雷岩_大混雑

我がパーティーのランチラーメンは混雑している雷岩ではなく大菩薩峠にしよう!
ということで、ここから大菩薩嶺のクライマックス「雷岩〜大菩薩峠の稜線歩き」が待っています。

ちなみに、雷岩⇒大菩薩峠へは下りの稜線歩きになるので楽チンですよ。

<12:39 大菩薩嶺の稜線歩き>
大菩薩嶺稜線

過去1年間いろんな山に登ってきて、北アルプス(立山)南八ヶ岳の稜線にはさすがに敵いませんが、東京近郊でこんな気持ちのよい稜線歩きが簡単にできる山はやっぱり大菩薩嶺

貴重な山ですね〜。

<12:42 大菩薩嶺の稜線歩き2>
大菩薩嶺_稜線2

右手にずーっと富士山を眺めながらの稜線を歩く時間は約45分。大菩薩峠に到着です。

時間も少し遅いのか雷岩より人は少なくて、落ち着いてランチタイムご飯
天気はドンヨリ雲り曇り。気温もだんだん下がって11℃。レインウェアーを防寒具として着用しました。

大菩薩峠には「介山荘」があるので、飲み物や軽食、お土産なども購入できますし、トイレトイレ、休憩小屋もあって使える場所です。

※ちなみに雷岩にはトイレすらありませんのでご注意を。

<13:10 大菩薩峠に到着>
大菩薩峠

長い休憩も終了し下山しようと歩いて行くと、山小屋「介山荘」の横に軽自動車が3台車停まってました。

「どうやって車でここまで?」
「登山道を通って来るしか道はないでしょ。」


ということで、介山荘のある大菩薩峠から福ちゃん荘までの登山道は、軽自動車が走れる道になってます。
つまり、狭すぎない適度な道幅、急すぎない登り、岩場などは無しってことですね。

初心者向けの道になりますが、ダラダラ感は否めません。クッキーモンスター

<14:02 軽自動車通ります>
介山荘〜下山

福ちゃん荘」の手前に、富士見山荘というやっているかやってないか分からない山小屋がありまして。

そのすぐ横に、手入れされてない富士山ビューポイントが・・・。残念ですね〜。

<14:23 富士見山荘>
富士見山荘

そんな感じで終日曇り天気の大菩薩嶺登山が終了しました!
でも、近い距離の眺望も富士山もはっきり見えたので、まぁリベンジ完了登山ということで。


さて、帰宅路
ロッジ長兵衛15:00発のバスに乗って甲斐大和駅へ向かいました。バスは補助席も使いほぼ満員で2台目も発車。

そのまま「甲斐大和駅」まで直行かな〜と思ってたら、途中の「やまと天目山温泉」バス停で大量の乗降。

半分くらいのお客が降りてしまい、そして待っていたお客が乗ってきてやっぱり満員に。それどころかバス停で待っていたお客は2台目のバスにも乗れず・・・。どうなったんだろう〜。


さあ、山登り本格シーズンの7月まで残りわずか。
今シーズンも経験値をいっぱい増やして、次回、冬の大菩薩嶺なんか挑戦してみようかな〜と思案中です♪


<おまけ>
この周辺は栄和交通さんが幅を利かせてまして、路線バス、タクシーだけでなく、
大菩薩の湯やまと天目山温泉日川渓谷レジャーセンターなども運営してると、タクシー運転手から情報を入手。

時間があったら「山登り+α」の思い出作りということで、寄ってみるのも良いかもしれないですね〜。


大菩薩嶺の山小屋:
ロッジ長兵衛 ※宿泊体験記はコチラ
福ちゃん荘
富士見山荘
介山荘

アクセス:
<甲斐大和駅から>
 栄和交通:大菩薩上日川峠線 時刻表へのリンクはこちら
 ※ 甲斐大和駅 ⇒ 上日川峠(41分/1,000円)
  ※主に、土・日・祝日運行 1日 3〜5便

近くの宿泊施設:
 大菩薩嶺付近の宿(石和・勝沼・塩山)

 大菩薩嶺付近の宿(甲府)
 大菩薩嶺付近の宿(大月・都留)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
10/4(土)行ってきました大菩薩嶺。今回もこじかさんのレポにお世話になりました。
曇り空で富士山はお目にかかれませんでしたが、登山者は多かったですねぇ・・・。
登山と言うよりは、ちょっとハードなハイキングって感じのルートかな。
帰りに天目温泉に立ち寄り・・・温泉から甲斐大和駅まで17:00と17:30に臨時のバスが出ましたよ。
  • ぞう
  • 2014/10/05 5:34 PM
土曜日に行かれたんですね。首都圏に近いので大菩薩嶺は混みますよね〜。

分かります!登山始めた頃は、大菩薩嶺の短い稜線歩きに感動しましたけど、アルプスとか行き始めるとハイキングって感じになりますね!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック