はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■北アルプス
白馬岳縦走
 ┗栂池パノラマウェイ
唐松岳・五竜岳縦走
立山三山縦走
黒部五郎岳縦走
奥大日岳
 ┗黒部立山アルペンルート
乗鞍岳
燕岳
蝶ヶ岳
西穂独標
 ┗新穂高ロープウェイ

■中央アルプスと周辺
木曽駒ヶ岳
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
 ┗駒が岳ロープウェイ
御嶽山(黒沢口)
 ┗御岳ロープウェイ

■南アルプス
北岳・間ノ岳縦走
赤石岳・悪沢岳縦走
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
入笠山
 ┗富士見パノラマゴンドラ

■八ヶ岳
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
天狗岳(桜平登山口)
蓼科山
 ┗蓼科牧場ゴンドラリフト
北横岳
 ┗北八ヶ岳ロープウェイ
霧ヶ峰・車山雨天編
美ヶ原(王ヶ頭)
冬の美ヶ原(王ヶ頭)

■上信越とその周辺
谷川岳
 ┗谷川岳ロープウェイ
苗場山
四阿山
那須岳
日光白根山
男体山
平ヶ岳
赤城山
筑波山
 ┗筑波山ロープウェイ

■東北方面
蔵王山(熊野岳)

■関東近郊
富士山(富士吉田口)
三ノ塔・塔ノ岳縦走
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳縦走
鍋割山
天城山
瑞牆山
金峰山途中撤退編
雲取山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
高尾山・景信山・陣馬山縦走
 ┗高尾山ケーブル
御岳山・日の出山
 ┗御岳登山鉄道(ケーブル)
外秩父七峰縦走

■関西〜四国〜九州方面
伊吹山(滋賀)
武奈ヶ岳(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
 ┗御在所ロープウェイ
金剛山(大阪)
 ┗金剛山ロープウェイ
大山(鳥取)
石鎚山(愛媛)
 ┗石鎚登山ロープウェイ
剣山(徳島)
 ┗剣山リフト
九重山

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)


■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)


■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




フェリーさんふらわあ(大分−神戸 航路) 乗船体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山登りのアクセスに新手法を導入いたしました!

今までは、マイカー車、電車電車、高速バスバス、飛行機飛行機しか思い浮かばなかったのですけど、マイカー以外の場合、現地でレンタカーを借りようとするといろんな欠点が目に付くわけで。

・長期間借りると高い
・乗り捨てすると更に高い
・早朝、夜間にレンタカー店開いてない ← これが大問題
・レンタカーの空きが無い(GWやお盆等繁忙期)


それを解決する一つの案。それが長距離フェリーです。

フェリー船で泊まるって、揺れるし、設備も古くて、大部屋であまり寝られない、こんなイメージだったのですが、全く違ってましたー。

ホテルのように綺麗でびっくり!

マイカーを運んでもらおうとすると値段は高くなりますけど、高速道路を運転しなくて良いし、快適だし、それに船旅自体がテンション上がります。矢印上

そんなフェリーさんふらわあ(大分−神戸航路)
せっかくなのでブログ記事として残しておくことにしました−。

フェリーさんふらわあ 公式HP



今回は、予約の関係で神戸−大分航路のフェリーさんふらわあに乗船です♪

1日1便の運転でスケジュールとしては、
 大分(西大分港)19:15発 
    ⇒ 神戸(六甲アイランド)翌朝 6:35着
になっています。

■乗船手続き(初めての場合は注意!)
マイカーを使って長距離フェリーを使うのは初めてだったので、勝手が全く分りません。(汗)

事前にインターネットで予約をしていたのですが、
まずフェリー乗り場に着いてやる事は、「乗船手続き」を乗り場窓口で済まして、乗船券を貰うこと。

出港時間より随分前から、マイカーを港に入れれますから、指令された位置に駐車。
車を止めて、自分の足で窓口に向かって手続きをしに行きます。そのまま待ってたらダメです!
※今回は出港2時間前くらいに着きましたが、すでに多くの車がいて6レーンに並ぶように誘導されました。

危険で、この乗船手続きですけど、出港1時間前を過ぎると、GWということもあり大混雑でした。行列が乗り場窓口の建物の外まで・・・。冷や汗
早めに行っててよかった。

■料金
HPから「船に泊まろうマイカープラン」を選択。これがすでに割引価格です。
スタンダードで乗用車1台+運転者1人30,200円
 ※乗用車は全長5m未満(一般車は大体5mに収まります)

<フェリーさんふらわあ 大分港>
フェリーさんふらわあ.jpg

あとは、乗船時間まで時間を潰しつつ、誘導にしたがって船内へ車を入れます。
※西大分港の横には「セブンイレブン」があったので、買出しはココでできますね!

船内駐車場は4階建て。トラックがまず広い3,4階を占拠し、乗用車は狭い2階、1階へ下らされました。

<フェリーさんふらわあ 船内駐車場>
船内駐車場.JPG

マイカーを指定の位置に駐車したら、エンジンやらを全て切ってメインの5階以上へ階段もしくはエレベータ(混雑します)で移動します。
※船が出港したら、次は入港するまでマイカーには戻ってこれません!

<フェリーさんふらわあ 船内階段>
船内階段.JPG

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










★ 登山/トレッキング記録一覧


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

管理人の登山・トレッキング記録の一覧です。
まだまだ少ないですが、年別にまとめてみました。

「富士に一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」⇒私、大ばか者です。(>_<)

◆2017年(平成29年)

 2017.09 奥穂高岳(日本100名山)
 山行計画

 2017.08 東北名峰周遊(日本100名山)
 山行計画:鳥海山〜月山〜朝日岳

 2017.08 草津白根山(日本100名山)
 山行計画

 2017.08 浅間山(日本100名山)
 山行計画

 2017.07 表銀座縦走(日本100名山)
 山行計画

 2017.07 白山(日本100名山)
 山行計画:白山室堂泊

 2017.06 恵那山(日本100名山)
 山行計画

 2017.05 九重山(日本100名山)
 初心者向けですけど、温泉&火山&湿原など、楽しめる山でした!

 2017.04 【おまけ】外秩父七峰縦走ハイキング大会
 約42kmを約12時間かけて縦走する、謎な大人気イベントに参加してきました!

 2017.03 【断念】安達太良山(日本100名山)
 山行計画:くろがね小屋泊


◆2016年(平成28年)

 2016.08 白山(日本100名山)
 悪天候の為中止!


 2016.08 北アルプス中央部縦走(黒部五郎岳・三俣蓮華岳)(日本100・300名山)
 大展望・雷鳥・おこじょと山でしか経験できない旅ができました!

 2016.08 至仏山(日本100名山)
 スーパー快晴で、至仏山の中腹から見る尾瀬と燧ケ岳は最高でした。

 2016.07 仙丈ケ岳(日本100名山)
 気持ちの良い天気でしたが、雷鳥にも出会えた嬉しい山行でした。

 2016.02 【厳冬期】蔵王山(日本100名山)
 晴れ間は朝の一瞬。後は、恐怖のホワイトアウト下山でした。
 
 2016.01 【雪山】鍋割山
 真っ白い山頂で、あつあつの鍋焼きうどんを食べることができました!



◆2015年(平成27年)

 2015.09 草津白根山(日本100名山)
 悪天候のため中止!


 2015.08 草津白根山(日本100名山)
 悪天候のため中止!


 2015.08 南アルプス縦走(悪沢・赤石)(日本100名山)
 初の三泊四日縦走は天気に恵まれ、雷鳥に出会い、最高の山旅になりました!

 2015.08 平ヶ岳(日本100名山)
 山頂は最高でお勧めな山ですが、長く、暑く、厳しい戦いでした!

 2015.07 甲斐駒ケ岳(日本100名山)
 林道バスの時間と天気の崩れにハラハラしながら、でも楽しい山行でした♪

 2015.07 仙丈ケ岳(撤退:日本100名山)
 たった数時間で天候悪化。久々の撤退登山でした・・・。

 2015.07 男体山(日本100名山)
 ザ・直登登山。苦行でしたが、中禅寺湖と戦場ヶ原が癒してくれました。

 2015.07 天城山(日本100名山)
 小雨でも濡れない樹林帯登山。たまにはこんな山歩きもいいですね!

 2015.06 四阿山(日本100名山)
 リベンジ完了!菅平牧場の牛とれんげつつじに癒された山行でした♪

 2015.05 那須岳(日本100名山)
 硫黄臭、鎖場、木道あり、いろんな側面が見える素晴らしい山でした!

 2015.05 【残雪】恵那山(日本100名山)
 登山道崩落のため中止


 2015.04 【残雪】日光白根山(日本100名山)
 H27初山行。雪道トラバース頻発の緊張山登りでした!


◆2014年(平成26年)

 2014.12 両神山(日本100名山) 2014年ラスト登山!
 100名山30座目はお気軽両神山山行でした。

 2014.11 四阿山撤退:日本100名山)
 悪天候のため、根子岳にて下山。登頂断念!

 2014.11 荒船山(日本200名山)
 荒々しい外見とは違い、気持ち良い穏やか登山でした。

 2014.10 苗場山(日本100名山)
 念願の苗場山へ!広い高層湿原は最高でした!

 2014.10 赤城山(日本100名山)
 天気予報(強風)を見て、軽めの赤城山へ。

 2014.10 谷川岳(日本100名山)
 上信越攻略の第一弾。ロープウェイで楽ちん登山でした。

 2014.09 蝶ヶ岳
 長くつらい樹林帯を抜けると、そこは噂通りのパノラマ天国でした♪

 2014.08 唐松岳〜五竜岳縦走(日本100名山)
 2014お盆山行は悪天候との戦い。計画変更でしたが楽しめました!

 2014.07 北岳〜間ノ岳縦走(日本100名山)
 初の2泊3日山行。南アルプス大好きになりました♪

 2014.07 乗鞍岳(日本100名山)
 夏登山に向けての肩慣らしは楽々乗鞍岳へ。星空に酔いしれました。

 2014.06 唐松岳
 悪天候のため中止!


 2014.05 石鎚山(日本100名山)
 鎖場・絶壁・霊峰。西日本最高峰は納得の日本100名山でした。

 2014.04 【残雪】大山(日本100名山)
 3か月ぶりの山行。ノロノロ低気圧と戦って、勝利しました!

 2014.04 石鎚山(日本100名山)
 悪天候のため中止!


 2014.03 天城山 (日本100名山)
 悪天候のため中止!


 2014.01 高尾山〜陣馬山縦走
 H26年山始めと2カ月ぶりのリハビリ登山に、奥高尾縦走を選択!

◆2013年(平成25年)

 2013.12 高尾山〜陣馬山縦走
 予定がつかず延期になりました。


 2013.11 燕岳(日本200名山)
 ピストン山行ですが、燕岳&燕山荘は最高コラボでした。

 2013.10 武奈ヶ岳(日本200名山)
 登山前からアクシデント発生で、気の抜けない山行でした。

 2013.09 白馬岳 (日本100名山)
 天気に恵まれて最高の稜線歩き。そしてブロッケン現象初体験!

 2013.09 仙丈ヶ岳 (日本100名山)
 またまた、悪天候のため中止!


 2013.08 苗場山 (日本100名山)
 悪天候のため中止!


 2013.08 鳳凰三山縦走(日本100名山)
 初のゲリラ雷雨を体験。その後は今夏最高の縦走に!

 2013.08 白馬岳(日本100名山)
 去年同様、悪天候のため中止!


 2013.07 御嶽山(日本100名山)
 宗教、地形、自然、雷鳥。御嶽山どれをとってもピカ一でした。

 2013.06 【リベンジ】霧ヶ峰(日本100名山)
 晴れの霧ヶ峰は誰もが感動する想像通りの高原風景でした。

 2013.06 蓼科山(日本100名山)
 荒々しい、広大なゴツゴツ山頂は一見の価値ありでした!

 2013.06 【リベンジ】大菩薩嶺 (日本100名山)
 梅雨入り直後のドンヨリ登山。でもリベンジ完了!

 2013.05 【リベンジ】金峰山 (日本100名山)
 登山日和の1日。リベンジ完了登山でした。

 2013.04 【残雪】金峰山 (撤退:日本100名山)
 強風・ガス・アイスバーン。久々の途中撤退登山になりました・・・。

 2013.04 【残雪】瑞牆山(日本100名山)
 樹林帯・岩登り・最後アイスバーン…。山頂のご褒美で報われました。

 2013.03 【残雪】雲取山 (日本100名山)
 ガスのせいで思いがけない霧氷の中を歩くことができました。

 2013.03 【冬山】美ヶ原 (日本100名山)
 初スノーシューで高原を縦横無尽に散策しました。

 2013.02 【冬山】表丹沢山縦走
 夜景を楽しむ山行が、雪山・シカ・ネコ・道迷いと盛りだくさんでした。

 2013.01 丹沢山縦走 (日本100名山)
 最高の冬晴れ2日間。冬限定の樹氷と富士山と大パノラマでした。

 2013.01 【冬山】御在所岳 (日本200名山)
 翌週丹沢山縦走の予行練習、かるーい雪山ハイクです。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










法華院温泉山荘(九重山) 宿泊体験記


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

今回は、九州遠征編♪

九重連山にある「法華院温泉山荘」にお邪魔してきましたー。有名ですよねー。

大型連休じゃないとなかなか来れない九州。なのに、100名山を数多くこなすよりも、九重山だけはマッタリ2日も費やそうと思えるくらい泊まりたかったということです♪

阿蘇くじゅう国立公園:法華院温泉山荘(標高1303m)
法華院温泉山荘 HP

法華院温泉山荘のHPは情報がとっても充実しています。
個人的なお気に入りは、「法華院温泉山荘の気温」ページ。更新が2011年から止まってますが、それでも役に立ちますよね。

あと、GWの混み具合は、過去フェイスブックにアップされた情報から推測。
ど真ん中の5月3日,4日は混みそうですが、それを外すと比較的空いてそうということも分りました。

で、今回もGWど真ん中を外したので、混雑無縁の山小屋快適生活でした♪

ちなみに法華院温泉山荘は、ミヤマキリシマ桜が咲き乱れる5月下旬〜6月上旬は、平日含め、大混雑するようです。


さてさて、長者原を11時頃出発したおかげで、坊ガツルには13時頃に到着してしまったので、まずは法華院温泉山荘に向かいます。

大きくて立派な建物を中心に、バンガローの様な小さな小屋が点在してますが、法華院温泉山荘の横にテント場もあるんですね。

<もうすぐ山荘>
法華院温泉山荘_入口付近.JPG

まず、びっくりしたのが山荘の入口になんと自動販売機が置かれていました。下界かここは・・・。

値段は、缶150円・ペットボトル200円と、良心的です。

<自動販売機>
法華院温泉山荘_自動販売機.JPG

でも、電気は通って無いはずなので、発電機で賄ってるんでしょうね。
そういや、山荘の入口まで近くのJAさんが軽トラックででかいドラム缶に給油しに来てました。

なるほどー、なんとか車で来れるんだなココは。だから物価もそんなに高くないと。

そして、伝言板には、有名ブロガーさんのメッセージが残ってました!ニアミス!

<伝言板>
法華院温泉山荘_掲示板.JPG

さて伝言板の向かいが法華院温泉山荘の受付なのですが・・・。
あれ?スタッフさんがいないな。

すると、
「チェックインは14時からですー。」

オーマイガッ!しょんぼり
北アルプスの山小屋群と同じように考えたらダメですねー。

あと1時間少し肌寒い寒い外で待つのは厳しかったので、館内休憩(1時間300円)の案内を見つけ、「休憩させてください」といったら、談話室は無料だからそちらで良ければ、と親切に教えてくれました。


という訳で、宿泊棟にある談話室(無料)でお昼を食べて時間を費やすことにしました。

しかし、ストーブ等の暖房もなく寒かったので、ここでダウンが登場。
この時間でこの厚着。「大丈夫か。本日の山小屋泊」undefined

と不安になりつつ、結果としては、ノーブロブレムだったんですけどねー。

<無料談話室>
法華院温泉山荘_無料談話室.JPG

談話室内は自炊もできて、自動販売機も設置されてます。
また、奥に乾燥室があって、午後4時からストーブ付けますと書かれてましたね。

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年GW 九重山登山(2日目.法華院温泉山荘〜牧ノ戸峠登山口)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.05 九重山登山 曇⇒晴れ(強風):
曇り晴れ風
 ※参考山と高原地図 阿蘇・九重 由布岳 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム

2017年5月 九重山 登山(Vol1.長者原〜法華院温泉山荘)

■1日目
10:40 長者原登山口 出発 ※「ちょうじゃばる」って読むんです。
11:15 雨ヶ池越   通過
12:35 坊ガツル   到着
12:55 法華院温泉山荘 到着
※所要時間 長者原→法華院温泉山荘 2:15(休憩5分含む)


■2日目
07:55 法華院温泉山荘 出発
08:25 北千里浜   通過
09:15 久住分れ   到着
09:45 久住山山頂  到着 ※寒くてあまり居れない・・・冷や汗
10:25 久住分れ   到着 久住分れ避難小屋トイレアリ
11:05 扇ヶ鼻分岐  通過
11:50 沓掛山    通過
12:05 牧の戸峠   到着 ※休憩10分ほど
13:05 長者原登山口 到着
※所要時間 法華院温泉山荘→牧ノ戸→長者原 5:10(休憩15分含む)

<長者原⇒九住山⇒牧の戸峠 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※初日のデータが一部欠けております m(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
九重山2日目_fitbit
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


2017年5月 九重山 登山(Vol1.長者原〜法華院温泉山荘)

<2日目スタート>
朝、目覚めて、法華院温泉山荘の窓から外を見たときに、思わず呟きました・・・。

「なぜ、晴れてないんじゃー(怒)」

はっ、いかんいかん。自然相手に取り乱すところでしたわ。

九重山登山2日目天気.jpg

今日の天気予報は、早い時間帯は「曇り」の予報。
昨日は終日「晴れ」の予報だったのですが、コロコロ変わりますねー。しょんぼり

また、この日は黄砂が凄い飛んだ日だったらようで、視界が悪いとのオマケつき。。。
ま、でもガスガスや雨降ってないだけ良いとしましょう!

スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)










2017年GW 九重山登山(1日目.長者原登山口〜法華院温泉山荘)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

山行記録:
2017.05 九重山登山 曇/晴れ:
曇り晴れ
 ※参考山と高原地図 阿蘇・九重 由布岳 2017 (登山地図 | マップル)

コースタイム
■1日目
10:40 長者原登山口 出発 ※「ちょうじゃばる」って読むんです。
11:15 雨ヶ池越   通過
12:35 坊ガツル   到着
12:55 法華院温泉山荘 到着
※所要時間 長者原→法華院温泉山荘 2:15(休憩5分含む)

2017年5月 九重山 登山(Vol2.法華院温泉山荘〜牧ノ戸峠〜長者原)

■2日目
07:55 法華院温泉山荘 出発
08:25 北千里浜   通過
09:15 久住分れ   到着
09:45 久住山山頂  到着 ※寒くてあまり居れない・・・
10:25 久住分れ   到着 久住分れ避難小屋トイレアリ
11:05 扇ヶ鼻分岐  通過
11:50 沓掛山    通過
12:05 牧の戸峠   到着 ※休憩10分ほど
13:05 長者原登山口 到着
※所要時間 法華院温泉山荘→牧ノ戸→長者原 5:10(休憩15分含む)


<長者原⇒九住山⇒牧の戸峠 登山ルート>

※いつもの旅レコ(GPSLOG)データです!
※初日のデータが一部欠けております m(_ _)m

<活動量計 Fitbitデータ>
九重山1日目_fitbitデータ.JPG
活動量計 Fitbitを装着して登りました。


<はじめに>
2017年のGWは九州まで大遠征!
車中泊やビジネスホテル泊を駆使して、関東から九州は大分までマイカー登山車してきました。

こんなにしんどい思いをするのだから、100名山をたらふく登ってくるのかと思いきや、
・祖母山は登山口までのアクセスが悪路で天気も悪く・・・
・阿蘇山は地震の関係で登れなさそうだし・・・
・韓国岳、開聞岳は同じ九州でもえらい離れてるし・・・
なーんて、ブツブツやってたら、結果、九重山のたった一座で終了しちゃいましたー悲しい

でも、九重山
こんな消化不良になってもおかしくない私たちを、圧倒的な満足感で覆ってくれるほど素晴らしかったですよ。感動


そんな、九重山登山レポの始まり・始まりー♪


続きを読む >>
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






| 1/47PAGES | >>