はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




2017年9月 精神修行の大峰山(八経ヶ岳)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.09 大峰山 雨/晴:

 ※参考 山と高原地図 大峰山脈 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
07:10 行者還トンネル西口 出発 
08:13 奥駈道出合 通過
08:40 弁天ノ森  到着
09:10 聖宝ノ宿跡 通過
10:05 弥山小屋  到着  ※休憩10分
10:45 八経ヶ岳  到着  ※休憩10分
11:30 弥山    到着 
11:35 弥山小屋  到着  ※休憩20分
12:30 聖宝ノ宿跡 到着
12:55 弁天ノ森  通過
13:10 奥駈道出合 通過
13:50 行者還トンネル西口 到着 
※所要時間 行者還トンネルコース 6:40(休憩等 約40分含む)

<大峰山・八経ヶ岳 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!

<活動量計 Fitbitデータ>
大峰山 fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>

天候不順な2017年。

夏期山行が不調だったために9月リベンジと思ってましたが、スケジュールがうまく整わず、なんとか晴れそうな日曜日を強引に確保できました。

日帰りでピストンで近畿地方でしたが、日本100名山だし許す!ということで。

車中泊した「路の駅 大和路黒滝」で、前日夜に天気予報を確認。ほぼ完璧ですなこりゃ♪

<大峰山付近(黒滝) 天気>
大峰山天気予報.jpg

さて、起床は5時頃です。
最近車中泊に慣れてしまって、朝も爆睡してしまうのが悩みなのです・・・。

目的地の「行者還トンネル西口駐車場」は小さくて早くから混雑する、というネット情報があったので、早めに出発。

行者還トンネルまで国道なので道路事情は大丈夫だろうと思ったら、まあまあ大変でした。汗

天川村を越えた辺りから車両のすれ違いが難しい狭い車幅になり、それが行者還トンネルまで約20分間続きます。

間にある「みたらい渓谷」は奈良県屈指の観光地で土日祝日は多くの観光客で賑わいます。
が、この人たちは登山者のように早朝から移動しないので大丈夫でした。
朝早いのは渓流釣りの人達。でも、この人たちは絶対数が少ないので問題ありませんでした。

一応、国道じゃなくて酷道ですが、舗装はアスファルトだし、すれ違いできる場所も比較的あるので、車が少ないと問題ないかと。

<国道309号線>
国道309号.JPG

さて、行者還トンネル西口の駐車場に到着しました。

ん?狭い?混雑?

心配は杞憂に終わりました。。。
有料駐車場(1日1,000円)が第1〜第3までありまして結構停められます。

9月上旬の日曜日AM7時前ですが、第1駐車場が半分ほど(車にして約15台ほど)でした。
※ちなみに下山時PM2時前は、第2駐車場に3台ほど。

第1駐車場には、管理人さんが常駐する小屋があって、作られたばかりの清潔な有料トイレがありました。
※山バッジや飲み物も売ってます。

ここの標高は1,094m。登山口はヒンヤリしてます。
そして、ドコモ携帯電話は一切繋がらず。

ここは修行道なので、SNS等はせずに俗世を離れて修行しましょう。大仏

<6:46 行者還トンネル西口駐車場>
行者還トンネル西口駐車場.JPG

駐車場のすぐそばが登山口です。登山届けのポストもありました。
それでは修行の道へ気を引きして登るとします。

しかし、おかしい。。
天気予報は晴れなのに、かなりガスってる・・・。山頂側も見えないし・・・。冷や汗

<7:07 行者還トンネル西口登山口>
行者還トンネル西口登山口.JPG

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年8月 吾妻山(天元台ロープウェイ&リフト)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.08 吾妻山 快晴:
晴れ
 ※参考 山と高原地図 磐梯・吾妻 安達太良 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
08:00 天元台ロープウェイ 乗車 
08:20 第1しからばリフト 乗車
09:05 第3つがもりリフト 下車
09:30 中大テン 通過
10:10 天狗岩  通過
10:30 西吾妻山  到着 
10:40 西吾妻小屋  到着
11:10 梵天岩  到着
11:45 人形岩  到着
12:15 第3つがもりリフト 到着
12:55 第1しからばリフト 下車
13:15 天元台ロープウェイ 乗車 
※所要時間 天元台コース 5:15(リフト等 約120分含む)

<天元台 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!

<活動量計 Fitbitデータ>
吾妻山 fitbitデータ
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>
この数日間で、福島県中央部にある「安達太良山」「磐梯山」を攻略したため、残るは「吾妻山」となりました!

これほど日本100名山が近接していて、すべて気軽に日帰りできるので、ピーク稼ぎには持って来いですね♪

「吾妻山」は山形県と福島県の県境に位置してます。
登山口がある天元台ロープウェイに行くには山形県米沢市から向かったほうが、山道も少なく30分程度で行けるので便利です。

米沢市にホテルを確保できれば良いのですが、今回は車中泊ということもあり、勝手にホームにしている「道の駅 猪苗代」から約2時間弱のドライブで現地へ向かいますー。

※西吾妻スカイバレーの山道が結構長くてしんどいんですよー。

<吾妻山 天気>
吾妻山 天気予報.jpg

今日はお天気が完璧!
天気予報「晴」&降水確率「0〜10%」です。

こんな良い天気はなかなかありませんので、暑さには要注意ですけど、行く前からテンション上がりますね!矢印上

天元台ロープウェイの始発が8時なので、準備などを考えて7時30分には到着しときたい。逆算して「道の駅 猪苗代」を午前6時前に出発です。

猪苗代から裏磐梯を抜けて吾妻山スカイバレー・白布温泉経由でロープウェイに到着です。
早朝ということもあり、道路はきわめて順調でございました♪手

吾妻山スカイバレーは山道なのですが、観光道路でもあり、いろんなところに景色を見る大きな駐車場と、白布峠には公衆トイレトイレもあります。

白布峠から山形県に入って下っていくと、山中にある白布温泉(しらぶおんせん)街があり、その少し手前をロープウェイ乗り場に向かって右に曲がります。

で、困ったことに天元台ロープウェイ山麓駅はドコモ携帯が繋がりません冷や汗(きっと他のキャリアも繋がらないかと)。白布温泉まで下りないとダメなんですねー。

<天元台ロープウェイ湯元駅>
天元台高原ロープウェイ湯元駅.JPG

今日は、8月の日曜日でお天気も完璧。晴れ
激混みかなーと思ってましたがそうでもありませんでした。

駐車場は、午前7時過ぎに着いても一番近い駐車場に空きスペースがありました(8割くらいの埋まり)。

始発(AM8時)のロープウェイも定員オーバーなし。
定員が40名なので、逆に人気ないのかなーと心配になりました。

ただ、どこかの山ツアーらしき団体(約20名)が始発に乗らなかったので助かったところもありますが・・・。

ロープウェイ・リフト共通券(往復)は、3,500円

スキー場に来たみたいな券で、腕に巻くリフト券入れホルダーなんかも売ってました。
リフト券が少しお高めだったんですけど、割引券が見つけられなかった・・・。残念・・・。しょんぼり

山バッジ(550円)も売ってます。

<7:54 始発で乗車>
始発で乗車.JPG

天元台ロープウェイロープウェイの乗車時間は5分。山麓駅は毎時00、20、40分に出発。
個人的にロープウェイはこの待ち時間が嫌なんですよね。ドンドン乗れるゴンドラがやっぱりいいなー。

山頂側に到着すると気温は22度と下界より低い。
ですけど、雲が無く直射日光が降り注ぐので、体感温度は30度くらいですー。暑いー。暑い

<補足情報>
トイレトイレ:
湯元駅:ロープウェイ社屋と駐車場に水洗トイレあり。
天元台高原駅:ロープウェイ社屋とアルブ天元台に水洗トイレあり。

水自動販売機:
ロープウェイ山頂も山麓も、飲み物は若干高いです。
※スポドリ200円、コーヒ缶150円です。

電話携帯電話:
天元台高原駅周辺は携帯が通じます。ペンション街など宿泊施設もありますからねー。
湯元駅(山麓側)は通じません。

<8:12 天元台高原に到着>
天元台高原.JPG

天元台高原に着くと、「あー、スキー場やなー」と冬イメージですが、夏場は日本100名山の吾妻山をのぼり旗で猛烈アピールしてます。夏も冬も稼がないといけないので大変ですね。

さて、ロープウェイを下りても文明の利器がまだまだ続き、3本のリフトに乗り換えです♪
リフトの形態は3本ともペアリフト。つまりクワッドリフトよりスピードは遅い。

さらに、人の乗車時にいちいちスローダウンするんですよ、ここのリフト。冷や汗
だから、動いたと思ったら減速、そして揺れる。の繰り返し。。。結果、凄い時間がかかります。

今日は天気が良すぎて直射日光をまともに受ける日だったので暑くて大変でした・・・。冷や汗

逆に、人が乗らないとまあまあ早い。kyu

登山時はロープウェイに乗った人がほぼリフトに移動したのですが、下山時は登山者もまばらになって比較的スムーズでしたよ。

<8:20 第1しらかばリフト>
第1しらかばリフト.JPG

でも、リフトから見る景色はハンパじゃなく良いです♪手
吾妻山登って気付いたのですが、登山中は北側はじめ遠くの山々が見えないんです

鳥海山、月山が見えたのですが、リフトに乗ってるときの特権です。
※下山時の午後は雲が沸いて見えなくなりました。午前中のリフトが良いですね。

<8:34 月山と鳥海山?>
月山と鳥海山?.JPG

ロープウェイ&3本のリフトを乗り継いで使った時間は、なんと1時間以上!
危険体はあまり疲れないんですが、所要時間は結構かかります。この吾妻山。

ここから、実際に自分の足を使った山登りが始まります。

<9:11 登山開始>
登山道開始.JPG

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年8月 会津駒ケ岳(滝沢登山口〜中門岳)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.08 会津駒ケ岳 晴|曇

 ※参考 山と高原地図 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山・会津駒ヶ岳 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
06:20 滝沢登山口(林道終点) 開始 
07:35 水場   到着
09:05 駒の小屋 到着 ※休憩5分
09:40 会津駒ケ岳  到着 
10:20 中門岳  到着 ※休憩20分
11:20 駒の小屋 到着
12:45 水場   到着
13:40 滝沢登山口(林道終点) 到着
※所要時間 滝沢登山口 7:20(リフト等 約25分含む)

<会津駒ケ岳 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!

<活動量計 Fitbitデータ>
会津駒ケ岳 fitbitデータ.JPG
活動量計 Fitbitを装着して登りました。

<はじめに>

関東から東北自動車道を使って、はるばる南東北・福島県までやってきましたー。
個人的には「会津」という場所が大好きでして、また来たぞーって感じです♪

会津といえば、会津若松市を中心としたところなんですが、今回登る会津駒ケ岳は登山口は桧枝岐村にある「南会津」。高速道路も通ってなければ、最寄のICからも遠い、秘境の地です。

今回も、西那須野塩原ICから、下道を走ること約2時間。
早朝、コンビニは西那須野塩原IC近くのセブンイレブンを過ぎるとほとんど無いため、買出しは先に済ませておきましょう!

天気予報は、良い感じなのですが、お空の雲量が多いのが気になります・・・。

<会津駒ケ岳 天気>
会津駒ケ岳 天気予報.jpg

桧枝岐村のゲートを過ぎると、国道沿いに滝沢登山口(少し分かりにくい)があります。
駐車場もあるのですが、車で更に林道終点まで登る事が可能、時間にして30分節約することが可能です。

トイレトイレは国道を右に回って林道を登ったすぐの所にあります。
公衆トイレなんですけど、驚くほど綺麗びっくりです。ウォシュレットで暖房便座、汚れや匂いも無くびっくりしました。

<05:30 滝沢登山口(トイレあり)>
滝沢登山口.JPG

林道終点にある駐車場は、メイン駐車スペース約10台+側道に+α台と少なめなので、土日は混雑するかもしれません。
今回は、水曜日&AM6時時点でメイン駐車スペースはすべて埋まってました。

ちなみに林道は、車幅は細いですが、車がすれ違える箇所も多く、決して悪路ではありません。

<05:50 林道終点(駐車場)>
林道終点(駐車場).JPG

林道終点で車を止めて、車両通行禁止区間の林道を歩いていくと、急な木道の階段が現れます。
滝沢登山口です。本当に急です。冷や汗

そして階段が終わってからも、急登が終わりません。。。。パンダ

会津駒ケ岳は、稜線に出るまでのハイクアップが3時間続くのですが、特に前半戦が急登。
脚のウォーミングアップをする余裕さえ与えてくれません!

頑張りましょう!!

<06:20 滝沢登山口(林道終点)>
滝沢登山口(林道終点).JPG
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年8月 安達太良山(雪山比較ver)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.08 安達太良山 曇り|晴:
曇り晴れ
 ※参考 山と高原地図 磐梯・吾妻 安達太良 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
10:25 あだたら山ロープウェイ山麓駅 出発 
10:40 あだたら山ロープウェイ山頂駅 出発
11:10 仙女平分岐  通過
11:45 安達太良山山頂(鉄山)  到着 ※休憩5分
12:10 峰の辻    通過
12:45 くろがね小屋 到着
13:10 勢至平分岐  通過
13:50 奥岳登山口  到着
※所要時間 奥岳登山口(峰の辻経由) 3:25(休憩5分含む)

<八方台登山口 登山ルート>
※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!

<活動量計 Fitbitデータ>
安達太良山fitbitデータ
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>
午前8時になってもまだ東北自動車道の安達太良SA車にいた。
二本松市の天気予報はすでに晴マークなのに、安達太良山の上部には分厚い雲が覆っていて気が滅入る。悲しい

せっかく関東からはるばるやって来たんだ、山行を中止にしても何もすることが無い。

ダメもとでも良いから安達太良山へ。雲の上は晴れてるかもしれない。そんな一部の望みを託して、二本松ICを下りて岳温泉へ向かうのであった♪

なーんてな。クッキーモンスター

さてさて、今回はいつもと志向を変えて、同じく安達太良山に冬季雪に行った撤退登山の画像と比較したりして遊んで見ましたよ。


<安達太良山 天気>
安達太良山 天気.jpg

安達太良山へは、郡山か二本松から、有名な「岳温泉」を通って向かいます。

岳温泉からは舗装された山道をあだたら山ロープウェイ山麓駅(奥岳登山口)まで登っていきます。約10分くらいですね。

岳温泉のメイン道路へ入る交差点の近くに、最後のコンビニ「ファミリーマート」とソースカツ丼で有名な「成駒」がありますよ。

<岳温泉入口>
岳温泉.JPG

駐車場は冬に「あだたら山スキー場」として使われているため広大です。
今回行った日は、平日でしたが結構車が止まってました。でも、満車になるには程遠いキャパシティですね。

<10:02 奥岳登山口(夏山)>
奥岳登山口(夏山).JPG

それにしても、安達太良山方面曇ってます。山の上が全く見えません(涙)
でも、天気予報は『晴れ』晴れ

雲の上は晴れているという過去の経験則を都合よく解釈して、ロープウェイに乗ってみます!

ちなみにロープウェイは片道1,000円です。
 ※片道でも使える100割引券が、下界のあちこちに置いてありますよ。

<10:27 あだたら山ロープウェイ>
あだたら山ロープウェイ.JPG

ロープウェイと言ってますが、実際はゴンドラ。だから待ち時間なしでスムーズです。

山頂駅についたら、予定通りのガッスガス。kyu
太陽の光が全く届かないため結構涼しくて少し厚着。後ほど騙されることになるんでけどねー。

涼しいから飲み物もそれ程消費しないかなーということでペット2本。
なんと、山頂駅の自動販売機が山価格でした。ペットボトル(500ml)が190円でした。

ロープウェイだから下界価格と侮ってました。下界で準備しておきましょう。

<10:41 安達太良山 山頂駅登山口>
安達太良山_山頂駅登山口.JPG

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年8月 草津白根山(本白根コース&湯釜)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.08 草津白根山 晴/曇:
晴れ曇り
 ※参考 山と高原地図 志賀高原 草津白根山・四阿山 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目(降雨撤退冷や汗
11:20 白根レストハウス 出発
11:35 逢ノ峰 通過
11:45 コマクサリフト  乗車
12:00 中央火口入口  降雨撤退

■2日目(リベンジ楽しい
13:40 白根レストハウス 出発 
13:57 コマクサリフト  乗車 ※約5分間
14:15 中央火口入口   通過
14:40 本白根山 展望所  到着
14:54 鏡池周辺     通過 
15:20 ロープウェイ山頂駅 到着 ※休憩5分
15:44 白根レストハウス 到着
16:00 湯釜  到着
16:15 白根レストハウス 到着
※所要時間 本白根コース&湯釜 2:35(休憩5分含む)

<草津白根山 登山ルート>
草津白根山.jpg
※いつもの旅レコ(GPSLOG)データが取得失敗!
※別GPSデータを掲載してます。

<活動量計 Fitbitデータ>
草津白根山 fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>
2017年のお盆時期は記憶に残したいくらい、天気の並びが悪かったですねー。。。雨
※東京では8月1日から21日まで連続降雨とか。

今夏は4泊5日の長期山行計画を立てていたのですが中止。悲しい
望みの2泊3日の代替案も中止。悲しい悲しい

知り合いの山ヤさんたちは果敢にもアルプスへ登りに行ってましたが、我がポリシーは
「晴れの日を狙ってしか登らない。」

考え抜いた結果、短時間の晴れでも登れそうな、草津白根山という日帰りハイキング山行になりましたー。

でも、その草津白根山でさえ、途中降雨撤退でリベンジのタメに2日間費やすという失態をおこした事は内緒ですけどね・・・バイキンマン


仕方ないので、今夏は第2のコレクション、日本100名城を巡ってましたー。

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

なんか100という数字が好きみたいです♪


さて、草津白根山へは信州中野ICから志賀高原を越えていくルートで草津白根レストハウス(登山口)まで向かいました。

さすがお盆。ということもあって観光客の車車がワンサカ。横手山ドライブイン渋峠では駐車場待ちの渋滞までありました。

そしてトドメは中京圏で有名な「佐鳴予備校」の志賀高原で行われる夏季合宿
大型バス100台以上でオレンジ色の同じTシャツを来ての大移動でした。
きっと良い思い出になるんだろうなぁ。頑張れよー!グッド

志賀高原は混んでましたが、渋峠以降は群馬県に突入。

群馬県方面へ行く車が減ったことと、草津白根レストハウスが第1〜第3まであるかなり広い駐車場だったので無事駐車できました。入場時に1日500円(普通車)を前払いです。

<13:34 レストハウス駐車場>
レストハウス駐車場.JPG

草津白根レストハウス周辺は登山口というより観光地です。
山登りの格好をしている人のほうが少なくて浮いてしまいます・・・。
※観光客:登山者=100:1くらいです。

売店、レストラン、自販機、トイレトイレも完備。自販機は、ペットボトル160円、缶コーヒー140円と10円高かったです。
標高が2000m以上あって、気温も下界より低いですねー。曇ってましたし・・・。

<草津白根レストハウス>
草津白根レストハウス.JPG

さて、サクッと準備して草津白根山(本白根)へ向かいます。

ここはレストハウスが広いうえに、湯釜見学へ向かうルート、逢ノ峰へ向かうルート、弓池沿いのルート、芳ヶ平へ向かいルートなどがあって、少し分かりにくいです。

初日(撤退日)は逢ノ峰へ向かうルートを見つけて登っていきます。
というか、観光客も歩けるルートなので物凄く整備された道です。

楽にピークに到着しますが、頂上付近はガスガス。これは先が思いやられます。。。

<前日11:35 逢ノ峰>
ガスガス逢ノ峰.JPG

初日はレストハウスから逢ノ峰経由で行きましたが、2日目(リベンジ)は楽して弓池沿いの舗装路を歩いて本白根コースへ向かいます。

そこで、親カモ+子カモ9匹に遭遇しました♪鳥

舗装路を我がもの顔で歩き、でも車が来たら、藪に隠れて、通過したらまた出てくる♪
キュート過ぎます♪感動

<13:46 親子カモ遭遇>
親子カモ遭遇.JPG



弓池沿いの道と逢ノ峰からの下山道が合流するところが、草津火山ロープウェイの山頂駅&コマクサリフト乗り場です。

わがポリシーは「楽するためにはお金を惜しまず!」ということで、サクッとコマクサリフトに乗車です(笑)

リフトから見る景色も楽しいですしねー。
往復だと700円、片道400円です。登りだけ利用し、これで15分程度時間短縮になりますよ。

<前日 コマクサリフト>
初日_コマクサリフト.JPG

↑ 初日(撤退日)は今にも雨が降り出しそうなガスガス。日が出てなくて少し寒かったです。

↓ 2日目(リベンジ日)は、晴れ間も見えますね♪ 完登できそうです。

<13:59 コマクサリフト>
コマクサリフト.JPG

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年8月 磐梯山(八方登山口)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.08 磐梯山登山 晴⇒曇り:
晴れ
 ※参考 山と高原地図 磐梯・吾妻 安達太良 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
07:10 八方台登山口 出発 
07:35 中ノ湯跡   通過
08:35 弘法清水   到着
09:00 磐梯山山頂  到着 ※休憩20分
09:35 弘法清水   到着 ※休憩15分
10:00 お花畑分岐  通過
10:45 中ノ湯跡   通過
11:05 八方台登山口 到着
※所要時間 八方台登山口→磐梯山山頂 3:55(休憩35分含む)

<八方台登山口 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※前半の標高データが壊れております。。。 m(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
磐梯山fitbitデータ

活動量計 Fitbitを装着して登りました。

<はじめに>

やってきました「磐梯山(標高:1,816m)」

山行前日には「会津若松城(鶴ヶ城)」、家ではNHK大河ドラマの「八重の桜」を鑑賞し、会津藩の歴史に興味があって、そんな磐梯山は、行ってみたい山だったんですー。

八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組)

磐梯山は登りやすくてメジャーな日本100名山なので、登山道(八方台、猪苗代、裏磐梯・・・)も沢山。
でも、わざわざ人気の無いシンドイ登山口を選ぶほどドM登山家ではありません(笑)バイキンマン

なのでもちろん、一番楽チン&よく登られている、八方台登山口を使っての山登りになります。

<磐梯山登山 天気>
磐梯山 天気.jpg

この時期になると、午前4時頃から外が明るくなってきます。朝日
今回車中泊でお世話になった「道の駅猪苗代」からは、北に磐梯山、東に安達太良山方面を見ることができます。

でも、ここ数日は磐梯山の山頂にいつも雲がかかってました。。。
山頂からの展望が見れなかったら嫌だなーと思いながらも、天気予報を信じて午前中に勝負をかけます!

<05:57 道の駅猪苗代から>
道の駅猪苗代から.JPG

八方台登山口までのアクセスですが、猪苗代から磐梯山ゴールドライン(無料)を使って、約1時間くらいで到着します。

眺望の良い道路なので、ところどころに駐車スペースがありますが、八方台登山口は約50台と大きく、土日は車が沢山止まっているのですぐに分ると思います。

ちなみに、土日祝日など混雑が予想される日には駐車場誘導係りの人が、早朝からいるみたいです。
※金曜日に行ったときは居ませんでしたので。

<八方台登山口>
八方台登山口.JPG

当日は、午前7時に到着したのですが、駐車場の7割は埋まってましたねー。
登山準備している途中に大型バスも到着して子供たちがワンサカ降りてきました。小学校登山ですね。

八方台登山口には公衆トイレもあります。
小さくないので順番待ちはそんなに起こらないかなー。

ただし、売店や自動販売機が一つもないので、買い忘れたら悲劇です。
近くのコンビには、約8kmほど離れた裏磐梯にあるセブンイレブンでしょうか。

<07:04 八方台登山口状況>
八方台登山口駐車場.JPG

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年7月 白山登山(2日目.白山御前峰〜別当出合)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.07 白山登山 快晴:
晴れ
 ※参考山と高原地図 白山 荒島岳 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
08:20 別当出合 出発 
   <砂防新道>
09:05 中飯場     到着 ※休憩5分
10:35 甚之助避難小屋 到着 ※休憩5分
11:55 弥陀ヶ原 通過
12:20 室堂ビジターセンター 到着
13:20 室堂ビジターセンター 出発
14:05 白山(御前峰)  到着 ※休憩25分
15:00 室堂ビジターセンター 到着
※所要時間 別当出合→白山御前峰 4:45(休憩10分含む)


2017年7月 白山登山(1日目.別当出合〜室堂ビジターセンター)
白山室堂山荘(泊)

■2日目
07:00 室堂ビジターセンター 出発
07:25 白山(御前峰)  到着 
08:05 白山(御前峰)  出発 
08:25 室堂ビジターセンター 到着

08:55 室堂ビジターセンター 出発
09:15 黒ボコ岩    通過
   <観光新道>
09:50 殿ヶ池避難小屋 到着
10:50 別当坂分岐   通過
11:40 別当出合    到着
※所要時間 白山御前峰→別当出合 3:05

<白山御前峰⇒別当出合 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※前半の標高データが壊れております。。。 m(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
白山2日目_fitbit.png
活動量計 Fitbitを装着して登りました。

<はじめに>

2017年7月 白山登山(1日目.別当出合〜室堂ビジターセンター)

超猛暑の中、
別当出合から白山室堂まで砂防新道経由で標高1200mを4時間かけて登ってぐったり。しょんぼり

しかし、白山室堂から山頂の御前峰までは、たったの標高差250m&40分。
 ※白山室堂(標高:2448m) ⇒ 御前峰(標高:2702m)

少し雲が沸いているけど、雨は降りそうに無い。
明日の天気は、たぶん晴れだけど、絶対は無い。

そんなくだらない事を真面目に考えて、
荷物を白山室堂山荘にデポして登ることにしました!

結果、1日目の午後と2日目の午前の2回。
ピークの御前峰を踏むことになりましたー。これはこれで正解!クラッカー

<白山登山 2日目天気>
白山天気_2日目.jpg

続きを読む >>
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






| 1/15PAGES | >>