はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>




2016年8月 北アルプス中央部大縦走(4日目:双六小屋〜小池新道〜新穂高温泉)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 北アルプス中央部縦走 曇り曇り⇒雨雨

 ※参考1山と高原地図 剱・立山 2016 (登山地図 | マップル)
 ※参考2山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■4日目
05:35 双六小屋   出発
06:35 弓折岳分岐  通過
07:10 鏡平山荘   到着 ※5分休憩
07:45 シシウドヶ原 通過
08:05 イタドリヶ原 通過
08:35 秩父沢    到着 ※10分休憩
09:20 林道開始   通過
09:35 わさび平小屋 到着 ※15分休憩
10:00 笠新道分岐  通過
10:45 新穂高温泉  到着

※所要時間 双六小屋→新穂高温泉 5:10(休憩30分含む)


<北アルプス中央部大縦走 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※すみません。初日と最終日の一部のデータが取れていませんm(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
0815_fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


2016年8月 北アルプス中央部大縦走(3日目:三俣蓮華岳・双六岳)


雨のために一日短縮しましたが、山行最終日となりました。しょんぼり

そういえば去年の南アルプス南部山行も最終日は雨だったことを思い出しました。
やはり四日間好天が続きのは確率的にも低いのでしょうねー。

でも、山の上にいる初日と最終日以外が晴れてくれれば山行としては大満足ですよね♪


<4日目 山行記録>
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2016年8月 北アルプス中央部大縦走(3日目:三俣蓮華岳・双六岳)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 北アルプス中央部縦走 晴れ:
晴れ⇒曇り曇り
 ※参考1山と高原地図 剱・立山 2016 (登山地図 | マップル)
 ※参考2山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■3日目
05:55 黒部五郎小屋 出発
07:33 巻道分岐点  通過
08:30 三俣蓮華岳  到着
08:50 三俣蓮華岳  出発
09:15 丸 山    通過
10:10 双六岳    到着 ※稜線ルートへ
11:35 双六小屋   到着

※所要時間 黒部五郎小屋→双六小屋 5:40(休憩40分含む)


<北アルプス中央部大縦走 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※すみません。初日と最終日の一部のデータが取れていませんm(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
0814_fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


2016年8月 北アルプス中央部大縦走(2日目.黒部五郎岳山頂)


<三日目 山行記録>

3日目の山行が始まりました!クラッカー
今日も天気は良さそうですが、明日から何やら暗雲雨が・・・。

槍ヶ岳へ向かう西鎌尾根を歩いている途中に風雨とかヤバくて冷や汗ありえません!!

さて、黒部五郎小屋はとても快適で、(これは同室の登山者に恵まれたというのもありますが)活動量計 Fitbitのデータでは、
 ・19:15就寝、04:00起床
 ・睡眠時間8時間(目覚めた回数2回、寝返り20回)
という、まあまあ健康的な睡眠を確保できました♪

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2016年8月 北アルプス中央部大縦走(2日目.黒部五郎岳 登頂)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 北アルプス中央部縦走 晴れ:
晴れ⇒曇り曇り
 ※参考山と高原地図 剱・立山 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■2日目
06:15 太郎平小屋  出発
08:05 北ノ俣岳   到着
11:05 黒部五郎岳の肩 到着
11:30 黒部五郎岳山頂 到着 ※おこじょいたちと戯れる♪
11:45 黒部五郎岳山頂 出発
12:00 黒部五郎カール 通過
13:25 黒部五郎小屋  到着

※所要時間 太郎平小屋→黒部五郎小屋 7:10(休憩30分含む)


<北アルプス中央部大縦走 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※すみません。初日と最終日の一部のデータが取れていませんm(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
0813_fitbit活動量計 Fitbitを装着して登りました。


1日目はコチラ ⇒ 2016年8月 北アルプス中央部大縦走(1日目.折立〜太郎平)


<2日目 山行日記>

2日目がスタートしました!
活動量計fitbitの睡眠データでは、就寝18:56〜起床3:23で8時間5分も寝たということで、快調です♪

沢山の山小屋に泊まってきたおかげで、最近は抵抗なく寝られるようになってきたようです(笑)

早朝は雲一つない快晴です。天気予報も今日は良好。
ですが、午後には雲が沸くと思うので、いかに早く「黒部五郎岳」に到着できるかが鍵かもしれません。

とはいえペースを上げ過ぎると、今日のような快晴では脱水状態になってしまうかもしれないので、ガスったらしょーがないと気持ち切り替えるのも大切です。

太郎平小屋を出たらまずは太郎山を目指しますが、すぐに「薬師沢経由、雲ノ平方面」と「黒部五郎岳」方面の木道分岐が現れます。

人気の雲ノ平へ行く登山者が多いのかと思いきや、黒部五郎岳方面へ行く登山者もかなりいます。
そういや、太郎平小屋で食事中に「ごろーはいいよー。カール最高よ!」と言ってましたし。

<6:17 太郎平小屋出発>
太郎平小屋出発

黒部五郎岳までは歩いて5時間程度をかなり遠く。
太郎平方面から。午前中にピークを踏むことは難しいです。

太郎平小屋〜黒部五郎岳へ向かう稜線は、前半、アップダウンも少なくてほんとに気持ちの良い道を歩くことになります。

天気も良くて、景色もきれいで、キョロキョロしながら歩くので、石につまずいたりでなかなか前に進みません。

<6:59 太郎山⇒北ノ俣岳の稜線>
太郎山−北ノ俣岳 稜線1

振り返ると「有峰湖」が見えたり、歩いてきた稜線がはっきり見えたりで、最高です。
何よりアップダウンが無いので疲れない!!

ずーっとこんな道が続くのかなぁと思っていましたが、ここは北アルプス。
甘い考えは捨てましょう!バイキンマン

<7:25 有峰湖が後ろに見えます>
有峰湖

北ノ俣岳(標高2,661m)に行く道には、地上か!
と思ってしまうほどの平らな道もあります。いやーホント最高です。

<7:39 太郎山⇒北ノ俣岳の稜線2>
太郎山−北ノ俣岳 稜線2

そして、左を向くと薬師沢雲ノ平方面です。
山奥なのに沢が流れてたりと、黒部源流付近を歩いてるんだなあと、感動しちゃいます。感動

<7:56 薬師沢・雲ノ平方面>
薬師沢方面

しばらく歩くと、北アルプス南部の山々が見えてきます。
特に目立つのが「槍ヶ岳」「笠ヶ岳」ですね。

とくに「笠ヶ岳」は直線距離としては近いので大きく見えますし、かっこいいです。

<8:05 北ノ俣岳>
北ノ俣岳

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2016年8月 北アルプス中央部大縦走(1日目.折立〜太郎平)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 北アルプス中央部縦走 晴れ:
晴れ⇒曇り曇り
 ※参考山と高原地図 剱・立山 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
08:42 電鉄富山駅 出発 ※特急利用(運賃:1,020円+特急:100円)
09:18 有峰口駅  到着 ※乗合タクシー利用(3,100円/人:4人乗りの場合)
10:25 折立登山口 到着

10:45 折 立    出発
12:02 1870m地点  通過
13:42 五光岩ベンチ 通過
14:30 太郎平小屋  到着

※所要時間 折立→太郎平 3:45(休憩20分含む)

<折立⇒太郎平小屋 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※すみません。初日のデータが取れていませんm(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
160812_fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。



<はじめに>

毎年恒例!2016年のアルプス大縦走の時間がやってまいりました(笑)クラッカー

山登り5年になるのに、登山者の憧れ「槍ヶ岳」「穂高連峰」「剱岳」「雲ノ平」に足が向かない状況でしたが、これではいかん!びっくりと、今年はルートを工夫です。

去年は3泊4日。やはりグレードアップしなければと今年は4泊5日を予定。

当初計画は、
 折立 ⇒ 雲ノ平 ⇒ 三俣蓮華岳 ⇒ 双六岳 ⇒ 槍ヶ岳 ⇒ 新穂高温泉

という、5年間のうっぷんを晴らすルートでしたが、雲ノ平山荘が満館でルート変更を依頼されてしまい・・・。

実行計画
 折立 ⇒ 黒部五郎岳 ⇒ 三俣蓮華岳 ⇒ 双六岳 ⇒ 槍ヶ岳 ⇒ 新穂高温泉

と、雲ノ平が消え、、、

実際山行は、
 折立 ⇒ 黒部五郎岳 ⇒ 三俣蓮華岳 ⇒ 双六岳 ⇒ 新穂高温泉

と、雨の為に最終日の槍ヶ岳を泣く泣くスルーし、「雲ノ平」も「槍ヶ岳」も結局行けない山行になりました(涙)

でも、そこは北アルプス中央部
そんな、変更ばかりの山行でも素晴らしい景色と素晴らしい体験が待っているのでしたー。感動
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2016年8月 至仏山 登山(Vol2.至仏山山頂へ)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 至仏山(2,228m) 晴れ晴れ

 ※参考山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム:
■1日目
06:30 尾瀬第1駐車場 出発
07:05 鳩待峠 到着  ※乗合バス

07:10 鳩待峠 出発
07:50 山ノ鼻 到着

↓今回はここから↓
08:15 山ノ鼻 出発
10:45 至仏山 到着
11:15 至仏山 出発
11:40 小至仏山 通過
12:15 笠ヶ岳分岐 通過
12:25 鳩待峠 到着

12:45 鳩待峠 出発  ※乗合バス
07:05 尾瀬第一駐車場 到着

※所要時間 至仏山 5:10(休憩20分含む)

<至仏山 登山ルート>
※今回は、いつもの旅レコ(GPSLOG)のデータ取得失敗!

<活動量計 Fitbitデータ>
至仏山fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


山ノ鼻界隈から、一周30分の尾瀬植物研究見本園を通り過ぎると、至仏山登山口(山ノ鼻)に到着します。

山ノ鼻から至仏山頂は「登り」専用になってます。これは植生保護と登山者安全(蛇紋岩が滑るんです)のためとのこと。つまり鳩待峠の至仏山登山口から登ってしまうと山ノ鼻へは降りられないのでピストンになってしまいます。

また、熊熊も出るらしいので熊鈴も装着して、本格的な登山開始です!

<8:34 至仏山登山口(山ノ鼻)>
至仏山山ノ鼻登山口

鳩待峠から山ノ鼻までは、下り基調な楽な木道だったので、いきなりの急登に四苦八苦です・・・。
今日は快晴なので樹林帯だとありがたいのですが、やっぱり暑い。。

途中で脱水のような感じになってしまったので、8月快晴の至仏山では水分をしっかり取りましょう。
下山まで山小屋がないので、今回は500mlのペットボトルを3本持って登りました。

<8:40 至仏山の樹林帯>
至仏山樹林帯

樹林帯の急登をグイグイ進むと、あっさりと樹林帯を抜けます。
すると、雑誌とかでよく見る燧ケ岳と尾瀬ヶ原の景色が、目の前に広がります♪

途中はベンチもあって、たくさんの人が休憩してました。

ちなみに尾瀬ヶ原の景色は中腹から見たほうが綺麗です。
山頂からだと少し遠目になって迫力に欠けてしまうんです。クッキーモンスター

<9:40 尾瀬ヶ原が一望!>
尾瀬ヶ原一望

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2016年8月 至仏山 登山(Vol1.戸倉〜鳩待峠〜山ノ鼻)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.08 至仏山(2,228m) 晴れ晴れ

 ※参考山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム:
■1日目
06:30 尾瀬第1駐車場 出発
07:05 鳩待峠 到着  ※乗合バス

07:10 鳩待峠 出発
07:50 山ノ鼻 到着
↑今回はここまで↑
08:15 山ノ鼻 出発
10:45 至仏山 到着
11:15 至仏山 出発
11:40 小至仏山 通過
12:15 笠ヶ岳分岐 通過
12:25 鳩待峠 到着

12:45 鳩待峠 出発  ※乗合バス
07:05 尾瀬第一駐車場 到着

※所要時間 至仏山 5:10(休憩20分含む)

<至仏山 登山ルート>
※今回は、いつもの旅レコ(GPSLOG)のデータ取得失敗!

<活動量計 Fitbitデータ>
至仏山fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。



今回は初めての「尾瀬」に行ってまいりましたー。
せっかく行くのであれば、晴れ晴れの日に行きたい。山の上から綺麗な尾瀬ヶ原を見たい。

ということで天気予報と睨めっこして、出勤日に挟まれた休日と晴れの天気予報が合致した日に突撃です。
残念なのは、連休では無いので至仏山と燧ケ岳をまとめて登れないこと。

まあ、そこはあきらめて、アクセスしやすい『至仏山』に絞って今回は楽しんで来ました!山

<至仏山天気>
至仏山天気予報

とはいえ、尾瀬に行くにはマイカー規制があるようで、少し面倒くさそう。
ですが、行ってみたら意外とスムーズでした。(が、乗り合いバスの時間には注意!)

今回はマイカー車登山です。

関越道の沼田ICを降りて、国道120号線を走る事約50分。
戸倉の駐車場が現れます。

乗合バスに乗るためには下記の駐車場があります。
・尾瀬第一駐車場 マイカー(280台駐車可):1,000円/日
・尾瀬第二駐車場 マイカー(250台駐車可):1,000円/日
・尾瀬戸倉スキー場 マイカー(900台駐車可):規制日有料1,000円/日


8月週末の土曜日は激混み!と南北アルプスの経験から思っているので、土曜日に280台の駐車場ってすぐ埋まりそう。始めから尾瀬戸倉スキー場の900台に行った方が安心かなと思ったのですが、8月は尾瀬のシーズンではないようで、結構駐車場空いていました。クッキーモンスター

逆に900台停めれる尾瀬戸倉スキー場は、乗り合いバスだと途中のバス停になるので、立つことになったり補助席になったりする可能性があるので、車を止めるなら尾瀬第1・2・駐車場が良いと思います。

戸倉第一駐車場には乗合バスのチケット販売所とトイレ、自動販売機があり、トイレトイレは、まだ下界なので水洗とても綺麗ですよ。

<6:19 戸倉第1駐車場>
戸倉駐車場

鳩待峠行の乗合バス1時間に1本程度。乗り遅れると悲惨です。冷や汗
※でも乗合タクシーがあって少人数揃うと出してくれるっぽいですが・・・。

今回は、8月土日のAダイヤ。(もう一つはBダイヤで閑散パターン)

始めの方の時刻表としては
 4:40 ※始発
 6:30
 7:50

という感じです。

今回は6時10分頃、戸倉第1駐車場に着いたので、良い感じで6:30分に乗ることができました。鳩待峠までは約35分程度、途中で尾瀬戸倉スキー場の駐車場へ立ち寄ります。

乗合バスは小型で、補助席も使ってギリギリの人数が乗りました。が、1台で発車です。料金は、鳩待峠まで片道930円と少し高めかな・・・。しょんぼり

駐車場代に往復の乗合バス代にと結構お金が出ていきますわ・・・。

<7:15 鳩待峠行きシャトルバス>
鳩待峠行きバス
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2016年7月 仙丈ヶ岳 登山(Vol2.五合目〜山頂〜下山まで)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2016.07 仙丈ヶ岳(3,033m) 晴れ晴れ

 ※参考山と高原地図 北岳・甲斐駒 2016 (登山地図 | マップル)

コースタイム:
■1日目
05:15 市営芦安駐車場 出発 ※バス2台目で乗車
06:15 広河原 到着
06:40 広河原 出発 ※6:50発が前倒し
07:05 北沢峠 到着
南アルプス林道バスについての記事はコチラ

07:30 北沢峠 出発
08:45 大滝ノ頭(5合目)到着
↓ここからスタート↓
09:46 小仙丈ケ岳 到着
10:45 仙丈ケ岳 到着
11:15 仙丈ケ岳 出発
11:40 仙丈小屋 到着 ※5分滞在
12:15 馬ノ背ヒュッテ 到着 ※5分滞在
13:00 大滝ノ頭(5合目)到着
13:50 北沢峠こもれび荘 到着

※所要時間 仙丈ヶ岳 6:20(休憩40分含む)

<仙丈ケ岳 登山ルート>
仙丈ケ岳ルート
※今回は、いつもの旅レコ(GPSLOG)のデータ取得失敗!

<活動量計 Fitbitデータ>
fitbit 全体管理
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


2016年7月 仙丈ヶ岳 登山(Vol1.芦安駐車場〜五合目まで)


標高が2800mくらいと高いという理由もあるのでしょう、体はしんどいのですが眺望は最高です♪

後ろには甲斐駒ケ岳、左前には、富士山&北岳&間ノ岳の標高1・2・3が並んで見えます。となれば、鳳凰三山も見えちゃいます。

南アルプス北部オールスターズです。これだから山は止められません!
前回は雨雨に降られて眺望ゼロ、ここらへんで撤退したので、完璧なリベンジですね。

<9:30 富士山&北岳>
森林限界から北岳

しかし、前半のオーバーペースがたたりどんどんキツくなる体。パンダ
亀のようなスピードで登り、やっとこさ子仙丈ケ岳に到着しました。

相変わらず、雲一つない、真っ青な青空晴れです。

<9:46 小仙丈ケ岳に到着>
小仙丈ケ岳

ここからは、仙丈ケ岳のカールが良く見えます。
甲斐駒や北岳から見たことはありますが、こんな間近で見るのは初めてです。(あたりまえか!クッキーモンスター

さて、ここから風風が冷たく感じてきました。

汗も大量にかいていたのですがドライレイヤーのおかげで大事には至らず。ドライレイヤーを着てないと風邪をひくか、低体温症になってもおかしくないですねー。

<9:47 仙丈ケ岳のカール>
仙丈ケ岳のカール

小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳までは気持ちの良い稜線歩きです。山
こういう道なら何時間でも歩けますねー。疲れてた体も少し元気になってきました。

<10:06 仙丈ケ岳の稜線歩き>
仙丈ケ岳 稜線歩き
続きを読む >>
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






| 1/14PAGES | >>