はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

またまた「それは山小屋じゃねーだろ!怒り」って突っ込みが来そうな、瑞牆山荘(みずがきさんそう)にお邪魔してきました♪

2日で日本100名山を2座制覇するのにぴったりの「瑞牆山」と「金峰山」。
そのどちらへも行きやすいのが、
 ・瑞牆山荘(みずがきさんそう)
 ・富士見平小屋

の2つですが、ソフノボラー(ソフトな山登りする人)な私の選択は迷わず快適そうな「瑞牆山荘」へ。

でも同じところを再度使うのは好きじゃないので、富士見平小屋は次回へお預けです。

瑞牆山荘のオフィシャルHPはコチラ

瑞牆山荘までは、中央道「韮崎IC」から車で約50分です。

前半は市街地ですが、後半「みずがき湖」を過ぎたあたりから山道に入っていきますが、舗装されていて道幅も十分にあって安心道路のまま、気がつくと瑞牆山荘に到着します。

※カーナビは途中から道路が表示されなくて、道なき道を進む感じでしたが。。。

<瑞牆山荘までの道路>
瑞牆山荘までの舗装道

韮崎方面から車で来ると写真の右側からやってきます。

無料の大駐車場は瑞牆山荘前の道を左に曲がって100メートル進みますが、看板が分かりやすいので通り過ぎるなんてことは無いでしょう。

また、瑞牆山荘前には韮崎駅から来るバス停もあります。
なんとなく、大菩薩嶺ロッジ長兵衛と同じようなロケーションです。

でも設備は瑞牆山荘の勝ちクラッカー。だって電気通ってますから・・・。(電線あります)

<瑞牆山荘外観>
瑞牆山荘_外観

また、富士見平小屋から下山すること約40分。
木々の向こうに赤い屋根の大きな建物家が見えてきます。

と、同時に瑞牆山荘内からとっても美味しそうな匂いがします。食事ご飯の期待が高まってしまいますね〜。

<登山道からみた瑞牆山荘>
登山道から瑞牆山荘

瑞牆山荘に入ると玄関受付があり、午後5時頃までは売店(ワインとか売ってます)にもなってます。それ以降は自動販売機で飲み物が買えますし、山バッジ等はご主人に言えば売ってくれますよ。
※山バッジ500円(瑞牆山3種)、缶ジュース150円、ペットボトル180円

靴は下駄箱へ入れてスリッパで館内移動です。

そして宿泊料金は後払い方式で、部屋の鍵をひとつもらって部屋へ移動します。
 ※宿泊料金は8,820円(1泊2食付)。個室が基本なのでプラス料金は無しです。

チェックインはPM2:00、チェックアウトはAM9:00。
両方とも時間が少し早いのは登山者向けなのでしょうか?ま、アウト9時までは居ませんけどね〜。

瑞牆山荘内は、
 地上1階:玄関、食堂、本(数冊)、テレビ、自販機、売店、カフェ
 地上2階:宿泊部屋、男女別トイレ、洗面台(共同)
 地下1階:お風呂(2か所)

こんな感じでしょうか?

<瑞牆山荘玄関>
瑞牆山荘_玄関
1階にも2部屋あるようですが、部屋は2階がメインで大きさの違う個室が201〜208まで8部屋有るようです。
それにしても綺麗です。山小屋・山荘というか、ペンションに近いですね。

<2階廊下>
瑞垣山荘2F廊下

さてさてお部屋に到着です。

そこには、ホテルのような広さ十分の和室がありました!しかも綺麗な布団も敷かれてます。山小屋にあるような、ちょっとジメっ汗とした布団じゃありません。
障子の向こう側にはハンガーやタオルかけなども準備されていてフル活用です。

テレビはありませんが、電気ストーブ火が設置されて寒い時期は大助かり。さすが電気が通っているだけありますね〜。
コンセントもあり携帯の充電もばっちりです♪(でも携帯はドコモしか繋がりません。)

<個室内>
瑞牆山荘_個室内

お部屋とトイレの間に共同の洗面台があります。
洗面台にはドライヤーが置いてあって、普通に使うことができます。

<瑞牆山荘2階_共同洗面台>
共同洗面台

<トイレ(2階)>
男女別の共同トイレトイレが2階にあります。当然ながら清潔&綺麗き

ここでも電気が使えることもあるのでしょう、便座は暖かいです。
ウォシュレットではありませんが、トイレットペーパーは直接流せます。

<お風呂(地下1階)>
お風呂温泉は玄関入ってすぐののれんをくぐって地下へ下りるとあります。
2か所あるようですが、今回は宿泊者も少なかったせいか1か所のみ使えるようになってました。

鍵とか特にないので「男性入ってます」札を浴室の入口に引っかけて入ります。
更衣室と浴室内は結構寒いので長居すると危険、お風呂の湯は暖かいのでしっかり浸かれば安心です。

浴室内には、石鹸とボディーソープが準備されていますが、タオル・バスタオルは持参が必要です。
※タオルは部屋にもありません。(ここら辺がホテルとは違うところですね)

浴室内と浴槽は広くて同時に5人くらいは平気で入れますね。
ちなみに入浴時間は午後8時まで。暗くなると更衣室内はもっと寒くなると思うので明るい間に入りたいですね。

<食事>
夕食は17時30分です。
山の上ではやることが無いので早い時間の夕食は嬉しいですね。
でメインは本格ハンバーグ!!!

何これ、めちゃくちゃ美味い〜♪楽しい

途中で温かいスープも持ってきてくれて、これまた美味い〜。サイドメニューも美味い〜。
ごはんはお櫃で持ってきれくれますが食べきれません。

<夕食は激ウマハンバーグ>
瑞牆山荘_夕食

朝食は6時00分
食事はシンプル和室でした。ごはんはやっぱりお櫃で。スープもおかわり自由でした。

<朝食はシンプル和食>
瑞牆山荘_朝食

食堂内にもストーブが置かれていて暖かいです。テーブルも大きくゆったりスペースです。

<瑞牆山荘1階_食堂>
瑞牆山荘_食堂

<その他>
携帯電話ですが、瑞牆山荘内付近はドコモ以外繋がりません。

1階受付の奥に「山と渓谷」(2008〜2010年刊行)が数冊並んでいます。

同じく1階受付の奥には液晶テレビが置いてあり「テレビの視聴は午後9時までにしてください」とのこと。

本とテレビで夕食までと消灯時間までの時間つぶしには十分ですね。


いつもは消灯時間が20時〜21時とかで時間が早くて寝られない、夜も寒くて起きてしまう・・・と困るのですが、今回は夕食が終って消灯までの時間に寝てしまうという事態。どんだけ快適やねん!楽しい
結局、朝まで起きることはなく約9時間の贅沢睡眠でございました。寝る


実は、「瑞牆山」と「金峰山」を連続日程で登るときは、富士見平小屋(またはここでテント泊)を使う方が効率的です。
瑞牆山荘に泊まるとなると、富士見平小屋までの往復約1時間30分余計に歩かないといけないから。

でも、1時間30分増やしても瑞牆山荘の快適さが上を行っちゃいますね〜。
しっかり休息できるので、快調な2日目の登山を迎えられること間違いなし!


さあ、どうします?クッキーモンスター


ポイントアフィリエイト
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
コメントはめったに入れていないのですが、いつも更新楽しみにしています。
昨秋から職場が変わり、ほとんど登山に行けていません(T-T)
このブログで行った気になっています♪
また、夏休みこそは・・・と目論見、参考にさせていただくつもりです。
今のところ八ヶ岳ですかね、風呂があるので。
嫁と小4の娘が風呂がないと。
今後も更新楽しみにしています。
  • ひろ
  • 2013/05/12 7:17 AM
ひろさん、こんにちは。

転職後とか異動後って休みの確保は難しいですよね〜。
もうすぐ夏シーズンなので、私も仕事の調整をしていきますよ!

風呂がある山小屋。立山の次は、八ヶ岳ですね。石鹸使えないので要注意です!!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック