はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
草津白根山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)
会津駒ケ岳
安達太良山
磐梯山
西吾妻山

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
白山(石川)
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




2013年5月 金峰山 登山(リベンジ山行)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2013.05 金峰山 (瑞牆山荘側ピストン) 2,599m 快晴

 ※参考:山と高原地図 26.金峰山・甲武信 2013
 ※参考:登る女 瑞牆山・金峰山・南尾瀬編 [DVD]

コースタイム:
07:00 瑞牆山荘   出発
07:40 富士見平小屋 到着 ※気温11℃ 
08:35 大日小屋   到着 
09:15 大日岩    通過
10:12 砂払ノ頭   到着
11:20 金峰山山頂  到着 ※お昼休憩♪
12:35 金峰山山頂  出発
13:25 砂払ノ頭   通過 ※6爪アイゼン装着
14:35 大日小屋   到着 
15:20 富士見平小屋 到着 ※気温16℃
15:55 瑞牆山荘   到着

※所要時間 金峰山登山 8:55(休憩90分含む)

(今回はコチラの記録と比較して見てくださいね)
途中撤退の金峰山 山行記録はコチラ



※ルート情報は旅レコ(GPSLOG)を使っています。

天気予報って直前にならないとホントに分からないですね〜しょんぼり

リベンジ計画は土曜日だったのですが、
 水曜日時点:雨(降水確率50%) で、リベンジは無理かと諦めていましたが、
 木曜日時点:晴/曇り(降水確率20%) 
 金曜日時点:晴(降水確率10%)
と、急回復!

山テンでも「風は稜線でも穏やかで登山日和に。グッド」とのコメント! 
こんな天気は滅多にお目にかかれないし、実際その通り。
文句なしリベンジ完了山行となりました!

<天気予報>
1305_金峰山天気

今日はマイカー登山。中央道の須玉ICから瑞牆山荘へ向かいます。
途中、天気はこんな感じでドンヨリ雲一面曇り。。。

おいおい、晴じゃないのかよ・・・。
ホントに天気予報に翻弄された山登りになりました。

<6:00 ほんとに晴れる?>
登山日の朝曇り
須玉ICから走ること1時間。瑞牆山無料駐車場に到着です。
お天気さんもいつの間にか雲一つない快晴晴れになってました。

土曜日の朝7時。
駐車場が6割くらい埋まっていました。やっぱり人気の山なんですね〜。
前回(4月の金曜日)は、数台しか駐車していなかったのに・・・。

駐車場で準備をして、瑞牆山荘前の公共トイレに寄って、リベンジ登山スタート♪
前回同様いい感じで7時頃出発!金峰山は距離が長いですから、早めの出発が大切です。

<7:07 瑞牆山荘前登山口より出発>
瑞牆山荘登山口出発

瑞牆山荘から富士見平小屋までは前回2往復したので、道もペースもばっちりで、あっという間に富士見平小屋に到着。登山道に前回は無かったアイゼン情報がありました。

5月中旬でまだまだ軽アイゼンは必要のようです。

で、今日も富士見平小屋が空いていない・・・。まだ時間が早いのかな・・・。金峰山バッジを買いたいから、下山時空いてくれたらいいなぁ。

<7:40 富士見平小屋のアイゼン情報>
富士見平小屋 掲示

前回は天候・視界も悪く寒かったため、登頂より霧氷目的登山に変更しましたが、今回は、快晴で暖かく無風という好条件なので展望・登頂目的です!山

大日小屋を過ぎたあたりで、期待通りの大展望。
南アルプス・中央アルプス・木曽御嶽山・八ヶ岳が、雲海の上に見えて最高の景色♪

近くで同じ景色を見てた人も
こういうのがあるから山登り止められないのよね〜」感動って言ってましたが、
激しく同意!!です。

<9:04 大日岩付近の展望>
大日岩付近の展望

4月に悪天候で撤退、今回5月にリベンジ登山と、たった1ヶ月差の金峰山登山
でも、1ヶ月で随分と変わるんだなぁと、実感&新たな発見がありました。

たとえば登山道の雪雪の量。
前回アイゼン必須だった道が、今回は全く必要無くなってました。

6爪アイゼン装着区間は、
 4月:大日小屋 〜 砂払ノ頭   (往復3時間装着)
 5月:砂払ノ頭直下の数百メートル (下山時10分装着)

と、激減しました。でも、アイゼンは必須ですね。

<【参考:前回4月】10:03 大日岩〜砂払ノ頭>
大日岩周辺(4月)
 ※アイゼンのせいもあり、時間がかかってますね〜

<9:45 大日岩〜砂払ノ頭(今回:5月)>
大日岩周辺

また、金峰山の稜線がスタートする砂払ノ頭では悪天候時の視界 vs 晴天時の視界の違いがはっきりと分かりました!

晴れてたら、金峰山頂&五丈岩も見えて稜線はっきり♪ 全然違う〜。ELMO

 山登りはやっぱり天気の良い日に限りますね〜。

<【参考:前回4月】10:39 視界不良_金峰山の岩稜線>
悪天候の砂払ノ頭

<10:28 金峰山の岩稜線>
金峰山の岩稜線

さて、砂払ノ頭からは前回歩いていないリベンジ登山!前回撮れなかった写真を大量UPです。

砂払ノ頭から金峰山山頂までは、結構激しい岩稜線クッキーモンスター
途中、ゆるい残雪も結構あって、これは4月の悪天候時に登るのはかなりヤバかったと思います。撤退して正解でした。

<10:42 危険な岩稜線&残雪>
千代ノ吹上付近の残雪

今日は富士山もハッキリ。富士見平小屋からずーっと見えてました。
やっぱり存在感が違いますねー。

<11:14 富士山もハッキリ!>
富士山も

こちらが金峰山山頂標識。お約束の丸形です。
360℃の大展望。北アルプスから浅間山まで見ることができました!

<11:32 金峰山山頂>
金峰山山頂

こちらが有名な五丈岩。金峰山山頂から撮っています。
あの岩の上に立った人が数人いました!すげー。

で、山頂は団体さんもいて多くの人(3〜40人)で賑わっていました。
登山道から結構な距離のある金峰山山頂で同じ時間を過ごす人たちとは不思議な縁があるような気がしますね〜。

前回の寂しい山登りと比べたら、ホントに多くの人とすれ違って、楽しい登山でした♪

<11:44 金峰山山頂にある五丈岩>
五丈岩

今日は時間にも余裕があり、山頂に1時間も滞在することができました。
山ランチ(といってもカップラーメン)と景色と山頂の雰囲気を存分に堪能して、下山です。

金峰山小屋経由で下山しようかとも思いましたが、やっぱり天気がいいので稜線の来た道を行きます。

下山も結構な距離があって大変。
砂払ノ頭〜富士見平小屋は、岩場・急坂もあり足がフラフラになっちゃいました・・・。

さて、一気に富士見平小屋に到着♪
6度目の正直!なんと念願叶って小屋が開いてました〜クラッカー。めっちゃ賑やか〜。

金峰山バッジを買いましたが、きさくな小屋スタッフさんと雰囲気が良い山小屋でしたね〜。

アイゼンのレンタルもしてましたけど、使わなかったらお金返さなきゃね。みたいな良心的な会話も(当たり前か?)聞こえてきました。
 ※瑞牆山に行かれた人もどうやらアイゼンは使ったようです。

<15:23 富士見平小屋のテント場>
富士見平小屋テント場

今日は暑かったせいもあって、持ってきた飲み物の消費が激しく、富士見平小屋に着いたときは飲み物ゼロで喉はカラカラ悲しい。 

でも、
・富士見平小屋でコーラを買うと、もちろん山価格の400円・・・。
・瑞牆山荘なら自販機があってコーラ180円、そしてあと少しの距離・・・。

どうしよう。どうしよう。どうしよう。

そんなケチなあなたに朗報です♪

富士見平小屋を少し下ると湧水汗があるのです〜。
しかも無料&冷たい&美味しい&大量
但し、飲みすぎ注意バッドですヨ。


さてさて瑞牆山荘が見えてきましたが、何やら駐車場から車があふれますけど・・・。
きっと、午前8〜10時頃はかなり混雑したのかなと。GWとか本格的な登山シーズンの週末は大変そうだぞ。

ただ、この時間(午後4時頃)では駐車場に停めてある車はかなり少なく2割くらいでしたね。

<15:55 瑞牆山無料駐車場>
瑞牆山無料駐車場


旅レコ(GPSLOG)情報では歩行時間は約8時間。1日の歩行時間としては最長記録でした。

今回はお天気がかなり味方してくれましたが、やっぱりロングコース登山で悪天候ならば撤退ですかねバイキンマン


<おまけ>
そういや、先月行ったときに気持ち悪かった木々を「ちょっぴり楽しみにしていた」のですが、暖かくなったせいか、姿かたち(葉を広げて)を変えて普通の木々になってましたよ♪

■ 気持ち悪い木の正体は?⇒しゃくなげ
気持ち悪い木

■ なんか普通の木に変身!
気持ち悪い木(5月)

これも1か月差で同じ山に登ったこその発見!!!
でも、気持ち悪い方がインパクトあったなぁ〜。もう一回見たいかも〜。でも金峰山登るの大変だしなぁ・・・。

to be continued??


(今回はコチラの記録と比較して見てくださいね)
途中撤退の金峰山 山行記録はコチラ

金峰山の山小屋:
瑞牆山荘 ※宿泊体験記はコチラ
富士見平小屋
大日小屋(無人小屋)
金峰山小屋
金峰山荘
大弛小屋

アクセス:
<関西方面から>
近鉄バス/山梨交通  大阪・京都−韮崎・甲府線(クリスタルライナー)
 大阪駅前[22:00] ⇒ 韮崎駅[06:10](7,500円/片道、13,300円/往復)

<韮崎駅から>
 山梨峡北交通
韮崎瑞牆線(みずがきルート)時刻表へのリンクはこちら
 ※ 韮崎駅 ⇒ みずがき山荘(1時間15分/2,000円)
  ※1日に5〜6本 4月第1土曜日から11月23日までの毎日運行

近くの宿泊施設:
 瑞牆山付近の宿(韮崎)
 瑞牆山付近の宿(甲府)
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
金峰山は、稜線歩き有りますか?
瑞牆山に登ったので、次回、チャレンジしてみたいです。
おそらく逆からの距離短縮コースになるかと思いますが(笑)
最後の写真はシャクナゲですね。今日は瑞牆山で咲き始めでした。
  • ひろ
  • 2013/05/25 7:25 PM
シャクナゲなんですねー。
ありがとうございます!!花にはそんなに興味がないもんで(爆)。

砂払ノ頭というところから山頂までは稜線歩きでした。
大弛峠からでも、途中からは稜線歩きみたいですよ。
行って参りました、金峰山。
当然、大弛峠からの短縮コース。
雨は降らなかったものの、常時のガスで視界ゼロ。
瑞牆山すら見えずでした(T-T)
次はどこにいこうかな?
  • ひろ
  • 2013/06/29 11:35 PM
ひろさん、お疲れ様です。
大弛峠からの登山はどうでしたか?稜線歩きは長かったですか?
といってもガスで視界ゼロだったんですよね・・・。
次回は金峰山リベンジで!私は御嶽山へ行ってきます♪
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック